ブリムストーンの作品情報・感想・評価

ブリムストーン2016年製作の映画)

Brimstone

上映日:2018年01月06日

製作国:

上映時間:148分

あらすじ

小さな村で、年の離れた夫と2人の子供と暮らす美しい女性・リズ(ダコタ・ファニング)。ある事情で言葉を発することは出来ないものの、村では助産師として頼られる存在。夫の連れ子である長男は少し反抗的だが、概ね幸せに暮らしていた。 しかしある日、村にやってきた一人の男の存在が、彼女の人生を一変させる。男は鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師(ガイ・ピアース)だった。「汝の罪を罰しなければならない」そう告げ…

小さな村で、年の離れた夫と2人の子供と暮らす美しい女性・リズ(ダコタ・ファニング)。ある事情で言葉を発することは出来ないものの、村では助産師として頼られる存在。夫の連れ子である長男は少し反抗的だが、概ね幸せに暮らしていた。 しかしある日、村にやってきた一人の男の存在が、彼女の人生を一変させる。男は鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師(ガイ・ピアース)だった。「汝の罪を罰しなければならない」そう告げられたリズの脳裏に壮絶な過去がよぎる。そして彼女は、家族に身の危険が迫っていることを伝えるのだが・・・。 果たしてリズの過去に秘められた“罪”とは。男は何者なのか?やがて彼女の家に撃ち込まれた一発の銃弾。それは愛と暴力と信仰心を巡る、恐るべき物語の始まりを告げる-。

「ブリムストーン」に投稿された感想・評価

kazu

kazuの感想・評価

3.9
“ファニング姉妹祭り”第2弾‼️

ダコタ姉さん主演「ブリムストーン」

妹エルのポップでキュートな作品から、急転直下の暗すぎる復讐劇。

ネタバレは避けたいので、多くは言えませんが、思ってたよりも過酷で執拗で、偏執的なストーリーです。

牧師役のガイ・ピアース、最恐でした。
絶対、こんな人嫌だ😱牧師でありながら、悪魔。
こんな人絶対に無理と思うくらいの熱演、素晴らしかったです。
ガイ・ピアースが居なければ、作品自体が成り立たない位の熱演ぶりに圧倒されます。

そして、ダコタ姉さんですが、おそらく役の設定は、30代の半ばくらいと思いますが、見事に演じてました。
今回の役どころは、口の不自由な母親で妻の役なので、演じるのがかなり難しかったと思いますが、見事にベテラン女優の貫禄で演じてます。
あ〜、ダコタ姉さんもそんな歳になったのね〜と、一瞬思いましたが、実はまだ24歳ですよ!ビックリ以外の何物でもありません。
「アイアムサム」でデビューしたのが7歳、芸歴が相当長いので、大御所的な貫禄も納得です。

今作を観て少し感じたのが、なんかジョディ・フォスターに感じが似てきたかなと思いました。
少しずつ、オスカーに手を伸ばし始めた様な感じがします。

頑張れ、ダコタ姉さん‼︎

あと、ダコタ姉さんの幼少期を演じたエミリア・ジョーンズも、今後目が離せません。


今年は、ファニング姉妹2人の出演作の公開も更に控えてるので、ますます楽しみです。
砂鯨

砂鯨の感想・評価

3.8
名古屋での最終上映になんとか間に合って鑑賞
神父のクズさと変態さ加減が尋常じゃなくて早くも今年のベストヒールが決定してしまいそう
終盤ハァハァ言いながら○○○に顔を寄せるシーンは最高に吐き気がしますね
凄絶な人生を歩む喋れない女性役のダコタ・ファニングも必見
「アイ・アム・サム」で娘役を演じた彼女が今作で母親を演じているのは個人的に感慨深かったり
shun

shunの感想・評価

4.2
武蔵野館で2週間だけやってたやつ、あまり話題になっていなかった?歪んで悲惨でグロい要素が多いのでそれも納得。勧められるまで完全にノーマークでした。しかし無茶苦茶面白い。
シナリオで押すタイプのやつです、韓国映画の壮絶なシナリオに、お金をかけた西部劇とかレヴェナントとかみたいな映像を足した感じでしょうか。引っ張られる。ショットとかアートとか演出とかはこの作品ではいい。ストーリー。感動の種類としては『チェイサー』みた後と似てる。『ブリムストーン』には「愛」も出てくる。ただグロすぎる…
端

端の感想・評価

4.3
2週間限定公開の(おそらく)最終回で鑑賞。
見てよかった。
2018年の暫定一位で。
なかなかに重厚な西部開拓時代の雰囲気にプロテスタントや当時の女性観などもシリアスに絡めた観応えある内容。けどその中身は無慈悲な暴力や狂気に年代を越えて執拗に追いかけ回された女性の壮絶極まる生きざまでした。

虐げられた者の復讐!とか、迫害を乗り越え逞しく!みたいなカタルシスを求めるにはばかるあまりにも凄惨な暴力の数々、女性への差別や迫害といった内容の映画は数あれど闇しかねぇ〜な救いのない展開で148分は疲れましたw
ダコタ演じるリズの罪を罰するために現れる牧師。神の名の下に狂信的な聖書崇拝で暴走する悪魔であり変態wなぜそこまで?を4章立てで遡っていき狂気の起源に迫っていく展開もジワジワ面白かったし、少女期を演じるエミリア・ジョーンズの美しさも印象的でした。

そしてガイ・ピアース演じる変態牧師の歪んだ信仰によるためらいのない暴力。静かにイッちゃってる演技やイケメンを覆い隠す神経質な感じなどもなかなかの不快感でした。対するダコタの狂気にのみ込まれまいとする力強い眼差しも反骨のヒロインとしての魅力に溢れてました。
ダコタファニング耐える。ガイピアース追いかける。悪さ爆発💣哀しい!
ちょっと語弊があるかもだけどめちゃくちゃに面白かったです!
一本筋だと途中で飽きてしまいそうな長尺を一気に見せ切るタイトで濃厚かつ戦略的な4章構成の妙。

「神を語る男」と「信仰の名のもと暴力で支配される女性(たち)」の地獄への道程が章が進むと共に明らかになり物語は内に内に圧縮され密度が増していくのに目を背けるどころか目が離せなくなってた。


アニヤ・テイラー・ジョイちゃんの『ウィッチ』的な不穏さを孕んだ1章。
『MM怒りのデスロード』的な抑圧からの逃走劇の2章、3章。
信仰、暴力、支配、閉塞感からの逃走と解放劇解決編となる4章。

特に1章~3章までの緊張感とんでもなかったし、解決の4章の着地点となる想像の余白…


4章通して物語を引き締めていたのは胸糞に徹しきったガイ・ピアースの見事なまでの胸糞さ!
彼のキャラクターが間違いなく作品にただならぬ緊張感を張っていたし、女性や弱者が抑圧されてる時代背景を体現する悪魔とでも言うべき神の名を語り自らを神の御使いとのたまう胸糞ゲス野郎。

悪い奴はだいたい自分の都合の良いように神を語りたがるし、神の意志、救済を建前に自らの欲望のみを求める。
このガイ・ピアースはまさにそれ。もうほんとに胸糞。

映画という作り物だとは分かっていながらも、エミリア・ジョーンズ(ダコタの幼少期)は娼館での色々を撮影時に見てるわけで12、3歳の子にそれは大丈夫なのか?ともよぎったり、映画内映画外でも色々と心配になってくる。


そして忘れてはならないのはこのガイ・ピアースの怪演を活かしていたのは間違いなくダコタ・ファニングでしょう!

近頃は妹エルの存在感が増すなかで、ダコタお姉ちゃんはどうしてるかと思いきや本作で見せた演技は流石の一言でした!
序盤戦では役者としての“ある表現方法”をひとつ封じられた状態なんだけどそれがまた天才と呼ばれた所以を際立たせてたというか、トリッキーで華々しいガイ・ピアースの怪演を土台からガッチリと支えていた!

前述のダコタちゃんの幼少期を演じたエミリア・ジョーンズちゃんもガイ・ピアースと対等に演りあう存在感!
これまた末恐ろしい女優さんが出てきたと!

万人にオススメできそうな映画ではないけども観た人には何かしらの爪痕を残してくれる映画かと思う。
悪魔は神の言葉を使って語りかけてくるを地で行くガイピアースは羊の皮すら被らないむき出しの狼。それと真っ向から対峙する不遇のダコタファニング。そのまっすぐな眼差しに吸い込まれる緊迫150分だった。
幼女にも少女にも容赦ない拷問描写とかハリウッド映画にはないハード描写にどんびきしながらここまで緊迫感のあるサスペンス映画は最近ちょっと記憶にない。好き嫌いは別れるだろうけど私は好き。
Sios

Siosの感想・評価

3.3
女性への責め苦が画面を塗り潰していて、べったりと重い。

口のきけない美女リズは、村に来た牧師から睨まれる。
偏執牧師ガイピアースは体ムキムキ、目の粘着質なこと。人間離れしてる。

終盤に意図が見えないゾーンに入って残念だが、美しい木造の家屋や豚小屋、エミリア・ジョーンズの美少女ぶりなど見所は多かった。
>|