6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

Boyhood

上映日:2014年11月14日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:165分
    監督
    リチャード・リンクレイター
    脚本
    リチャード・リンクレイター
    キャスト
    エラー・コルトレーン
    パトリシア・アークエット
    イーサン・ホーク
    ニック・クラウス
    ジョーダン・ハワード
    エヴィ・トンプソン
    サム・ディロン
    スティーヴン・チェスター・プリンス
    マルコ・ペレラ
    ゾーイ・グラハム
    あらすじ
    メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母オリヴィアに従い、姉と共にヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。環境の変化に時には耐え、時には対応しながら、静かに子供時代を卒業していく。皆でオースティン近郊に移ったメイソンは、ビールの味もキスの味も失恋の苦い味も覚えていくのだった・・・。

    「6才のボクが、大人になるまで。」に投稿された感想・評価

    Turkish
    3.6
    つくり手の工作があまり感じない点が良かった。
    日常と人生がテーマとなっているだけにリアリティと奥深さが自然に入ってくる。

    欲を言えば、この映画の明確なメッセージもあると良かったのかなぁ。
    登場人物が成長していくのは本当にすごいと思ったけど、肌に合わなかったなあ。

    ロックとか、お酒にマリファナに女の子のアメリカン青春時代に憧れがあれば楽しめたのかも。あるいは監督と音楽の趣味があえば。
    HiroKozai
    3.8
    今までよりももう少し、この瞬間を大切にしたいと思った。
    aiii
    2.5
    皆さんのコメントがとても高評価なのですが
    内容としては普通な印象を感じています。
    ※わたしの感覚が少しずれているのかもしれません。

    しかしこの感想は同じくですが、同じ配役の方々がずっと同じ役を演じていることは凄い映画だと感じました。

    印象的なのはお父さんのいう
    高校生の恋というのはそういうもの
    というような表現があり
    いま振り返ればその通りですが、その時に聞いてもわからず、息子くんと同じ反応をしてしまうよな〜とおもいました。笑
    mzk
    4.0
    とくに抑揚はないけどリアルな人生。なにか大きなドラマがあるわけじゃないけど、いろんな人に出会って影響を受けて、挫折して愛を受けながら生きていく。
    自分の人生と照らし合わせながら流れてきた日常を振り返れる映画。
    いけ
    4.0
    お母さんの最後の一言
    分かるわ〜
    まだ先だけど、その時を思うと
    涙無しでは観れなかった

    2017/7/18
    RuRu
    3.8
    12年間同じキャストで撮影って凄い。自分の夢を追いながらも子供を育てる母親素敵。イーサンホーク良い父親役やったな〜ビートルズを熱く語るシーンすき!家族で過ごす時間って1つ1つが大切な瞬間であるんやなって感じた。"一瞬というのは常に今ある時間のことだ"
    >|