はじまりへの旅の作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

まずコメディー
ちゃうよ!

これぞ本当の
万引き家族!

家族全員参加ですから(笑)

家族の親父ベン
(ビィコモーテンセン)は
子供全員に隠すことなく
何でも正直に話し
ナイフや素手での
戦い方や身の守り方
精神的な強さや考え
動物(食料)の捕獲の仕方
勿論、社会的な学問
生きていく全を
現代社会から外れた
持論で教育している。

みんなでチョムスキーの
誕生を祝ってるのも滑稽で
大家族のビッグダディを
思い出した(笑)

親戚の家での
奥さんがベンの
言動や教育を批判し
責め立てた時に
ベンが8歳の子を呼び出し
学問の質問をして
スラスラと奥さんの前で
答えたくだりは
気持ち良かったな~

「よっしゃー!どや!おどれのアホガキ教育せんかい!」(°Д° )
何か奥さんが騒ぎ立てて
変な事にならないか
心配してたから良かった!

家族で教会の葬式に
出向いたシーンも
拍手拍手(笑)

ベンは真っ赤なスーツで
子供たちも
派手な服や花飾り
8歳の子に関しては
ガスマスク!(笑)
最高グーグー!☆

ベンお父さんが
葬式で演奏してる時の
子供たちの笑顔が
すっごくすっごく良かった!

葬式で棺桶を移動する時
ベン家族のバスで
ベンは葬儀を止めると
コーフンし
子供たちは止めてと
泣いていて
お父さんが大切だと
やり取りがもぅ
号泣号泣°(°`ω´ °)°。

ビィゴモーテンセンは勿論
子役達も凄く良くて
愛が詰まった
素晴らしい作品でした。
1917で惚れたジョージ・マッケイを観る為だけに観たけどそれなりに良き映画だった
ラストシーンの空気感好き
yuji

yujiの感想・評価

4.0
家族みんなのファッションが良い感じ。教育というものを考えさせられた。
mana

manaの感想・評価

3.7
カラフルで明るい画面と内容のギャップ

それが正しいとは限らなくても、社会のスタンダードを身につけないと社会に出ていけないわけで、教育って難しいなと。
ジョマケ目当てで観賞
映像も音楽も衣装も最高に綺麗で可愛かった!最後ママをみんなで見送るところ泣いてしまった🥺本当に''普通''って何かわからんよなってなった自分が信じるものを信じて強く美しくたくましく生きたい!それが''普通''じゃなくても!って思ったけど多分願望だけで終わってしまう人生です簡単に変われません
反資本主義の親父が、消費社会を嫌って家族引き連れて山奥に移り住み、先住民みたいな暮らしを送っていたところに、一時的に都会で入院してた奥さんが自殺したという報せが入る。
ほんで、家族総出で母の葬儀へと向かう。という話。


コメディの棚に置いてあったけど、普通に人間ドラマ。


親父が自分のやり方に疑問を抱くタイミングがちょっとご都合主義的やったかな、という気がせんでもない。

娘が義理父の家の屋根から落ちて怪我したのがきっかけっぽかったけど、あの程度の怪我なんて彼らの暮らしなら日常茶飯事じゃない?
野性動物相手の狩りとか、岩場でクライミングの訓練とか普段してるくらいやし。

疑問は浮かんだけど、ハートウォーミングな家族ドラマは安定感があって、気分良く見終えた。

「グリーンブック」とか「イースタンプロミス」とか、頼れるんやけどちょっとキテる感じの人ヴィゴ・モーテンセン。なんか怖いんよな、この人。
アラゴルンはそうでもないんやけど。
m

mの感想・評価

3.6
社会学をしっかり学ぶと、話に出てくる概念とか、人物とか分かるので、面白く感じるのでは。個人的にはチョムスキーチョムスキー言ってておもろかった。
(ボーイズはパパに似て金髪で、ガールズはママ似の赤毛なんだなーとか馬鹿げたことを考えていた。長男はママ似だけど。)
kana

kanaの感想・評価

4.0
冒頭から「何だこのサバイバルファミリーは?!」って思わせる場面があって、自給自足の生活ぶりに言葉失った。でも、森の奥で暮らすこの子たちにとってはこれがごく当たり前のこと。勉強もその辺の子より出来るし、日々の訓練で体力はアスリート並み。だけど、コーラは名前すら知らないしホットドックも食べたことない。
何故ならお父さんがそう育ててきたから。

そんな彼たちが、“普通"と向き合わないといけない時がやってくる。

万人から見たら普通じゃないけど、この子たちにとってはこれが普通なんだもんな。うん、普通ってなんだろうね...誰が決めたのよ🤔

そしてお父さん!グリーンブックのトニーじゃないか!!! 最後の最後に気づいた〜!笑

このレビューはネタバレを含みます

好き嫌いとか、共感できるできないはありそう?だけど、個人的にとてもおすすめの映画。
「見てよかった!」と本気で思ってる。

消費産業と関わらないで、自給自足の生活をするヴィゴ家。
お母さんが亡くなったことがきっかけで普通の社会に出て
普通とのギャップに悩む子どもたち、
社会と関わらない子育てが正しかったのか悩むお父さん。

2回目にやったお母さんのお葬式が、美しくて楽しくて
私もこんなお葬式がいい…って思っちゃう。
曲がすごく素敵。

大学に行くことに決めたお兄ちゃんの世界が
これからもっと広がってくんだなと思ったらウキウキする
希望いっぱいのラスト。

この解説がすごくわかりやすいし興味深いから、
自分のメモ用としても貼っておく↓
https://in-movies.com/blog/2017/2/23/captainfantastic
チョムスキーさんについて理解できる脳があるかはわからないけど、気になるから今度本ないか調べてみよう。
しみ

しみの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ジョージ・マッケイが長女にしか見えませんでした
最後結局学校通わせるのかー、資本主義の勝利?と思っちゃった
学校通わないままでいてほしかったなあ