ろくでなしの作品情報・感想・評価

ろくでなし1960年製作の映画)

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.5

「ろくでなし」に投稿された感想・評価

WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

4.0
川津祐介のインテリヤクザごっこたまんねえ。若い頃の津川雅彦は年上の女に好かれそうな顔してる。ラストの丸の内のハリボテ感も最高だ。
津川青年を舐めるような感じとかさ~
ラストの丸の内界隈とかさ~!
roland

rolandの感想・評価

-
皆が皆、血を流した腹に手を当てベルモンドやチブルスキーになりたいなかで、道楽息子・川津祐介の選択が良い。またしても津川は突っ込んでゆく...

いよいよお終いだな俺たちの青春
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.7
津川雅彦むかしから顔ぜんぜん変わんねぇwwww。初松竹ヌーベルバーグ。長時間は見てらんないだろうけどこれぐらいの時間ならなんとか見れる。監督の技ありか。
夢も希望も意欲もなく、金持ちの友人にたかるだけのろくでなし達の青春犯罪映画であり、『勝手にしやがれ』+パゾリーニ『アッカトーネ』を足したような傑作でした。津川雅彦が路上を腹を撃たれ、ふらふら歩くシーンを追うショットはまんま『勝手にしやがれ』です。
osugi

osugiの感想・評価

3.0
授業にて鑑賞。秋山の役の人の声がすごい独特で印象に残ってる。当時太陽族と呼ばれた無軌道な若者たちの生き様を描いた映画。
mstk

mstkの感想・評価

-
2014/12/04
@ヒューマントラストシネマ有楽町。観念先走り汁出まくりで結構しんどく、もうどうしようかと。津川雅彦ではベルモンドたり得ないし。日活の太陽族映画と松竹ヌーヴェルヴァーグの間には何らか呼応する関係があったのだろうか?
tapes201

tapes201の感想・評価

2.9
若い時、吉田監督好きだったけど、年いってからだと何観ても微妙っす。しかし、ピストルの下りの佐藤慶で盛り上がるのは、いつも。
あるロクデナシにラストのひと言を言わせるための壮大な助走。@志木文化センター