なみのおとの作品情報・感想・評価

なみのおと2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:142分

3.9

「なみのおと」に投稿された感想・評価

nada

nadaの感想・評価

3.7
内側(正面)からの切り返しの連打が凄い。とりわけ夫婦の会話に決定的に引き込まれた。被災には根拠はない、あんたの無根拠な楽天性に救われた、という言葉に、古井由吉にも似た境地を感じる。
実際に聞いたことのない、当事者のお話をスクリーンを通して、聞ける。

が.. 現地の当事者でない自分が想像する被災当時の現実は、当事者の記憶とは天と地ほどの差があるんだろうと、痛感。
mingo

mingoの感想・評価

4.0
津波の被害を受けた沿岸部の人々の体験を正面からのバストサイズでフレーミングし、二人組もしくは三人組の被写体それぞれが向き合って語られる。語られる内容によって差異をつけることなく、個々の「顔」と「声」に焦点が当たることになるが、これはドライブマイカーでも一貫している。巷ではドライブ〜の賛否が激しく勝手な濱口竜介論が展開されているが私が思うに衝撃的卒制であり偶然的産物の結晶「パッション」の「呪縛」は濱口竜介の中で大きかったのだと思う。抜け出すきっかけはやはり「親密さ」の演劇的要素の可能性を震災シリーズで実体験した人々の対話から抽出できたからではないだろうか。その後「ハッピーアワー」で濱口演出を確立したが「パッション」→「親密さ」→「震災シリーズ」を観れば彼の演出の変化が体感できるだけでなく、なぜ至ったかが分かるが(普通は売れない映画作家が一貫して過去の栄光を取り戻すように映画を撮り続けるのはわかるが)生きている限り続いていく変化する「時間」(空間)を「商業映画」というクソみたいな枠組みで創り上げたドライブマイカーの「バランス感覚」は映画作家としてただただ凄まじい。ただ勿体無いことにパッションやハッピーアワーなどの部分作品しか知らない・観ていない人に濱口をドライブする手立てはないのだが。
富井

富井の感想・評価

-
震災から1年も経たない中で制作された作品
慎重に、丁寧につくられたことが伝わる
この時点での最適なやり方とも思えた

山村出身だという若者(酒井監督だった)がインタビューをするシーンで語り手が「あなたはどうなの?」と質問していた、単純な語り手と聞き手という関係を越える可能性を感じた
想像力の可能性
対話の中で、体験の有無や立場の違いを乗り越えて感情を共有する努力
Nasagi

Nasagiの感想・評価

-
東北記録映画3部作①
震災についての対話を織り上げてつくられた記録映画。震災の跡をそのまま撮るのではなくて、数か月の時を隔てて被災された方々に当時の経験を語ってもらっている。夫婦、姉妹、消防団仲間など親しい関係にある人たちに話し合ってもらったり、あるいは監督が聞き手になってインタビューをしたりして、お互いの顔を見ながら話す形式となっている。
しかし、実はこの「お互いの顔を見ながら話す」という部分にはフィクションが含まれていて、ふつうに撮ろうとしたら技術的にありえないショットが意図的になんども挿入される。

自分も先に第2部・3部を鑑賞したときに、どうやって件のショットを撮っているのかがわからなかったのだが、後から調べてみて、そんな大胆な撮り方をしていたのかとびっくりした。出演者の方々のふるまいは一見してごくごく自然なのだが、タネを知った上で本作をみるとまた違った見え方ができて興味深い。

お話の中身についてはここでは直接書かないけども、ユーモアが貴重な作品だと思う。
「ここで笑えるのはやはり実際に経験した人同士で、しかも親しい関係だからだろうな」という所がある。
そこは同じ対話でもインタビューのみで構成するのとはまた違うなと思った。というのは、やっぱりよそ者がインタビューするのだと、どうしても神妙にならざるを得ないだろうから。
ただ、笑いながらも声がわずかに震えていたりして、その笑顔には深い悲しみが含まれているのだろうとも想像する。

親しい関係、ということについてもう少し書くと、そういう仲いい人同士の会話ならではのことばの戯れとか、ことばの省略みたいなものが自分はすごく好きなんだなと鑑賞していて思った。たとえば身振り手振り交えて「ここの、これね!」で意味が通じる感じとか、話から急に脱線して即興でふざけたりとか。
比較対象として適切なのかわからないけど、自分はこれを観ていて小津安二郎の映画によく出てくる家族の掛け合いを思い出した。おそらく、本作で多用される正面から人物をとらえた切り返しショットが、小津映画を連想させるのだろう。

この切り返しショットに隠された「タネ」もそうなのだけど、人って同じものを見ているようで見えている景色には少しずつズレがあるという認識が、本作には通底している。
そういう理解の可能性と不可能性的なものをふまえて、他者の声を尊重する、そこに自分の声をむりやり被せてしまわない態度っていうのが、最後問いかけられていたと思う。
nicoden

nicodenの感想・評価

4.0
被災映像があるわけではなく、淡々と対話と体験談、表情と声が続くのだけれど、あらためてごく普通の人々が被災していて、共感を持ってみれた。
バストアップの切り返しのシーン何度も撮っているのだろうか。
映画的手法と会話の臨場感が両立している。
震災経験の生活史をまとめた分厚い本を読んだことがあるが、
文字媒体だと想像が膨らみきらないのと、やはり経験していない私からすると現実感が読んですぐに失われていってしまう感じがしていた。

それとの比較として、本作はまさに目の前の人から口承されている経験にかなり近く、真剣に聴かねば、という緊張も含め、
現実感というか、ああこの人は確かに経験しているのだ、と私はかんじられた。

また、2011年に撮るのと、あとになって撮るのとはかなり違うものになるのではないだろうか。

夫婦の対話は非常に印象深く、
親密な人同士、間に撮影者・視聴者の目が入るにしても、の対話には単なる1人の生活史聴き取りとはまるで異なる内容・空気感になることは新鮮でかつ、そりゃあって然るべきスタイルであろうともおもわされる。

その他、紙芝居を通した語り、長野の田舎を地元とする若者との石巻の被災者との対話、
などいくつかの対話、聞き取りの形があり、
当たり前なのかもしれないが、聞き取りの形があまたに、粗く言えば関係性の数だけありうるという事実に思い至る。
語りの現場性。
梅田

梅田の感想・評価

-
震災の被災者たちの対話を撮ったドキュメンタリー。監督である酒井耕や濱口竜介と被災者、という座組みもあるけど、大部分は被災者同士の対話で占められていて、しかも夫婦や友達といったもともと近い関係にある人たちに「改めて、あの日を振り返ってもらう」というもの。つまり、日常的に会話をする関係にある人たちに、あの「非日常」の景色を、文字通り真正面から話してもらう、という内容になっている。

ワン・ビンのような長回しではなく、まるで小津映画のような正面からのショットと切り返し。ドキュメンタリーの手法としては珍しいけど、その物珍しさが新鮮だった。先に観た「うたうひと」も同じ手法だったけど、この「なみのおと」の方が主題と形式の相性がいいと思った。
あえて言うけど、別に喋りがうまい人が登場するわけでもない(石巻市議会議員は、酒井の問いにまともに答えられておらず、会話が成立していない。)。でも、そういった市井の人の非日常の語りが、フィクショナルなカメラアングルとあいまって、かなりユニークな浮遊感を作り出していた。
いくつものインタビューを構成したドキュメンタリー。
東日本大震災を生き残った人々のナマの声が語りだす「あの日」のリアリティ。

カメラの前で、役者ではない人々のなかにあるものを、どう自然に引き出すかという、濱口竜介の実験でもある。
りっく

りっくの感想・評価

4.4
インタビュー形式によるドキュメンタリーであるが、カメラを通じて撮る側と撮られる側が一方通行ではなく、対話式によって相互の関係性や当時の記憶、故郷の想いなどが「物語」として浮かび上がってくるので全く飽きない。

特に、共に津波で流されたものの、いかだのように床の上に乗り九死に一緒を経た夫婦の話が面白い。ネガティブな夫とポジティブな妻の「3.11」との向き合い方、避難所に看護婦として手伝いに行く妻と、そんな避難所に妻を迎えに行く夫の心情。当時同じ境遇にいながら、向き合い方やとらえ方が異なる二人の言葉から、「夫婦」の在り方までもが浮き彫りになる。

また他の家族や友人を助けるために逃げ遅れてしまい死んでしまうより、皆避難できていると思い込み散り散りに個々で逃げることを推奨する人、自治体の長としてこの土地をどのように復興させるかその希望はどこにあるのか切々と答える男性など、彼らの価値観によって土地に根付いた生活をしてきた歴史が垣間見える。故郷を持ちながらも、「現在住んでいる東京という土地への愛着」が一切ない私のような人間に深く突き刺さる見事なドキュメンタリー。
>|

あなたにおすすめの記事