はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

美Cアメリカの映画。光が良い。陽の光、火の光、人が放つ光、光の映し方がズバラC。何はともあれ、グールドのゴールドベルグ変奏曲、ノームチョムスキーなど個人的趣味が狙い撃たれた。特に「SWEET CHILD O'MINE」にハートが撃ち抜かれた!
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.4
んー、、
なんか、育て方はそれぞれだし宗教の関係でこういう教育をするのはわかるけど、
盗みはどうかなと思って一気に冷めてしまうとこがあった。。。

でも、学校に行かず本だけの情報で学んだ子と学校嫌いな現代っ子の頭を比べた感じは面白かった!!

1日を最後の日だと思って精一杯生きろ!
お父さんが送る息子への言葉に感動。
ねこ太

ねこ太の感想・評価

4.5
これ凄く好きな映画でした。
精神を病み入院していた妻が死んだと報せを受け、妻の葬儀に出て願いを叶えるため森の中でサバイバル生活していた家族は総出で都会の街へ。
狩りをし食物を得て、崖を素手で登り、学校には行かず父と長男が学問を教える…そんな生活を送っていた子供たちにとって都会はおかしな事だらけ。みんなカバみたいに太っているし鶏肉は狩らずとも食べられる…。そのギャップに苦しむ子供もいれば父を盲信的に慕う子供も。どちらの言い分も分かるし難しい…。
葬式に乱入し妻の願いである火葬を訴えるベンだが取り押さえられてしまう。妻の願いは?子供たちの気持ちは?何故優先されない?そう訴えるベンの気持ちが痛いほど分かって辛かった。
笑ったのは長男がキャンプ場で女の子と知り合って恋に落ち、積極的な彼女からキスをされた事をきっかけにプロポーズするところ。長男は本気でプロポーズしているのに相手の女の子と母親は冗談としか受け取ってくれず結局そのままキャンプ場を去ることになりその時の長男のしょんぼりした顔が堪らなく可愛くて笑ってしまった。他にもコミカルに描かれたシーンが沢山あって、比較的軽い気持ちで観れる。でも死や普通って何か?最良の選択って何か?そういう事をテーマにしているので色々考えさせられる。ベンの教育が正しかったのか、それとも虐待まがいの事だったのか…分からないけれど子供たちは常に笑顔で支えあっててとても優しい子達ばかり。間違ってはいなかったんじゃないかな?
ベンが妻に言った「俺の顔は俺のモノだ。俺の手も声も俺のモノだ。でも俺は君のものだよ。」って台詞がかっこよ過ぎて惚れました。あとヒゲ剃ると大分若く見えるなー。こんなに印象変わるんだと驚き。
あとレリアンかっこよかった!椅子を叩いてる仕草がかっこよくて見惚れてしまいました。
これはまた観たいな。
viv

vivの感想・評価

3.4
軽く観れるようなコメディかと思いきや
なかなか深い内容


「普通」の基準って
ほんと人それぞれだよねってゆう

いい映画でした‼︎
caaco

caacoの感想・評価

3.0
子供たちが可愛すぎ!
内容はあまり感情移入出来なかったけど、映像が美しかった。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

3.7
冒頭の沈黙の数分のカメラワークの臨場感とバスが走行している時の景色、家族での楽器演奏のシーンにすごく心奪われた。

ラストがこの家族にとっての1番の幸せのスタートを切っているような気がして良かった。

正しさを追求しようとすると必ず過ちが生じてしまうし、過ちを許してしまうと幸せに限度ができてしまう。
すごく感慨深くて、見ているだけで心が痛かったです。

ただ、予告のコメディ感と本編の内容の重さが全くと言っていい程一致してなくて、心構えがなかった分余計に沈んだ気持ちになった。
それとぶっ飛んだ設定が現実的にストーリー展開していくとこんなにもやり切れない苦しさが生まれてしまうんだなと、、
内容が深くて心に響いたけれど、笑いの要素と救いの要素がもう少し強いものだったら、消化できないモヤモヤした気持ちが晴れたのになとも思いました。
正しい教育とはなんだろうか。当たり前が正しいとは限らないのかもしれない。ジャンルはコメディだがコメディ要素はあまり無く、それ以上に色々考えさせられる映画だった。単純に家族が仲良く旅して楽しんでるだけの映画だと思ったけどそんな事はなかった。
見ておくべき映画。
ボリューム⤴️⤴️バグパイプ🎶🚌

『戦闘開始!!』🎬️👍
taka

takaの感想・評価

3.5
愛おしい家族。教育環境が周りの家族と違っていても、愛情だけは変わらない…

ちゃんと勉強したいとも思える作品。
nago19

nago19の感想・評価

3.5
私はついていけないけど、子どもたちは信頼してるんだね。ルールからは、なかなかのハズレっぷり。万引きはやだな。