WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 29ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.2

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

だりあ

だりあの感想・評価

4.8
20年以上ファンであるバンドのドキュメンタリー作品、満を持しての日本公開に心が躍った。

音楽に限らず、プロとは人を惹きつけ、集める存在であると改めて認識する。彼らは優れた音楽と共に困難に立ち向かう姿を見せ続けてくれている。その物語が進行形である事を訴えてくれた。
ART OF LIFE第2章とも呼ぶべきこの映像作品は、海外で高評価を得たことも含め日本の音楽史に深く刻まれたと思う。



じぶんはX JAPANのライブには行ったことがないし、有名な曲しか知らないど素人だったが、非常に感動した。

YOSHIKIのX JAPANかける愛情やTOSHIの洗脳や再結成してに至るまで全てが度を超えたバンドであると実感した。YOSHIKIがhideの死を振り返るシーンでは自分も涙を流してしまった。
全てが素晴らしく美しい作品


全く個人的な意見ですが、完璧なドキュメンタリー映画でした。
YOSHIKIさんの「X JAPAN」への“家族愛”が伝わる大切な作品になっていると思います。
最近のヴィジュアル系バンドのファンの方はもちろん、全くX JAPANを知らない方にも観ていただきたいです。


ちなみにTOSHIさんは洗脳されていた時に近くに来たのですが、歌声はあのままの凄さでした。


WE ARE X !!
X JAPAN。唯一無二の存在。X時代からのファンにとっては、いろんなことがあっての今のX JAPANがあるだけに特別な思いで見てしまいます。
有線放送大賞でWINKが出て、その後くらいにX(当時)が出てきて、衝撃を受けました。
そこから、彼らの途方も無い音楽に吸い寄せされ…
この作品は、まさにX時代からの彼らの生き様を写し出してます。
TOSHIの洗脳、HIDEの死、TAIJIの死。解散。再結成… YOSHIKIの苦悩… 映像が全てやないけど、全て見れた感があります。
HIDEの死は、僕の父親の死と同じ日やったので、余計に悲しかったですね。
でも、X JAPAN は、まだまだいくぞ!!
そう!WE ARE X!!
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

4.0
X JAPANを知らない人が観ても感動共感を得られるのではないだろうか?

ていうか、そうした人々にも彼らの事を解りやすく紹介するような作りのドキュメンタリー映画という印象

少々ドラマチックに魅せる為の演出じみた撮り方が見受けられたのも否めないが、彼らの歌舞いたこれまでの軌跡を想えばそれも許容範囲として観流せる。

ファンだけが映画館に殺到して終わりは勿体無い。
Xの楽曲の中でベスト3に入る好きな曲であるART OF LIFE。それが映画全体の基調をなしているのが最高。
YOSHIKIとToshIの自然な何気ない会話シーンでは、洗脳で断絶された世界からToshlが戻ってきたきっかけが語られており、大きく感情が動かされた。

PATAが(YOSHIKIの身体のことを)「全然心配なんかしてないですね。」と言い、TOSHIも「友人としては心配しているが、Xのメンバーとしては心配していない」と言う。まあ心配してたら楽曲なんかできないものなあと変に納得してしまった。
NAO

NAOの感想・評価

4.6
2017.03.03 on Theater
ART OF LIFE のようにストーリーにもうちょっと強弱 緩急 高低差つけた方が良かったかなー、でもtoshi と yoshikiの自然な会話があんなに長く見られただけでも😭
『Xの曲は傷付いた心に寄り添うメロディー、だから沢山の共感が得られる』に激しく同意。
最高❗️
WE ARE X最高だった。X JAPANはホンモノ。それが本当に嬉しかった。感動しまくった😭😂😭😂✨
YOSHIKIマジで12歳の頃からずっと大好き。。。

hideはすごい。
miyade

miyadeの感想・評価

4.5
まさかのむっちゃ感動。意外にエモーショナルな内容だった。Yoshikiのカッコよさ、センシティブさ。結構Yoshiki メイン。やっぱ色々魅力的な人だなと思う。
Xに対するイメージ変わったな。
洗脳のことbrainwashed て言うんだっていう発見。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

4.0
Sooooo gooooood!
As a documentary, yes.
Editing, yes.
Even though you are not a fan or even you don't know X Japan, yes.

ドキュメンタリーとしても、音楽映画としても、エンターテイメントとしても、楽しめます。
ファンじゃなくても、ほとんどの曲を知ってるってことは、どれだけ彼らの音楽が根付いているかって。
|<