WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 29ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

『語り尽くせない!この衝動血液沸騰感!』

ズバリ書きます!描きます!!

予想をかなり上回る素晴らしい作品でした!

Xの歴史を時系列であっちいったり、こっちいったりしましたが、分かりづらくなかった。

どちらかというと、YOSHIKIにフォーカスが当てられていた。

あとは他のメンバーが少しあるような。

でも素晴らしい!!!!

会場はほぼ満席状態。

僕は中学入学した頃にXにどハマり。

しかしこの作品を観ることによって、よりXの凄さが感じとれる。

YOSHIKIの壮絶な人生。

そこに、必然的に生まれたYOSHIKIの怒り。

ドラムに怒りをぶつける。

YOSHIKIとTOSHIの二人だけの時間と空間は観ているだけなのに、心暖かくなる。


映画鑑からでる時、壮絶な人生を知ったはずなのに、前向きな心と体が僕の中で産声、音律が誕生していた。

素晴らしい作品。

あー!!!Blu-ray欲しい!!w
Mi

Miの感想・評価

4.7
まず最初に正直に言うと別に特にファンでもない。
hideのソロは好きでよく聴いてたけど、X JAPANのCD買って聴いた事がない。
テレビとかで見る分には良いかなって感じだけど。
今回は懸賞で鑑賞券が当たったので、それを利用しての鑑賞。
とても観応えのある96分、あっという間で面白かったこの作品。

バンドの歴史とYOSHIKIの生い立ちを交えながら、テンポ良く丁寧に物語が綴られて行く。
十字架を背負わされるかのようなその運命は壮絶で、そこから漂う死の香り。
生と死は背中合わせで、痛みや悲しみが拡がる闇を思いっきり突き抜けて行くかのような激しさに、心をしっかりと掴まれた。

YOSHIKIの生い立ちと語られて行くその出来事は、とても悲しくてやり切れなくて。
でもそこを突き抜けて行く姿と、その凄さに釘付けにならずにはいられなくなる。
そしてバンドが昇り詰めて行くその過程は新たな価値観を創り出しながら、絶対的な存在感を示すその姿は最高にカッコ良かったな。
初期のライブシーンの有無を言わさぬ圧倒的なエネルギーと凄まじさは観ていてとても楽しかった。
その凄さに思わず痺れたりしつつ。

でも登り詰めたその先で迎える破綻や別れには言葉を失うしかなかった。
突然やって来るその出来事は、やるせなさと悲しみと憤りが入り混じるかのように。
壮絶な出来事の数々から産まれて行くドラマはとても真っ直ぐに、その時の感情をしっかりと作品に焼き付けるかのようで。
痛みとやるせなさを伴いながら、それでも生きて行くその過酷さと、いきなりやって来る死の悲しみには言葉を失うしかなかったな…。

TAIJIの脱退エピソードとその後の死、そしてhideの死、TOSHIの洗脳が語られて行く過程には思わず泣かずにはいられなかった。 
様々な想いが交差する中で、それぞれが葛藤する姿と鬩ぎ合う壮絶さは、まるで蟻地獄のようで。
それでも生きなくてはならないから、希望と未来を見出そうとするその姿は痛々しくもあった。
だからこそ、釘付けにならずにはいられない。
そして今の編成で再び動き出し、新たな幕が上がるその光景は有無を言わさぬ圧倒的な凄さを感じる事が出来た。

世界各国の人達がX JAPANに熱狂する姿は音楽が人や世界を繋いで行く凄さを改めて実感する。
その瞬間、X JAPANの現在の凄さが現れていたような気がした。
壮絶な歴史を敢えて描き出す事で、またここから始まるあの感じ。
ある種、マイナスから0地点に戻ると言えば良いのだろうか。
過去の歴史は清算出来ないけど、それを背負いながら未来を突き抜けて行くのは間違いと思うので、その先がもっと観たくなる。
あの終わり方がまたとても深い余韻をしっかりと残してくれるから好き。

映画を観終わって、観る前は高いなと思っていたパンフレットを速攻で買い、タワレコへ向かい速攻サントラ盤も買った。
それ位、文句無しに素晴らしい作品だった。

X JAPANのドキュメンタリー作品だけど、人には歴史があり、物語がある。
その部分をしっかりと感じられたら、より楽しめる作品だと思います。
観て本当に良かった。
Musashi

Musashiの感想・評価

4.5
90年代に元祖ヴィジュアル系バンドとして一世を風靡した【X JAPAN】のドキュメンタリー映画。

解散、メンバーの死と洗脳や激しいドラムプレイの影響で満身創痍のYOSHIKIが何故【X JAPAN】を続けて、ロックの聖地【マディソン・スクエア・ガーデン】まで辿り着いたのか。

あまり公で語ることがない内容だったので納得の出来。
ロックバンド“X JAPAN”のドキュメンタリー作品。

めちゃくちゃファンというわけでもないが、リアルタイムで彼らの音楽を聴いていました。
TAIJIの脱退やバンド解散、TOSHIの洗脳、そしてhideの死などをYoshikiがインタビューで答え当時のニュース映像なども映し出す構成。

hideの死のくだりでは当時を思い出して号泣してしまった(T ^ T)
そして現在のTOSHIとYoshikiが語り合うシーン見てると本当に良かったな〜と思います。
洗脳騒ぎから東京ドームでのラストライブの殺伐とした状態も見せてくれたあとに現在が映し出されると泣けてきますよ。
またYoshikiの「再結成よりもTOSHIが戻ってきてくれたことが嬉しい」的な言葉がやっぱ強い絆だったんだと感じましたね。

正直“X JAPAN”に興味無い人やリアルタイムで接してないと面白くないと作品だと思う。
でもYoshikiの凄まじいエネルギーやバンドのパワーなどは確認出来るドキュメンタリーじゃないですかね。
ま、そもそも興味無い人は見ないわな(笑)

【TOHOシネマズ モレラ岐阜】
k

kの感想・評価

5.0
涙が止まらない。1人で見たけど、まわりも1人が多かった。
ただ、ひとつひとつのエピソードが短く、解散やヒデの事はもっと長くやってほしかったし、インディーズ時代とか、ヨシキが倒れて活動休止とか、触れられてないエピソードも多いです。もっと長くしてほしかった。
noroyu

noroyuの感想・評価

4.2
Xの魅力。
これはもう圧倒的な「死の匂い」である。
近寄ったら最期。呪われちゃう。

本人は自覚せずとも、彼に関わった者たちが強烈な快楽(名誉、名声)を得る代わりに、その者たちがことごとく「死」を選んでいくという「ファム・ファタール、あるいは”悪魔の子”としてのYOSHIKI」のストーリーを軸にXという「呪われたバンド」を紐解く、みたいな作品であった。
ふく

ふくの感想・評価

-
オープニングが超かっこ良い
X JAPANの世界観満載の映像が美しい

ほぼほぼYOSHIKI
しょうがないけどさ、笑

「鍵開かない」って楽屋のドアノブガチャガチャしてるToshiが面白すぎる
可愛い 笑

たくさんの悲しみを抱えたX JAPANだからこそ、
彼らの曲は
同じように悲しみを抱えた人々の心に響くのだろう

天才が集まった奇跡的なバンドなんだけど、
その天才たちも一人の人間であることを思い知らされた
でも才能がまぶしい!!!

WE ARE ーーー! X!!!!!!!


客層:40~50代くらい
動員:120(土曜昼完売)
1980年代にイギリスから始まった新世代のへヴィ・メタルのムーブメントNWOBHMが、やがて海を渡りアメリカへと広がり、そして日本にもやってきた。そのムーブメントの終焉期にメジャーデビューしたのがXである。
インディーズ時代、音のデカさと素行の悪さから"関東3大粗大ゴミバンド"と呼ばれたり、同時期に同じ様な派手なルックスと速く激しい曲で比較され"西のAION、東のX"と呼ばれたりしていたのが、メジャーデビュー後あっという間に人気が出て行く事になる。
ファンの見たいであろうTOSHIの洗脳、HIDEの死、TAIJIの死等は描かれているが、時系列通りでもないし、それ程詳しくバンドの歴史が語られるわけでもなく、かと言ってコンサート映像がメインでもないので盛り上がりどころが無い、完全にファンの為の作品。
せめて代表曲の"X"や"紅"、新曲の"Born to be Free"だけでもフルコーラス流れれば、より盛り上がったと思うのだが。まぁ映画館でxジャンプされても困るけど(笑)ちなみに自分は"オルガズム"が1番好きなので、この曲が聴きたかった。
画像は荒いが古い映像も観られたので、熱狂的ではないがインディーズ時代からリアルタイムで彼らを知っているファンとしては嬉しい限り。
閑古鳥

閑古鳥の感想・評価

4.3
耐え難い出来事をバネにして前例のないことに挑戦し続けるX、そりゃあ「伝説的ロックバンド」という異名がつくのも当然。最終的に「同じ時代に生まれて良かったー!」と思ったり、感情がめちゃくちゃな時間だった。
メンバーからhideのこと語られるたびに胸にくるものがある。それだけhide抜きには語れないと思う。