The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめの作品情報・感想・評価

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ2017年製作の映画)

The Beguiled

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

アメリカ南部の世間から隔絶された女子寄宿学園に暮らす美しき女性7人。ある日、負傷した北部の敵兵に遭遇し屋敷へと運び手当をする。女性に対し紳士的でかつ美しい男性と触れ合う中で、誰もが彼に心を奪われていく。しかし、次第に彼女たちは情欲と危険な嫉妬に支配されてしまう。秩序を守るか、欲望を取るか、彼女たちが最後に下した決断とは―ー

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」に投稿された感想・評価

小夜子

小夜子の感想・評価

4.0
女と男の本性が現れる、サスペンスフルな展開!!セピア色のような優しい映像が余計に怖い!!
okujunnn

okujunnnの感想・評価

3.5
ELLE CINEMA AWARDS 2017にて。
怖くて怖くて、胸の鼓動がとんでもなかった、、、😭
観る前と観た後で、ポスターの感じ方が全然違う。
自然光の美しい映像、キャスティング、衣装素晴らしかった〜❤︎
moooe

moooeの感想・評価

3.8
飛行機で。
画面は美しいのに、終止不穏な空気が流れてて、ぞわぞわしてよかった。
ダークなソフィアコッポラ嫌いじゃない
Kelie

Kelieの感想・評価

3.5
コッポラ監督の映画。印象に残ったのは、最初は心地良かった雲雀の鳴き声が、いつのまにか不快な虫のような鳴き声に変わったこと。調子に乗るといい事が無いのは世の常。欲望を暴れさせておくと大変なことが起きる。極限状況まで追い詰められた女たちは何を選択せねばならぬか?今までのソフィア映画のイメージとは異なり、淡く素朴な色彩の中で、ニコール・キッドマンの鬼気迫る演技が活きる。
nosumaru

nosumaruの感想・評価

4.0
飛行機の中で見ました。American Beautyを見たときのような気持ち。葛藤系
shitpie

shitpieの感想・評価

4.0
これまでのソフィア・コッポラの作品とは 180 度ちがう傑作。まず映像が、美術が、衣装が素晴らしい。こだわりぬいたフィルム撮影、照明をまったくつかってない、自然光による表現、一方で現代的な色調、絶妙なヨーロッパ・ビスタ・サイズ、そしてなにより、ほぼすべてのカットで完璧な構図--どこをとっても悪いところが見当たらない。そして、なにより印象的なのは音楽のつかいかた。それこそソフィア・コッポラの方法がすべてひっくり返されており、ここでの音楽はソフィア・コッポラの自意識の発露ではなく、脚本と登場人物たちと映像に寄り添った最高の演出として音楽がある。フェニックスの提供した音楽には驚かせられた。

それと、俳優たちがほんとうにすごい。特にコリン・ファレル。あの微妙な表現力にものすごい底力を感じさせられた。あとはエル・ファニングの媚びやエロティックでムーディーな演技。圧倒的だった。それにしても、ソフィア・コッポラ、なんでこんなにいい映画が撮れるのに、これまでそれをやらなかったんだろう(笑)。いや、もしかしたら、ソフィア・コッポラは、ただカンヌやシネフィルに尻尾を振っているだけなのかもしれない。どうだろう。……でも、『ザ・ビガイルド』はそんな邪推抜きにして傑作だ。
生き抜くために強くなくてはいけなかった女性たちの物語
男性をめぐる争いでは他人を出し抜くことを考え 周りを伺う
しかしいざその男性が命の危険にかかわる存在に変化すると 一致団結・タッグを組んで前進する
ある意味 女性の集団特有のこの感覚がわからないとつまらないだろう映画 つまり敵であり味方であることが表裏一体なのが女同士なのだ

靄のかかったような湿気の多そうな南部の自然と狭い館の中
窒息しそうだが息をひそめて暮らす所へ飛び込んで来たけが人が風穴をあける
美しい衣装とヘアメイクが彼女たちの残酷さを引き立てる

ニコールキッドマン、キルステンダンスト、エルファニング三つ巴の心理戦
年下のふたりの生徒もいい味出してる
鍵となるのは、🍄
saori

saoriの感想・評価

-
女の人たちが綺麗だった。こわくて綺麗。

ミュンヘンの機内で。
優未

優未の感想・評価

-
ソフィアコッポラ作品らしい儚さ。めちゃくちゃ怖い。けど、その選択肢しかなかったのも納得。
Mari

Mariの感想・評価

4.0
ソフィアコッポラらしい、光の入れ方や間の取り方、衣装のこだわり、繊細な雰囲気が素敵。
静かな中で流れてるスリリングさ。
最後のキノコのシーンの皆んなの表情が怖かった。
女性陣みんな美しい、そして白い。
ずば抜けてエルファニング可愛い。
オリジナルも観てみたいです。
>|