ブリムストーンの作品情報・感想・評価

ブリムストーン2016年製作の映画)

Brimstone

上映日:2018年01月06日

製作国:

上映時間:148分

3.8

あらすじ

小さな村で、年の離れた夫と2人の子供と暮らす美しい女性・リズ(ダコタ・ファニング)。ある事情で言葉を発することは出来ないものの、村では助産師として頼られる存在。夫の連れ子である長男は少し反抗的だが、概ね幸せに暮らしていた。 しかしある日、村にやってきた一人の男の存在が、彼女の人生を一変させる。男は鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師(ガイ・ピアース)だった。「汝の罪を罰しなければならない」そう告げ…

小さな村で、年の離れた夫と2人の子供と暮らす美しい女性・リズ(ダコタ・ファニング)。ある事情で言葉を発することは出来ないものの、村では助産師として頼られる存在。夫の連れ子である長男は少し反抗的だが、概ね幸せに暮らしていた。 しかしある日、村にやってきた一人の男の存在が、彼女の人生を一変させる。男は鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師(ガイ・ピアース)だった。「汝の罪を罰しなければならない」そう告げられたリズの脳裏に壮絶な過去がよぎる。そして彼女は、家族に身の危険が迫っていることを伝えるのだが・・・。 果たしてリズの過去に秘められた“罪”とは。男は何者なのか?やがて彼女の家に撃ち込まれた一発の銃弾。それは愛と暴力と信仰心を巡る、恐るべき物語の始まりを告げる-。

「ブリムストーン」に投稿された感想・評価

終始胸糞悪い映画!ただ吹き替えで見たら鬼畜牧師の声優が桐生だったのは笑った笑
[宗教という悪]

劇場で観ようと思いましたが、チャンスを見失い、見逃したので、今観賞。
エルちゃんが活躍する中、姉のダコタの主演する作品が下火に見える中、どんでもない作品が日本に舞い降りてきた。

そんな中身は、なんとも際どいもので、いわゆる「宗教」の考え方の中にある「悪」を描いたものだった。女への扱いに対しても、神に対する汚れと言うばりに、暴力、罵声が飛び交う。本当に、観客から見たら、すごい胸糞悪い内容になっているが、反対に「女の強さ」みたいなのを描いた作品にも見えた。

どんな扱いを受けたとしても、這い上がる力を見せる。その先が理不尽な結果になろうとも。そんなメッセージが込められていた。
そして神に仕えるもの、つまり神父がとてつもなく不気味でサイコキネシス。彼のやってる事が、まさに「悪の根底」に入り、神の名を使って身勝手に使っている、[宗教界の現実]を描いているような気がしてならなかった。

そして、自分の中にもその、ガイ・ピアース演じる神父の中にある[心からの汚れ]というものが、自分の中にも潜んでいるのかと、恐怖を感じた。

女は[身体]を、神父は[暴と汚れ]を捧げます・・・。
ダコタ・ファニングが大人になってる😳
牧師はクソだね💢
んで、この人、不死身なん??一応人間よね?

4部構成になってて上映時間は148分。
全部観れるかなあと心配してたけど、大丈夫でした。
時系列がバラバラだから、見てて「ん?」と思うこともあったけど、繋がりがわかれば納得。
なぜ声が出ないのか、牧師との関係は?
全部観たら、そのあたりはスッキリ。

壮絶な人生だったね。最後はあっけない感じがしたけど。
大人になった娘が幸せそうでよかった。
voltboy

voltboyの感想・評価

4.0
また勝手に想像してしまいましたが、西部劇ではなかったですね(⌒-⌒; )

ある村で助産師として妊婦のお産を助けていたリズ。ある日逆子の出産で子供が亡くなってしまい、妻の夫から逆恨みで狙われてしまう(>_<)
そんな状況の中でリズの前に現れたのは不気味な牧師Σ('◉⌓◉’)

4部構成のストーリーが展開され、1部ごとにリズと牧師の関係が明らかになっていく。聖書をテーマに扱っているのかな?といった???シーンも多く見られる( ̄▼ ̄;)
ただ、説教くさい訳ではないしガイ・ピアース得意(?)の不気味さは存分に味わえました
( ̄∀ ̄)

あ〜ヽ(´o`;
それにしてもダコタファニング演じるリズが不憫過ぎる(T_T)
くろ

くろの感想・評価

2.6
きろく。
ダコタファニングとガイピアースという事で期待したけど…。辛いシーンばかりで残酷さを表現したいんだと思うけど、敢えて幸せそうなシーンや綺麗な風景を映したりしなくて酷さが引き立たないし、慣れてきて抑揚や緊張感が薄くてすごく長く感じた。章ごとにテーマカラーみたいなのがあっても良かったと思うけど暗くて似た様な場面が多かったのも残念。ジャンルや題材はいいけど長くて飽きてしまう...。演出がもうちょっと良ければ面白くなったんじゃないかなー…って作品でした。
小森

小森の感想・評価

-
地獄の業火も生温い。ガイピアースが鬼畜変態神父を熱演してた。キチガイ×宗教の組み合わせはやはり恐怖。
セイ

セイの感想・評価

3.9
「ブリムストーン」タイトルどうり灼熱地獄の内容。凄まじい男尊女卑映画。神父はイカれてしまった父親の象徴なんだろうね。執拗に追ってくるとこも、女性にとってそれだけ恐怖を与える存在に描きたかったんじゃないかな。信仰に関しては、「ウィッチ」に似てたような。エグい内容だけど主人公の壮絶な人生に引き込まれていった。
ホーク

ホークの感想・評価

4.5
なんとなく観たらとんでもない掘り出し物でした。ドッグヴィルなんかと同じ世界観を持つ本作。鬱気味な人にはオススメできません。
YOK

YOKの感想・評価

-
神の名の元に、変態ガイ・ピアースが超人的ストーカー行為でダコタ・ファニングを追いつめる。

聖書になぞらえたかったのか、第1章 黙示録、第2章 出エジプト記(脱出)、第3章 創世記、第4章 報復: 審判、という4章構成になっている。
しかもこの4章、時系列がバラバラなので、各章始まってある程度進まないとどの年代記なのかすぐにはわからない。
これについては私は成功している感じた。
なぜあの時あのようなやりとりがあったのか、あのような反応をしたのか、あのような状態になっていたのか。
伏線を回収する、と言ったらやや強引だけど、2時間半の長丁場(しかもクッソ重い)を持たせるには良い手法のひとつかもしれない。

いかにも聖書が関係していそうな雰囲気ぷんぷんだが、そこまでガチガチに聖書に則っているわけではないので読んだことのない人でも大丈夫でしょう。

とにかく終始ダコタ・ファニングの人生がハードモードすぎて、目を背けたくなる場面もちらほら。
時代が時代だけに女性の地位も低く、こういった不当な扱いは本当にあったのだろう。
最初から最後まで不憫でかわいそうだし、変態サイコ野郎に「罰してやる」と理不尽に追われ続ける。しかも救われない。
彼女がここまで苛烈な人生を歩むことになった納得のいく説明は何もない。
理由があるとすれば、ただ不条理だからだ。
弩級の変態に目をつけられたから、という不条理な理由。
胸糞映画は好きだけど、ここまで長く胸糞が続き重苦しい映画はなかなかないと思う。

最近は何かと妹のエル・ファニングづいていた私だが、久しぶりにお姉ちゃんを見た気がした。
聾唖者の役なので台詞のなさと無表情さも相まって、何だかずっと不思議な空気を醸し出していた。
ダコタってなんか不思議な顔してるなーなどと思った。いい意味で。
それと、少女期を演じた女優の子はとてもかわいかったです。
恭介

恭介の感想・評価

3.1
いやー重い。
なかなかのヘビィ級。

色んな意味があるみたいだけど、本作ではブリムストーン=灼熱地獄、的な感じ?
ちょっとあからさま過ぎるけど劇中、娼婦の館の店名がインフェルノって意味ありげに付いているが、地獄という似たような意味。

ストーリーが聖書に似せて4章に分かれており、時系列がバラバラ。タランティーノ映画と似たような構成と言えば分かりやすいかな。

とにかく全編、女性に対する差別や暴力がてんこ盛り。実際、あの時代のアメリカはそんな感じだったのだろう。弱者と強者がハッキリと線引きされてた時代。
魂の救いを使命とするはずのガイ・ピアース演じる牧師が、狂いに狂っているキャラクターだから余計に逃げ場のない、やるせなさが募る。

しかし、それだけ容赦ない暴力描写と登場する女性達が受ける理不尽さを見せつけて
何を訴えたかったのか、イマイチ伝わってこなかった。


以下、ちょっとネタバレあり



ガイ・ピアース演じる牧師は私利私欲の為に宗教という羊の皮を被った狼だ。自分の都合のいいように神の言葉を解釈し、我慢する事を全くしないまさに悪魔の化身。

そんな彼に目を付けられた彼の実の娘であるダコタ・ファニング演じるリズ。

4章からなる本作はこの2人の年代記であり、牧師がリズに対する歪みまくった愛の物語・・・なのか?(笑)

とにかくこの2人に関わる人々が、ことごとく不幸に、いや死んでいく。しかし牧師の呪いにも似た愛を受けるリズに関わる人々も全て死んでいくので、リズにすればまさに生き地獄。ここまでは映画のタイトルに直結しているので、何となく言いたい事は分かる。

しかし
で、なに?である(笑)

そこから先の言いたい事が分からないと、壮大な宗教的意味あり気さをまとった、ただの残酷映画になりかねない。

リズはそこまで神に傾倒している訳でもないので(逆に父があんな牧師だから信仰心があるとは思えない)神を信じれば悪魔に打ち勝つ、みたいなメッセージ性も成り立たない。現に、初めて恋心を抱いた流れ者の男性に、君は左を叩かれたら右を差し出すのか?と、問われても首を横にふっている。

だからかなり捻くれた見方をすると、まさかの反宗教的映画?(笑)盲目的に宗教に傾倒する人々への警鐘が目的なのか?

確かにリズは耐え忍んでいるだけではない。生き残る為には刃物や銃を向けるし、死んだ親友に平気で火を放つし、他人に成りすます為なら自ら舌を切る。
神に祈りを捧げて嘆くタイプではない。

だから神なんていないよ、辛い時に頼れるのは最終自分だけだ。私は悪魔に負けなかった。だから唯一、血の繋がりをもつ娘だけは守り通すことが出来た。それからの観客に向けた最後の微笑み。だとしたらあの微笑みは宗教にハマりすぎるなよ、という警鐘の微笑みだったのか。


・・・多分、違うと思うけど(笑)


しかし、スポットライトという見応えある映画でも描かれていた、神職者の闇。今の時代にも蔓延る神父の異常な性癖や偏った考え方は、本作のガイ・ピアース演じる牧師に通ずるモノはあるが・・・


てな感じで、観る人がどんな解釈をするのか気になる映画でした。
観るのにかなり気合を要する映画なので、チョット落ち込んでみたいなぁーって気分の時にぜひ(笑)

ガイ・ピアースが演技の後、役を引きずって病んでないか心配になるぐらい嫌な役をよく引き受けたなぁ。
その心意気には拍手を贈りたい。
>|