はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

じゆう

じゆうの感想・評価

3.9
いとこの家に行って、普通vs常識はずれの言い争いのとこが、学校行ってても知識を持ってないのと学校行かなくても知識を大量に持ってるってとこが個人的に興味深かった。
まぁ、なんでもバランスが大事だよね。勉強に偏ってもね、遊ぶのに偏ってもね。
眠くない時にもう一回しっかり見よ
りる

りるの感想・評価

4.0
好きなタイプ。
風景とか衣装とかかわいい。
ストーリーも良くて
自分が信じる事を貫くのも大切だけど
外の世界も知ること、
勇気を出して外に出ることも
大事なんだなぁって改めて実感。
P

Pの感想・評価

-
ヴィゴモーテンセンの終盤の台詞は息子が大きくなったら是非伝えたいね。

めっちゃくちゃいい映画!
megukado

megukadoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

親になったら、もう一度見たい。土曜の夜に家族で見る映画にちょうどいい。

自分の哲学を一筋貫いてきた父親と、その哲学のもと人里離れた森で逞しく暮らす6人の子供たち、その母親。彼らの哲学についていけない一般家庭の妹家族、母親の両親。

喧嘩やすれ違いはあれど、相手を人として尊重する根源的な愛情は、登場する全員が持っているように感じられる。加えて親族たちは、母親その人を愛する気持ちと亡くした喪失感も共通している。どれだけ個人の哲学が違えど、土台にある大切なものが一緒であることは、みんなお互いにわかっているような世界だった。キャンプ場で長男が出会う母娘も、亡くなった母親の父親でさえ。
この、出てくる全員が愛情ある人だという点で、ファミリー映画にいいなと思った。

父親と子供たちが、これから自分たちが挑戦する未来へ盛り上がったり、音楽を奏でたりして団結する瞬間がいくつかあって、(団結する、というよりはもっと無意識な流れのようなもの)それが嬉しくなるほど美しい。

また、長男について比較的表現が多くて、勢い余った求婚や父親への説得など賢さと若さを併せ持った青年にくすりとしながら好印象。
ちゃー

ちゃーの感想・評価

3.9
常識が大切なこともあるし、それに囚われすぎるのも良くない

何が普通で何が幸せかは人それぞれ

バランスが大切
あと、家族も大切

このレビューはネタバレを含みます

とにかく子供たちが可愛いくてたくましい。
最後のガンズのスウィート・チャイルド・オブ・マインを家族で歌うところは感動してしまった。
あと食事するときは服を着ましょう。
146

146の感想・評価

4.2
面白かった!
何もかも常識はずれな家族だけど、すごく愛に溢れた素敵な家族だった。
団結力が素晴らしい。
子供を子供扱いせずに1人の人間として接する教育方針に共感したな。
危ない目に合わせたり物を盗む事はちょっとあれだけど話的に笑えたからよし◎
好きな映画また増えた!
ryoto

ryotoの感想・評価

3.7
何が一番大切で、どれが一番適切なのか。思いやりの方向が違うだけなのに、ぶつかり合ってしまうのって悲しいけど、、

ただ自分としては、サバイバル精神や哲学を言えるより、友達や恋人が欲しいと思ってしまうので結局一般人派なのです。。
このお父さんの教育方針が理解できるか否かで、この作品への評価もだいぶ別れてきそうな作品

本作は
森の中で生活するヘンテコ家族の話なんですけど、この家族普通ではないんです
父親の方針で学校には行かずに、森の中でホームスクールやってて
サバイバル能力、哲学、複数の言語、ガチガチの理系知識までいろいろ教えちゃってます
何よりすごいのは8歳の子供にまで自分の考えをしっかり言わせる習慣をつけさせてることだよね
日本の義務教育よりはよっぽどいろんなこと学べていることがわかります
この父親そもそも何者だったんだ笑

訓練の後には読書であらゆる知識を蓄え、寝る前にみんなで歌って踊る
序盤はこんなすごいストイックだけど幸せそうな家庭が映し出されます

しかし、この子供達にかけているものは
隔離されたこの環境故の、が以外との繋がり

長男はくそ頭いいけど女の子とろくに話せなかったりするわけです

そんな中、入院していた母の訃報を聞き家族全員で母親の葬儀に出席するため森を出るわけですが…

長くなりましたがみたいなあらすじです

家族みんなの友情は見ていて羨ましくなるし、いろんな困難を乗り越えて成長していく様は見ていて非常に良かったです!
森で原始的な生活をして暮らす風変わりな一家が、母の遺言、願いを叶えるため旅に出る。道中巻き起こる騒動を描いたロードムービー。

これはもっと笑える映画と思ったけど全然違った。何が普通で何が変か。何が正しくて何が間違っているのか。

親の考え方、育て方ひとつで子供は決まってしまうのかもと思ったら怖いな。洗脳のつもりはなくても…。考えさせられる。難しい。

ベンの教育方針は外から見れば、1種の虐待を疑われても仕方ないと思う。本当は誰よりも子供を愛し、まず子供の話を聞くいい父親だとしても。

子供たちは学校に行かなくても、ベンのおかげで頭はいいし、運動神経も抜群。だけど、学校ってただ勉強する所じゃないよね。

きっと少しずつあの生活はおかしいと思い出すだろう。
お母さんの願いは子供たちに外の世界を見せる為でもあったのかなぁ。

おかしいと気づいた時、外の世界を知っていた方がいい。それでも、パパのそばがいいならそれでいい。外に出たかったらそれもいい。どんな選択をしても、みんな絶対パパを嫌いになったりしない。