The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめの作品情報・感想・評価

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ2017年製作の映画)

The Beguiled

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

アメリカ南部の世間から隔絶された女子寄宿学園に暮らす美しき女性7人。ある日、負傷した北部の敵兵に遭遇し屋敷へと運び手当をする。女性に対し紳士的でかつ美しい男性と触れ合う中で、誰もが彼に心を奪われていく。しかし、次第に彼女たちは情欲と危険な嫉妬に支配されてしまう。秩序を守るか、欲望を取るか、彼女たちが最後に下した決断とは―ー

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」に投稿された感想・評価

青由美

青由美の感想・評価

3.0
もっとストレートに恐ろしい話かと思っていましたが、けっこう淡々としてました。画面暗かった~。映画館みたいに部屋を真っ暗にしないと良く見えないかも。 コリンファレルがあまり好みじゃないのであまり同情できませんでした笑。
Aya

Ayaの感想・評価

3.4
オリジナルとは違う女性視点で(私一応女性なので)これはこれで楽しくみれた
衣装とっても素敵で、裾汚れてないか気になっていつも裾みてたw
それこそ本物の個性だと思うから、欲望が生む個性は面白いな
禁欲的な女の館に踏み入れてしまったコリンファレル、イーストウッドと同じく鼻の下伸びまくりw
次わたしの番🙋🏼‍♀️でよくない?←だめ
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.3
キノコ…指で穴掘る…
ストレートでない分 余計に下世話にも聞こえるワードの数々…
なるほどなぁ
解釈というか 視点を男女入れ替えるだけで 浮かび上がってくる本質は だいぶ異なってくるもんだね

『白い肌の異常な夜』のイーストウッドが放った匂い立つ色気こそ抑えつつも コリン・ファレルのティーカップの取手の向きを変えるような繊細な気配りと 常時八方美人に思わせぶりな好意を振りまく憎らしさ

それによって 女性陣の水面下のおどろおどろしい激情が 表情筋の奥から滲み出てくるから 美しさと恐ろしさの混濁さえ 捕らえようもなく凶々しかった
宗教的な忠誠心と 倫理観によって抑圧された 女性としての性欲やら支配欲やら独占欲は 一点でも壁に穴が開こうもんなら 悲劇を生むまで制御不能なんだろうか…

徐々に盲目になるように ぼんやり輪郭を薄めてゆく 暗いカメラワークも効果的だった
Hommy

Hommyの感想・評価

-
ようやく鑑賞。
ソフィアコッポラならもっと男ってダメだね感を出すんだと思ってたけど、「白い肌の異常な夜」から大幅な変更点はなかったな。映像はきれいなんだけど、オリジナルにあったホラー感はまったくなく、その分薄暗さが際立ってました。白多目の衣装なんで、もうちょっと照明あててみたかったかな。エルファニングが教師役ならオリジナルと見違えるね。そっくりなんだよね。笑
元

元の感想・評価

4.2
女性同士の(男が見たくないような)静かなバチバチ、本性を現した男の怖さ、本気になった女の怖さといったところが、女性監督ならではでソフィア・コッポラ監督らしい切り口でしょうか。

余計な照明がなく逆光もそのままで、画面がほぼ全編薄暗い。部屋の電気を消さないと見えづらかった。でもそれのおかげで閉鎖感や終盤では不気味な感じがした。

コリン・ファレルが羨ましいのと、節度ある行いをしようと思いました。
The Beguiled=面倒…ですって

設定は南北戦争の頃。負傷した敵方の北方軍兵士をかくまう事になった女学校の教師と生徒達。女の園に男性が一人…巡る彼女達の思惑(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ

①すべてのシーンが絵画のように美しい
②配役全てが絶妙👍🏻原作より上品
③✨🍄🍽✨
④某説によると脚の切断は去勢のメタファーらしい…?だったらハナからチョン切るわよ✂️✨
注※うっそうとしげる森のごとく🌲画面が暗すぎ(劇場で鑑賞出来なかったため💦室内を真っ暗にして観ましたww)

おそらく男性が観ても『?』という女性の心の機微が描かれた作品。オリジナル版に対してこちらは、登場する女性全員の精神的な成長に焦点を当てた物語なのです🍑✨
まつき

まつきの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・連日の「めざめ」映画。

・南北戦争の時代。南部の女性は淑女!みたいな感じ

・女性の表情を、一瞬抜く!みたいなカットインが目立つ。印象的。その表情、目線を見て、何を考えているのか、何を企んでいるのか想像する楽しみがある。(鑑賞から約半年経過した今でも、あのたくさんの表情を思い出すだけでゾクゾクする)

・色彩おさえめ!

・この映画におけるコリンファレル(男性)は、女性たちの世界にとっては異質なもの。

・男性の暴力性の表出。さっきまで物分かりのいい感じで余裕な表情をしていたのに、実はそんなのウワベで、少し立場をおびやかされた(この作品では少しどころじゃないかもしれないけど)だけで態度を豹変。力で支配しようとする感じ。そしてまたウワベの優しさに戻る。これ、めちゃくちゃリアルだと思った。本当に怖かった。女性監督の心の目でとらえた、男性のリアルだ。(男性全員とは言わないけど笑)

・その暴力性への拒絶。これも女性のリアクションとしてリアルなのではないか。一度表出した男性の暴力性はとことん拒絶。
かつ

かつの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

怖い😱
コッポラさんらしく画は美しかったです😊

ブロンド髪でニコール、キルスティン、エルちゃんと世代別の女優さんが魅力的です😍
MIYUKO

MIYUKOの感想・評価

-
ソフィアコッポラの世界観が溢れ出ててめちゃくちゃ好き。想像していたラストと違ってこんな感じで終わるのか〜、でもこの方がまとまりがあっていいなって思えたのもよかった。
映像がいい、美しい。すき。
nccco

ncccoの感想・評価

3.0
こ、怖かった、、
こんなんじゃなくてもう少し女の園的なキラキラでバチバチな感じを想像していたから最後のほうはハラハラし通しで辛かった。泣
後からちゃんと確認したらクリントイーストウッド版のリメイクとのことで、成る程そのビジュアルと比べるとコリンファレルじゃイケメン感は及ばないけれど、なんかもうランティモス作品で恒例になった残念な人っぽさは不思議と安心感。そして、今回も彼とタッグを組んだニコール・キッドマンの凄みと圧巻の存在感。

正直ニコールとエルファニングに囲まれてしまうと「君が一番美しい」といわれるキルスティンダンストには違和感を感じてしまうものの、やっぱりソフィアコッポラのヒロインは永遠にキルスティンなんだわと嬉しくなってしまった。
エルファニングは、、可愛いと思うけど20センチュリー~といい、完全にビッチキャラ固定しちゃってなんか好きくない、、somewhereのときのピュアさはどこへ泣

元映画と比較してしまうと色々残念なのかもしれないけど、華やかさとかちょっと湿った映像の感じとか、まぁ、ソフィアコッポラぽかったよね。冒頭の長回し素敵でした。
久々にマリーアントワネット観てみようかな。
>|