闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.5

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

みっく

みっくの感想・評価

3.0
ウシジマくんたちの
中学時代の話しが出てくるのが
とてもよかった!
漫画は未読なので
過去が良くわかって嬉しい😊♥️

特に、ウシジマくんの中学時代の
役者さんが雰囲気あって
大人ウシジマくんとそっくり!
立ち振る舞い、話し方、
声も似てるなー!って思いました✨
イヌイもめっちゃ似てて
笑ってしまった(笑)

ストーリー事態はなんか
ずーっと暗くて
どんよりした感じ。
あと暴力シーンも最大限
出しました!って感じで
痛々しかったです💦

1~ファイナルまで見ましたが
見ごたえあってよかったです!
ayana

ayanaの感想・評価

4.0
やっと視聴した。
ウシジマくんはドラマ版の方が好きなのでどうなのかと思ったけど後半はめっちゃ泣けた。「誰かを好きになれば強くなれるのかな」というセリフがとっても刺さった。今までの人を更生させるエピソードというよりも核心を突いてきたのかなあ…
それと幼少期のみんながとっても可愛かった。笑

竹本くんが帰って来ますように。
mt111104

mt111104の感想・評価

2.3
車中のラストシーンに期待したけど、原作には及ばず。思えば原作のほうがずっと映画っぽかったりするんだった。でも演者みなお上手で特に子役ウシジマの眼力と早口がすんごい良かったわー。
原作のタコ部屋の描写とガクト三兄弟がどうにも苦手で、中坊の頃のウシジマくんたちが観れたこと以外あんまり好きでないエピソードなので、実写もちょいキツかった。
どんな地元…世紀末かよ笑

このレビューはネタバレを含みます

ファイナルは主人公の過去がテーマ。
敵が味方になる過程だったり。
色々な切なさ。等々。
最後、主人公が普段見せない迷いを見せるのが印象的だった。
Sugar

Sugarの感想・評価

3.4
ウシジマくんがまだ未成年だった頃が初めて描かれていた。前作と同じように過払金請求ビジネスというリアルの世界とのリンクも良かった。
難しい映画を複数借りる時、間に入れると抜群に良い映画。
内容あんま覚えてない。
yuriko

yurikoの感想・評価

3.2
痛い!怖い!でも面白い!
最後の終わり方は好きじゃないけど…

三蔵の正体にはビックリした!!
かほ

かほの感想・評価

3.8
丑嶋、柄崎、高田の結束感好き
ラストの丑嶋の悲しみなのか葛藤なのかその表情が印象に残った
中学時代の丑嶋が本当に山田孝之の演じる丑嶋そっくりで本当にすごかった!!!!
過去回想とまとめのエピソード
やたらヒューマン的な教訓の割合が回を追う毎に増えてきて、そういうのは要らないんだよなと思いつつ、それでもヒューマン映画としてはそこそこ面白かったんじゃないかと思う。

胡散臭い債務整理弁護士の八嶋さんが良かったが、も~っと嫌らしいキャラでも良かったのでは。他の敵キャラにあたる人はだいたいパワー系だしな

シリーズ通して劇場4作あるが個人的には2作目、1作目が好きだった
ごちゃごちゃしてるが、ごちゃごちゃしてるなりの群像の面白さがあった