はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

やはりこの世界ではマイノリティは生きにくいのだろうな。自信を持って明確な目的のもとの行動だけど、やはり子供たちは社会的に未熟で、大人に課せられた責任は重いものだなと、どちらの立場でも考えてみたけど、現実的なわたしは手放しで応援できたいかも。だけどみんなでミッションをクリアしていく過程や、最大の目的を果たしたみんなの姿は風景と溶け合ってとても美しかった。
masimasi

masimasiの感想・評価

3.7
普通って何だろう。
最初から最後までやり過ぎ感があった。
家族、教育、社会、幸福、いろんなことを考えさせられた。
本から学ぶもの、自然から学ぶもの、全て大切なことだけれども、極端では駄目。バランスが大事。
そして、人は人と関わらずに生きていくとはできない。
結局は、家族、社会、人との関わりが大事。
あえて、普通ではない家族を描くことで、一番大切なことは何かを考えさせる、実に興味深い映画でした。笑
すのう

すのうの感想・評価

3.9
何が正しいのか、分からなくなる。
でも周りが決めるのでは、自分で決める事が正しい、そう聞こえた作品でした。
純粋に親と子の関係性がここまで強く描かれてて心揺さぶられた。
Sayakatko

Sayakatkoの感想・評価

3.5
途中から面白くなってった。トイレット思い出した。作品自体を俯瞰したら、現代社会に対するなんたらからかんたらって感じだね!
adieu

adieuの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます


父さんは自分で選んだ人生でしょ
だから、父さんには誰がなんと言おうと
今の生活が正解

でも、子供は産まれ落ちる場所は選べない
たまたま目の前にいた父さんの
世界しか知らないじゃない

だから、子供にも他の世界を見せてから
自分達で選ばせないと
そもそも父さん違うじゃんて思ってた

おじいちゃんおばあちゃん良い人だし裕福だし
ここにいて子供は一回世間に揉まれた方が...
って思ってたけど
子供達を見てると何が正しいのか
解らなくなってきた

でも結果、自分達で選んだなら良いよ ◯

結果、良い映画...かな?

んんん
nssk

nsskの感想・評価

3.6
ウルフパックに似てたがこちらは映画。自宅学習で森で暮らす家族の物語。
“人間は言葉より行動で決まる”がぐっとくる。
Yayoi333

Yayoi333の感想・評価

3.5
どのシーンも色使いが鮮やかで生き生きとしていた。いろんな描写がとっても極端だけど言いたいことは理解できるしそのぶん面白かった。髭剃った後の父のかっこいいこと!!またロードオブザリングが観たくなってしまった(*´罒`*)ニヒヒ♡

このレビューはネタバレを含みます

「いまを生きる」に似てるなと思いながら見ました。既成の価値を否定して啓蒙していく大人と、そこに信奉する子供たち。既成価値観重視側の良識ある大人が、子供たちを引き戻そうとしても、子供の心は決して変わらない。
「人民に力を、権力にノーを。」
この言葉に全ては集約されていると思います。

森で暮らすことや学校に行かせるのではなく親が教育をすることは現在の社会のスタンダードではないですが、普遍的であると思われている生活環境でさえも多様性が発揮できること。それが「人民に力がある」ということだと思いました。

常識だと思っていたことから逸脱しているような人や行為に遭遇したとしても、それを受容できることが重要なのだと思います。
今まで見てきたことが全てでは無いし、知識と同時に行動も大切。生きて行く中で、自分の常識と違和感を覚える相手と出会った時、どこに落としどころを持ってこれるのか考える、理解しなくていい、違和感を認めればいいと思う。遅かれ早かれ、この生き方だと思えるものがあれば、一歩踏み出せばいい、その一歩が踏み出せるようにいろんなことを知ってるのがいい。

人民に力を
権力にノーを

37