ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「ルーム」に投稿された感想・評価

なつみ

なつみの感想・評価

4.2
〈部屋〉しか知らなかったジャックが〈世界〉に出て少しずつ〈世界〉を知っていく。徐々に周りの人々に心を開いていく姿、親子の絆、子どもの感受性の豊かさ、
すべてがよかった
〈世界〉に出てはじめて、親子にとって〈へや〉の中で失われた時間がどれほど大きかったのかを思い知らされる。

場面は前半の〈へや〉の中と、後半の外の〈世界〉との対比でバランスよく構成されており、〈世界〉を知らずに育った子どもの視点や感性、また母親や周囲の葛藤が非常にリアルに描かれていた。

何よりも、ジャック役の子の演技が素晴らしく、〈世界〉をはじめて見た時の驚きや混乱、徐々に変化する細かな心情が、ストレートに伝わってきた。
渓谷

渓谷の感想・評価

3.9
逃げ出してからの生活が平穏なものでないのは想像に難くないが、家族皆の人生が狂わされた結果のひとつとして印象的だったのは祖父のジャックへの反応。
祖母のパートナーのレオがナイスガイ!
子役の演技が素晴らしい。
最初長いけど、それがあってこその後半部分、子供って強い、子供って本当すごい、

実話をもとにしてるんだって、、、、

子役の演技力、すごいいい
観てて辛かったが、最後にほんの少し希望が見れてほっとした。
地獄の様な世界を、子供の純粋な心に救われる家族を観ていると涙が止まらなかった
世界中で似た様な事が起きていると思うと辛い。
Sawako

Sawakoの感想・評価

2.2
入りから理解するまでちょっと時間いりましたけど、監禁された後の人間模様でとても悲しかったですが子供ってすごいなと感じました。5年間見てきたものが全てだったのに外に出てからお母さんより強くいきてるなと思いました
2018年52本目。
予告編(の最後数秒)をチラ見した程度で特に前情報無しで鑑賞。少しずつ母と子の状況が明らかになっていく見せ方にただただ感心。あらすじ知っていたら何とも思わなかったかもしれない。知らずに観ることの愉しさがわかる作品でした。

『4歳の時は「へや」しか知らなかった。5歳になってぼくは何でも知っているんだ』

「へや」の外に出るまでの話かと思いきや外に出てからもだいぶ話が続いてびっくり。面白かったかどうかと言われると微妙なところだけど凄い作品だったかと聞かれればそうだと答えられるような作品だと思う。
ManaKoie

ManaKoieの感想・評価

3.3
ほんとに実話かー。まじかー。と思っている自分の平和ボケ加減。
狂うひとを作らない、寛容な世界になったらいいなと思う。
むーた

むーたの感想・評価

3.7
ジャックの舌ったらずな話し方が可愛くて可愛くて、、!

子供ってすごいなぁ。
その順応力、懐の深い愛にただ恐れ入りました。


大人は時に、色々と複雑に考えて、物事を複雑に悲観的に考えてしまうものですね。


監禁事件って実際に起こっているし、アメリカは特に多い印象。
無事保護された人は氷山の一角で、沢山の被害者が、あんな小さな部屋なんかで一生を過ごしているかもしれないと思うと、吐き気がしました。
りかこ

りかこの感想・評価

3.6
いかに脱獄するかがメインかと思って見たが、部屋を出てからがリアルに描かれていた。普段バラエティ番組などでもなかなか注目されない部分で、見ていて苦しい場面もあった。インタビューしていた女性の質問があまりにもデリカシーなさすぎるのでは?と思ったけど、アメリカでは普通なのか、、、
>|