6才のボクが、大人になるまで。の作品情報・感想・評価

6才のボクが、大人になるまで。2014年製作の映画)

Boyhood

上映日:2014年11月14日

製作国:

上映時間:165分

ジャンル:

3.6

あらすじ

メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母オリヴィアに従い、姉と共にヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。環境の変化に時には耐え、時には対応しながら、静かに子供時代を卒業していく。皆でオースティン近郊に移ったメイソンは、ビールの味もキスの味も失恋の苦い味も覚えていくのだった・・・。

「6才のボクが、大人になるまで。」に投稿された感想・評価

MIZUKI

MIZUKIの感想・評価

3.8
すきなんだけどゴロゴロしながら見ると寝ちゃう。
これ3回繰り返してやっと見終わった
ギターの音が心地良よくって
アメリカの景色はやっぱりすき


この長い長いストーリーの要点は
最後の最後なんだね。

「一瞬は私たちを逃さない」
「時間は途切れない」

それを12年かけて撮影して造り上げたってのがすごい。
の

のの感想・評価

3.5
見る人によって見方が変わるのかなと思いました。歳によっての母親との関係性がリアルに感じられた。
幼少期の寂しさって女の子じゃなくて男の子の方がきっと感じやすい。何ともいえない心情なんだろうな。実親も、それぞれ子供と一緒に成長するんだってことが、身に染みる。メイソンが家を出る時の"もっと長いと思った"っていう母の言葉は泣けた。全世界の母親が思うだろうな。そしてこんなに複雑すぎる家庭環境の映画だとは思わなかった...メイソンの高校卒業パティーのメンバーは理解し難い笑。違う人種なんだなぁとしみじみ思う。やっぱり役者がリアルに年取ってくから現実味あった。10代っていいなあ、メイソン大きくなったなあ泣
映画館で観た。よかった。
メイソンが大人になるまでの12年間の物語。

長編となると終盤には家族との何気ない出来事や些細な会話も特別なものになる。
関本

関本の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

期待は、しすぎたらダメですね。
ずっっっと見たくてとっておいてやっと見たのね確か。多分間空いて多分すごく期待値が上がってしまって、賞とかとってるもんだから。でも見た後、そんなにだった気がする。むかし見たからあまり覚えてないの。また見なくちゃ。10年っていう月日の経過をまた確かめたいな。

私これ、すごい好きだった
次観るときは、きちんと通して観たい
普通の映画って、大体は大人になってたからの物語が主体で、子役はちょっと大人役の人に似てて演技が上手い子が選ばれてると思うんだけど、この映画は違う
ずっとおんなじキャストが、1つの映画を作り上げてる。その一体感がスクリーンから溢れ出てくる感じ
イーサン・ホークがいい味出しててたまらん、あんなお父さんが欲しかった
長すぎて眠くなった
よく分からないまま終わってしまった感じ
>|