雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

jammy

jammyの感想・評価

2.7
壊してしまいたい衝動に駆られるのは分かる、本当に実行してる人を見たことはなかった。
ほっこ

ほっこの感想・評価

2.9
感傷的なタイトル!
しかしうーん。。邦題より原題のままのが良かったかも。
確かにラスト近くはタイトルっぽい流れな気がするけど、終始『破壊』がテーマだし、観てる方は若干ポカーン・・笑
でもジェイクの演技力は堪能できる!
感情を無くした様に仕事に忙殺され続ける主人公が、どんどん壊れていく様、表情がやっぱり巧い。
破壊する事が彼にとっての慰めだったとしたら、その果てでは無くした感情を取り戻すことが出来たのかな?そう願わずにはいられない・・
UMA

UMAの感想・評価

3.4
悲しみとの向き合い方は人それぞれ

永い言い訳の事を思い出した
gatty

gattyの感想・評価

3.8
愛していなかった妻を亡くし、自分の中の心の中をさまよっている感じがした。妻を亡くしてからの出会いや出来事で何かが見えてくる。『永い言い訳』の本木雅弘の役と重なった。
maki

makiの感想・評価

3.5
妻を亡くし、全く悲しくも涙も出ない
冷めている夫
自分は妻を愛していなかったのか
と客観的に見ている主人公ですが

自販機のトラブルを苦情係に
重い身の上話を手紙にして送る時点で

全く動揺してないわけがないので
彼も十分人間です。

世界に一つだけのプレイブックも
好きな話なんですが
ショックを受けて衝動的に異常行動
をしてしまう彼らの
心の整理と行き場のない感情の
発散をしているんだと思うと
とても憎めなくて人間らしいと
思います。

少年との友情が一番好きです。
家を破壊する、ハンマーで叩く
ドラムを叩く、リズムを感じる
自分の気持ちを感じる取る

不器用だけど、長く丁寧に
己の中にある心を解体していく
とても丁寧な暖かいお話でした。
ayaboo

ayabooの感想・評価

3.2
奥さんの死をきっかけに、側から見たら精神的に壊れていく夫。でもひょんな事から知り合った女性やその子供と接することで奥さんへの愛情や思いやら振り返って感情を取り戻す感じ?のお話し。女性の子供とは互いに心開いていくとこが良かった。
でも!最後の15分くらい?ジェットコースターばりに展開早くて、あんだけ亡き妻の父と揉めてたのに仲直りしちゃった感じのストーリー展開は微妙だったな。
しー

しーの感想・評価

2.5
前半は号泣映画。
こんな、悲しみに向き合わせてくれる映画ってなかなか無いから、ただただ号泣。
後半から怪しくなってきて、余計な情報が増えて、一気に冷めた。
クリスのそれ、いらんかったやろー。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.6
人間自分の辛さに気が付かないとダメだね。
で、ヤッパリ気が付いたらガーッ!と泣かないとダメだね。

壊れそうになった彼は、ものを壊して自分の破壊を食い止めたのか…
フラッシュバックの中で段々と自分を取り戻していき、最後には古いメリーゴーランドを直す事が出来た。
きっと彼の気持ちも修復出来ていくんでしょうね。

それにしてもこの邦題には頭をひねる。
Shogo

Shogoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

妻の死に対して悲しくないという主人公だけど、少しずつ精神が蝕まれ始める。物事を解体してその仕組みを知りたいという衝動が、物事を単純に破壊したいという衝動に繋がる。身の回りの余計なものを破壊し尽くした時に、実は存在していた彼女への愛を見つけたのではないだろうか。
またカレンとその息子の存在がお互いに不完全な要素を補完し、回復していく。
桜花

桜花の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なぜ妻が死んでもなにも感じないのか?自分の心を知るため、破壊に次ぐ破壊を続け、その末知った事実にショックを受ける。そのあとあのメモを見てほっとして救われた気分になり、本当に妻の死を悼むに至る。
のを描いているっぽいが、描写が淡白でわかりづらいとは思う。
全体的に響かなかった。
>|