きみはいい子の作品情報・感想・評価

きみはいい子2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:121分

4.0

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

生々しいというか
リアルというか。

強く訴えかけてくる映画。
それぞれの家庭に違った家庭のあり方があり、どれが正しいかは難しいけれども優しく育てて抱きしめてあげる事って改めて大切だなと思う作品でした。

つらい話しすぎた。
日本っぽい映画だなー。
高良健吾だめだろー!とか思うところは色々あったけれど、うまく原作のバラバラの短編を組み合わせていたと思いました。観ていても違和感がなかったし、場面が変わってもとても観やすかったです。小学生がすごくリアル!ただ…暴力表現が生ぬるい感じがしました。映画としてはちょうどいいのかもしれないけれど…
iPadの小さい画面で通勤鑑賞だけどやっと観れた。演技演出音楽どれも素晴らしく「そこのみにて〜」呉美保監督の手腕はさすがと言うしかないなぁ。同じ年頃の娘を持つ父親としては虐待シーンはほんとキツかった。
さきこ

さきこの感想・評価

5.0
子供の教育って想像以上に大変だけど想像以上に大事なんだろうなあ

ちゃんと子供を愛せる人って当たり前のようで本当はすごい人
りうた

りうたの感想・評価

3.5
レンタルで鑑賞67

現代の問題を詰め込みすぎるほど盛り込んだ作品。

幼児虐待、育児放棄、学級崩壊、モンスターペアレント、障害児問題

高良健吾が演じる新米教師と尾野真千子演じる母親とストーリーは交わる事なく同時進行で進んでいくわけ。

たどり着く結論は同じようなとこだけど。

抱きしめる事で解決!みたいな事になってますが世の中、そんなに単純ではないと思うけどね。
まーきっかけくらいにはなるかな。
Mary

Maryの感想・評価

4.6
子どもたちがすごくリアルに描かれてて驚いた。子どもに愛を注ぎまくれば世界が平和になるなんて素敵すぎる。人を抱きしめるなんてもう何年もしてないしされてもない気がするけどどんどんしていきたいと思った、、子どもなんだしなんでも多めにみてあげよう、ストイックになりすぎちゃだめだよ、お母さんになる前にもう一回観たい。
かのん

かのんの感想・評価

4.1
子供たちが宿題を発表する場面、すごくよかったです。
4

4の感想・評価

4.0
本をを読んでてもつらい部分は映像化されるとなおつらかった。

みんな何かしら抱えているけど、いい子、頑張ってるって抱きしめられることであたたかさとかやさしい気持ちを思い出せたらなあ。