The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめの作品情報・感想・評価

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ2017年製作の映画)

The Beguiled

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

アメリカ南部の世間から隔絶された女子寄宿学園に暮らす美しき女性7人。ある日、負傷した北部の敵兵に遭遇し屋敷へと運び手当をする。女性に対し紳士的でかつ美しい男性と触れ合う中で、誰もが彼に心を奪われていく。しかし、次第に彼女たちは情欲と危険な嫉妬に支配されてしまう。秩序を守るか、欲望を取るか、彼女たちが最後に下した決断とは―ー

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」に投稿された感想・評価

tinygirl

tinygirlの感想・評価

3.5
エルちゃんがひたすらかわいい、、途中からころころと終わってしまって寂しかった。あのポスターの裏側、、ちょっとえぐい
芸術的な評価は高め。美しい映像。舞台設定として、女優陣が白のドレスで統一されてるが故に、各々の性質・考え・気持ちがかなり濃密に浮き出て見える。舞台、表現、役者、設定どれもこってる。作品のストーリーとかはそこまで高くない評価。
あきら

あきらの感想・評価

4.3
白いドレスの女性を撮るにかけちゃ右に出る者はいないソフィア・コッポラ!!好き!!

おめかししてのディナーシーンが兎に角怖い!
一度目は心理戦とマウンティング
二度目は殺意と共謀
映像が隠微で美しいだけに、女の本質的な怖さが生々しい!!好き!!

伍長が積極的に口説いてたのはギルティン・ダンストだけだったけど、エルファニングも確信犯なんだよね?ここの新旧ミューズ対決も容赦なくて好き!!
部屋間違った風にも取れたけど、真意はどっちなんだろ?

誰もが彼の特別になりたかったとはいえ、争いに参加した時点で同列なんだよな〜
サブタイで「欲望」と言っても性欲よりは、女同士の顕示欲の方が印象的だったし、女って序列の生き物なのかもしれない。
いちばん無害そうな、はっきり言って美の序列から外れた女の子にいちばんえげつないことを言わせるあたり、監督の狙いが垣間見えますね。

伍長は伍長で、女たちを籠絡することで身の保全を考えたんだろうし、戦争中ってことも踏まえて理解はできる。
伍長がいかにもイケメンってよりは男性フェロモン重視なのは、この作品には合ってたと思うし、キルティンのボタンが性急で弾け飛ぶとこが最高!

誰が罪深いのか、善悪や愛だけでは計れないものもあるんだよね。
抑制の効いた演出だったからこそ、とにかく異様に美しく悍ましくて、元ネタと比べて圧倒的に女を描いた映画だった。好き!!
絵は美しい。けれど、とっても退屈。ソフィアコッポラ、やっぱり合わないわ。
マリー

マリーの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ホラーだった。
綺麗な映像が怖さを助長しているのが良い。

ハーレムおいしいと思いきやバッドエンド。
ハーレムで調子にのったら死んじゃうよって話。

大好きなキルスティンダンスト、ぱっとしない先生の演技がお見事。
めざめって言うから、あっちの方かと思ってたら、そっちの方だったのねー系。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
観始めてすぐに既視感を覚え、途中でようやく「白い肌の異常な夜」のリメイクであることに気づいた...あちらがイーストウッド御大の男の粗暴さにフォーカスを当てていたのに対し、こちらはソフィア・コッポラらしく貞淑な女の園に入ってきた男にかき乱され徐々に「女」をむき出しにしていくという女性たちの心理に集中。いい感じのドロドロ具合ではあるのだが、でも彼女の作品のファンとしてはストーリー展開が忙しなくて彼女なりの「間」が少ないのが不満だなあ。個人的にはもういっぺん今回の常連キャスト使ってガーリーな映画撮って欲しいのだが。
女性達の均衡が微妙に崩れていく様は上手かったと思いますが、あまりに綺麗過ぎて、もう少しドロドロさや醜聞さを観たかったかも。終始薄暗い場面が多く、服装や髪型も似てる為、はじめのうちは誰が誰だか分からない事も。コリン・ファレルを招く二回の食事の場面の対比(歓迎と排除)は良かったです。ペットの亀はメタファなのでしょうか?
小石川

小石川の感想・評価

3.1
終始画面が暗く、その割に話自体が暗澹として策謀渦巻くようなものでもなかったのが残念。男役の恐怖心や征服心があいまいでいったい何がどうなってそうなったの?という感情の動きが多い。足りない…というのが率直な感想。
ソフィアの作品は絵は美しいけど、物語がチープで後半飽きてしまいます。
>|