20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 183ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

takuji

takujiの感想・評価

4.6
思春期の男の子なんて放っとけばいいんだよ。
母親が関わっちゃいけないし、周囲の女性も関わっちゃダメ。
とにかく女性は関わっちゃダメ。
でもジェイミーはちゃんと母親と向かい合おうとするからいいコだね。

とても素敵な作品です。人生のお気に入り映画に入れました。
やさしい時の流れを感じます。
1979年に何があったかなあ。
私はその頃どういう子どもだったかな。
音楽は何を聴いてたかな。トーキング・ヘッズは聴いてなかった。
カーター大統領のあの演説、ネットで見られるかな、探してみよう。

チラシに書いてあった「自由で力強く、ちょっぴりおかしい20世紀の女性たち」そのままです。
自由で力強い女たちに振り回される思春期を送ったジェイミーがうらやましい。
杏

杏の感想・評価

3.8
マッチしすぎない音楽が最高
無色の日常から幻想的な世界へ胸を躍らせて行くような、少し不安があるような、虹色のエフェクト(なんていうのか知らない)が良かった
じわ〜〜と心に届くような。

ジュリーの挑発的な目が良い。
HAL9000

HAL9000の感想・評価

4.1
いま、サントラ聴きながら書いてる。

何処がどうって具体的に言えないのだけれど、とても良かった。

母と息子を中心に描かれた群像劇。

どのキャラクターも、しっかり生きてる(それまでの人生があって、これからも人生がある)感じがして、なにか、こー、愛おしかった。

エピローグで、映画の後の彼らの事をサラッと紹介されるのだけれど、うん、末長く幸せに暮らしました にはならないよねって。

ところで、あちらは性に対してあんなにもオープンなの?
母が息子に喧嘩した理由を問うたところ「愛撫の仕方で意見が合わなかった。僕は女の子にも楽しんで欲しいと思うんだ(劇中はもっとストレートな表現でした)」とか答えてて。
あいす

あいすの感想・評価

4.0
ずっとむず痒くて、それが最高だった
思春期の悩みなんてどの時代も変わらないんだろうけど昔の方が色んなものと距離が近くて良いなぁと思ってしまった
miiya

miiyaの感想・評価

4.1
色々期待とは違ったけど、でも何だろう。
じわじわ良くて、

なんか教科書みたいな映画だったなあ、
女性のエッセイを読んでるかんじ

男性の監督とは思えない切り込み方で
荒削りで全体的には大したこと無いような映画なんだけど、 ああ〜 味わい深いなと。

退屈との狭間を行き来するスルメ映画。非常にいい塩梅。

母親の絶妙に 匂ってきそうな 母親感。
食べ物食べる時に唇拭くかんじの絶妙なおばん感とゆうか、あのかんじ!めっちゃ出ててそこを感じ取れるとより一層 この映画を味わえるのかな。、と。

そこにトーキングヘッズやバズコックス DEVOが乗っかる。
音のチカラに頼りすぎで ずるいけど、トーキングヘッズ推されちゃあ そりゃあテンション上がっちゃうし、 席から立ち上がって踊りたい気持ちをおさえるのに必死だった。。笑

それにしてもレインコーツ改めて聴いたら ほんとに酷いな あれは。笑


エルファニングはほんとにあざとくて魅力的で、とても良かった◎

ひとまず、マイクミルズ作品 サムサッカーはあんまり、、だったけど、 人生はビギナーズ観てみたくなった。

このレビューはネタバレを含みます

すべての”アートかぶれの軟弱野郎”&”マザコン野郎”讃歌!
(マイク・ミルズ監督、今回もありがとう!)

鑑賞後、熱がこもりすぎて声にならない声でうめきました。
どこから語ればいいか分からないくらい、好きな要素が詰め込まれてた。


「Lou Reed」「DEVO」Tシャツを着るグレタ・ガーウィグ…

エル・ファニングの添い寝…



エンドロールでかかるBuzzcocksがヤバイ…
予告編で興味を持ったので観た。

予告を見たときには、大胆な子育てをする強い母親かっこいい!みたいな映画かなと思ったが、そうではなかった。実際にはかっこいい成分は抑えめで、弱さと不安が描かれていた。それは当たり前なことで、どんな母親だって弱いところはあるし、シングルマザーならなおさらだ。この作品は強い母親かっこいい!映画ではなく繊細な親子の関係の映画だということだ。

映画の感想をかけるようになりたいと思って無理して書いているが、この映画は特につかみ所が無くて困っている。結局思いついたことを箇条書きにすることしかできない。

- 車で移動するシーンの色収差みたいな演出は何だったんだろうか。きれいだった。
- ジュリーの感じがフリクリっぽいなと思った。
- 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』に似ている。何処がにているかというと、朗読、奇抜なカット、2人の主人公、着地点のわからない物語、男女の関係こそ全てみたいな価値観。
- 映画で描かれている1979年よりも後の1999年以降からの視点でのナレーションが不思議だった。

ここまで書いて気づいた。
この映画は人生は男女の関係が全てだという感じになっている。
冷静になって考えてみるとそんなことはない。
母親は株価をチェックさせることを日課にさせていたのに。結局セックスのことばかりではないか。

この映画は生き様の映画だ。
生きていれば、キスはするしセックスはするし、妊娠、結婚、離婚もする。他のこともいろいろするんだけれど、この映画ではそこに注目している。この映画のラスト10分くらいはそれをよく表していたような気がする。

ああ、やっぱり、これは
強くないし、離婚もしたけど母親は偉大だ!という映画だったんだ。
シーンに早送りがあったり
映像の遊びがあり。
ストリーで見ると人との関わり
母親が子供へ願う幸せ!!!
1人で生きていけるようにそして
自分がした苦労をさせたくないと思う親心が私には伝わってきました。
親はみな、自分よりも幸せになってほしいと願う!
それがうまく思春期の子供へ
伝えていけない。そんな心情が私には感じ取れた映画でした。
fkkitm

fkkitmの感想・評価

4.1
ART FAG

あるようでないような世代の差、親子という特殊な関係、性別や経験によるモラルの差など。青春は儚くて美しい。人生きれいなもんじゃないけど、なんでもないこと含め楽しんだもん勝ち。互いへの好奇心や理解する努力を失ったらつまらなくなる。
みらの

みらのの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2017.6.17

とがし


ドキュメンタリー観てるみたいだった。最後のブリーチしたあときになった。