ギター弾きの恋の作品情報・感想・評価・動画配信

「ギター弾きの恋」に投稿された感想・評価

ガンツ

ガンツの感想・評価

3.5
爆裂お兄さんが目を細めてくわえながら吸ってた意味がわかった。

ジャンゴラインハルトのギターを聴いてみたい。
Toko

Tokoの感想・評価

3.3
ギターの音色が綺麗で舞台での演奏曲とかずっと聴いていたかった。
エメットは典型的なイタイ男。品もないし自分の弱さを大きな態度でごまかしている。
個人的に受け付けないタイプだから終始ちょっと引いて観ていた。
けどショーン・ペンのギターや演技は素晴らしいかった。

ハッティが純粋で可愛くて、ずっと食べている姿にはちょっと大丈夫?って突っ込みたくなるけどとにかく可愛い。
『ミスター・ロンリー』のマリリンモンローや『コントロール』のイアン・カーティスの妻のサマンサ・モートンとはまた違った雰囲気で、素晴らしい演技力。

色々あったけどエメットはハッティと出会ったことで、より良い曲を残せたのかな。
Kaho

Kahoの感想・評価

3.6
秋らしい作品を〜と思いこちらをチョイス🍂🍁🌾🍄🎸
ジャズの心地よい音色が今の季節にぴったりです(* ॑꒳ ॑* )

主演はショーン・ペン✨✨
こちらはまだ好きなウディアレ作品やったと思います◎
ショーン・ペンがギター弾けることにびっくり!その姿も様になってる😌
ジャケ写にもある月に乗ってギターを弾く姿が可愛い〜🌙.*·̩͙

1930年代、シカゴ。
ギターの腕は一人前だが、人間味はちょっとクズ男( ・᷄ὢ・᷅ )
女遊びには目がなく、破滅的な生活を送っていた。
そんなある日、エメットはひょんなことから口のきけないハッティと出逢い、恋に落ちていくのだが…。
このハッティがとても純粋で可愛らしい女性🥺💞💞💞
彼女と出逢うことでエメットも次第に変わっていきます
ユマ・サーマンも出てて、とても美しかった( ¤̴̶̷̤́ ‧̫̮ ¤̴̶̷̤̀ ) ✧

言葉を超えた愛…
切ないけど、ドキュメンタリー形式で語り継がれていく感じもラストを通して見たら良かったと思います😌

心地よいジャズの美しい音色とウディアレの独特の世界観•*¨*•.¸¸♬︎

まだ観てない方は是非ご覧下さい( "´༥`" )
ギターの音色が色っぽい

小物感が際立つダサダサのギター奏者
(不思議と憎めない)
一方で彼を懐古する演出が男のレジェンド感を高める
(だから憎めないのかも)

うぬぼれ過ぎ 気づくの遅すぎ
泣くだけ泣いたら またうぬぼれて欲しい
「遅かれ早かれ、夢は灰になるもんさ」

夢を燃やそうと前のめりすぎると、自分までも燃やし尽くしてしまう。
それはそれで、とても美しいのだけれど。
ダッさい天才ギター弾きが初めて音楽以外に痛みを感じる映画。ウディ・アレンも芸術至上主義的なとこあるし、そういうのも関係あるんですかね。基本的に一人称やけど時々全知的な視点も提供されてサスペンス要素にまで至らないロマンス感白々しいです。アーティストとしての自分じゃなくて、音楽としての自分を好きになって欲しかったんですね...。傲慢で切ない男です。
ぷぅ

ぷぅの感想・評価

4.4
エメットって実在の人かと思っちゃった…
嘘だぁ〜笑と思うエピソードもドキュメンタリー風の作りでリアルになってるから凄く面白いせつない
知ってる人を見てる気分。。エメット大好きだなぁ。。
ハッティになりたいなぁ。。
女の子たちのファッション完璧に可愛い
ロイオービソンのDreamみたいなのがよいとこで流れるのがツボだった
すき
mugcup

mugcupの感想・評価

3.0

うーん…
大概のクズには優しいマグさんですが
こういうクズは好きじゃない。

「女には本気にならないよ」
なんて言う男、だせーよなぁ。
みなみ

みなみの感想・評価

4.0
ラストのギターシーンの音色が美しくて切なくて儚げで涙した。だけに、曲が終わった後の「終わった?帰るわよ、オシッコしたいの」に愕然。人によって感じ方は違うんだな〜と。女性が置かれてる状況も酷いものだから特に強くは言えないけど。

天才は、孤独や寂しさよりも自分のアーティスト性に燃え上がり、エゴイスティックに生きるものだと思っていたけれど、きちんと過去に対して後悔はするし、時には自分の才能を恨めしく思うものなんだなぁ、と感じた。
コロン

コロンの感想・評価

3.0
本当に切なくて美しい、こんなに美しいギターの音を聞いたのは久しぶりかも。
奏でられる高音の音色。

ショーン・ペンがギター弾いてるとか。
アイ・アム・サムのショーン・ペンと全然違うー。

パット・メセニーのギターみたい。

ウディ・アレンかー。
>|