はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

amanda

amandaの感想・評価

4.3
「"普通"とは何か?」を葛藤し始めた時、「悪気のない過ちだった」とパパが呟くシーンにはホロっときた。

勿体無いのはタイトル。「はじまりへの道」っていう、邦題がイケてない相変わらずのパターン。
洋題の「Captain Fantastic」が全てを物語ってます。
エリー

エリーの感想・評価

3.9
あまり下調べしないで観に行きました
予想してたお話と違くて面白く、そして途中から号泣(T-T)

風変わりな教育方針を持つ父親と
森の中で軍隊のように自給自足な生活をし
たくましく美しく賢く育つ子供たち

子供達が、もう!ほんとに!かわいい!
服が!キャラが!かわいい!!!

森の中が、夜が、光が、映像がほんとうに素敵で
お葬式のシーンはいままで観た映画のどのお葬式よりも美しかった

原題の表れ方も文字もとても可愛かったな〜!
最近観た中でも好きな映画です!
sTA

sTAの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映画を観る意味

何のために映画を観るのか。個人的な大きな理由のひとつは、様々な価値観を学ぶためだと思っている。
映画の中で「同じ事柄を対象としていても、こういう考え方もあるけど、一方でこういう考え方もある」とかやっているのを観て、自分とは異なる考え方があるということをまず知る。そういった事を少しずつ学んでいくことで、より豊かな感情や考え方で、より豊かに生きていけると思っている。
そういう価値観の多様性みたいなものを隠されたテーマとしている作品は数多いが、これはもうドストレートにぶつけてきた。対比・対立、価値観、色々な事柄の多様性のオンパレード。

生活が豊かになるにつれて、みんなが成功を求めて結局同じ様な人生を歩んでいこうと必死になっている現代に疑問を持ち、一切の事柄に縛られずに本当に我流で生きる術を学んでいくという考え方の一家。
それに対して、現代の社会で普通に生きている義理家族たちは、当然反発するし、子供たちが可哀そうだという。
そんな彼らの子供はというと、典型的なゲーム大好きな悪ガキ。一見野蛮な家族だが、分野に捕らわれずにあらゆることを学んでいて、それに対して自分で考察する力も養っている。はたして生き方を否定する権利はあるのか。
母親のことにしてもそう。遺言で望んていることは明示しているが、義理家族たちは勝手に「普通」という枠にはめようとする。それは亡くなった人の意思を無視することだし、荒らしに来た様に見られる自分たち家族は、ただ母親の望むようにしてあげたいだけ、救ってあげたいだけなんだという、至極真っ当な言い分。
でも、やはり行き過ぎるとダメになるのが物事で、これだけ偏った父親の元で育っても、その生き方に疑問を持つ子供も居るし、結局本だけでは学べないこともある、学校や社会に飛び込んでみたいという自分の考えを皮肉にもしっかり持ち始める子供も居る。母親を助けようとしても、法には勝てないし子供たちを置いてはいけない。
そんな中ある事件をきっかけに、全て間違いだったと、やり過ぎたと気付く父親。
これが子供たちのためなんだと、現代の社会に子供たちを授ける事を決心するが、子供たちは子供たちで、自分でちゃんと考えて、巣立っていったり、父親についていったり。父親もそんな子供たち一人ひとりの考えを尊重して、好きなようにさせてあげる。自分は自分を貫くだけ。


この価値観のぶつけあいの筋書きは、こういうことを考えたことあるなら予想できるが、とても自然だし、それを1つ1つ順番に丁寧に見せてくれて無理がない。
お互いの考え方を学んで、最終的には、お互いは自分の信じる様にやれば良いというのは当たり前。だが難しいことでもある。やり過ぎて相手を侵害してしまうのは良くないし、相手に自分のやり方を強要してしまうのも良くない。子供たちに対しても同じで、自分たちでどうしたいかを選ばせてあげる。こんな風に終わるべき物語だった。そして、まさにこんな風に終わってくれた。

何かに偏ってしまいながらも、それとは反するものとで価値観のぶつかり合いを繰り返しながら、人間はここまで発展してきたんだと、かなり壮大なことを思い浮かべてしまうが、あながち間違いではないと思う。
朋子

朋子の感想・評価

3.0
記録用
aymymzk

aymymzkの感想・評価

4.1
前情報なしで鑑賞。
なんてスピリチュアリズムでナチュラリズムな映画を見始めてしまったのかと思ったが、結果よくできていた。
家族それぞれの葛藤と、他と自分を比べて気にしすぎる劣等感や嫌悪感が、嫌味なく爽やかに描かれる。
人に対して真正面から素直に正直に向き合う人ほど傷つくけど、賢く強くなれるんですよね。
「まぁ、興味ある」「良さげ」まずこれ、辞めよう。
tkd

tkdの感想・評価

3.3
設定は面白いのに中身がごちゃってる
けど衣装がかわいい
TSenzaki

TSenzakiの感想・評価

3.5
劇場で。
レビュー高いし期待してた割にでちょっと残念
理解力の乏しい俺には難しすぎたかな

そして強い香水の匂いという俺が上映中に一番嫌うシチュエーションでもう最悪
映画好きなら映画館に強めの香水つけてこないでほしい、!
てかこの映画理解出来なかったの絶対体調不良と香水のせい
ユキ

ユキの感想・評価

3.8
自分の抱える価値観の幅を拡げてくれるような映画は大いに感心するものなんですが、このヴィゴファミリーみたく俗的なものと距離を置く生き方をしても、何かに対して絶対悪を唱える感じが人間らしいなと思った。反俗的な理想があれば、それだけ理想と離れた世間に悪を見いだすのね。
善悪も正義もやっぱり相対的でしかないなと思い知る話だった。
あとこれは亡くした母に会う話だけど、亡くしてこその母の存在感が際立ってて、ラブストーリーとして良かった。離れてるからこそのいとおしさよね。その人の不在にこそ気持ちが高まるもの。

しかしこれだけ濃い台詞ばっかりだったのに、ヴィゴの「いいか、セックスするときは女の気持ちを聞け」のインパクトが強い…「毎日が人生最期の日と思え」は、わたしも好きな考え方です。おかげで毎日下着セットで付けるようになれました。あぁ、しょうもない締めだ…

目黒シネマはこれと美女と野獣やってました。美女と野獣2回目だけど完全にユアン目当てでした。ユアンルミエール好きっす(^。^)
人間のお話。人間の世界しかなくて、人間の考えの話。自然はたくさん出てくるけど、人間。