屍者の帝国の作品情報・感想・評価

「屍者の帝国」に投稿された感想・評価

kankitsu

kankitsuの感想・評価

3.0
スチームパンクといえばそうだが、英国描写が昔の英国描写らしいとこもあり、いい。

友人・フライデーを屍者として蘇らせたいワトソン、志半ばで死んだ友人のフライデー(屍者描写がうめき声しかないから声優さん大変だよなぁとなった)が屍者を蘇らせたヴィクターの書を探して旅をするストーリー。

ワトソンを支える英国機関バーナビーもよき大人でいい。

しかし情報量が多く、ダイジェストぽい(原作未読)ので見返したいとおもう。ブロマンスぽい描写はあるが、そこもそこでよい。
ここう

ここうの感想・評価

4.3
ゾンビてSFでジャーニーでBL、巨乳の淑女明治ロマンでホラー。全部乗せ、てんこ盛り。ゲップでる。
伊藤計劃作品第1部目
ストーリーも分かりやすく、個人的にハッピーエンドに終わってはいるが見終わった後にどこか寂しげな気持ちに包まれる
原作の話を知っているととっつきにくいかもしれないけれど
読んだ事が無いのならば
個人的にさらっとした気持ちで見た後に
原作者の話を調べて頂きたい。
原作者は未完のままこの世を去り、その後を親友である作家が引き継いだ。
だからこその、この原作との差は、個人的にはぐっときました。
るーる

るーるの感想・評価

3.5
映像は綺麗。

死んだ親友との約束を果たすため主人公が頑張る。
おおまかなストーリーはありがち。

生者と屍者の境目は意思を持つか持たないか、全てを統一すると諍いがなくなる?

21グラムの魂は本当にあるのか?

全てを理解するには原作が必要になる作品。原作未読で一回観たら原作を読みたくなる。
なにやら色んなパロディというか、フランケンシュタインというか、予備知識が豊富に必要な作品のよう。特に後半は。
全て理解してればかなり面白いのかもしれないけれど、硬派すぎて(いや決してそんなことはないけど)馴染めない。真面目。
設定と雰囲気は好きだけどラストの展開が映画本編見ただけじゃ流石にわけわかめちゃん。
ぱるち

ぱるちの感想・評価

2.1
原作は読みました。
あの原作をこの時間でまとめようというのが間違いであり、アニメは中途半端な出来を言わざる得ない。
時間的に無理がありm原作改変するならもっと大胆な方が気持ちいい。
正直、がっかりしました。
一部の描写が一部の嗜好を持つ方向けに過剰演出されてる気もしないでもありません。
というか、絶対狙ってますよね、絵柄的にも。
原作読めば、二人の関係がそんな描写で濁されるの嫌な気分。
正直言っていいのは絵の綺麗さだけで、素材を料理しきれてないのです。
Miho

Mihoの感想・評価

3.2
映像は綺麗。
とにかくストーリーが分かりづらかったのでもう一回見たい
尽田

尽田の感想・評価

3.5
原作未読。
親友の魂を取り戻したい青年と屍者の話。
輪郭はなんとなく見えるけど細かいところが解りづらかった。
フライデーが愛おしい。
魂は言葉というフレーズを聞いて、映像よりも文字で見た方が良い話なんだと強く思ったので原作を読みます。
>|