何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

まさこ

まさこの感想・評価

3.3
昔よく 「お前らは、何者でもないからな」と言われていたので、このタイトルだけで心臓がキュッとなります・・・。

何者かになりたいけどなれない、なる方法がわからない。ヒリヒリしますわ〜。

出演者が豪華過ぎて驚きました。
演劇的表現シーン好きです。
就活こわい、最後のどんでん返しに唖然、みんないろいろ抱えてる
原作読んだことないけど、映画にむいてないこのテーマとかいろいろ
導き

導きの感想・評価

2.0
テーマやキャラクターは悪くないし就活あるあるが描かれていて楽しめたけど、それ以上は…
本筋とは全く関係ないけど、現代のSNSやIMを作品内で必要以上に強調されるとどうしても萎えてしまう。
菅田将暉の大学生バンド描写はとても良かった。
卒業ライブ時と1年生当時?の演奏レベルが露骨に違うところの演出には感心。
表に出さないだけで、拓人みたいな性格の人って結構居ると思う。誰だって自分可愛い気持ちはあるし、大なり小なり他人より良い思いしたいみたいな気持ちはあるだろうし。
他人の幸せが喜べたりするのも、自分がある程度は満たされていないと出来ないこと。だからある意味、拓人は自分の気持ちに正直というかなんというか。まあそれを前面に出したら集団生活が営めないことは拓人も理解していたから、直接ではなくSNSという手段で痛々しくぶちまけてたわけだけど。そういう人、最近よく目にするなあと思いながら観てた。

内容はつまらなかったわけではないけど、う〜んって感じ。俳優陣は演技がリアルな方ばかりでそこは良かったと思うけど、この内容なら映画よりドラマで見たほうが面白そうな気がした。
ray

rayの感想・評価

3.6
就活中の自分見せつけられてるようで苦しくなった。
結局就活が成功したからって、何者かになれるわけでもないっていうの、共感。
Chika

Chikaの感想・評価

2.8
他人を見下して自己肯定したり、、、就活でもSNSでも他人と比べることにフォーカスしすぎると辛さしかない。

改めて就活のシステムやだなって思った笑
若干ネタバレになるが、あるシーンで有村架純が岡田将生に放ったセリフが心に響いた。
会社ないし社会を有象無象の集団と捉え、就活活動しないことになんとなくかっこよさを感じる面が僕にもあるので考えさせられた。
keita

keitaの感想・評価

4.0
色んなタイプの就活生が登場してくるけど、「いたなー、こんなやつ」って就活当時が懐かしくなる。
音楽とかカメラワークとかかっこよくてけっこう好きだ。
なんかどの役の人もきらいだわ〜ってなったのは、みんなまだ何にも慣れていない自分に自信もなくて、不安なのを必死に隠そうとして、クールぶってるけど、バレバレでって感じだからだった。

就職活動のときってみんな大人になるのに不安で怖くて焦って、でも自分にしかない何かにしがみつきたくて、
確かにこんな感じかもしれない。
>|