ドリーマーズの作品情報・感想・評価

「ドリーマーズ」に投稿された感想・評価

Riisa20

Riisa20の感想・評価

4.0
依存し合う姉弟に惹かれた米留学生が、彼らと共に過ごし堕ちていく結末を描いたストーリー。
どうして繋がり合い、どうして分裂するのか。若者の脆さや危うさを性生活ないし反政府行動を基盤にまとめられている。

にしても歪んでんなぁ。
でもパリもアパートもフランス人も造形の美しさはピカイチだよなぁ。
風呂の鏡の使い方とか監督お気に入りっぽさあったし確かに洒落てる。
フレームに収めるもの全て位置も角度も色形も凝っていて、カメラ割りやら流し方がぬるぬるしててやっぱり独特だった。

良いも悪いも評価しづらいけど、製作陣の映画愛や役者の芝居への強い意志を感じて高評価せざるを得ない。
色んな映画のオマージュにはファンなら心踊るでしょう。

もう劇中ほぼ裸だけど途中モザイクかけ忘れてたりしてて観てる方が戸惑うわ…。疲れた…。
Hkr

Hkrの感想・評価

3.0
んー。
まぁそういうシーンが多い。
けどそこじゃなくて双子の歪んだ愛(?)異常な共同生活(?)親の見捨てる感じ(?)
なんかただただぞっとする映画でした。
uraco

uracoの感想・評価

4.1
おれも 映写機から出た新鮮な映像を見たいので最前列にしか座りません と言って引かれようかな
kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
ああーフランス人てめんどくせえなあ映画。留学先でこんな「近親っぽい雰囲気のフランス人姉弟」絶対会いたくないです。いやまあルーブルは走りたいよね、ルーブルは。お風呂のシーンの撮り方にはやるなあ、と。あと引用を隠しもせずに見せるのは狙いなんだろな、わからんけど。

エヴァ・グリーンエロい。あとルイ・ガレルもエロい。見た映画にルイ・ガレル出てると必ず脱ぐので(言うほど見てはないけど)、俺の中でそういう人になりつつある。
HOHO

HOHOの感想・評価

3.3
美しく儚いけれど、想像の世界で生きるのは心地良くて、そこから出るのは怖いことだ。それ以上に、自分がリアルな社会についていけてないという現実と向き合うって怖い。
正直、観てられないくらいの恐怖を感じて、視線を逸らすことが多かった。
テオとイザベルの痛々しさが、それに気づこうとせず心地よさの中で生きようとする姿が、怖かった。
これは美しいのだろうか…何かがおかしい。リズムが狂って調子悪くなっていく感じが、観終わっても自分の中に解消できない気持ち悪さとして残った。
トラウマになりそうだった。
ずっと見ていたい体たちだった…誰も寄せ付けないオーラを身に纏う3人…行き場のない感情をぶつけ合ってる感じエロティックで好き…テオの自慰シーンが過去一の自慰シーンすぎて心が弾んだ(?)なんかテオの瞳が光を取り入れてなくてよかった。こんなにも裸体なのに嫌味のない感じで観れる映画はこれだけだと思う。
nao42

nao42の感想・評価

3.8

さすがR18だけあって結構な性的な場面をあつかっているのにも関わらず、
性欲を感じさせない…というか逆に芸術かってくらい美しく見えてしまう
その描写が見事😳

そして、舞台となる革命に揺れるフランス市街での撮影はほんの少しで、ほとんどが部屋の中。
この室内設定が古いんだけどおしゃれで部屋の配置とか窓から差し込む外光とか、いかにもフランスだなっていう感じです。


作品への理解が僕は、まだまだ足りていないので結局この映画が何を言いたいのかは、大まかにしか感じられなかったけど

フランス人の性に対する自由奔放な考え方って
大人っぽくていいな……って思いました😃

自分のなかを揺さぶられるというか、潜在意識にごっそりこびりつく

そして何故か パリが懐かしい〜
というような感覚になる作品です!
yutaro

yutaroの感想・評価

3.5
ルーブル美術館を駆け抜けるシーンが好きだった 無駄にエロい ジミヘン
char

charの感想・評価

3.0
私のステキなヴァレンティン
来年ルーブル美術館行くからあんな感じのことしたいなあ
60年代パリ、映画フリークの双子とアメリカ人留学生。どこを切り取っても絵になる!美の暴力!本質を突くとめちゃくちゃヘビーなので、ただの雰囲気映画ってことにしておきたい。
>|