何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

pun

punの感想・評価

3.5
原作も読みました。
朝井リョウさんが表現する“ 人間のリアル ” がたまらないです。
原作 にある 隆良(岡田将生)の備忘録アカウントだったりとか、細かい部分も好きです。

この映画が訴えかけてる 何か が、
心に ‥ 。

これぞ、人間の リアル 。

そして「烏丸ギンジ」。
本人こそ登場しないものの 、名前 だけの 圧倒的存在感 。
桐島、部活やめるってよ も同じように 「桐島」の圧倒的存在感がありましたね。
YY

YYの感想・評価

3.5
就活してた頃思い出しました!

グループディスカッションや起承転結の作文?のシーンを見て、自分もやったなって思いながら映画を見てました!
個人的には好きでした!

このレビューはネタバレを含みます

身につまされることもあり、自分のことを描かれているようでヒヤヒヤしながら観ました。
演劇の舞台に見立てた後半の演出が好きです。個人的には、山田孝之さん演じるセンパイと、菅田将暉さん演じるコーヘイが好みでした。
140字。

朝井リョウの直木賞受賞同名小説を映画化。公開当時に映画館で観た時には「就活って大変そうだなぁ」くらいにしか思わなかったのだが、いざ自分が就活を経験してみるとこの映画がいかに「リアル」を描いていたのかがわかった。

5人の就活生の中でも主人公的ポジションの拓人を演じるのは佐藤健。「るろうに剣心」で見せたような覇気は無く、自信のなさから出る虚勢や取り繕いはとてもリアルだ。この映画の凄いところは、その拓人を筆頭に登場人物が皆、映画を観ているこちらの醜い部分を投影したかのような言動を見せ、それが深く突き刺さることだ。痛々しいそれらの言動は身に覚えがあるようなものばかりで、目を背けたくもなる。就職活動というものは、あくまでもSNSや大学のサークルなどを通じて生きる人間の内面を映し出すための舞台設定でしかなく、ごく普遍的な人間関係全てに共通するテーマを描いていた。もちろん、就活に関することも物凄くリアルだったが。
原作小説とベースは変わらないが、終盤の怒涛の伏線回収展開などは劇中の「演劇」を上手く活用して描かれる。それは物語の展開ともリンクしているし、その演出はホラーとも言えるような不気味さを放つ。

「頭の中にあるうちは、何だって傑作なんだよ」など数々の名言が突き刺さる。就活を経験しないと共感するのは難しい映画かもしれないが、「何者」かになろうともがく若者達の姿は本物にしか見えなかった。中田ヤスタカと米津玄師がタッグを組んだ名曲をバックに佐藤健が重いドアを開け放つラストシーンは、苦々しさと爽やかさが入り混じった、この映画でしか感じ得ない感情を抱かせてくれる。
朝井リョウ原作は着眼点がものすごく現代的。就活というレースで何気ない横並びの探り合いが個性的な演者によって淡々と演じられているところはエンタメに昇華されている。
最終的に何者のツイッターに毒が集約されていくのだが、小説のようにもっとえぐってもよかったかなと思う。映画としてはソフトエンディングでよかったのかもしれない。
hinako

hinakoの感想・評価

3.0
小説読んだのは大学一年生で漠然と就活に鬱を感じてた。映画は好きな俳優揃いだったけど就活前に見たくないと思って避けてた。就活終わったこのタイミングで見て、意識高い系を冷めた目で見て、なんとなく収まってた自分の汚さと同じ。ラスト含めて本の方がどんよりしてて好き。
わたる

わたるの感想・評価

3.4
ただの就活あるあるの話と思いきや、意外と登場人物の心情を、表現していた気がします?各々の人物に対して教官はできないけど、理解出来ちゃうなぁなんて…みなさんもお気を付けて
Misato

Misatoの感想・評価

-
こんな妬み合いは無かったけど、結局周りと比べてしまった就活。
タ

タの感想・評価

2.4
就活生に、菅田将暉と佐藤健が馴染んでなさすぎて違和感だった
これ就活スタートしたときに見たら終わる
MikiTakiya

MikiTakiyaの感想・評価

3.7
あまり期待せずに見たら面白かった!主人公の気持ちが手に取るように分かって見てて辛い。私も就活してたらこんな風になってたのかな〜
>|