ブルーに生まれついてのネタバレレビュー・内容・結末

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿されたネタバレ・内容・結末

『ブルーに生まれついて』
邦題が凄く気に入った。この作品を観てEthan Hawkeがより尊い存在となりました。6ヶ月間トランペットの集中トレーニングを受けたみたいです🎺6ヶ月であんなに素晴らしい演奏できるのかと驚き。Ethanの歌声を聴けたので今凄く幸せです。彼が映画で歌った曲全て集めて円盤にしてくれないかなぁ。始めのモノクロの演奏が美しすぎました。品のある映像なんだけど実はドラッグ絡みの映画。ヘロイン中毒のChet Bakerを演じるEthanが本当に凄いんです。影のある人で本当にブルーに生まれついていたんだなと感じました。ドラッグのせいでChetがたまに子供みたいになるのですが情けないんだけどそれを演じるEthanが可愛すぎて最高に癒された。ジェーンが言っていたのですが確かに管楽器奏者はキスが上手そうだなと思いました。これは映画館で観たかった。最後は切ない。白人と黒人のカップルって素敵だなぁと思いました。プロポーズめちゃ良かった。「2秒待って」これ使えるな。こんなに偉大なトランペッターなのに決して高慢な態度をとらない控えめなChetが凄く好きです。こういうJAZZっていいですね。Chet Baker聴いていこうかな。Ethanのbeautiful blue eyesから流れる涙が美しすぎてこっちまで泣きそうになる。
イーサン・ホークがトランペット吹いてる姿はほんとにかっこいい!
自分を支えてくれる、愛している人がそばにいても結局は自分...
頂点に登ったことはないから、そこまでの境地は分からないけど、クスリよりも愛の力が勝ってほしかった
ジャズかっこええ。
あそこまでのめり込んでみたいなぁ、何かに。
ほとんど事実だけど、1つだけ嘘が。ジェーンなんていう恋人はいなかった。映画のほとんどがジェーンとの日々なのに。天使のジェーンがいたから、最低クズ野郎のチェットが改心して頑張ったのに。だからこそ、最後の選択が哀しく見えたのに。伝記映画や実在の人物を取り上げた映画は、よく、実際は違う、美化されてる問題が上がるけど、これは伝記映画でかつ堂々と美化してフィクション。ジェーンがいる方を観ながら、ジェーンがいない方が史実と言われると、元からいない映画よりも一層なにが「ブルーに生まれついて」なのか痛感するんだと思う。フィクションの凄さ。チェット本人が「終わりなき闇」という読むと健康な人も鬱になる伝記を書いているらしいので読みたい、かも。
ピークへの持って行き方が素晴らしい。
挫折から始まって挫折で終わるんだけど、そう単純じゃない。
あのラストはグサっとくる。
人として実に悲しい。
でも、本人にとっては…。
そう思うとたまらなく哀愁を感じてしまう。

目的のための努力なんだけど、成功と人間性の両方を得られたらどんなに良いか。
ただその2つが相反してただけなんだろうな。
ブルーな人生である…。
彼の脆さゆえに生まれる音たちが美しい。ラストも切なくて、でも人間らしくて。
トランペットに生涯を捧げながらも薬物を絶ちきれなかったチェット・ベイカーの1950年代からを描いた作品。
自分を献身的に支えてくれた最愛の人ですらも裏切ってしまった彼を演じたイーサン・ホークはハマり役でした。
最後はそうしてでもトランペット奏者としてのプライドが勝ってしまったのかもしれません。
#薬物ダメ絶対
観たくて観たくて、、、
やっと。

やっぱりイーサン・ホークがカッコ良い。
好きだわ〜

そして当たり前だけど全体を通して音楽が最高に最高。

実在の人物描いた映画なのでストーリーやら特にコメントはしないけれど、
恋人と2人で海の中太陽を背に抱き合ってキスをするシーンはめっちゃ良かったな。

ラストシーン、やっぱり薬を選んだのね。
というより、
あの眼差しとトランペットの音は、
薬よりも愛よりも、ただ音楽だけをやり続けたいっていう気持ちの表れのようにも感じた。
ジャズミュージシャンてジャンキーばっかだったから別に驚きはしないけど。
チェットベイカーもまあまあ好きだったけど、イーサンの演技がやっぱ好きなので無条件で高得点ですかね。
ラストは泣きました。
ジャズファンだけど、チェットについては詳しくなかったからちょっと分かりにくかったなあ。
でも、公式サイトにあった「チェット・ベイカーについて」を読んでやっとわかったし、勉強になった。

まあやっぱり、バードランドでのアウェイ感は凄かったでしょうね。
マイルス・デイビスの威圧感がスゴいし(笑)。
それにディジー・ガレスピーも出てきて、あのシーンはジャズファンにはめちゃ美味しかった♪
それに、後にディジーガレスピーがチェットを助けた話も、良いエピソードだった。

あと、パシフィック・レーベルのディック・ボック(リチャードボック?)とのやりとりなんかも良いね。
この頃のミュージシャンは、レーベルとの関係がいかに重要かがわかる。

チェットの歌は、今聴くと、こういうのもいいなあと思うようになったけど、若い頃は特に好きじゃなかったから、きちんと聴いたことがなかった。
この機会に聴いてみようかなという気持ちもあったから、私としては、イーサン・ホークでなくチェットの音源で聴きたかったんだけどね。

あと、イーサン・ホークはデイブレイカーを見てからというもの、吸血鬼に見えて困る(笑)。
イーサンは渋さ全開だけど、本来のチェットはもっと甘い感じだったのではないかな。

公式サイト
http://borntobeblue.jp/sp/index.html
チェット・ベイカーを演じたイーサン・ホークの色気。

前歯が無かったり、ヘロインでボロボロだったりするのに、とにかく色気。

ジェーンとの痴話喧嘩、からの婚約指輪とプロポーズの流れが、可愛らしかった。

たとえベタだとしても、良いものは良いのです。

スタジオでのセッション「マイ・ファニー・バレンタイン」の渋さ。

そして、バードランドの楽屋での緊張感。

たまらなかった。

もちろん、誘惑に負けず、ジェニーを裏切らずに、ステージでの演奏に挑んで欲しかったが、あの選択は、弱さであり、業でもある。

哀しいが、人間味だ。

嬉しい時には10秒以上、喜ぼう。

何かにこれだけ執着できて
これだけ全力を注げるのは
ほんとに素敵なこと

とても素敵な音楽で、
哀愁も感じるし、音が人生を物語ってる気がする、深みがすごくあった

最後、弱さに負けてしまったのは
とても残念だけど、
弱いところもチェットなんだと思う

Born to be blue
っていう原題がすごく合ってると思った

そしてイーサンホーク、
ほんとにすごい俳優さんだと改めて思う

素敵だなあって思う反面、道をふみはずすことの怖さもしっかり感じさせられた映画だった
>|