WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 29ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

Ryu

Ryuの感想・評価

3.5
XJAPANの軌跡を映画にしたものなので、音楽を期待して見に行くとガッカリします。。
最新曲のLa Venusですら映画の途中で少しかかるだけでした。
過去の曲も幅広く使われていますが、全てダイジェスト版のような使われ方のため過去のライブ映像目的の方には、物足らないと思います。
それ以外の部分については、YOSHIKIの生い立ちを始め、TAIJIの脱退やTOSHIの洗脳問題、そしてHIDEの死、TAIJIの死まで未公開の映像も織り交ぜつつ、今まで多くを語られなかった部分に切り込んでいます。
XJAPANのファンならば、是非観て頂きたい作品だと思います。
ファン視点ならば5点と言いたい所ですが、平均値の3.5とさせていただきます。
カレン

カレンの感想・評価

4.5
ToshlはToshl
どんなToshlでも良い。

YOSHIKIのその言葉が凄く良かった
祝!サントラが「UK Top 40 Rock Album」で1位を獲得。快挙!

ボーカルは洗脳
ギターとベースは自殺
ドラムは満身創痍

昔から、このカリスマバンドの音にしか興味がなかったが、もっと知りたくて。

個性的なメンバーの中でも一番興味が湧いたのはhide。
なぜ彼の死があれほどまでの社会現象になったのか?

何はともあれ音はほんといいっ!
エ〜ンドレスレインッ♪
最後に聴けた。ホッとした^_^
nk

nkの感想・評価

4.5
レビューは、ファンなので参考にならないかも。

YOSHIKI、X JAPANを世界に羽ばたかせてくれてありがとう。

hideのシーンは泣いてしまった。
あちこちですすり泣く声。

hideちゃんに会いたい。
何も言うことはない。
しばらくX JAPAN→hideのローテーション。
二兵

二兵の感想・評価

4.8
いやー、面白かった。

Xが割と好きだというのもあってか、大変楽しめました。

特にX JAPANのファンというわけではないハリウッドのスタッフが撮ったということで、バンドの歴史を客観的に捉えた、良いドキュメンタリーとなっていたと思います。

ToshIの洗脳騒動、HIDEの死、TAIJIの死…あまりにも劇的な出来事ばかり起きている印象の強い(そしてその度に、止まりそうになりながらも復活する)バンドですが、それらの事件についても、無かったかのように見せるのではなく、きちんと触れられているのは好印象。

YOSHIKIの父親の写真や母親の肉声、メイクを落とした状態のメンバーの素顔など、初めて見るものも多く、いろいろビックリさせられました。

やはりというか、YOSHIKI関連の証言や映像が多めで、WE ARE Xというか、もはやWE ARE YOSHIKIと言っても良いかもしれない(笑)。

まあ、冗談はともかく、今見ても全く古びてないHIDEのヴィジュアルは、やっぱり格好良い。
当時、まだほんの子どもでしたが、HIDEが亡くなったときのニュースをワイドショーで見て、出棺の際に外に居た多くのファンが泣き叫んでいたのは、はっきりと覚えています。
嗚呼、何でHIDEは、そしてTAIJIは、死んじゃったんだろうな…。

様々なV系アーティストや海外の大物バンド、評論家なども次々登場し、Xに対するコメントを行うのは、実に見応えアリ。

ToshIとYOSHIKIが仲良く歓談する画も多く、終盤で2人が抱き合う場面では、ちょっとグッと来てしまいました。

映画の出来は素晴らしいものがありましたが、後は…どうか新アルバムを早く出して!笑
じま

じまの感想・評価

4.0
彼らの生きざまが、ドラマチック過ぎて見入った。先入観無い監督だから、単なるファンビデオじゃない。素直に、格好いい。
俺はXの予備知識はほぼないです。紅くらいしか知りませんでした。


世界の音楽シーンに誇るMade in Japan=Xのドキュメンタリー。初心者でもわかりやすい構造でうまくまとめられていて良心的。

バンドって生き物なんだなとも思ったし、音楽は作った方も聞いた方も活きる力になるものなんだなと改めて考えさせられた。
痛みは消えないし忘れられるものでもない、でもXの音楽は痛みを和らげることができるのかもしれない、ファンたちはみな彼らの唄に救いを求めている。

しかしXのメンバーたちは自ら負った深い傷があるからこそ曲が作れて説得力があるものである。


Yishikiの名ドラマーゆえのハンデが痛々しく印象に残る。持病の痛みは友達であり恋人って捉え方が凄いなぁ…


USA進出~Toshiの洗脳、解散~hideの死、そして再結成、自分を取り戻したToshi…
その後の海外での成功…


万人が共感できる人生讃歌と同時に、X入門編であり、全編涙腺崩壊必至のドキュメンタリーを見逃さないように!!
これは心揺さぶる映画です。
後輩に連れられて見た"We Are X"
ただの付き添いだったのに...
メンバー名すら知らなかったのに...

完全に、ハマってしまった。

TOSHIの声が美しすぎる!
ビブラートが完璧すぎる!
YOSHIKIのピアノが儚すぎる!

これからX JAPAN聞きまくります
智哉

智哉の感想・評価

4.5
X JAPANが日本発、地球を代表するバンドにまで上り詰めた軌跡を追う、渾身のドキュメンタリー。
その過程で彼らが経験した栄光、痛み、そして喪失。得るものも失うものもレベルがあまりにも規格外。
泣きたくないのに涙が出てしまう。

ドキュメンタリーと言う性質の映画がこれほどまでに映えるバンドも唯一無二、と断言してしまえる程にXと言うバンドのヒストリーは波乱と激動に満ちている。

劇中でも言及されていたが、Xはある意味で決定的に、ローリングストーンズやエアロスミスも超えている…その要因がいかなる部分に依るものかは、是非映画を観て確かめて欲しい。

薔薇が一輪、咲いては散ってを繰り返すが如く、Xと言うバンドは破滅に向かって命と言う花びらを燃やしながら動き続けているような美しさと悲哀、そして激しさをその特徴として体現している。

奇しくもその生態活動は、Xが生み出した数多ある楽曲の様式美そのもの。
楽曲の世界観とヒストリーがここまで一致するバンドもそうそういない。

美化のないリアルをここまで正直に肉迫しても尚、もっと彼らの事を知りたいと言う欲求に駆られる。
長年彼らの音楽を聴いて来た者ならば、更にXに対する気持ちが深化する事は必至。

鑑賞後の余韻は竜巻に心をえぐられたような虚脱感に支配されたが、それこそがXと言うバンドの体温を追体験した感動に他ならない。

Xと言うバンドの終わりなき伝説から、まだまだ目が離せない。