ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

後半半分しっかりと自由になってからの苦しみを描いていたのが良かった。
監禁からの解放でハッピーエンドではなくて、人間としてのその先を観ることができる作品だった。
子供を産んで少女からお母さんになったけど、心の中では少女で止まってしまったんだなあと感じた。

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい映画!!!
斬新な設定に惹き付けられる
感情移入してしまう!
この映画のいいところは部屋から脱出してハッピーエンドで終わらないところだと思う。
しっかりとその後の苦労や感情の移ろい、リアルさを描写している所が素晴らしい。
環境の変化を少しずつ受け入れて社会に出ていく親子に感動し、励まされる!
涙が出る!
小さい頃使ってたお茶碗の柄とかって、何故か今でもくっきり思い出せるくらい、鮮明に覚えてるのにな、って最近考えてる
記録


文句のつけようがない作品。
まだまだこれからも映画は観るわけだけど、間違いなく今年度ナンバーワン。
監禁からの解放。
7年というときを経て感じる先の見えない人生。
ジャックとの距離感も次第に掴めなくなり、
挙句の果てには思いつめて倒れてしまう。

前半の強く逞しい母親像を残しつつも、後半(解放後)は弱さや脆さといった人間の内面も上手く描かれていたと思う。
あとは"部屋の中の閉塞感"とか"外の世界の開放感"とかも相対的に描かれているのが良かった。

母と子。
共に必要とし合っている姿。
親子愛を感じられるそんな作品。


P.S.
不覚にもジョージ役の子を女の子だと思ってしまったww
だって髪が長かったんだもの( •̄ .̱ •̄ )
感情移入するのがつらい、重いテーマと展開。作品としての力はとても強い。
隼也

隼也の感想・評価

4.2
【緊張、尋常、そして巻き起こる感動
演技はここは最近で1番いいかも…✨】


ネタバレはしないけど
脱出モノばかり見て来たせいか、ルームからの脱出がメインのサイコスリラー系映画と勘違いをしていた。
だからそのギャップに驚き、そして感動した。

最初から順序よく進んでいくストーリーではなく、ストーリが進むにつれて何が起こっているのか、どういう状況なのかと少しずつわかっていく。こういう手口はだいぶ好み。

そして何と言っても演技力。
初めて知らない外の世界を見る子供とその子を普通の子供に育てたい母親。
普通の状況ではないため映画的に演技を誤魔化せない。そんな中でも圧巻の演技力。
ついつい、感情移入してしまい自分まで辛い気持ち、イライラした気持ちと移り変わっていくようであった。

ああいった状況下でのマスコミ対応や周囲の反応、そういったものがとても身近に感じられたのは僕だけではないはず…
好きなジャンルではないのだけれども、この類のジャンルの中では1番良いかも。
フィクションと言えどもリアルさがあり心に突き刺さる映画でした(^^)
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

4.2
脱出劇メインかと思ったけど、そのあとのほうが主要なパートだった。子供の演技もよかった。母は強し、でも人間だから壊れることもある。周りの人間の助けは大事ってことが身に染みてわかる映画。
な

なの感想・評価

3.6
実話って聞いてびっくり。
2人が解放されたときの話もしっかりしてて良かった。子供ってすごい

このレビューはネタバレを含みます

映画的に凄いということは何もないけど、このストーリーをこの演技の質でやりきれるアメリカ映画はやはり羨ましい。母親はもっと眼が狂ってていいとも思ったけど、現代のバランス感覚としてはこのくらいがちょうどいいのかもしれない。
ウィリアム・H・メイシーの「俺はどうすりゃいいんだ」って顔が素晴らしいんだけど、ラストで和解させないのはアメリカ映画的ではないのでは?と若干の不満が残った。


演出0.8
人間0.9
構成0.7
驚き0.8
趣味0.8


演出=総合的な演出
人間=俳優および被写体の魅力
構成=脚本や画面の全体的な構成
驚き=斬新さ、意外さ
趣味=個人的な好き嫌いの印象
>|