なみのこえ 新地町の作品情報・感想・評価

なみのこえ 新地町2013年製作の映画)

上映日:2013年11月09日

製作国:

上映時間:103分

3.9

「なみのこえ 新地町」に投稿された感想・評価

話を聞くのと人を見るのと良いバランスで構成されているのだなと気づいた。

それぞれ違うけどどれもああいった体験をした人でないと持てなさそうな"海への思い"を聞ける体験がありがたい。

震災での死と、そうでない死との捉え方が違うといった話がいちばん印象に残った。
これにて、上映機会のまずない短編群と『SOLARIS』を除いてようやくコンプリート

ところで権利的に一般上映不可と聞く『SOLARIS』を観てる人が昨年数人いるようだけど、藝大内部関係者なら観れるのでしょうか…

漁師の息子の、ちげーよ、ちげーから連呼はウケた

そして彼の正面ショットは、かつてない画面占有度
TO

TOの感想・評価

4.0
すごい作品だった。

内容は親しい間柄の2人が、津波が起きたときのことについて語り合う様子を撮影、そしてコラージュのように編集した映像作品である。

2人が語り合う映像を撮影してるのだけど、カメラが第三者の視点から話者の視点に切り替わったりして。自分が語り手であり、聞き手でもあり。自分とあなたをぐるぐると回ってしまうような体験だった。

インタビューとしては、ずっとカメラを向けられて、映画になるなんて言われたら、変なことなんて言えないし、相手が喜びそうな応答をしてしまうのは確かにそうなんだけど。でもそうだとしても、取ってつけた言葉ではなく身の内から出てくるか、が大事なのだと思う。そこには大きな違いがある。ぎこちない対話に始まり、ちゃんと聴かれること、カメラに見られることを通して、段々とその人から言葉が溢れてくる過程を目の当たりにする。最後の図書館員なんてまさにそう。

普段ほとんどのひとが「人のことを聴く」なんてできていないと思うな。適当に、なるほどとか、すごいですね、とか言っちゃうんだよな...ちゃんと人に語り、ちゃんと人を聴ける人になりたい。

漁師の親子喧嘩はめっちゃ笑った。
su

suの感想・評価

4.0
この映画のトーンを超えた思わぬ親子喧嘩が撮れてしまって、その部分は急にエンタメ度上がるけど…笑

終始、話を聞くことの大事さや誰の人生にもドラマがあることを改めて知れる。

「すごいですね!」「なるほど!」といった話し手を気持ち良く乗せる相槌が一切ないのが素晴らしい、酒井濱口の聞き手としての素晴らしさ、耳を傾けるとはこういうことなんだと映画を通して実感できる。
いとう

いとうの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

無印、気仙沼に続いて新地町の鑑賞。

製造関係で働き、消防団員でもある男性の語りが個人的にはよいなと。

最後の図書館職員の女性(確か青山さん)の語りがこの映画の演出や目的やメッセージに通底しているので、締めとしてこれ以外ないという映像だ。聞き手の濱口氏のハンドリングもあるだろう。「話す喜びとはなんですか?」という問いにまで到達してしまうわけだし。

ラス2の元漁業従事者の親子の対立的な対話も面白い。ラストの女性の、話すことで相手と同じ感覚を持っているかあるいは異なった感覚を持っているかを知ることができる、という語りに包摂されているような。

語りが惹きつけるという点で強い、強い。
最後の図書館で働く女性。
語り始めは、おどおどし、節目がちで「話すことが苦手」と言い、濱口竜介の質問にも回避型の回答が続く。
震災の前はどんな生活をしていましたか?という問いに「普通の、本当に普通の生活です」と話した直後、彼女のなかでなにかが起きていたように感じた。それをカメラを通してみることができた。すごいことだ。

他人のつらさや口喧嘩も親しみも自分で体感する以外見ることのできないことを、確かに捉えていたように感じた。
会話において聞き手が大事なんだということに気付く。
話のうまさは別にすらすらしゃべることではない。
仕事と責任の話。大人。
ぴよ

ぴよの感想・評価

-
自然光のみの図書館はロケーションとしてカッコよすぎる。

聞き手も洗練されていっている。

コロナ禍や世界情勢の不安定化の最中で観ると、語られる希望の受け取り方が変わってしまう。
 これも『なみのおと』の手法を踏襲しているが、シーンによっては室内で収録された音声が反響しており、かなり聞き取りにくい。照明含め、技術的な部分で支障が発生するのは仕方ないとは思うけれど。

 冒頭の「理容師兼漁師」という面白すぎる男性から、方言だだ混ざりのガチ親子喧嘩(太った息子が良い)まで、キャラの面白が過ぎる。ラストショットは『寝ても覚めても』の、あのロングショットのプロトタイプか。
極楽蝶

極楽蝶の感想・評価

3.5
映画の大概な感想は東北三部作の第一作「なみのおと」と同じ。
この作品で特徴的なのは、最後のインタビューだったなぁ、震災後に新地町を離れた女性2人の話。故郷を離れてかんじる故郷の話が良いですねぇ! そうそう地元消防団に所属している鉄工所の若旦那の話にも感じ入りましたねぇ!!
>|

あなたにおすすめの記事