新婚日記 恥しい夢の作品情報・感想・評価

新婚日記 恥しい夢1956年製作の映画)

製作国:

上映時間:42分

3.5

あらすじ

三郎は電々公社の職員で今度、東京へ転勤するのを機会に恋人の千枝子と結婚、式後直ちに熊本から上京した。東京は住宅難だが、三郎の恩師白木博士が渡米するので、その留守番を仰せつかり心配はなかった。しかも電化設備の整った文化住宅。三郎は商売柄、電話を遊ばせておくのは勿体ないから近所の人に利用させようと到着の日に「電話ご利用下さい」の貼紙を玄関に出した。新婚第一夜があけ、二人が起きようとした時、表の戸を激…

三郎は電々公社の職員で今度、東京へ転勤するのを機会に恋人の千枝子と結婚、式後直ちに熊本から上京した。東京は住宅難だが、三郎の恩師白木博士が渡米するので、その留守番を仰せつかり心配はなかった。しかも電化設備の整った文化住宅。三郎は商売柄、電話を遊ばせておくのは勿体ないから近所の人に利用させようと到着の日に「電話ご利用下さい」の貼紙を玄関に出した。新婚第一夜があけ、二人が起きようとした時、表の戸を激しく叩く音がした。驚いて玄関に出ると、そこには近所の人が電話を借りようと大勢並んでいた。それ以来、二人は毎日呼出し電話で夜もおちおち眠れない始末。そんなある日、千枝子の先輩で女学校の寄宿舎の舎監をしている矢部女史が訪ねて来た。寄宿舎でホームシックにかかった生徒を、家庭的な二人の家に置いて治して欲しいと云うのだ。無理矢理エリ子を押しつけられた二人は、新婚気分も味わえず、その日からとうとう神経衰弱気味になってしまった。我慢し切れなくなった二人は何とかしようと、三郎は電話を断りに近所へ、千枝子は矢部女史の許へと出かけたが、三郎は利用者の困る事情を見兼ね、一方千枝子は逆に二人の生徒を押しつけられ、しょんぼり家へ帰って来た。そこへ「予定変更、帰国する」と白木博士からの電報が届いた。留守番解消と喜んだものの今度は引越先の心配である。途方に暮れているところへ近所のお妾さん二宮が電話をかけに来た。電話の内容は、どうやら別れ話。しかも別れた後は二階を誰かに借すという。「家があった」と思わず二人は飛上った。引越しも早々に、漸く二人きりになれた三郎と千枝子は熱い口づけを交した。

「新婚日記 恥しい夢」に投稿された感想・評価

2016年1月3日、角川シネマ新宿にて鑑賞。
未ソフト化作品であり、上映機会の少ない映画。よくぞ上映してくれました。ありがとう。

『花嫁のため息』&『新妻の寝ごと』と同年(1956年)に作られた連作。
ただ、前二作とは、配役を入れ替え、新妻は若尾文子だが、新夫は品川隆二。その他メンバーも大きく変わっている。
こちらは、『新婚日記恥しい夢』&『新婚日記嬉しい朝』の二作が、連作という流れになっている。

ただ、雰囲気は、やはり、新婚の二人が「二人きりになれない」とか「誤解が生まれる」などの物語の喜劇。

この作品で、若尾文子の「だめよ、見ちゃ、イヤ~ん」なるセリフが色っぽい(笑)

大映の小品であるが、とても若い若尾文子の美しさと素晴らしい声で満足の映画であった。
shino

shinoの感想・評価

-
20160104
角川シネマ新宿
若尾文子映画祭
moku

mokuの感想・評価

3.3
新婚さんの新生活に次々邪魔が入る展開が、似たような「花嫁のため息」を観たすぐ後だったので少し損した感も。こちらの方がずっとモダンだったけどね。お妾さんの藤間紫〜♡
フィルマークスのあらすじがやたら長い。完全にネタバレなのだが、作品の面白さは一切こちらには伝わってこないので、優秀なあらすじだと言える。
神

神の感想・評価

3.0
若尾文子映画祭アンコール

市川和子の鬱陶しさには終始イライライライラ…。藤間紫が藤間紫で安心した。
2016/1/2
角川シネマ新宿
若尾文子映画祭アンコール上映