第七の予言の作品情報・感想・評価

「第七の予言」に投稿された感想・評価

kumi

kumiの感想・評価

3.8
新約聖書の黙示録「ヨハネへの啓示」にある
「七つの予言」が次々に起こり、世界崩壊寸前までを描いた
オカルト・スリラー。

昨今の気象現象は映画の中に
近いものがあって不気味。

預言紙に貼られたシーリングワックス、
いい音がして割れるから一度やってみたい
概ね静かに進行していきます。宗教の知識が豊富だったらもっと楽しめたかも。意外な人が悪くて意外な人が良くて、怖いというよりは、人生観に働きかける感じの話でした。ラストちょっと感動的。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.9
2017.12.23 DVDを再見。
日本劇場公開時には映画館で鑑賞。

久しぶりに再見しました。
まだデミムーアがおかしくなる前の普通だった頃の終末ホラー。
と言ってもかなり地味な終末ですがそれが返ってリアリティがあるような気がします。

天使(キリスト本人?)が一つ一つ封印を破ると聖書にある黙示録と同じような災難が起こる。
そして天使はアメリカのロサンゼルスへ、そして出産を間近に控えた夫婦の元へやって来る。

CGもない時代なので海の魚が死に絶えたと言っても海岸に魚の死骸が打ち上げられるのですが100匹もいなさそうでショボい。

デミムーアはここで妊娠ヌードを披露しています。と言うことはやはりこの頃からもう頭のネジが何本か外れてたかな?
マイケルビーンも出てるけど全く役に立たない旦那の役。

果たして天国はまた魂で満たされるのだろうか?それは1人の女に委ねられている。

家にスズメが飛び込んで来るシーンがあるけどここで天使が神話を話してくれますがとてもいい話で、学生時代にそのアイデアを頂いて詩を書いたら先生に褒められた。
琉太

琉太の感想・評価

2.4
セントエルモスファイヤー以来のデミ・ムーアファンなので観ましたが残念な映画でした
聖書に詳しければもう少し楽しめたのかな?
Ryuji

Ryujiの感想・評価

1.5
宗教に関心がないのであまり面白さが伝わってこないんだが。てか、なんでアビーの子供が最後の前兆に選ばれたん?殉教者の件も強引な気がするし。
すてふ

すてふの感想・評価

3.1
魚の大量死、砂漠の凍結など世界各地で発生する異常現象。そんな中うるう年に出産を控えた女性(デミ・ムーア)の家に謎の男が下宿する…。

オカルト好きには面白い題材。新約聖書を知っていると一層たのしめるかも
マイクD

マイクDの感想・評価

3.2
「新約聖書」のヨハネの黙示録に記された“七つの予言”をモチーフに描いたホラー映画。海で魚の謎の大量死や、砂漠での大雪など、世界各地で異常現象が発生。そんな中、出産を控えたアビーのもとに謎の下宿人が住むことになるが…。この頃のデミ・ムーア可愛いなぁ。なんか今は改造人間になってしまってw。ジェームズ・キャメロン監督の秘蔵っ子マイケル・ビーン!髪型が往年のロックスターみたいな感じでカッコイイ!昔はあの髪型流行ってたんですかね。平和だった日常。最後は月の色が赤くなり、雹、嵐など異常気象が続き、世界が終焉に向かっている感は怖かった。地球の滅亡は阻止できたのか!気になる方は是非ご覧下さい!
聖書の内容に沿って災いが起こる中鍵を握る赤ちゃんを身篭った女性が翻弄されるお話
Chihiro

Chihiroの感想・評価

3.5
聖書にまつわる話。レビュー低めやけどなかなかおもしろかった!
みや

みやの感想・評価

2.0
世界各地で天変地異が起き、その最後の予言として赤ん坊を狙われた女性が、子どもと人類を守ろうと奔走するお話。
キリスト教の終末思想、予言など、心をくすぐられるテーマが詰まっていた。
好きな割に知識が無いので、分からなかった部分も多いが、それでも十分にワクワクできた。
謎の男の正体や夫が戦う裁判との絡みも上手かった。

ただとにかくヒロインにイライラさせられっぱなしなのが辛かった。
性格的に非常に問題が多い。
バカな方向に決めつけ、思い込んだら頑固、人の事情を考えずに巻き込んでいく。
雨の日に傘を持って全力で走ったり、雹が降っても屋根の下に入らなかったり、夜更かししたり、本当に産む気があるのだろうか。
貸した部屋に無断で入って漁るのも最低だった。
ヌードはあるのに、全然色っぽくないのも残念。
よりにもよって、こんな女に人類を託されたかと思うと悲しい気持ちになった。

夫役の俳優さんをどこかで見たことがある気がするが、思い出せない。
>|