6才のボクが、大人になるまで。の作品情報・感想・評価

6才のボクが、大人になるまで。2014年製作の映画)

Boyhood

上映日:2014年11月14日

製作国:

上映時間:165分

ジャンル:

3.6

あらすじ

メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母オリヴィアに従い、姉と共にヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。環境の変化に時には耐え、時には対応しながら、静かに子供時代を卒業していく。皆でオースティン近郊に移ったメイソンは、ビールの味もキスの味も失恋の苦い味も覚えていくのだった・・・。

「6才のボクが、大人になるまで。」に投稿された感想・評価

nIa

nIaの感想・評価

4.5
とんでもない作品 たぶんもう二度とこんな作品は出てこない リンクレイターが時間の魔術師とはよく言ったものだ
ぞえ

ぞえの感想・評価

-
子供はいつだって大人振り回されてるって言いたい映画だと思ってたけど、そんなことなくて振り回されながら大人になっていくメイソンがとても頼もしかった。パパが1番いい役だったね。
くぼ

くぼの感想・評価

3.5
フィクションなんだけど、ノンフィクション
ストーリーはあるけれど、演じる役者の変化が、ドキュメンタリーを見ている感じにもさせる
次のカットにはお母さんが太ったり、妹がませたり、おもしろい
役者のプライベートが垣間見える
不思議な映画体験
とまる

とまるの感想・評価

2.8
まあ、例の演出はそれなりに効果を生んではいるんだけれども、いかんせんストーリーが凡庸すぎる
後半は特に
ドキュメンタリーだと思うくらいにはリアルさがあった。
このチームの積み上げがここまでストレートに表現されている。
ゆかり

ゆかりの感想・評価

3.9
人の人生の一部を体験しているような気分になった。主人公のまわりが時間が経つごとにどんどんと変わっていくので、見ていて飽きない。六歳から主役の役者ををずっと変えずに撮影し続けたのは、何度聞いても驚くし、すごい…。
あの姉弟は結局どうなったのだろう…。それだけが知りたくてたまらない。
AKIKO

AKIKOの感想・評価

-
メイソンが可愛い
ドキュメンタリーみたい
ふに

ふにの感想・評価

-
好奇心が強いのにいつもどこか寂しそうな顔をしている男の子
モリ公

モリ公の感想・評価

3.7
手間がかかった長い伝記映画
6歳から18歳までの主人公の成長を実際に12年かけて作っている。親子の形が変わる中で変わらないものがあるのかなって気付かされた。
ちょっと長い気もしたけどよかった

このレビューはネタバレを含みます

6歳のメイソンがここまで大きくなるまでずっと追いかけてきたんですね〜
ずっと同じ登場人物だから、違和感がないです。制作根性だなぁ。

大人や親の定義って曖昧で、思春期になると、親は元々親であったわけじゃない、自分に親であり続けてくれていただけなんだ、ってことに気付きますよね。

あまり盛り上がりもなく、淡々と3時間弱ある映画は途中で何度も眠くなってしまったなぁ………

けれどこれがまさに成長の記録というか、他人は大して気にしないけれど、それでも自分には大変な出来事で、それを平気なフリをしながら、いろんな家庭にいろんなことが起こってるんだろうなぁ。

サマンサが真面目ちゃんのハーマイオニーの声でめちゃくちゃ違和感あったわw
>|