ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 471ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

武器一つを持たないことを理由に「臆病者」と上官や仲間から揶揄されていた衛生兵が、過酷な戦場の中で何十人もの負傷兵を救い、その勇敢さを讃えられるまでが描かれた作品だった。衛生兵がメインの戦争映画は見たことがなかったので新鮮だったし、少し長尺なものの最後まで魅せる作品だったと思う。
当然作品中では日本は敵であり、憎悪の対象として描かれる。しかし戦争「映画」である以上、何かに視点を絞らなければ作品は作れない。今回はそれがアメリカの衛生兵だったというだけであり、日本側の描写に関して文句を言うのはナンセンスだと思う。
ひな

ひなの感想・評価

4.7
丸腰で戦場に立ち、75人の命を救った衛生兵の話。
私の語彙力ではとても伝えられないけど、素晴らしい作品だった。
素晴らしすぎて2回鑑賞。

敵である日本兵でさえも助けようとしたり、「助けてくれ」「見捨てないでくれ」という言葉全てに答えようと、「もう1人。もう1人だけ助けさせてください」と何度も戦場に戻って仲間を助ける姿は本当にかっこよかった。
これが実話だなんて、こんな人が本当に存在してたなんて、ただただすごいとしか言えない。
銃を持たないと心に決めて戦場に行ったデズモンドだけど、常に死と隣合わせで、周りでバタバタ仲間が死んでいるような状況の中でも決して銃を持たなかった。
そこまで自分の信念を貫くなんて簡単にはできないことだと思う。

戦闘シーンは戦争を体験したことがない私でもリアルだと感じる程生々しく、迫力がすごかった。
見る人によっては絶対トラウマになる。
とりあえず手榴弾片手につっこんできたり、死を恐れずに攻めてくる日本兵怖すぎた…
歴史の先生が「アメリカ軍が最も恐れていたところは日本軍の死を全く恐れないところだ」って言ってたの思い出したな~。
そしてそしてデズモンドとスミティの友情がとても好きでした。

あぁ~本当映画館で見て良かった!!!!
チィ

チィの感想・評価

3.4
前半は脳裏によぎるメル・ギブソンの『ブレイブ・ハート』の残像が離れず、男の中の男の映画を作りたくてアメリカではまだこれが評価され続けているのか…とげんなりしたのは事実で。アンドリュー・ガーフィールドも好きなはずなのに、なんだろうこのハマらない感、、とうんうん唸ってたんだけど、化けた。なよなよは過度に描きすぎだし、色々過度に描きすぎだし、またパードレですか??って『沈黙』を思い出すシーンもあって、宗教という側面で被ってはいる部分もあったけど。日本人は日本が舞台となる2作品を目の前にしたら、敗北した沖縄戦よりも、弾圧の遠藤周作の沈黙を無意識に優先順位をあげてしまう。自国が絡むと客観視できないのは面倒だなと思うんだけど、そう思うとがっつりハリウッドという戦場に立つアカデミー賞はどうなんだともなるからしょうがない人間ってそんなもの!

あらすじと歴史を知らなかったから後半の化け方はザワッとしたし、直視できないシーンも続いたりして戦争映画としてのリアリティ性はとてもあった!もう一度見たいかっていうと個人的にはグロいのそんなに得意じゃないから厳しいけれども、アンドリュー・ガーフィールドがこう主戦場に立つ作品に出演している事実がとても嬉しい。
ロブ

ロブの感想・評価

4.4
意外とガチだった…
グロいのダメな人は気をつけたほうがいい

前半はドスの話。ガーディアンの前半みたいな。

己の信念を曲げないってあんたすげえよ

後半の戦争シーンは2.3回ホラーばりにびっくりするところがあります。
映画館なんて、爆発の熱・衝撃も降ってくる血も死体の匂いもなんもないのに臨場感がある。
ゲームじゃダメージ食らってもすぐ回復するけど現実はそーはいかない。メディックの存在がいかに心の支えか。ドスの行いがいかにすごいかがわかる。実話だし。

日本兵が相手に出てくるわけだけど特別なのは切腹とかのシーンくらいで他は普通だったよーな
日本兵から見た米兵とかってキチガイで凶悪でみたいな描き方することあるけど、結局お互い信念持って相手怖がってやってるって感じるバランス感

宗教観とか全く理解できないけどもう1人救わせてくださいとか祈っちゃうのすごいな、ガーフィールドは沈黙の時もそうだしそんな役がうまいのかな
kyoko

kyokoの感想・評価

-
メルギブソンだから多少は予想していたものの…しんどい(T_T)
戦闘シーンがエグい上に長い。
途中退席していた人もいたので、グロい描写が苦手な人は要注意。

みな闘っているから僕も志願しよう、でも武器は持てないので自分は殺れませんがみなさんよろしくお願いします。これって権利として認められてますよね?……宗教に対する理解の差だろうか。分かるようで分からない理窟だ。

これが、日本的な召集制だったらまだしも、自分から志願したというのがどうしても解せない。なぜその信仰は戦争そのものを否定しないのか。
それは上官も同僚も同じだったと思う。だからこそ何度も除隊を促しているし、前線でも「これが戦争(現実)だ」と言うのだ。

しかしその信仰心ゆえの強い信念が、あの状況で75人を助け出すという偉業を成し遂げた。
日本残酷物語でもアメリカ万歳でもない、ひとりの勇敢な兵士の物語として観るならこの映画はすごいと思う。
ただ、どうしても良かった、感動した、とは言えないのは、前日に観た「ひめゆり」が頭にあるからか。
なので、今回はノースコア。
syk

sykの感想・評価

-
日本人なら日本側が味方で、アメリカ側が敵、
という戦争がテーマの邦画はよく見ると思う。
あるいは、敵も味方も外国の設定になっているようなもの。

そういう作品を見慣れている人にとっては新しい視点に感じられるかもしれない。
作品として感情移入する先(つまり主人公)はアメリカだけど、歴史として、日本人として感情移入する先は日本。

観る側の心情としては複雑なんだけれど、戦争というものをこういう視点で見せられることによって、
正義とか、武力で国を救うとか、そういうものの曖昧さや無意味さを感じる作品だった。
命を救うことが唯一、正義に一番近いことなんだろう。
himashit

himashitの感想・評価

4.3
今年みた新作映画の中でも飛び抜けて面白い一本。諸要素あいまってハクソーリッジのシーンは圧巻。アンドリュー・ガーフィールド素晴らしい演技。
『ハクソー・リッジ』
熾烈を極めた沖縄戦、武器を持たず戦わず多くの命を救い続けた衛生兵の実話を元にした物語。
四肢が弾け命が転がる、そんな極限的な状況においても狂気に近い信念を持って立ち向かい続ける男の胸を打たれるヒューマンドラマだった。
サークルで鑑賞。迫力はあったが、予想していたよりは過激ではなかった。「あともう1人救わせてください」こんな聖人のような人が本当にいたんだと感心!
誰に何を言われようと信念を曲げない男、かっこいい。丸腰で戦場に立つのは相当勇気のいることだろうに…。
個人的には父親役のヒューゴ・ウィーヴィングの男泣きにグッときた。(笑)
25.戦闘シーンすごかった。銃を持たないだけで裁判とかあるんだと思った。日本では沖縄戦の話と宣伝してないのが日本怖いなと思った。