はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

    ruu
    4.5
    母に見に行こうと誘われて家族全員で見に行った1本。

    最高だった。
    笑いあり涙あり
    なんだか普通の生活をしているのがもどかしい気持ちになってこんな家族の生き方ってカッコイイなって見ながら憧れてしまった。
    個人的には好きな役者さんであるジョージマッケイがキャンプ場で女の子といい感じになるシーンが特に笑えて好き笑
    リトルミスサンシャインが好きな人は絶対に好きだと思う!

    そして何よりこの映画の素敵だと思ったところは出演者の皆が本当の家族みないに仲が良いところ。
    オフショットなど見た後に調べてみたら全員で手を繋いで映画祭に出ていたり、1枚1枚出てくる写真全部が本当の家族みたいだった。

    また絶対に見たいと思う作品
    すn
    4.1
    2017年83本目
    The 家族愛
    すごく好きー。隠そう隠そうとしないお父さん、仲良しな子どもたち、自然、サイコーじゃないか。

    このレビューはネタバレを含みます

    もっと軽くてファンタジーなお話だと思ったら全然違った。現代において、森の中で社会と断絶して、衣食住すべて自分たちで補って、絶対にそんな生活できないからこそ一種の憧れのようなものを感じた。
    社会とかけ離れ、〝規律〟から離脱した彼らは自由を得たかのように見えたが、実際は一人の男の夢に巻き込まれていたように思う。人間ひとりの考え出した社会ほど自由がなく狭いものはないなぁ。
    とみ
    3.5
    こういう生活に誰もが憧れたことあるんじゃなかろうか?
    所謂、俗世間から離れた生活に。
    この映画が言いたいことって、生まれたときから敷かれた世の中を、強いられてるとも考えず、本当に生きるということに取り組むという難しい課題なんじゃないかなぁ。
    ベンが呟いた「悪意のない失敗」が、親としては非常に重くのしかかって泣けました。身に覚えのひとつやふたつどころの騒ぎじゃないもの。
    ただ、お父さんの在り方というのは、どんな時にも家族に大きく作用していることは映画も現実も変わりなく、ただご飯の心配をしてるような親父さん達には、どう在るか真剣に考えて生きて欲しいなぁ(笑)
    現時点で2017年最も気に入ってる映画。
    かなえ
    3.5
    数ヶ月前に劇場で観たからちょっと記憶が曖昧……とってもよかったことはよく覚えてる!
    あり得ない話と見せかけて、生きる上で大切なことが盛りだくさんだったような。
    多数派を普通とせず考える力、知識、、、教育について考えさせられつつ、家族愛の強いあったくてメッセージ性の強い作品?だったかな、ざっくり笑
    nao
    2.8
    従兄弟が家族を見送るシーンとエンドロールはよかったと思う。
    「へん」な家族だけど、普遍的な家族愛が基盤となっている。そして家族が成長するとともに、ヴィゴが父親としてのイニシエーション(ここのくだりはわかりやすく、ヴィゴの切ない顔に泣ける)を迎える物語でもある。完璧な家族ではなかったかもしれない、でもスペシャルな家族だったんだ。