ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

こうだ

こうだの感想・評価

3.9
ずっと観たかったものの重そうで避けてきた作品。
ワンダーを観たついでに、ジェイコブ君繋がりで鑑賞。


なんだろう。
初めは監禁されるサイコスリラー系かと思って、口コミを見てサクセスストーリー系なのかと思って、実際観てみたら重めのヒューマン系だった。

こういう誘拐や監禁からの脱出劇って、大概成功してハッピーエンドではいおしまい、のパターンが多いけど、今作は違う。

あらゆる事件の裏には必ず後日談があるけれど、それを描いている作品はほとんどない。
そこにフォーカスを当てているのがとても新しい。


なんか、常識を覆されるくらいの衝撃というか、ハッと気付かされるというか、、、

助かっただけで幸せかと言われればそうじゃなくて。事件の被害者たちには、もっと辛い現実が待ち構えていることを、私たちは知らなかった。


ママの気持ちは痛いほどわかるけど、、、あまりにジャックが可哀想で。胸が痛い。
まあ、それが大人と子どもの適応力の違いなのかも。

個人的には、レオがいい味出してたなあ。血が繋がっていないからこそ近付けるのかもしれないけど。


先述したけど、ワンダーを観た後だったので、ジェイコブ君の素顔に違和感があった!
でも、声を聞いてすぐ納得。
彼の声って、すごくか細くて弱々しくて可愛くて、なんだか耳に残る。
本当に天才だな!


何度も観れる作品ではないけれど、観て良かった、本当に。
これは凄い映画。

事件は解決!良かったね!
で終わるだけじゃなく、
その後の親子それぞれの感情や
周りの人の心境をリアルに描いてる。

親子2人の演技が上手すぎて
見入ってしまった笑
序盤見てるのかなり辛かったけど、その辛さがあってこそ感動につながる作品だなと思った。子役の演技がすごい。
NWFlQ

NWFlQの感想・評価

4.5
気になっていたので。

題材を聞いてホラーなのかと思ってたらあまりにもホラーじゃなかった。
犯罪被害者の目線から人間の在り方に迫る至極直球なアプローチの作品でした。

内容は、登場人物の感情が迫ってくるとても繊細な作りでとても良かった。
もうすでに忘れていたと思っていた、世界に対する新鮮な思いが年をとった自分にも感じられたと思わされる程に誠実な表現の映画。
凄い。
想像してた話とちがった
最初はなんとなく見てたけど、気づいたら夢中になって映画の世界に入り込んでいた
2人の演技がうますぎて、鳥肌が何度もたった。こんなに泣いたの久しぶり
蘭

蘭の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

みてる間ずっと退屈しなかった。
外に出られたら幸せになれるっていう簡単な話ではないんだなぁと、
感慨深い作品だった。
テイストは好き。
見てよかった。


ただ誰かに見て欲しい!とは特にならなかった。
見たいといわれればいいと思うよ、
という感じ。
あさ

あさの感想・評価

3.6
火力で溶けたスプーンの柄
世界の全てであった"部屋"の大きさが最初と最後ではまるで違って見える

髪に力がある、初めて踏み出した病院の床、ラプンツェルか
Riku

Rikuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「ルーム」から出るまでは辛いながらも希望に満ちて2人で暮らしてたのに

出たら出たで今度は免疫力の問題やマスコミの好機の目に晒されて結局我が家に閉じ込められてしまうのがすごい辛かった...

それでも愛し続けようとする母の強さと母を思う息子の純粋さに泣く
re

reの感想・評価

3.7
小説から読みたいけど、つい観てしまった
視覚化されると逆に怖さとか、よく伝わってきてすごく良かった
めちゃくちゃツライけどめちゃくちゃ良い映画
ミニマルな人間関係の中で大人たちの感情は揺れ動いているけど、子供はどこまでも純粋でこの物語の軸となってた。
親が子供に教える以上に親が子供から学ぶことも多いんやろうな
起承転結全てで見応えあった!
>|