ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 95ページ目

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

良くも悪くも、クレイジーじゃないと偉業は成し遂げられないなぁ。
まぁ郎

まぁ郎の感想・評価

3.5
まず、話に関係ないがマイケル・キートンが良かった

『バードマン』で吹っ切れたのか、長く低迷していたスランプ期を取り戻すかのような安定期に突入している感じ

言われてみれば、かの世界規模のマクドナルドの創世記の話なんて聞いことすらなかったから衝撃だった
“マクドナルド”の由来となった人が携わっていたけど、厳密に言うと携わっていないと言うね
これが現実か・・・ところで、マクドナルドで働いている人々はこのことについて知ってるのかとふと気になった

お人好しでは競争社会で成功できない、ビジネスの世界では本当に人を蹴落とすことができる人間だけが成り上がれるんだなと思った
ラストまで立て続けに“マクドナルド”兄弟にとてつもない不憫が叩きつけられるのがなんとも言葉にできない感じ
マクドナルドが創業からフランチャイズ化されるまでの物語。

毎日、世界の人口の1%が食べていると言われるマクドナルド。第1号店を開業したのは、ディックとマックのマクドナルド兄弟ですが、フランチャイズ化への成功を導き、マクドナルド公認の創業者はレイ・クロック。
ビジネスで成功するにはどこまで執念を燃やし、覚悟を決めることができるかと説くレイ。非情な側面も描かれてはいますが、彼がいなければマクドのハンバーガーを私は食べることができなかったことを思えば、単に「悪者」と吐き捨てることはできません。
レイに実質的に店を奪われてしまったマクドナルド兄弟には同情します。彼らがいなければ、マクドナルド自体が存在していないことを思うと、仕打ちがあまりにもかわいそうだ。

ビジネスとは非情な世界ですね。
それに私たちはあやかっているのです。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.5
うん、マイケルキートンってやっぱいいね。
そして俺はビジネスじゃ絶対成功しないと思った。ここまで悪い奴にはなれない。
m

mの感想・評価

3.6
いつもお世話になっているマクドナルド.笑
兄弟が創業者なのは知っていたが
世に広めたのもマクドナルド兄弟だと思っていた
そう考えるとレイクロックがいなければ今のマクドナルドはなかったのかも知れない
いや.多分なかっただろうな

常識からはみ出した根性と腹黒さがないと普通からは抜きん出れないのね〜

しかし兄弟はやっぱり可愛そう
ずっと観たかった!
期待通りの面白さだった〜。わざわざビックマックセットを買ってきて、食べながら観たしね〜(笑)
だけど、ちょっとムカついたので、しばらくマックじゃなくてウェンディーズに行くことにしまーす(笑)

強引、嫌なヤツ、野心家じゃないと成功しないもんなのか?お人好しだけど成功!みたいなことは成立しないのか?ああ、世知辛い。
あるか

あるかの感想・評価

3.5
マックが好きなので歴史が知りたくて鑑賞。
マイケルキートン演じるのが創業者という訳じゃなく、企業を世界に広げた人。創業者マクドナルド兄弟を無視したやり方は乱暴で応援したくなくなってくるのだが、彼がいなければマックが食べれなかったかもしれないのである。成功する為の強い心、根性、信念。
Question

Questionの感想・評価

4.5
誰もが一度は食べたことがあるマクドナルドの創業期を描く実話モノ。
はっきりいって主人公レイ•クロックの性格には一切共感できないし、友達には全くしたくないタイプ。
だがしかし。52歳からマクドナルドの世界進出を突き進めていくその姿勢がスゴイ。また、世界進出のために、真の創業者であるマクドナルド兄弟への仕打ち。
それらの、レイクロックが人として持つエネルギーは半端ではなく、ある意味尊敬する。
また彼が言う、仕事の成功に必要なのは才能ではなく執念と覚悟、と言い切るその言葉は、あらゆる仕事に通じるものかもしれない。
に、しても、普段食べるマックの印象がガラリと変わる、非常に勉強になった映画。
ENDO

ENDOの感想・評価

4.2
マクドナルド兄弟の古き良きアメリカの悲哀と、現代アメリカの理想レイ・クロックの非情さよ。単純に50年代カルチャーの美術が素敵すぎる。おじさんしか出てこないがそこがいい。
かむ

かむの感想・評価

3.1
皆さまご存知、マクドナルドのお話 🍟
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤ
実話映画 🎬 誇大してない様に感じた 逆にすごい(笑)
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤ
でも気分が乗らない時に 頭使う作品観るのはなぁ 😖 ☁️
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤ
新作レンタルと自分の気分が中々合わない 🙄
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤ
経営の勉強してる男の人が好きそう、なイメージ (笑)
ㅤㅤㅤㅤ