The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめの作品情報・感想・評価・動画配信

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ2017年製作の映画)

The Beguiled

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:93分

3.3

あらすじ

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」に投稿された感想・評価

BlueMoon

BlueMoonの感想・評価

2.6
エル・ファニングローラー作戦続き。

これもあまりハマらなかった…なんかもっとcheerfulな映画に出ればいいのに…

女性しかいない寄宿舎に来た男性兵士の存在によって、俄かに平穏だった空気が変わりだす。最初は浮き足立つくらいのかわいいものだったが、だんだんと不穏な感じに…

あんまり語れないなぁ、個人的にコッポラ監督は合わないみたいです。
ふわ

ふわの感想・評価

3.7
面白かったけど、もうちょっとゆっくりしたテンポで見たかった
女性たちの欲望や嫉妬などの流れ、関係性の変化が、テンポが早くてあまり強く感じられなかった
Kimiko

Kimikoの感想・評価

4.2
ソフィアコッポラの作りだす世界観が好き
物語の設定も面白い
神聖で慎ましい生活
1人の男が現れ宿に秩序が乱れ始める
男も女もややこしい

静かな森の中でお洗濯したり水を汲んだりお裁縫したり。
こんな生活送りたい
kaede

kaedeの感想・評価

-
コリンファレルの汚さと、黒さが真っ白な女性の中で際立ってた、、!ソフィアコッポラの久々の作品だったけど、ほんとお美しい。肌を出さないのにあの艶やかさ。あーかわいかった。満腹。
白とブロンズの中に、混じ入る黒く汚らわしいもの

男の性欲がもたらした悲しい結末
佳乃子

佳乃子の感想・評価

2.9
まあまあに胸糞映画だった、、、、


ソフィアコッポラの映画、Lost in Translationがとっても気に入ったから期待して観てみたけど少し驚いた。

感想がまとまるまで時間がかかる。
女も男も古典的というかたいして現代性がないなとは思ったけど、
観た回数:2回
直近の鑑賞:映画館(2018年)
      Amazon Prime(20.03.24)
---

【STORY】
 南北戦争時代。負傷した敵軍の男は、女学園に迎え入れられた。
 園長、先生、生徒共に女性だらけの環境に1人現れた男性を巡り、欲望が渦巻き始める…


【闇に咲く華々】
 ポスターのイメージとは異なり、全体的に映像が薄暗い状態が続きます。

 屋外の明るさと打って変わって常に仄暗い建物の中は、渦巻く背徳感・罪悪感・欲望が空気に乗り移ったように重苦しい雰囲気を醸し出します。

 そんな仄暗い空間に狂い咲く、美女・美少女揃いのキャスト達。

 『アイズ・ワイド・シャット』など、滲み出る妖艶さのイメージが強いニコール・キッドマン。
 『メランコリア』で唯一無二の空気感がインパクト大なキルスティン・ダンスト。
 そして天使も悪魔もこなせる美少女でお馴染み、エル・ファニング。

 暗くて目を凝らすからこそ、逆に彼女達の美しさが目に飛び込んでくる気もしますね。


【コリン・ファレルが凄い】
 女性達を惑わす悪魔、ジョンを演じるコリン・ファレルの演技は本当に素晴らしいですよね。
 自身の魅力を最大限に見せ、それぞれの心を鷲掴みにしていく彼の "最強の女たらし" っぷりが物凄いです。ハマり役ですね…

 彼の傲慢さが爆発していく終盤も、迫力の演技が印象的です。


【少々、抑揚不足】
 ジワジワと続く空気感とキャストのビジュアルの美しさは常に楽しめるのですが、山場という山場が一瞬くらいしかないのは難点です。
 "ここは誰もが認めるであろう名シーン!" みたいな部分がないんですよね。
 それでも充分味わえる作品ですけどね!


---
【自分用メモ】
ブラッシュノアゼット
ソフィア・コッポラでなければ撮れなかったであろう作品。

女性「たち」の恐ろしさを静かに語る。
どこか男性の「妄想」を、意識しながら、意地悪で露悪的な視線で魅せる。

コリン・ファレルがハマり役。
自分が女性にとって危険で魅力的なのを熟知しながら、気づいていない振りができる。
その魅力の使い方も、心得ている。
野卑でありながら、どこか悪人になりきれない弱さが垣間見える。

あまりに静か過ぎて、女性監督が何も語っていないかのように侮らせるのも、彼女の真骨頂。
おやす

おやすの感想・評価

3.0
どろどろした系かと思ってたけど、そういう感じではない
女の子たちがちょっとずつおしゃれしたり、気を引こうとしてるのが面白かった
話の展開としてはえぐいけど男も男で悪いだろ

洋服とか背景とか素敵だった
>|