ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 95ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

「皆で力を合わせて会社をでかくしよう」なんて生ぬるいもんじゃなかった。

どんな天才もビジネスで成功するわけじゃないという言葉を兄弟が転落していく姿に重ねてしまいました。

電話のシーンで次第に立場が逆転していく様は心が痛む。これが社会なんだという印象でした。
未島夏

未島夏の感想・評価

3.6
‪レイ・クロックの主観にフォーカスしながら、行動の善悪は問い詰めず傍観する脚本。‬

‪その冷淡さは、人物が織り成す「根気」を素早いカッティングで見せる映像の熱量とは対照的。‬

‪双方の温度差が、人の生きる糧の多様性と、それ故の複雑性を捉える映画。‬
shibamike

shibamikeの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画のキャッチコピーは
"英雄か。怪物か。"
映画館へ向かう途中、まず無いだろうけど、ハンバーガーのパテをミミズで作るのをやめさせた人の話かも…だとしたら英雄だ!と鼻息荒く映画の予想をしたが、見事に外れた。そもそもファウンダー(創業者)だつってんのに、ミミズとかバカかよ。

外食産業世界王者マック創業のお話。実はシステムを考えたのはマクドナルド兄弟で、創業者であるはずのレイ・クロックは乗っ取りをしたと。知らなかったので、へーそうだったんだー、と驚いた。昔は"M"の看板ではなくゴールデンアーチだったとかも面白かった。

映画終盤まで、レイ・クロックは何んにもしてないのに美味しいとこ取りだなぁ、良くないなぁ、と思っていたが、終盤のトイレでマクドナルド弟と話すシーンで考えが変わった。「システムだけじゃ駄目なんだ。"マクドナルド"という名前が必要なんだ。」
この着眼点こそがレイ・クロックの大きな成果だったのですね。普通、そこまでマクドナルドという名前にこだわらない。確かにマクドナルドって良い名前である。漠然と明るく楽しそうな雰囲気である。外食向けの名前だと自分も納得してしまった。結局、それで世界制覇するんだから人間ってやっぱりイメージの生き物だなと。

毎日、世間の底辺で泥水をすすっている自分としては成功者の映画を観る場合、闇の部分も見せてもらわないと、苛々で血圧が上がってしまうが、本作では闇の描写は特に無く上映終了。
しかし、自分の血圧は上がらなかった。レイ・クロックを特に羨ましいと思わなかったためかなと。(凄く負け惜しみっぽいなぁ)
本国アメリカはいざ知らず、我が日本でのマックの現状を思うと、ま、いっか。という感じである。それに「敵が水中で溺れていたら、口にホースを突っ込む」と言っちゃう人である。自分に対して相当な追い込みをしていることが窺える。部下の奥さんを略奪しちゃうし。
あんたが成功してると自分で思ってるだけで、周りは迷惑してんだよ!と怒ってる人もいたのでは。元奥様とか。

本家のマクドナルド兄弟が数年で廃業していたのが残念。
昔のハンバーガーの方が今のよりもめちゃめちゃ旨そうってダメじゃね?だから、この映画観てもマック以外のハンバーガーが食べたくなる(笑)

レコードで何の音楽聞くのかと思ったら、啓発の朗読である(笑)
しかも、映画評論家 町山さんのコメント見たら、トランプ大頭領も同じ本を愛読してるらしく、もう一回笑った。

レイ・クロック、余裕で怪物だったよ!
それと、ハンバーガーのパテをミミズで作るのやめろ!
(消してしまったので再投稿)

非常にエキサイティング。

"結果が全て"と言われる中、誰しもが知るマクドナルドの成功の裏側、そのプロセスには非常に見応えがありました。

とはいえ、この作品から学ぶべきも、これまた"結果が全て"という事実だったんですけどね。笑

ビジネスを志しているものの、ビジネス書を読む癖がないといった学生くんたちは、特に観るとよいかも。

http://cinemap.jp/cinema/foreign/the-founder
欲深さは、罪かそれとも社会を前に進める原動力か。自分が生き残るためには、手段は選べないというマキャベリズムに基づいた経営理念は、是か非か。それを観客に問い掛け、演じてるマイケル・キートンが時折、そのジレンマの表情を一瞬見せちゃうのも、秀逸。
立身出世は、是とされるが、その裏に当然横たわる闇も見せる勇気に乾杯。素晴らしいビジネス映画。
とり

とりの感想・評価

4.0
内容的には凄く悔しいけど面白い!マクドナルドを全く食べたくならない残酷な良作ドラマでピカレスク。マイケル・キートンがノリノリで資本主義の権化とも言うべき悪役ビジネスマン、レイ・クロックを好演して、彼に搾取される兄弟二人も良い。賞レースに絡んでもいいくらい、スマートでテンポ良く進む脚本も演出も、当時の様子を再現したセット・美術、衣装も素晴らしいので没頭感もなかなか。そして冒頭のほうを見てマクドナルドを食べたくなっても、もう僕たちが本当に食べたいそれは無いのだと悟る。昔は良かったな、温かみがあったしダサい服もなかったから。
パトリック・ウィルソンの無駄遣いと、80sブイブイ言わせた夫婦の嫁役ローラ・ダーンが歳を取って綺麗になったという発見。フランチャイズ、フランチャイズ、フランチャイズ。

TOMATOMETER84%、AUDIENCE82%
The Founderputs Michael Keaton's magnetic performance at the center of a smart, satisfying biopic that traces the rise of one of America's most influential businessmen -- and the birth of one of its most far-reaching industries.

P.S.椅子ずっと蹴ってくる奴いて、マジでムカついた。股下1メートル切ってたらしばくぞ。
PG12

PG12の感想・評価

-
ジョン・リー・ハンコック監督作だけあってさすが見やすかった。
観賞後ハンバーガーは…やめときました。
Aya

Ayaの感想・評価

3.5
この映画見てても全然マクドナルドが食べたくならない、って凄いよね。

うわー!!!なんちゅー話やーほんまのほんまの話なんかー?!

って感じですね。

マイケル・キートン「スパイダーマン ホームカミング」もあるし、ヴィラン続いてますね。

ジョン・リー・ハンコック監督作品は一作前の「ウォルト・ディズニーの約束」がかなり好きで。
アナ雪と近い時期の公開だったので埋もれてしまったけど名作です。

今作も似てますよね。
本当にあった話、ってことで大企業主を描いてる。
非常にバランス感覚のいい監督だなぁ、と思いました。

しかしマクドナルドにこんな事情があったなんて全然知らんかった・・・。
パクりに脅しじゃないですか・・・。

この映画の言葉を借りるなら「先走るが悪い奴じゃない」。
そう、悪い奴ではないと思うんですよ。
マクドナルドのスピード&品質重視の厨房テクに感激しフランチャイズを広げていくマイケル・キートンなのですが、利益自体がなかなか生まれず、だんだんやり方が利己主義になっていってしまう・・・。
最初の情熱的なおじさんとは違う人みたい。

最初はなんだよこのシステムすげえじゃん!アメリカのために広めないと!って言ってた志は嘘じゃないと思うんですよ。
でもだんだんうまく回らなくなってきて、どんどん邪悪になって果てはマクドナルド自体を手に入れてしまう。

しかし彼自身は成功者には見えるけど、欲しいものを手に入れた男には見えない。
これも序盤で自身の口から語られますね。

そう。
この作品マイケル・キートンが画面に向かって瞬きもせず血走った目で説得してくるシーンが多いんですよ。
怖いですよ!
鬼気迫るものがありすぎて、私なんて流されて「う、うん」とか返事しちゃいますわ!

これ情熱の方向を向けられたが最後って感じだよね・・・この人は一生変わらないし、この手口に確かに田舎のレストランオーナーは太刀打ちできない。

あの兄弟がかなり善として描かれているのに、なんかマイケル・キートン1人を一方的に責めるのも今ひとつ力が入んない。
このバランス力だと思いますハンコック作品!

しいて言うなら途中で出てきたCEOの人がちょっとマイケル・キートンがやってきたことと同じことしてない?って重なった。
最初はただの親近感と熱意で近付いてきたけど次第にビジネスライクになっていく感じ。

ホラー畑のみんなにはおはじみパトリック・ウィルソンがですね、出てます。
いきなり出てくるし特に重要な役でもないのでビックリした!

後、最近「フリークス学園」を見ていたのでリンダ・カーデリーニが出てたの役も含めてちょっと、アレだった・・・ブロンド似合わない。

後地味に、地味ーに音楽がいい。
特に最近「ライフ」見た人にオススメかとw
ひろ

ひろの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

有名なマクドナルドの創業には、こんなエピソードがあったのか!とびっくり。最初はただのセールスマンだったレイ・クロックが、野心と根気でトップにのぼりつめる物語。

欲しいものは絶対手に入れてみせる!というレイの強い思いを表現しきったマイケル・キートンの表情が印象的でよかった。
ただ、商業主義に生きる主人公によって、家族主義な彼の糟糠の妻やマック、ディック兄弟が翻弄されていく様も描かれているため、鑑賞後少し後味の悪い気持ちになる。

鑑賞者に、完全には主人公に肩入れさせないような作りが面白かった。
マクドナルド兄弟が考えたスピーディーで革新的なシステムのハンバーガー屋"マクドナルド"をフランチャイズ展開して全国に広めたレイ・クロックの物語。
作品の中で彼はゼロから生み出すという行為は一度もしていない。そして最後に彼が語る"根気"についての内容も元をたどれば彼が考えたものではない。

スパイダーマンの手からでる蜘蛛の糸がスペルマのメタファーならジョアンが粉のミルクシェイクを飲むのは精飲のメタファーかもね。

最初のマイケル・キートンの長回しのセリフから始まりそのながさに合わして次のミルクシェイクの機械を車にしまうシーンも長めなのにかかわらず、それ以降そのテンポ感が引き継がれないのが違和感だった。