ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価 - 471ページ目

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Aie

Aieの感想・評価

4.1
ヘルメットに当たってくる弾丸がやけにリアルでホントに怖くなった。あの中に戻っていく感覚はなんでしょうね。
「もう一人だけ助けさせてください」は響きました。
もっと丁寧に作り込んで欲しかったなというのが全体的な感想。

ネタバレ避けるため具体例は挙げないが、画作りだったり、演出だったり、役者の演技だったり、節々にディテールの粗さが見受けられ、シリアスなテーマとは裏腹にどうもツッコミどころが…
終盤の取ってつけたようなシーンには正直「それいらなくね?」だったし。

ストーリーやテーマ自体は素晴らしいし目新しさもあっただけにもう少し繊細に表現して欲しかった作品である。
Shogo

Shogoの感想・評価

3.8
ブレイブハートと同じで物語が優れているというより主人公の信念に力強さがある。全体的に脚本面の雑さがないこともないけど、それが気になることはない力強さ。戦闘シーンの迫力はかなりのものだしとても価値ある精神を描いてる。ただ、勢いで一点に向かってという感じで大絶賛は難しいかな。もっと丁寧で繊細な戦争映画はある。
Tetsuya

Tetsuyaの感想・評価

4.2
太平洋戦争末期の沖縄、前田高地(ハクソーリッジ〈のこぎり崖〉)で繰り広げられた米・日の激戦で、銃も持たず75名の兵士を救った実在の衛生兵エドモンド・ドスを描いた実話。
エドモンド役にアンドリュー・ガーフィールドを選んだのがメル監督かどうかは知りませんが、相当なナイスキャスティングだと思いました。宗教上の理由から人を殺めないという意志の強さと、人懐っこい笑顔で負傷した兵士に安心感を伝える優しさとを併せ持った米軍衛生兵を見事に演じきっていたと思います。
彼の人間的バックボーンも前半で丁寧に描いてあって、終盤の活躍するシーンでは涙が込み上げてきました。
米・日どちらが善と悪ではなく中立の視点で描いてあるのもこの作品に好感が持てた点。
それにしても戦闘シーンは壮絶の一言。。。
劇場の音が良過ぎなのか銃弾の音が恐ろしかった。
Yuto

Yutoの感想・評価

4.5
初めて戦争映画を映画館で観たけど3回ほど心臓が止まりかけた(ビックリして)。これは映画館で観るべき映画やと思う。
地上戦のシーンはプライベートライアンと同じかそれ以上の迫力があった。
信念を曲げたら生きていけないという主人公の言葉が印象的自分も持ち続けておきたい。
戦争映画を見るといつも、自分はなんて生ぬるい時代に生きてんだ、と思います。
凄いものを観たなぁ、、という印象。とにかく戦闘シーンのスピード感、臨場感、緊迫感…インパクトがありすぎた。そこに辿り着くまでのストーリーも色んな要素が詰め込まれていてよくここまで凝縮させたな、と。そしてこの作品では描かれていない沖縄戦についての歴史を改めて知りたいと思うきっかけにもなりました。
Hero

Heroの感想・評価

3.6
第一次世界大戦のPTSDに苦しむ父親、先に戦地へ向かった兄、故郷でひたすら待つ妻、思わずにやけてしまうほど『フルメタル・ジャケット』をゴリゴリに意識した軍曹との掛け合いに訓練、、、とまぁ戦争映画で擦られまくった要素を全て注ぎ込み、積み重ねられる綺麗事の数々に嫌気がさしかけた矢先の沖縄上陸。から始まる戦争映画史上最強の残虐戦闘シーンには度肝を抜かれた。ただ画面の爆発力と内に響くものが比例しない不思議。やっぱり綺麗事しか映ってなかったんだな。あとアンドリュー・ガーフィールドが嫌い。

2017-

「信念を曲げてしまったら僕は生きていけない」信念を貫き通すのは難しい。だからこそ価値がある。

リアルで恐い戦場描写。
何度か飛び跳ねた(笑)

キンタマ男のキャラがよかったね。
戦闘シーンは圧巻。チーンとヒグラシの鳴き声が印象的。フルメタルジャケット、プライベートライアン、野火、、また新しい戦争映画の傑作でした。
太平洋戦争、沖縄戦において多くの人命を救った衛生兵の実体験を描いた映画

戦争映画はやはり観たくない
しかし、この作品は、非道な戦争の中、自らの信念を貫き、衛生兵として人命を救う事をやり遂げた人物を描いている

前半は志願兵となり戦地へ赴くまでを描き、後半は悲惨な状況の中ひたすらに人を助ける姿が描かれている

衛生兵、デズモンド・ドスの信念も宗教観も全ては理解できないが、彼の貫いた信念に周囲が見る目を変えたのは、理解できる