ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(6館)

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

せろり

せろりの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

リズム感も良く流れる音楽も
とても良かったデス。
ハッピーエンドが全てではないし、
ある意味ハッピーエンドなのかも
知れないですが、ライアン・ゴズリングの気持ちを考えると😭
モルズ

モルズの感想・評価

3.7
わかりやすいラブロマンスに加え、音楽、演出が申し分のない映画。
話自体は良くあるが、配役も含め雰囲気がよくオシャレで見ていて疲れない。
ayu

ayuの感想・評価

5.0
今のところ一番好きな映画!
これを見てから映画好きになりました!
もう何度見たか分からない程、虜です。

映像、音楽、ストーリー全てに心躍り、涙する。

DVDに付いていたインタビューで監督が、
ハッピーエンドにしなかった理由を

結ばれることが全てではなく、
出会いにこそ意味がある。

と言っていて、
とても府に落ちたのを未だに思い出す...

この映画を観たあとは、つい、
昔大切だった人から得たことに思いを馳せてしまう...
いい映画だよ。音楽もいいし、絵も綺麗。現代の華麗なるギャッツビーではないかと思う。
あまりに美化されてるという批判もあるけど、恋愛映画ぐらいデフォルメされた劇にしてもいいじゃない。
ミュージカルの名作。
個人的にミュージカルはストーリーが入ってこないので苦手だが、これは結構面白かった。でもやはりストーリーより音楽が印象的。
君影草

君影草の感想・評価

3.3
音楽が良かった。内容は別に引き込まれるようなものではなかった。期待したほどでは無い、って感じ
tweedheads

tweedheadsの感想・評価

5.0
プロじゃない風のにじんだアイライン、くずれた化粧が最高にかわいいしゾンビ映画に出る彼女も最高
まつも

まつもの感想・評価

3.0
ミュージカル映画が大好きで楽しみにしていたのに…という感じ。盛り上がりが無かったのが合わなかったのかな
nanao

nanaoの感想・評価

2.8
最初ずっときゅんきゅんしてたけど、最後思ってたんと違う。これはこれでいいけど、王道ハッピーエンドのも作って🤣とりあえずエマ・ストーンが圧倒的な可愛さだった
2020/05/19

圧倒的音楽×ダンスで贈る極上のエンターテインメント。
アカデミー賞で6部門を受賞した世界的大ヒット作!女優の卵と売れないジャズピアニスト...。夢を追う2人の大人のラブストーリー。美しい映像と極上の音楽。2人の恋の行方は?


女優を夢見るミアはオーディションを受け続けるも上手くいかない。あるクリスマスの夜、偶然聞こえてきたピアノの音色にミアは心を奪われる。演奏していたのは売れないジャズピアニストのセブだった。何度も出会ううちにいつしか2人は惹かれ合い、やがて恋に落ちる。お互いの夢を支え合い、励まし合いながら共に幸せな時間を過ごしていた。しかし徐々にふたりの心はすれ違い始めていき...。果たして恋と夢の行方は...?


突然何が始まったのかと思った。

道路でプープーされる。





カフェでお仕事。
オーディションの文字に慌てて飛び出す!

パーティーへ。“誰か”を探しに。
車はレッカー。
帰り道でピアノを聴いてお店へ。


“サンバとタパス”

俺の人生まだノックダウンじゃない!
俺は灰から蘇る不死鳥だ。

ピアノを弾きに行く。
みんなはBGMだと言ってたのに、

クビだ。

宇宙人か?

声をかけようとすると、無視して消えた。





パーティー。
リクエストは「アイ・ラン」

踊る。


この前は失礼と。

スクリーンで会おう。

ジョージ・マイケル!
車のキーを取ってと。車種はプリウス。
見ると、プリウスだらけ。笑

何度も偶然に会う。

2人で抜け出し、ボタンを押して車を探す。

お互いにタイプではないと歌って踊る。
ステキな夜がもったいない。と。

グレッグから、電話が。

あごの下でボタンを押したら車が見つかる。笑


お店に来た。

“カサブランカ”で2人がいた窓。

〝君のボガードくんの名前は?〟

おばさんが女優だった。

でも、弁護士の道へ。

ジャズが嫌いだと。

乱暴すぎる発言。
からの、ジャズを聴かせる。

ジャズに着いて熱く語る。
ジャズは瀕死。世間は“死なせろ終わりだ”と。

一次に通った。
映画を見に行く。“リアルト「理由なき反抗」”

まさかの、映画とグレッグとの約束の日と被った。
お店で流れいたピアノを聴いて、飛び出す。

映画館へ。

“グリフィス天文台”

ゆっくりと、手を繋ぐ。キスしそうな所で...フィルムが焼けた。笑

プラネタリウムへ。フワフワして、キス。

一人芝居の脚本を書く。

〝毎回あれが鳴るわけ?〟車で迎えに来る。





彼のピアノで踊る。

(愛してるわ)
(俺もだ)

友だちと会う。

セブはその友だちと、バンドを組んで。

“リアルト 閉館”

ステージを見たミアは何か違うというような表情。





“さらば、ボールダーシティ”

留守電を入れる。

帰ると、彼がいた。
サプライズ◎!

ボイシへ一緒に。
稽古があるから一緒に行けない。

ツアー、アルバム、ツアー...

ケンカをする。

〝君は優越感のために普通の俺を愛した。〟

こんなん言われたらつら。

撮影があって来られなかった。

〝終わった。何もかも。恥をかくのは終わり、ここまでよ。〟

家に帰る。

ミアへの電話がセブにかかってきた。
配役プロデューサーから。
それを家まで車で伝えに来る。

次の日、迎えに来る。

脚本はない。
オーディションでは語り部になって語る。

〝ずっと愛してるわ。〟

〝俺も愛してるよ。〟

この景色。最悪だ。





5年後


〝アイスコーヒーを。〟

〝サービスです。〟

〝ダメよ。〟

あの時、見ていたのと同じ。
今度は自分がその立場に。

ミアは女優になり、お母さんに。セブは店を開く。


渋滞してるからと、降りて、ふらっと寄ったお店。

“セブス”

〝ようこそ、セブスへ。〟

そして、ピアノを弾く。


ピアノを聴いて立ち寄ったあの日に戻る。
キラキラな人生、セブとミアの。


The End

“パノラマ メイド・イン・ハリウッド”
>|