はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

yoshis

yoshisの感想・評価

3.0
家族とは、教育とは、幸せとは、などそこまで重くなく考えさせられる映画。
途中で主人公の娘が「ロリータ」を読んだ感想を問われ「主人公の目線で語られるから共感しそうになるけど冷静に考えると肩入れできない」という旨の回答をするけど、この映画の監督も主人公一家に対してそういったアプローチをしているように見える。

もちろん文明や物質主義に対して批判的な生き方をするのは全然構わないと思うんだけど、途中で家族ぐるみで行うある犯罪で一気に興ざめしてしまった。
ひろし

ひろしの感想・評価

4.5
子供達に考えさせて、嘘をつかずに育てる子育てと、危ないことをさせずにいわゆる一般的に育てる子育て。
どちらかに偏ることなくそれぞれの良いところ悪いところがある。
偏りすぎた展開ではなく非常によかったし、リアルに考えさせられる映画だった。
しかし、最後はやっぱり自分の子育てが間違っていなかったと思えるあたりが気持ちがいい。
何が正しくて何が正しくないか難しい世界だからこそ世間に委ねるわけではなく自分が正しくと思う道を突き進みたいし、そこの信念だけは曲げてはならない。
自分がやってることは正しいという自信とそこに対しての努力があれば必ず人はついてくる。
子供達もかわいいし、ストーリーも母が亡くなってから始まるという一見暗くなりそうな展開だが、ところどころ笑いもあり飽きることがなかった。
素晴らしい映画だった。
yumitaiko

yumitaikoの感想・評価

3.9
やりすぎやし偏りすぎではあるけど、それでも何故かお父さんを嫌いにはなれなかったな〜なんか可愛そうだった…
赤いスーツでお葬式乗り込むとかクレイジーすぎや笑
子供達も個性があって可愛かったし、キャンプファイヤー囲んでの家族で即興が素敵すぎた
Hiro

Hiroの感想・評価

4.3
究極のリベラルなヒッピーがもしお父さんだったら…という話。人生のバランスを取るのはいつだって難しい。興味深かった、と言ったらこのお父さんに怒られますが(笑)
TETOTE

TETOTEの感想・評価

4.7
現代社会を嫌い、そしてある願いを叶えるため山にこもって生活する家族が、母の死をきっかけに下界に降りる話。
カルチャーギャップコメディーとも言えるけど、それ以上に考えさせられることが多い作品。
HIGHVISIONあたりのスーパーカーをインストで聞いてる感じの音楽が美しい映像の中で流れ、それが自分のツボ過ぎて完全にハマってしまった!
そーゆー音楽が好きな人にもオススメ
ハル

ハルの感想・評価

4.5
数多くの選択の上に成り立つ人生を想うと、正解か不正解かなんて他人が決めることではないな

素晴らしくよかった!
もち

もちの感想・評価

4.0
コメディってなってるけど、、?

色々な家族のかたちがある。色々な愛がある。
ソニー

ソニーの感想・評価

3.4
森での暮らしも極端過ぎたと思うけど、妻のため、子供のためだった。でも、子供のためだと信じてやってきたことがそうではなかった時、辛いよな。
あまりにハードな訓練と盗みは良くないよな。
ラストは救いがあってよかった。
子供たちは全員魅力的だった。
084
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

4.0
ヴィゴ・モーテンセン主演の映画。原題は「キャプテン・ファンタスティック」。オリジナルストーリーで最高の傑作。ワシントン州森の中で暮らす家族が母の死で現実の世界に行かなくなり、普通の生活が知らない子供だちが戸惑いながら、母の葬式に行くことを決心。おすすめ致します。