なみのこえ 新地町の作品情報・感想・評価

なみのこえ 新地町2013年製作の映画)

上映日:2013年11月09日

製作国:

上映時間:103分

3.9

「なみのこえ 新地町」に投稿された感想・評価

梅田

梅田の感想・評価

-
それぞれの対話がそれぞれに面白くてなんなんだこれ、という気持ちになる。『うたうひと』も含めて、この一連のシリーズはすべて面白い。東北人としては訛りのきつい漁師の親子の対話のグルーヴがかなり良い。
素人の被写体にどうやって喋らせるかにはいろんな演出論があると思うけど、この震災三部作の取った手法は、普段から顔見知ったふたり(たまに3人)に真正面から対話をさせる、というシンプルだけどあまり他に見ないものだった。顔見知りのふたりの会話が、しかし日常会話の延長ではなく感じられるのは、やはりそこにカメラがあることによるものだろう。ハッとするようなことを語っている人は誰もいない、みんなが自分の言葉で喋るだけの映像。丁寧に編集されテロップがつけられたインタビューでは聞こえない、生きた声が切り取られている。

ラストショット、『寝ても覚めても』そのまんまじゃん!
東北ドキュメンタリー三部作のうちのひとつ。

『なみのおと』のラストシーンにあった枯れた松の木とおなじ場所の、しかしおなじではない風景からはじまる。

ふたりの価値観も年齢も違う漁師のやり取りは、被災地のナマの声の縮図のようであり印象にのこる。
堊

堊の感想・評価

3.0
漁師の親子がキレながら会話するのだが息子の方の迫力がすごい。テレビに出てこない顔。ラストの図書館が『回路』っぽくて興奮する。『寝ても覚めても』の雲のやつの元ネタのショットで幕を閉じる。
方言の強い漁師の親子の話は俗っぽいけど俄然説得力があるし、垣根を超えて伝わるものがあった。
cyph

cyphの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

これもメモ転記する ますます自信はないものの

なみのこえ 新知町
1 年の差老夫婦 美容院
自分の仕事はここまで 子供のためにこの土地をこどもに教えたい 押し付けたくはないけど

2 役所づとめの引退課長とその元部下
その節は本当にお疲れ様でした

3 水道管修理 自営業
諦めが早くなったというか 自営だから

4 英会話教師と東京に出たデザイナーの女友達 埼玉へ転職を決めて、1ヶ月一緒に暮らした

5 猟師の親子 太ってる息子が未来のことを反して組合に不満を語る、父はよくわかんね 方言が一番強くスリリング

6 図書館司書 物静か



なみのこえ 気仙沼
1 喫茶マンボ
喫茶マンボ ひっくりかえった車のクラクション 押し付けたくはない 震災前のマンボってモデルがあるからね 人口も減ってく中でやっていくべきかって 10年15年も仕事をなくしたひとたちは待てない でもみんなマンボまだ?ていうじゃん できる気しかしなくない? 結局ラーメンとキムチつくってやってくしかねーんだよ それしかしらねーしな 

2 着物屋の女主人とその従業員
着物がすっかりだめになって それぞれが状況を受け入れないと
ないものはないからしょうがないの!なんにもないんですから 
あなたのこと嫌いに思ったこともあるよ ドライに感じて 最悪だったときもある 楽しかったよね 毎日のまかない ペットの話はだめ 亡くしたから

3 鉄鋼業で消防団
がんで亡くなったいとこ
亡くなってたら助けなくちゃって 本能 ひととして ぜんぜん知らない景色よ 映画の中の世界だけど でも助ける人はみんな知ってる人 現実だ現実だってそうは思えない

4 水産加工品の娘と婿入りした社長
みんな大変な偶然に助かってんだよね 現実味はない 津波はいつ来てもおかしくなかったんだ

5 大阪出身の娘といっしょにきている母
しーんとなってベランダから見たら海だったんだよね 黒い海 ゴゴゴゴドドドドって音、あと土煙の塊

6 猟師の親分


7 若い夫婦 23,27歳 ほかの話者と比べて圧倒的に雰囲気がぎこちない 旦那の方ががんばってみるけど若い妻はほぼずっと押し黙っている よくカメラを向け切ったなという印象
あのときどう思ってたの?はるき泣いてるかも あなたがぜんぜん喋らないから 喋ったほうだよ
最前列で観ていて気付いたのは、話し手・聞き手の切り返しショットでピントの合っているのが聞き手の肩であるということ。
僕の乱視のせいかなのか不明だが、メインの被写体であるはずの話し手ではなくなぜ聞き手の肩なのか。
ナメのショットでこういうピントを見たのは初めて。気仙沼編ともにこんな感じ。

気仙沼編と違うのは、ここに来て原発の話が出てきたこと。気仙沼では多分一度も?原発の単語が出なかった気がする。(さすがにそんなことあるのか記憶的に不安になってきた)
気仙沼編と料金面では別映画ですが、まとめて一本の作品。
引き続き話者の来し方行く末を共有する稀有な映像体験。
色々な震災関連映画があるが、やっぱりありのままの体験を当事者本人がその声で語ることに本質があるのだろうか。わからない。でも、本当にまっすぐな三部作で胸が苦しい。
Osamu

Osamuの感想・評価

4.0
東日本大震災で津波を経験した人びとの対話のドキュメンタリー。『なみのおと』同様の形式。

福島の原発に近い新地町だから、震災後の未来の話が、より重い。

震災後に心の有り様が変わって行ったという話もあった。極限の体験が人間の生きる哲学にどう関わったか、とても興味深い。
vitz

vitzの感想・評価

4.5
それぞれの体験の違いが埋まることはない、
それをわかったまま、一緒に生きていく

親しいひとたちの会話に、笑わされ、泣かされる

最後の海へ向かう道のカット、雲の影がさあっと流れるのを見てまた
「寝ても覚めても」を思い出した。
>|