シーリーンの作品情報・感想・評価

『シーリーン』に投稿された感想・評価

見る人を見る…映画は見られる/見るという構造で成り立っている。この映画を見る人を見るという二重構造になっている。さらに、その映画は見せないという、鑑賞者だけの空間である。映画のような演技ではなく、本…

>>続きを読む
ウニbonz

ウニbonzの感想・評価

4.0

語り聞き ペルシャを眺め 過去探す

(探す→まずホスローとシーリーン→イラン的歴史→この映画の謎→この作品は前知識をこれでもかって吸収してから観るべき作品だ→あの水浴びをしているシーリーンをどの女…

>>続きを読む

ジョン・レノンの Tomorrow Never Knows と Revolution9 と Mother を三曲とも「無条件に傑作!」と見なせない人は、ロック好きやビートルズ好きを名乗るのは全然よい…

>>続きを読む
RaRaRa

RaRaRaの感想・評価

3.5

女性の顔のモンタージュだけで90分。顔に当てられた照明(あえて照明と言います)が揺らぐのがエモい。ちょっと眉が動いたり、手が動くだけで「何考えてんだろ」とか思う。やっぱりクローズアップは真顔が1番。…

>>続きを読む
Taul

Taulの感想・評価

3.0

『シーリーン』鑑賞。キアロスタミ特集@シネ・ヌーヴォ。イランの古典叙事詩映画を見る女優の顔を次々と写すだけという凄まじい作品。カメラや照明を考えるとやはり相当作り込まれたもよう。お馴染みの顔もありキ…

>>続きを読む
oqmr

oqmrの感想・評価

-

この「思いつき」に1時間半の尺は値するのか?という問いに対して、「否」とは言えない。実際退屈を誘うかと問われれば、想定されるほどではないと答える。
 それでも「こんな映画があって良いのか」と劇場の中…

>>続きを読む

福岡市総合図書館映像ホールシネラで行われた「アッバス・キアロスタミ監督特集」にて鑑賞。
昨年各地で催されたキアロスタミ追悼上映以外で日本では公開された事のない作品のため、今回の上映を逃したら二度と観…

>>続きを読む
あーや

あーやの感想・評価

4.5

「シーリーン」は日本初劇場公開とのこと。「ホスローとシーリーン」はイランの叙情詩でありメロドラマなのですが、内容は全く知らなかったので鑑賞前にWikipediaで予習してから観ました。
本作は面白い…

>>続きを読む
モチ

モチの感想・評価

3.8
スクリーンが映らず、本当に女優たちは「シーリーン」を観ているのか?しかし彼女たちの涙が映画の存在を保証する。
spacegomi

spacegomiの感想・評価

3.8

映画を見る女優たちの顔のアップとオフの音声のみで構成されるラディカルな実験作。これがまたちっとも退屈しないで楽しく見れた。分離された音声と映像を再構築することを観客に要求する、この手の体験する映画は…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事