はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

    耕平
    4.2
    吉祥寺ヲデオンで観た。つうか、原題が『キャプテン ファンタスティック』って知ってりゃもっと早く観たよ。どうなのこれ怒

    まぁそれは置いておいて

    現代アメリカのフラワーチルドレン(の末裔) の話。青山真治『エリ エリ レマ サバクタニ?』を超えるあまりに美しい海岸での火葬。ラストにザ・バンドの「アイシャルビーリリースド」が最高のタイミングで流れる。

    極端な映画だということはわかっている。それでもこの映画が好きなのは、現代文化ってのはそもそもカウンターカルチャーから出てきた。やつらはみんなドリーマーだった。この映画を嘲笑するとき、あなたは一体どこに立っているのだろう?

    (しかし俺はジョージマッケイ好きだなぁ。大泉洋に似てるってのもあるけど、顔が無理せずに知的なんだよなぁ。パレードへようこそも最高だった。ファンになっちゃうよ。)
    序盤と終盤で自分の見方が変わる、面白い。
    子役が可愛すぎて愛おしい、、サージ♡
    nori
    -
    映画館鑑賞。

    山奥に父と6人の子供が暮らす。
    他の人とほぼ接することなく、食べ物は自分たちで狩り、勉強は本を読む。
    カラダも毎日鍛える。

    そこへ自分の実家に帰っていた母の訃報。
    家族で自家用バスに乗り、家族で向かう。

    途中で、初めてのことをいろいろ経験する子どもたち。
    生きていく方法は学んでいても、家族以外の人の接し方がよくわからない。
    おかしいと思う兄弟も出始める。

    母の遺言通り、火葬して(燃えるのにかなりかかったと思うのだが)、自分たちの生きていく道をもう一度考えてみた。
    父もやっと気づいた。
    子どもは、順応が早い。
    兄は一足先に旅立ったが、他の子たちも、自分の道を選ぶときが来るだろう。
    一人一人考えが違って当たり前。
    全部親の言う事を聞くのは子どものうちだけ。
    これからは選んでいける。
    母の死は悲しいが、これが家族それぞれのはじまりになったのは確かだ。
    誰が正しいとも言い切れないし、一家が森で行っていた生活全てが悪いとは全く思わない。でも、世間の目は厳しいし一般常識から少しでも逸脱すれば叩かれるんだよな…。お父さんが髭を剃り、息子が頭を剃って心機一転するシーンがよかった。末っ子かわいすぎたな。
    家族の愛のかたちはそれぞれ違うであろう

    キャンピングカーの最終形態みたいなバスすごい。欲しい。
    ぴーす
    4.1
    守り抜くことは難しい。しかし行動で示さないと何も変わらないことを私たちはすでに知っている。

    それは時にバカバカしかったり意味のなさそうなまわり道だったりするけれど
    その価値を知っている人にとってはきっとキラキラ輝く愛しい時間になってくれる。(James 1:2)

    美しい映像と、子供たちの自然な演技がとても印象的だった。中盤からずっと泣いていた。意味の分からない涙だった。
    普通ってなに?普通って最良の選択?って考えさせられる作品。

    「お父さんまで失いたくない」っていうセリフから後、ほとんどずっと泣いてた。
    映画みてこんな泣いたの久しぶりかも。

    お姉ちゃん2人と末っ子がすごい可愛くて眼福でした