雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

Tangerine

Tangerineの感想・評価

3.8
人にはそれぞれの感性がある。
なんでもいい。
ちゃんと愛してた。
表現しないと、相手にも伝わらないし、自分でも見失う。
eshu

eshuの感想・評価

3.3
好きなのかな?とか。
愛してるんだろうか?とか。

そうゆうのも普通に、ふつうにあると思う。明確な答えばかりじゃない。はっきりしてる事だって自分の望む答えじゃないかもしれない。

答え合わせは出来ないからおかしくなる。後付けほど怖いものはないよ。
大好きな顔のジェイクギレンホール。

この、ポエムのようなタイトルとジャケットと彼が主演であることに惹かれてチェックしておりました。

数年前に見た「永い言い訳」とテーマがかなり似ている。
同作品のキャッチコピーは

"妻が死んだ。
これっぽっちも泣けなかった。"

これは、妻に先立たれた男の、再起の物語。

妻が突然消える。
それでも日々はただ続くし、
きっと、呆気なすぎて実感なんて湧かないんだろう…

マンハッタンのアッパーイーストサイドに住んでそうな
イケイケ証券マン?みたいなスキのない男。
そんな彼が、着慣れない作業着姿であらゆるものを破壊しまくったり、妻が死んだ日の病院で起こった出来事などとりとめの無いことをしたためては(顔も知らぬ相手への)手紙に書いたり。見ていて辛い( ; ; )

半ば自暴自棄になりながらも、徐々に
これまで気付けなかった妻への大きな愛が分かっていく様がちゃんと描かれていて、
見ていて優しい気持ちになれました。
Yosuke14

Yosuke14の感想・評価

3.5
一人の男の再生の物語。
フランス映画を思わせるようなお洒落な雰囲気もあればアメリカ映画のようなぶっ飛んだところもあって深かったです。
自分が何か分からなくなった時は後戻りすることも必要なのかもですね。
失って初めて気づくものってあるんだなあ。
ジェイク・ギレンホールの演技力はさすが。ピッタリの役。
kenta

kentaの感想・評価

-
断片的な痕跡しか残していない過去を破壊してもう一度構築しなおす、まさにデコンストラクション。
からし

からしの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

妻を交通事故で亡くしたにもかかわらず、何も悲しみも感じない主人公のデイヴィスが様々なものを破壊していくことで感情を取り戻していく映画

結局は妻に浮気されたことを知ることで、過去の思い出というのを遡ることができたなんかハッピーエンドなのかよくわからない結末

本筋とそこまで直接的な絡みはなかったが、クリスがすごいよかった
思春期で色々こじらせてる感がよく出ていたと思う

映画を通して謎な部分も多かった
デイヴィスを尾行していた古いワゴンは何だったのか、タイトルにもあった最後のメモの意味もイマイチ伝わらなかったのが残念
ぴっぴ

ぴっぴの感想・評価

3.5
思ってた感じとだいぶ違った作品でした…(笑
感情移入しやすい題材だと思うけど、登場人物に対してびっくりするほど誰にも共感できなかった。むしろ引いた。(笑
もうちょいしんみりした雰囲気で、胸が苦しくなる重めな映画を期待してたのでちょっと残念でした。
TKC

TKCの感想・評価

3.0
永い言い訳とストーリー同じだったけど、
あっちのほうが、日本人としては感情移入できた
ごだ

ごだの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

解体して、治す
カルーセルと大麻
「愛はあったんです、おろそかにしていただけで」
>|