セッションの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

あらすじ

「セッション」に投稿された感想・評価

Teachers teach as were taught.
と見ると、師匠から負を継承する悲しい物語なのかもしれない。
Takuma

Takumaの感想・評価

3.8
面接うまく行かず落ち込んでたけど元気出た。最後長かったけど迫力あった。

こんな恥をさらすまいと思ってもっと努力しなきゃ。就活がんばる。
甘党

甘党の感想・評価

3.5
狂気的で怖かった〜😱

印象的で緊張感のあるシーンが多く、映像は楽しめた。

主人公のように、何かを極めようとしたら他のことは諦めなければならないというのは、本当にその通りだと思った。でも、あれがジャズの全てではないよね?ジャズに詳しい人(特にドラマー)にこの作品の感想を聞いてみたいな。

デイミアン・チャゼル作品は、これからも追って見ていきたい。



Music by Justin Hurwitz
だー

だーの感想・評価

4.1
最高にキレててイカしてた。ジャズ知らん人でも十分楽しめるし、興味持てる。人間性も深くてどこまでも吸い込まれる。
るい

るいの感想・評価

4.3
意地と意地の張り合い。
ニーマンのドラムへの執着あそこまでいくと狂気。
最後アツすぎて手汗でた。
yjm

yjmの感想・評価

1.6
自分の特性を知らなければ、師を選ぶことも難しい★★★★★

少しずつバンドのグレードを変えているのは当然なのだけど、やはりカーネギーホールともなれば素晴らしいもんですね。
ストーリー全体はご都合主義っぽくてあまり評価できないけど、パワハラ教師でも、それで唯一無二の人材を育て上げたい、そうなりたいというマッチングさえ合えば、別に問題は起きないんだよなと。
今までのスポ根やら、実際の部活なんかもそうだもんね。

しかし、つくづく映画にユダヤ系主人公の多いこと。
実際の人口比どうなってるんだろうな。
プロの世界?
狂気の世界?
取り憑かれた世界?
意地異常な世界?

ここまできたらキモい🤣
聴いてるだけの自分には知りえなかった、ジャズの狂気の側面

終盤はニーマンの執念とフレッチャーの狂気、この2つの気迫に押され呆然としている間に映画は終演を迎えます
そしてジャズが流れるクレジットロールと共に「自分が見ていたのは映画だったのか」と我に返る作品でした
syusyu

syusyuの感想・評価

4.0
 夢は自分で掴み取れってことなのかな?主人公があの後どうなったかわからないけど。
 どんなことがあろうと、そんなことで諦めるなら、立ち入る資格はないってことが伝わった。
プロ舐めんなよって感じがあのおっさんから伝わる
さえ

さえの感想・評価

4.3
チャゼル監督は本当に
音楽の扱い方がうますぎる。
血出るほど叩くてどないやねんって
感じだけれど
全体的にかっこよくて好き。
>|