「F-16」に投稿された感想・評価

Viper

Viperの感想・評価

2.8
エースパイロットの行動原理はキリスト教的理念に基づいたものであり、宗教的な知識や感覚に疎い自分には理解し難かった。恐らく長年培ってきた思想が実り、彼に行動を起こさせたのであろうが、映像表現的にその辺に割かれた過程が不十分で、単なるサイコにしか見えなかったのが残念。
ただ、エースパイロットの狂気や緊迫感に満ちた前半部分は観ていて面白かった。
間違ってもF-16戦闘機の映画ではなく、原題の方が内容的にしっくりくる。
Seiji

Seijiの感想・評価

2.7
以前購入したDVDを再視聴しました。買わなきゃ良かった残念な作品です。空中戦シーンも緊迫感無しです。
MoD

MoDの感想・評価

2.7
1ゲット。
エースパイロットが実弾と核ミサイルを積んで訓練に出撃、友軍を撃墜して姿をくらまし、教官(吹替:若本)がそれを止めるために戦うという熱そうな映画。
しかし、戦闘描写は少なく、理解不能な狂人を追いかけるサスペンスものと言った方が近い。予想に反した地味なシーンが長く、放射能・戦闘機の武装など色々な考証が非常に甘い。"人間の狂気"がメインテーマなのに予算のせいで陳腐なものに仕上がっている。特にオチが酷過ぎて、スタッフロール中は呆然・失笑していた。映画でその終わり方したらダメでしょ。