T.R.Y. トライの作品情報・感想・評価

「T.R.Y. トライ」に投稿された感想・評価

りん

りんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ぺてん師が、革命軍のために武器を騙しとる話

相手の裏をかき、先手先手で騙していく
ハリー

ハリーの感想・評価

2.0
旧日本軍の軍服が似合うのは今は渡辺謙以外に見当たらない気がする。20世紀初頭の物語だけど織田裕二の茶髪パーマがそうじゃあない感たっぷり出しちゃって残念
織田裕二っていつ見ても織田裕二だね
R

Rの感想・評価

3.3
織田裕二と渡辺謙が好きな私としては二人を見るという点で非常に楽しめました。
ストーリーも、まあそれなりに。

織田裕二のプロモーションビデオとして観ると凄く楽しい。
Insop

Insopの感想・評価

2.0
清朝末の上海での日本人ペテン師のお話。
日中韓合作だし、キャストは豪華だし、テーマは面白そうなのに、いまいち軽くて盛り上がりに欠けるのはなんでだろう?
残念な感じ。
shibumaro

shibumaroの感想・評価

3.6
当時見た。
なかなか辛口評価のようですが、当時中学生?の私には、上海の異界な世界観やアクションがすごく印象的だった。

文庫本も買って、パンフも買って。
当時は知名度の低かった市原隼人のかっこよさに目をつけ始めて(笑)

あとはやけにピーターホーが気になった(笑)

今見返したらどう評価するか。
機会があったら見返してみようと。
ひっと

ひっとの感想・評価

1.0
織田裕二好きなんだけどあまり記憶にないってことは、、微妙だったのかもしれませーん、(--;)
mikachu

mikachuの感想・評価

1.4
退屈
なんだか話も読めなかった
渡辺謙が出ていたので
なんとか持ちこたえて見ていた
群青

群青の感想・評価

2.0
なんだかんだでMr.サムバディトゥナイの織田裕二さんのおかげでスタイリッシュに見える映画だった。
騙し騙されの内容で最後まで読めなかった。僕は好きです笑
日本のアクション映画はなんでこんなにカッコ良さが出ないんだろうか。いつかしっかり検証してみたい。

このレビューはネタバレを含みます

Amazonレビュー
20世紀初頭の上海で、金持ちの悪党相手をだまして荒稼ぎしていたペテン師・伊沢修は、殺し屋から救ってくれた革命家の関のために、日本軍から革命用の武器弾薬を盗む約束をするはめになる。
主人公が上海を舞台にした革命に巻き込まれていく姿をアクションたっぷりに魅せていく本作は、上海に広大なオープンセットを組んで撮影された織田裕二主演の娯楽大作。だますのは金持ちの悪党だけ、貧しい者にはやさしい伊沢。そのずる賢いけど、心根はやさしいというキャラクターに織田はピッタリ。そんな主人公を嬉々として演じる織田と、ずっしりとした存在感で野心家の将軍を演じる渡辺謙の共演も楽しい。共演は黒木瞳、丹波哲郎ほか、中国のスター邵兵(シャオ・ビン)が関を演じる。大森一樹監督作。
>|