はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

shiho

shihoの感想・評価

3.0
父親の子ども達への愛は分かるし、
子ども達も素晴らしい知識や体力だと思うのですが、
なんか押し付けに見えてしまいました。
私はこんな教育方針は嫌かな。
Ayuri

Ayuriの感想・評価

3.9
これ見てたら
やっぱ自然最高ー⤴︎⤴︎ってなる!
なんか子どもたちがかわいい。
もちろん内容も◎
すずき

すずきの感想・評価

4.3
エンドの多幸感たらもう。
家族に勝るものはないなぁ。
実際にヴィゴ・モーテンセンは風変わりな人らしいね。
mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.9
最寄りに上映館がなくDVDで鑑賞。

森の中 自給自足で暮らす家族が 亡き母の願いを叶えるために町へ出て行くロード・ムービー。

なかなかの作品だった。かなり違うが、平成版「アドベンチャー・ファミリー」かな という始まり方だった。

常識や伝統に決して囚われない家族が 行く先々で騒動を真面目に起こす姿に引き込まれていった。

エコロジーを極めて行くと あの父親の生き方になるんだろうけど、あの裕福な祖父の家で子供たちが本当に幸せになれるのかどうかも疑問だった。

この作品の主役は やはり子供たち。子供たちの逞しくも、時折見せるあどけない笑顔に癒された。

最終的に妻の願いは達成されるのだが、仏教徒はそんなこと絶対に しないよなぁ、西洋人から見た偏見が入っているのかなと感じた。

言語学者のチョムスキーが意外なところで信仰されているのにも驚いた。
kudakazu

kudakazuの感想・評価

3.8
やはり何事も極端はダメだという事なんだろう。観終わった後の多幸感は気持ちがいい。
はじめ

はじめの感想・評価

3.5
アメリカのビッグダディはかっこよかった。

親の心子知らずの究極系だなと思った。
私にはこの生活無理だわ…。
ただし

ただしの感想・評価

3.7
子役たちの演技が素晴らしかった 逞しい
前半は楽しく見ることが出来たのだけど、
途中で集中力が切れてしまい、最後はながら見
音楽は良かった
亀

亀の感想・評価

3.9
70年代の物語かと思いきや、台詞から推測するにここ数年の物語。となると、確かに”freak”な家族団結のロードムービー。被り物のサージ可愛すぎる。
fushiko

fushikoの感想・評価

-
前触れなしにやっとの鑑賞。可愛い家族やパッケージとは裏腹に、中身が深くて深くていろいろいっぱい、考えさせられた。普通ってなんですか?誰にも分からないしきっと無限大にあると思うし、でもこの家族が踠いて見つけた普通には愛が溢れていて、それが普通ではないかと訴えた。素晴らしくステキ。他の方も言ってるけれど、ホッと幸せな涙を流せた。自分にとっての普通の考え方が明らかに少しずつ、変わるきっかけになった作品。人民に力を、権力にノーを † 子供たちの可愛いさにはほっこりした〜