20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 183ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

ねこ

ねこの感想・評価

4.5
撮り方もインテリアも全体の色も…
グラフィックデザイナーならではの画が魅力的すぎる(だから、絶対毎回パンフレット買ってしまう…)
どのシーンも切り取りたい。

もちろん内容も最高。

出てくる人たちにも 当たり前だけど、ちゃんとそれぞれの人生があるから今の人格に説得力がある。

相手を認めて興味を持って理解しようとする。そんな親になりたい。
親になったらもっかいみたいし、いつか子供ができたら観せたい。

男性でこの映画を撮れるマイクミルズはやっぱり素敵。(男性だから、この距離感がだせるのかもしれない…)
lisa

lisaの感想・評価

4.5
1979年ならでは、サントラ良すぎた
white manかかったとき、うおおーてなってそっから、ずっとサントラいい感じ(つまり冒頭)


アビーの赤髪がとてつもなくいい
そっこうグレタのファンになった。

レコードをがんがんにかけて踊り狂うの楽しいすぎるし、狭いモーテルの1つの部屋でみんなで踊るシーンはほんといい

あとは、
リアルな気だるさと青っぽさと母とキッドゥ(母がジェイミーをそう呼ぶから呼んでみた)の愛あるぎくしゃく感と激アツサントラとフェミニズムな会話とジュリーのタバコがイイです
childish

childishの感想・評価

4.2
瑞々しい!この鑑賞後の余韻は中学高校のときにみてもきっと味わえない感覚。

決して器用とは言えない母の向き合い方が本当に良い。幼馴染たちの距離も息子ジェイミーの咀嚼の仕方もこれまた本当に良い。
息子の好きな音楽を大音量でかけて踊っちゃうお母さんって最高だ。
あっさりとしたエピローグも好き。
og

ogの感想・評価

3.0
みんな言ってると思うけどクリトリスと生理のシーン最高だよね。素晴らしいよね。
ジュリーの「私は強さが大事だと思う。傷つきやすさや繊細さや、幸せであることよりも。強さはあらゆる感情に耐えられる」ってかんじのセリフがなんだかとても印象的だった。
淡々としてるから人によって評価がわかれそうそうだけど自分には最高にハマった
写真みたいな世界観

エルファニングの演技力に脱帽

青春時代を送る息子や周りの若い女性の生き様をみて親も変わってゆく
3人それぞれの考え方の違いが面白い

息子の好きな曲でお母さんが分かんないながら踊るシーンがとても好き
親を傷つけた記憶は残酷なほど残っていないけど、たくさん悲しませたんだろうとこの歳になって漠然と感じる。
分かった気になってしまうからこういう映画は好きだけど、子どもを産んだあとの私はこういう映画、嫌いになってる可能性もあるよね。
間や目線の交差が爽やかでサラサラしていた。汚ならしく成りかねない演出や台詞も上品で綺麗だった。けど、寝る気もないのにベッドで添い寝する という行為が、 一緒に寝るとセックスはイコールで無いにしろ、それは男性女性の好意の無い場合に限りだ 半殺しだ なんて思ってむずむずした。トーキングヘッズは最高 踊り出したくなっちゃうヨ〜 カルチャかぶれの軟弱野郎〜!
RyotaEto

RyotaEtoの感想・評価

4.0
トーキングヘッズが最高にイカしてる映画。
20世紀アメリカの音楽とか政治とか映画とか、凝縮されとるんやろなあ
すざ子

すざ子の感想・評価

3.0
70年代のカルチャーと性、思春期の息子と母の葛藤、フェミニズム、恐慌の時代に生まれた人間と物質主義の時代に生まれた人間、
製作者の中では全部有機的に繋がってるんだろうけど、わたしには繋がってこず雑多に見えてしまった、文化の違いのせいか、わたしの不勉強のせいか。あの時代の等身大の人々を描くドキュメンタリーとしてみたら良かったのかも。
ドロシアを見てわたしも子供を産んだらあんな感じになるんだろうと思いました。
miyu

miyuの感想・評価

4.0
40歳で子どもを産み、シングルウーマンで、多感な年頃の息子の子育てはさぞかし大変だろう…💦
って、思った。。。

ワタシ自身も、自分の子育てが正しい…なんて、自信は全くないし、その時期、その時期に悩みながら、永遠にコレ(子どもとの関係の悩み)はつづく気がする。。。
彼女の悩みは、万人共通で、例え夫がいても、子どもとの関係に悩む気持ちに変わりはない…

親は親で、必死で息子の為に、良かれと考える…
自分以外のひとを息子の成長にプラスになるんじゃないだろうか…
なんて事を。。。
息子は息子で、それは、親が自分と2人だけで向き合うのがしんどくて、他人に任せたい…って思ってるのじゃないかと、疑心暗鬼になったり…

本音を話あえば、寄り添う事はできるし…
本音を語り合う事が、親子にとって、1番大事な事かもしれない…

親子…って根底に、深い愛情があるんだからね〜💓

なかなか、ビビッドな色が使われていて、画像的にも好みでした。。。

出てくるキャラも、なんら、それなりに問題を抱えていたりして…

いっときのその時間だけを切り取ったら、そんな事があったんだなぁ〜
って思える様な時間であり、この親子にとっては、その時間は大事な時間だったのかもしれない〜なんて、思えたりしました。。。

アネット ベニング 昔から好きなんですが…

グレタ ガーウィングは『フランシス ハ』や『マギーズプラン』以来、結構、注目してます。。。

エル ファニングは、子役から出てましたが、最近見た『ネオン デーモン』が強烈…
『マレフィセント』も、インパクトありましたが…