はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

良いことも悪いことも中間がちょうどいいけど、それじゃあ普通になる、普通がいいかって言ったらそうじゃないし、どうしたら一番いいのかなんて分かんない、その都度変化する。
ユーモアな感じになってるけど観ていてだんだん父親絶対主義家族みたいでちょっと怖くなってきた、父親は「普通」の社会を経験したからその上で子供に自分の教育方針を強要してる。だから子供たちだって一度「普通」の社会を経験必要がある、最終はいい感じで良かった
Kanta

Kantaの感想・評価

4.0
ボウが旅立つシーンにらしさを感じる。

良くないけど良い家族だったなあ〜
コメディドラマとwikiかヤフー映画で見かけたので明るくノリいい雰囲気の笑いを期待して観た。しかしコメディ要素は薄かった。ドラマ。ストーリーの発想が面白い。落ち着いてた気持ちで見られる。
yurina

yurinaの感想・評価

4.4
社会から隔離された森で生きる大家族。父親の意見も世間の意見もどちらにも共感して、生まれながらにしてその環境に身を置く子供達を思い複雑な気持ちになった。何が大切なのかは人それぞれだけどやはり誰かを労わり愛する気持ちが一番だと気付く。景色、ストーリー、音楽が心地よい良作でした。
すみれ

すみれの感想・評価

4.1
現代社会から離れた森で自由かつストイックに生きる大家族の物語。

父親仕込みの知識と知恵で教育された6人の子どもたちはみな、知能・身体能力ともに優れている。
病気の母親が亡くなり、家族そろってキャンピングカーに乗り葬式へと向かい、"埋葬のミッション"を繰り広げていく。

現代社会に生きる私にとっては大家族で自由に生きるライフスタイルはみていてとてもユニークに感じた。これも多様性だよなぁ、と思いつつも、森での訓練とかはかなりキツイし大変そう。みんなIQ高すぎて思わずショックを受けたけど、、ちゃんと素直で純粋な子どもらしさもあって良かった。
家族関係、人生観、教育環境、ライフスタイル…色々な価値観を学べる。

それにしても服装、装飾品、音楽…タイプ過ぎましたわ。カントリー、ヒッピーな世界観に惹き込まれる。
これはもっと評価されるべき作品!
さい

さいの感想・評価

4.9
音楽のセンスが並外れて良かったし、やっぱりヴィゴ様は美しくて尊かった。
こう言う映画独特のテンポかと思いきや、スッキリ進むのも好印象。
最後のシーンは文句なしの余韻を残してくれて、良い映画を観れたなって純粋に嬉しくなる。
MARINA

MARINAの感想・評価

4.7
どうやったら学校に通わずにそんな賢く
アスリート並みの身体能力が身につくのか、
森での生活や父親の育った環境が
とっても気になった🤔📘🏃‍♂️🏕💫
狩りをして自給自足の生活を送り、
厳しい父の教育と過酷な環境の中でも、
親子の信頼関係や絆が素晴らしく
愛に溢れたストーリーに感動🌟
子の育て方や親のあり方を考えさせられる
とても興味深い映画でした☆!
Luna

Lunaの感想・評価

4.0
人里離れた山奥で、自給自足とホームスクーリングで6人の子供達を育てるベンの教育方針は強靭な身体と精神力、そして自ら考える力を養う事。
そんな家族のもとに、ある日、入院中の母の訃報が伝えられる。悲しみにくれる家族だが、母の葬儀の為に2400キロの旅に出る、、。

いい映画だった。
母の事を思うような形で葬ってあげる事ができたし、旅立つ息子へのエールもとても感動的だった。そして朝日のあたる静かな食卓のシーン、想うことがいっぱいあって泣けました。

一方、結果的に折衷するのが話の筋だけど、その術(表現のひとつとして)は、学校に行くのは妥協以上に敗北を感じる。理想は社会の普通に負けるのか。子供の為の理想、子供の為に思想を変えていく、、、。この父さんは一貫して子供達の事を考えているのに寂しい結果。
ちょっと昭和のお父さんみたい。
ヴィゴの間違いを認めた寂しさと幸せを含んだ複雑な表情がいい。
素晴らしい演技です。
saeco

saecoの感想・評価

5.0
最後は子供の愛が勝つのね。
長男が親父が大事やと叫ぶのがやばい。。
RYUYA

RYUYAの感想・評価

3.5
小学生の頃こうゆう人見たわ〜。
「人間らしい暮らしを」みたいな。
まぁそれただのホームレスだったんだけど。

人間らしい暮らしが世間からしたらどんどん人間離れに近づいている昨今にぶちかますヴィゴ・モーテンセン渾身のフルチン。
彼のイチモツだけは毎度謎に映倫の穴をくぐり抜ける。

ファッションエスニック女&ファッションオーガニック野郎も、この家族には平伏しちゃって、おしゃれなエプロン外して昼なのに無駄に点いてる間接照明外してレストラン閉めることだろう。この世には大衆居酒屋さえあればそれでいいのよ。そうゆう映画。