ポンヌフの恋人の作品情報・感想・評価

「ポンヌフの恋人」に投稿された感想・評価

レオス・カラックス監督。ジュリエット・ビノシュ。かわいい。ストーリーはともかく、画質なども含めたカラックスの映像力を堪能してはどうかしらん。花火も上がるし。
台詞は少ない映画だけど、どのシーンにも愛が散りばめられていて、見ればみるほどに愛が淀んでいく。

汚さに現実がある。愛に憧れがある。好きな映画になりました。
nova

novaの感想・評価

4.0
オープニングから暗いじめじめした画面に気持ちどんより、古くて汚くてもおしゃれでアートなところがフランス。エキセントリックな愛情表現に引き込まれる。海に沈んでしまったときは、これでバッドエンドだったら救われないと思ったけど、ところが結構好きなエンディングでした。
makoto

makotoの感想・評価

4.1
冬になると見たくなるロマンチック映画。花火のシーンが素敵すぎる。もう一度見たい。
jun

junの感想・評価

3.8
これ一方的な愛だよね。

ミシェルを相応しい方向に導いてしまうと全てを失ってしまう。正解がわかっているのにそれを拒んでしまう。自分が弱くて卑怯だからなのか。
Rosa

Rosaの感想・評価

4.4
何を伝えたいのかとかストーリー性とかはあんまり感じられなかったけどそーゆー理屈抜きでただただ魅せられた映画。

普通のよくある綺麗なラブストーリーにはない、真実味みたいなものが含まれててすっっごいガツンときた。
そういった中に花火のシーンとか海に行くシーンとか最高にロマンチックなものがはいってくるからずるい、
HAYfilm

HAYfilmの感想・評価

3.5
銀杏BOYZの歌詞にある
“ポンヌフの恋人のように踊らせて”

気になっていた映画です。
(貧困+病気)×愛=狂気
小汚さがすごくロマンチックに見えるところが映画!って感じ
ジュリエットビノシュめちゃくちゃ可愛い
ロマンチックな映画だ
ヴィジョン!
イメージのデカさにやられるというかんじ
釘付けになる映像の力ですね
これっぽくてつまんない映画っていっぱいあるのになあ
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

4.1
私の心を鷲掴みにして
2人にどこか次元の違う楽園へ
連れていかれたような気分。

もし純愛について訊ねられたら
私はこの映画を答えとするだろう。

切なさと、痛さと、
そして溢れ出す愛おしさ。
抱きしめ合う手と手、
寄り添う体温と、愛のかたち。

全てに目が離せず、
心の中に沁みていく感情を
上手く自分の中に
留めていくことができなかった。

最高の恋愛映画かもしれない。
>|