RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 116ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

DORATARO

DORATAROの感想・評価

4.2
raw…①生の②未加工の③未熟な
タイトルに隠された意味は何なのでしょう。ベジタリアンとして育てられた少女が知ってしまった肉の味。肉への渇望は成長のメタファーか、それとも愛の目覚めか。

”食べちゃいたいくらい好き”を地で行く映画。
変化球待ってたらまさかのど真ん中ストレートで三球三振した気分になりました。なんだコレ、すげぇ。監督が本来意図するところは理解できなかったけど生肉に噛りつく少女、肉に飢えた少女の眼光、噛みつき合う姉妹、などインパクト大なシーンが山盛りで興奮しっぱなしでした。

フランス映画らしくどこか神秘的で芸術的なんだけど獣医学部という特殊な環境を舞台にした血生臭さが強烈なスパイスとなって混ざったオンリーワンな作品。

p.s. 獣医学部の新歓はクセが強い
幸村

幸村の感想・評価

3.6
…じゃあわざわざ娘をあんな学校に入れるなよ!

この映画は初め海外の映画祭で上映されていたときは、グロすぎて観客が失神したとか、入場時にエチケット袋が配られたとか、グロさを売りにするような紹介のされ方をしていた気がするが、日本での公開に当たってはあまりそっち方面を売りにせずに、『少女のめざめ』という副題をつけて少女が女性へと変容していく話ですよという方向で推したのは正解だったと思う。
いうほどグロくはないし、物語のメインテーマは明らかに少女の成長だし(いうほどグロくはないというだけで、グロくないわけではないので血を見るだけでくらくらするというような人にはおすすめしません!)。

自分は女でもないし、フランス映画を見るのもたぶんこれが初っていうレベルなのであまり偉そうなことは言えないが、少女の成長の過程で起こる肉体と精神の急激な変化に対する戸惑いと受容。それと姉妹の絆を独特のセンスで描いていて良かったと思う。特に主役の女の子の目つきね!

ただ、1点だけ突っ込みたいのは、冒頭にも書いたことで、ラスト、主人公の父親が衝撃の事実を明かして物語は幕となるんだけど、高校生まであそこまで徹底して肉から娘を遠ざけたんだったら、大学もあんな世紀末みたいなとこにいれなきゃよかったんじゃないですかね。自分たちの母校なんだから入学したらどうなるか分かってたと思うんですけど。
Il

Ilの感想・評価

4.4
この映画は1人の少女が1人女性へと変貌を遂げる物語である、とは前評判などで言われているが、それ以上に姉と姉妹、そして両親に巣食う忌々しい抑えきれない欲求や衝動についての話として極めてしっとりと出来上がっている

始めて妹が禁断の味を知った時の姉の反応からそれからの妹への接し方すべてが後から反響したかのように効いてくる構成がお見事
加えて音楽の使い方、のどかなギターの音色からスタートし、ホラー調の焦らしで緊張感を高めながらあるターニングポイントで開放的にかかるMain Themeがなんとも素晴らしい
まさしくここに来て欲しい!という所にピンズドで火の玉ストレートを投げてくれたような一種の快感さえ感じた

この物語は妹が主人公であるが姉の存在がとても重要
妹は姉という理解者が既にいたしルームメイトのナイスガイも何度も知らねーわと言いつつ気にかけてくれた、しかし姉は肉の味に目覚めた時、側に誰かいたのか、ずっと妹が来るまで衝動や大学内の社会とやり過ごし、戦ってきたのか……こんなにも登場人物に感情移入させられるなんて…とにかく極限まで鋭利に尖らしたナイフみたいなものを文字通りこちらの喉に突っ込んでくるようなこの映画は意外にもしっとりとした後味を残していった

あと、食事はなるべく偏りなくバランスよく食べましょう。
これ1番大事

久し振りに映画館で具合が悪くなった…
たまにあらぬ方向を見て直視を避けた

俗な言い方をすると、女の子にとっての「タマヒュン」要素が詰まっててすごい。
血みどろシーンよりそういう生理的恐怖が強い、、、

※全然グロくないよ!みたいなレビューがたくさんありますがわたしには充分すぎるほどのスプラッタだったので、そういうのちょっと苦手な方は注意してください、、、
みそ

みその感想・評価

4.0
カニバリズムは性のメタファー

直裁的な食人描写よりも堪えるものがありました... フレンチホラーの傑作!
pen

penの感想・評価

5.0
学校生活を通じて変容していく少女を描いた映画なんだけど、肉への渇望が加わることでこんなにパワーの溢れた作品になるのかと驚愕。
失神者続出! という宣伝文句も分からないでもないんだけど、学校生活の戸惑いの日々、先に入学した姉との愛憎混じるやり取り、出会った男性、主人公を送り出した家族との関係・・・と描かれてる内容は極めて普遍的なものではないかなと思った。

肉よりも肉から流れ出る血、それを洗い流すシャワーの方が印象的だったのだが、それら2つがやっぱり作品の中でも重要な要素で、初めから印象付けてきてて凄いなぁと感じる。
姉との関係が切なくて堪らない1作だ。
新入生パーティーの乱雑さがホラー。
moirai

moiraiの感想・評価

3.3
グロ、というほどのことはないので、そちら方面で期待しない方が素直に見れたかも。

どちらかといえば、姉妹と両親の関係や、フランスの大学(全寮制だから?)は大変だなぁ、など青春映画って感じでした。

グロ耐性は人によりますが、流血NGだとキツイ。ただスプラッタってほどでもないです。
地味に痛い描写は多めですか、そこもフェチまでは感じませんでした。
ひら

ひらの感想・評価

3.9
イタイー。
いつ突発的に本能がめざめて噛み付くかわからないから、ドキドキした。

カレー味

好きなものを口に入れたくなっちゃう衝動
chima

chimaの感想・評価

3.3
2017/2/13@ TOHO六本木
グロさは割と平気だけど、ちょっと気持ち悪くなった。。
最後のネタバレはさっさとすませて、その後が見たかった。彼女の目ヂカラもっと発揮するのはこれからでしょ。
のっち

のっちの感想・評価

4.0
これはなにのジャンル?

ホラーでもない。ミステリーでもない。学園ドラマでもメロドラマでもない。けど全部の要素がある。何よりそんなこと気にせず、ずっと飽きずに見られるというのは映画として大成功だと思う。
そして間違いなくこの映画はカニバリズム映画に新ジャンルを築いたのではないか。まあカニバリズム映画なんてほとんど知らんけど。
一見グザヴィエドランぽい画面の移し方とか演技に見える一方で、やってることはB級映画。監督は絶対に笑わせに来てる部分ある。