RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 116ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

yshrkmzk

yshrkmzkの感想・評価

3.9
草食動物から見たらセルロースを分解できない菜食主義者は屁みたいなもん。自戒を込めて。
keeper7

keeper7の感想・評価

3.5
カニバルホラーの形を借りながら、実はひとりの少女の"少女"から"大人"への成長物語。
ホラー映画を観るつもりで期待すると違和感があるかも知れません。

映像にグロテスクさの中にもどこか美的な雰囲気があるのは女流監督らしい。
大人になるという事は、イノセントなものに何か汚い因子が入り込んで形成されて行くことも一つ。全てが良いものだけでは大人にはなり得ないし成長出来ない。
誇張はされているが現実とは、成長とはこう言うものだと言っている気がした。

自分はグロ耐性があるが、この作品もそこまでグロくはないにも関わらずシチュエーションでとても嫌悪を覚えた。(褒め言葉)
Oliver Afonso氏の特殊メイクが秀逸すぎる。犬は本物だと思うが。
それにしても向こうの学生はあんな頻繁にどんちゃん騒ぎしてるのだろうか?体がもちません、、

フランス映画らしく癖のある作家性が少々出ているが、良作だった。
視覚的なグロテスクホラーかと思いきや、内側からグイグイくるグロ映画でした。

映画祭や試写会では、失神者続出したらしいこの映画。
確かにそうなるのもわかるかも笑
中盤で個人的に重要なシーンがあったと思ったけれど、そのシーンがもう、笑
心の内面からじわじわ気持ち悪くなってくる映画ですね。

典型的なホラーというより、宗教観念の考え方云々、色々考えさせられるもの。

にしてもテンポがすごくいい。
劇中の音楽なども非常にベタ。いい意味でテンポ良く見られる映画。

でももう見ないですかね笑
お命大事なので。
中盤のとあるシーン、
まさかまさか、ダメダメダメ、、、あー!!!
グロいとか、酷いとか、そうゆう話ではない。にも関わらず、観てるこっちが発狂しそうになる笑
音楽の使い方が、ものすごくベタで、でもそのおかげでシリアスになり過ぎない印象で、すごく良かった。
ただ最後のオチだけはちょっと気に食わないかな
ひゅー

ひゅーの感想・評価

4.0

この映画のジャンルは何か?って言われたらなんだろう、、、ホラーって書いてあるのもあったけど、怖がらせようとしてる映画ではないと思います。

カニバリズムがテーマですけど、グロさ、狂気を目指してるわけではなくて、どちらかというと人間がムラムラした時に欲求が抑えられない感覚を表現してたと思います。グロいというより映画タイトルのように生々しいっていう感覚です。

途中「いや、ムリムリムリムリムリムリ(゚o゚;;」って場面があったり、オエーってなりそうだったり、画面を手で覆ってしまったりという所がありました。 恐らく過剰なグロ演出しないで逆に見てる人の神経刺激するポイントをついてきてると思います笑
草食系女子が人肉食系女子になる成長物語

緑になるまで帰れまセックスはよかったですね
企画いかがですか?SODさん
メキシコで鑑賞しました。
今年観た映画では今の所1位です。

グロさで映画祭では失神続出とか言われてますが、宣伝用の謳い文句な気がします…。
というのも、確かにグロいシーンや血の量は多いですが、食べる事は日々してる事ですし、人間は血液が常に循環してる訳ですし、映画の中で出てくる事は見方を少し変えると普通の事です。
映画の内容をそのまま受け取ると、倫理的な気持ち悪さから嫌悪する人がいるのかもしれませんが、私はグロいとは感じませんでした。

この映画の本題は、少女から女性への成長と、現代女性への偏見について…
あとは、「動物」の肉って美味しいよねって話です笑。

ホラー映画枠みたいですが、センスのいい笑えるシーンも沢山あり、ジャンルは青春映画か社会映画な気がします。

音楽の使い方は古典的で、より本質が分かりやすい様に作られていて、本来は万人受けする作品だと思います。
そのため、血などが苦手で無ければ、是非鑑賞して頂きたいです。
そして、女性こそ観て頂くとより楽しめるんじゃないかと思います。
TeruHaruta

TeruHarutaの感想・評価

3.8
予告が面白そうだったので見て見た。
フランス/ベルギーの合作映画
カニバリズム映画なので映画祭で失神者が出たらしい。
ただ失神者が出たというほどグロテスクではなかったが、映像自体は衝撃的。心臓の弱い人は要注意。
異常者ではなく、無垢な人が徐々にカニバリズムに目覚めていくというのは結構面白い。最後もなかなかなエンディング。興味ある方は是非。
https://youtu.be/YLVP13jX900
深谷守

深谷守の感想・評価

3.5
話題のフランス製カニバリズム映画。
グロテスクではあるものの、言うほどではない。ベジタリアンの女性が全寮制の大学に入学して新歓の洗礼を受けて生肉を食べさせられると・・・という話だが、ホラーではあるものの、本質はホラーではない。
いかにもフランスらしいオシャレな映像と音楽に騙されていると、実はブラックコメディであるということに気が付かされる。エッと呆気にとられるラストはなかなかのものだ。
変な映画が好きな人は必見。
もも

ももの感想・評価

3.0
映画祭で上映中に失神して病院送りになった人がいたとかいう映画。
カニバリズム。期待しすぎた。
グロさは2割程度。
ただ、フランス映画の映像は好き。