ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男の作品情報・感想・評価・動画配信

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」に投稿された感想・評価

史実に基づいているとはいえ決勝戦の中盤が一番の盛り上がりで若干の消化不良感
最後まで結構淡々と進む。映画なんで一連のプレーが細切れのカット映像になるのは仕方ないんだけど、テニスの試合をテレビで見慣れてる人ほどストレスを感じる気がする。この伝説の試合をどうしても再現したかったのだろうけど、両選手のバックグラウンドも少なからずトップアスリートにはありそうなことばかりで、そこまでドラマチックでもなし。映画の題材としてはどうなんだろうと思ってしまった。
歴史に残る名テニスプレイヤーのビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの実録ドラマ
1980年のウィンブルドンで5連覇達成を狙うボルグと初優勝を目指すマッケンローのテニス史に残る決勝戦の激闘に感動する

トップテニスプレイヤー2人の孤独を見事に描いてる
結構タイムリーに2人の対戦はみた。ボルグが、アイスマンが、青年の時は気性の荒いては、、驚き。あの死闘は語り継がれるべきものだが、なぜか映像が暗すぎる、
もう少し明るい栄光に輝くように、撮って!
Fisherman

Fishermanの感想・評価

4.1
1980年のウィンブルドン決勝をクライマックスに置いた2人のドキュメンタリーのような映画。プレースタイルは正反対のように見えても、トッププレーヤーになるセルフコントロールの違いだっただけで、結局2人はよく似ていたと言うことがわかる。
役者の2人がボルグ、マッケンローとも良く似てるのは○、シャイア・ラブーフの左利きの演技は仕方ないところ。
皇帝ボルグに挑戦する悪童マッケンローの構図で、この試合TVの深夜に見たなぁ。
確か4セット目のマッチポイントをマッケンローが何度もブレイクして最終的にはセットを取ってタイに持ってった時は見ているこっちが疲れた。(後で調べたら7回ブレイクしてゲームカウント18:16)
最終セットも凄かった記憶がある。
当時、ボルグのトップスピン真似するやつが多かったけど(ガットをギンギンに張る)、俺はマッケンロー派だった。DUNLOP MAXPLY買ったし。
ぴっぴ

ぴっぴの感想・評価

3.0
プレッシャーは計り知れないものだっただろう。
「5連覇」。
そりゃ、ルーティンも厳しくなる。

1970年半ばから80年代、
当時のテニス界の帝王ビヨン・ボルグを中心にした作品。
グランドスラム通算11勝した帝王。
そして、若き未来の王者の足跡。
帝王の苦悩、若き王者の成長。

派手さはないけど、スポーツ好きには堪らない。
勝利が決まった時の鼓動。
これが全てとも思える、鼓動。
しっかりと伝わってくる。
saki

sakiの感想・評価

3.5
個人競技ならではの孤独な苦悩の日々にフォーカスされているのでずっと暗く淡々としていたけど、クライマックスのまるでボクシングみたいな壮絶な打ち合いとエンディングの素敵さで◎



ウィンブルドンの選手控室からセンターコートに続く通路の天井に掲げられたキップリングの詩の一節
IF YOU CAN MEET WITH TRIUMPH AND DISTER
AND TREAT THOSE TWO IMPOSTORS JUST THE SAME
(栄光も挫折も虚像として等しく扱えるならば)
ky31

ky31の感想・評価

-
ボルグとマッケンロー二人のテニスプレイヤーの意地がぶつかり合う実話を元にした作品

二人のバックボーンを描きつつラストボルグの5連覇をかけたウィンブルドン決勝の舞台、タイブレークまでもつれ込んだ試合の結末は見応えあり
2022.05.29

面白かったー
天才も努力家もどちらも苦悩して
世界をつくってくんだなぁ
どちらも根は一緒
熱いものがあって
どこまでどれくらい表出するかの違いよね

試合シーンどうやって撮るのかな
冷静と情熱のあいだ

実はボルグが炎でマッケンローが氷だったという。単なるスポ根ものじゃなくてそれぞれの心の葛藤を丁寧に描いた良い作品でした。BGMを廃した試合の演出も秀逸。
>|

あなたにおすすめの記事