何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

就活についてとてもリアルに
描かれていた。二階堂ふみちゃんの
演技が上手過ぎるのかリアルで
こういう奴いる!わかる!と1番
ある意味共感出来る役だった。
決まる人はこんな人、決まらない人
確かに大体こういう原因あったり…と
完全に第三者としてわかるわかると
眺めているはずなのに自分の就活の時
のことを思い出して少し苦しくなった。
Taiga

Taigaの感想・評価

3.0
小説読んだからか、あんまりグッと来なかった。小説読んだときはかなりハマって、スピンオフの何様っていう本読んだのに。。。
映画の内容はライトな気分で見れば小馬鹿にしてできる人間模様を、詳細かつ明確にさらに真剣に描いている。

雨の降る夜にじっとりと観ると病みそうになる。
晴れた日の昼間にテンションを落ち着けたい時に見ましょう。
今見ないといつ見るの。現代風刺で面白い。社会人になって直ぐに就活の大変さって忘れました。あの時は確かに不安だった。売り手市場いいなぁ
人生とは自分の内側で考えがちだけど、他者との関係の中で起きている出来事のようなもの。

就活やSNS人間関係壊れるなんて、悲劇を通り越してる。Twitterするのこわくなるw
便利になった分、人間らしさを失う関係が哀しい。

二階堂ふみと有村架純の共演が観れるナイス配役。菅田将暉くんの笑い方素敵だわ。
みき

みきの感想・評価

3.3
公開当時劇場で見て以来2回目。
就活を経験してからもう一度見て感じたことは結構違ったかも
昔なにこの女って思ってたとこもそうだよねえって同情した、辛いんだよねえ、
就活だけじゃなくても共感する部分が割とあって泣けた、感動とかじゃなく。
そんな内容の濃い話じゃないけど。
頑張ってたこと急に褒められると泣いちゃうよねえ

面白いのかな?割と面白いと思う多分、、
就活前よりあとに見た方がいい、共感もできるし笑える、

あと菅田将暉がかっこいい。
もこ

もこの感想・評価

2.8
なんか共感出来てしまう
頑張ってる人を馬鹿にしたり
成功してる人を否定して
仲良い振りして裏では見下したり。
そうする事で安心してる

人間て汚くて嫌だなーって思う作品。
芹山仁

芹山仁の感想・評価

4.3
前に見たけどめっちゃおもしろかった記憶。この映画を機に朝井リョウの小説とかエッセイ?みたいなのを読み漁った。
chamur

chamurの感想・評価

3.0
就活、SNS 色んなことが大変だなぁって思った。
あと、こんな人いるよなぁ、とも。

山田孝之めちゃ落ち着いてて、一番鋭かった。
Nori

Noriの感想・評価

2.3
見ていて主人公にイライラする。
描き方が、桐島、部活やめるってよに似てる?
ZAWA

ZAWAの感想・評価

3.0
就活の大変さがわかる。
人の裏側を考えさせられる映画。
キャストは豪華だなと感じた。
内容は可もなく不可もなく。
>|