The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめの作品情報・感想・評価

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ2017年製作の映画)

The Beguiled

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」に投稿された感想・評価

レモン

レモンの感想・評価

3.3
コリンファレルじゃなくて、もう少し美しい人だったら入り込める気がした
Kyosuke

Kyosukeの感想・評価

3.7
いかにもソフィアがリメイクしたがりそうな内容で、コリンファレルはこういう役回りばっかりという感想。ヴァージンスーサイズやsomewhere に比較されるとかなり弱いが、静かに燃える女性の感情と視点はソフィアらしくて良い。彼女の作品の耐性がないと不可解な印象で終わってしまうと思う。ただ、スリラーに慣れてないからであろう、完成度が高いとは思えなかった。
あお

あおの感想・評価

2.0
期待したより面白くなかった。
人間の欲望や心理状態が生々しく描かれてはいた。
終始暗く映像も暗めが多い。個人的には暗めの映画好きなので観れたけどお薦めするほどでもない。
この「暗過ぎて、何を映しているか判らない映像」は何なのか!?
ソフィア・コッポラ監督作品、出演がニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、エル・ファニング、コリン・ファレル…であれば観たくなるが、照明が暗過ぎてイマイチだった。

また、この映画についての事前知識は無かったが、観ているうちにクリント・イーストウッド主演『白い肌の異常な夜』のリメイクだった。
南北戦争を背景に、負傷した北軍兵士が少女に助けられて連れていかれたのが女性だらけの学園。そこでは女性たちの欲望と嫉妬などが渦巻く展開であり、『白い肌の異常な夜』とまったく同じ。

しかし、如何せん、画面が暗過ぎた。
あの『バリー・リンドン』などはロウソクの炎だけでも、あんなに綺麗な映像が撮影できたのに……と思ったりするが、完全主義者キューブリックと比較しても已む無しか…。

なお、DVD特典映像として収録されていた「この映画の予告編」は、極めて明るく映されており、予告編が明るい鮮明な画面、本編が暗くて良く見えない画面、というのは無いだろう…と思ったりしてしまう。
75点
598

好きな女優さんばかりだったので。もっと泥沼なのかと思ったらそうでもなく。そこはやっぱりソフィア・コッポラだから?
なるみ

なるみの感想・評価

4.5
静穏でうつくしい。女性たちの艶やかで、柔和な、それでいて残酷な姿が脳裏に焼き付いて離れません。
Daiki

Daikiの感想・評価

3.2
2018年公開映画67本目。

静かに深度を増してく欲望。

1971年公開映画『白い肌の異常な夜』のリメイク作品。
冒頭からラストに至るまで「森」、「木々に覆われた女学院」、「木に囲まれる女性たち」という画が頻出する。
この女性たちが置かれている空間、状況の描写一つ取っても本作が女性映画であることに気付く。
そしてこの女性を覆う木々を文字通り、枝を折るという動作によって取っ払うのが本作に登場する唯一の男性マクバニー。
原作のイースト・ウッドのような男の中の男ではなく、どこか弱々しい小型犬のような風貌のコリン・ファレルが演じているのも興味深い。

劇中では、女学院の教師に気に入られようと畑仕事をするマクバニーと、餌が捕まっていない「クモの巣」を交互に映すことにより、舞台となる女学院、女性集団の恐怖を演出する。
マクバニーは、女郎グモが仕掛けた罠に自分から飛び込んでいく餌として描かれるのだ。
木々に覆われた女学院に、次第に木漏れ日が増え迎える衝撃のラスト。
このラストまでのスリラーを丁寧に、ジャンルムービーとしては静かすぎるほど、お上品に語る。

例えば、少女が森で北軍負傷兵を見つけ、「北軍は怖い」なんて言い始める。
大人の女性ならまだしも、純粋無垢な少女がいきなり負傷兵が敵軍だと察し、それを声に出すとは如何なものか。
こんな調子で、行間を説明台詞で埋めまくる。
ラストの展開も、ビジュアルだけで彼女たちが何をしようとするのか分からせる演出ができたはずなのに御丁寧に説明までしてしまう。
ソフィア・コッポラは台詞に頼らず、空気感で行間を作り出す名匠だと思っていたから、余計にがっかり。
NAOKI

NAOKIの感想・評価

3.0
南北戦争中の南部諸州側のバージニア州にある女子学園の話。
少女エミリーが森で敵である北軍の負傷兵を学園に連れてくる。女学園の女性達は免疫がないのか、それとも久々の男性にときめきを感じるのであった。
それにつけ込み、負傷兵は校長や教員、年長の女性に好意があるように見せかけ、長居をしたいがための理由をつくる。
そんな状態だと事件は必ず起きますよね。結末はどうなるのかは見てのお楽しみです。
mary

maryの感想・評価

3.5
設定がかなり面白そうだっただけに
前半のダラダラ感が残念

ただ女性陣の美しさとリアルな欲望が描かれていて面白かった。人間っていくらでも豹変しうる生き物 恐ろしい。
>|