WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 29ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

最近X JAPANを好きになりみにいった。YOSHIKIが美しかった。いまのYOSHIKIとToshlが仲良さそうで何より。
LouisSato

LouisSatoの感想・評価

3.7
we are Xは、Xの過去を知っているかいないかで変わると思うが、徐々に最後の高みに持ってくるのは、監督の技量だなあと。編集がうまかったなあ。
あと、hideの事故は、まだ胸が痛い。
これ「X JAPAN」に対して、まったく興味のない人が観たらどんな感想を持つんだろうか? そこはちょっと興味ある。

「X JAPAN」に対して好意的な人にとっては、この映画は涙なしでは観られない作品だと思う。僕はそっち側の人間だ。

改めてこうして「X JAPAN」、あるいはYOSHIKIの物語を観てみると、そのドラマチックさに圧倒させられる。
と言うか、正直、これがフィクションだったとしたら、あまりにもリアリティがなさすぎて、おそらく脚本にOKが出ないだろう。
でも、これが実際に起こった話なのだから仕方ない。事実は小説より奇なりということか。

この映画を観ただけで、まったく予備知識のない人がどういう感想を抱くかはわからないけど、おそらくこの映画を観て泣く人は、脳内でいろんな情報を補完してる筈だ。

スクリーンに映し出されていることに、自分の中にあるいろんなものを重ね合わせて、初めてこの映画は完成する。その結果として、僕は涙なしでは観られなかった。
ビジュアル系ドキュメンタリー映画
YOSHIKIを神格化しすぎているが、実際命がけの演奏 怒り 人生を満身創痍の体で命がけで演奏し続けていた事は人として尊敬できます
結成当時 異質なビジュアル系に嫌味を言う人も少なくなかったが、ロックファンには一目おかれていたX 復活してJ-Popに押されている日本ロック界が再生されようとしている演出は好きでした
インタビューもジーン・シモンズやマリリンマンソンも良い人選でしたね
naokkey

naokkeyの感想・評価

5.0
僕にとってX JAPANは特別な存在過ぎて観に行くか悩んだ。
結果的には観に行って本当に良かった。
やっぱ好きなんだなと再確認出来たよ。

僕の音楽嗜好の起源はX。中学の時、姉の部屋にあった紅のシングルCDを聴いて衝撃を受け、BLUEBLOODを聴き倒した。通学カバンにXのステッカーを貼り、机にXを刻んだ。
そしてhideに憧れてギターをはじめた。
色んなジャンルに触れる内に少し疎遠になったとき。。。hideは死んだ。
軽音楽部のスタジオで1人hideの曲を弾きながら、やっぱ好きだなと再確認した。
幅広く音楽は聴くが、いつもX JAPANに戻ってくる気がする。まったく色褪せない。
世界もその音楽性にようやく気づいた。インターネットのおかげでマスコミの妙なフィルターを通さずに、自ら良いものを聴けるようになった時代のおかげだろうね。
どこまで飛べるか、見守っていきたい。

もっと書きたいことあるけどまとまんない。

一つ言えることは、X JAPANが大好きだ!

WE ARE X !!
mmxxx

mmxxxの感想・評価

4.5
オープニングから迫力のある映像、破壊衝動!!色彩の暴力!!
Yoshikiの過去・Toshlの洗脳などなかなか壮絶なものだし、背負っているものが大きいのだなと。
昔の映像がちょくちょく流れるんだけど、その中でインタビューされるファンのコメント1つ1つが印象的。Xの魅力?好きなところ?を淡々と答えた青年が映るシーンを何度も思い出してしまう。Xって説明を必要としないカッコよさだなと思った。
自分の知らないXの歴史をたくさん知れた。1つの映画としてよく出来ているし、ファン以外が見ても面白いんじゃないかな。
中学生の時、擦り切れるほど毎日観ていたビデオや雑誌などがたくさん出てきていろんなことを思い出しました。

自分が音楽をやるきっかけになったバンド。
お化粧こそしなかったけど彼等に受けた影響の大きさは計り知れない。
たくさんの音楽を聴くようになってエックスが好きだというと必ずと言っていいほど「ええ〜意外!」とか言われるけど、僕はやっぱりエックスが大好きです。

死別したメンバーを想い「彼等ともう一度ステージに立てるなら全てを失ってもいい」というヨシキの言葉に号泣。
全てを失ってもいい。という言葉は「それくらい強い想い」という意味で比喩として言葉にされがちだと思うけど、ヨシキのそれは比喩なんかではなく本当にそのままの意味なんだと思いました。

全てを失ってもいい。
他には何もいらない。
そういうことに共鳴するのがいまの気分なんだと俯瞰で気付く今日この頃。

アルバム出してほしいです。
速い曲があるといいな。
YOSHIKI のインタビューを中心に結成から解散、再結成を扱ったドキュメンタリー。圧倒的カリスマとともに奇跡を起こしたバンドという家族の物語。点数つける必要がないほど最高の映画。ファン必見のロックンロールムービーである。

ガチファンなんだよ、私は。ホント凄まじく泣けた。デビュー当時のライブ映像はもちろんだけど、今 YOSHIKI が TOSHI とコミカルに語る姿に笑い、 HIDE の映像に号泣する。当時の映像って雰囲気知ってる映像だし、思い出補正のリアル感が突出していた。今年は OASIS スーパーソニックも最高で思い出補正が入りまくりだったけど、やっぱり自国の思い出には勝てないなと。今見ると30代の YOSHIKI が幼く見える不思議。

YOSHIKI 視点の映画であるので、10年後は客観版でもう1本撮ってほしい。本作はアメリカデビューと解散、 HIDE の事故死については申し分ない仕上がりだが、 YOSHIKI 個人の業績はもっとあるし、 HIDE の業績も TOSHI 洗脳の顛末ももっと描ける。
yochinoir

yochinoirの感想・評価

4.5
もともとX JAPANのファンではなかったけど、最近のYOSHIKIの活動をみててすごく惹かれて観てみた。
YOSHIKIの生きてきた道とこれから進もうとしている道、リーダーとしての苦悩、とても心を打たれた。
あんなにプロフェッショナルで自分にも他人にも厳しいのに、TOSHIが戻ってきたとき、X JAPANとしてではなく彼自身が戻ってきたことがとても嬉しかったという人間味あふれるYOSHIKIの言葉や、亡くなった身の周りの方への真摯な気持ち。自分自身とても傷ついて死と隣り合わせでいるのに、X JAPANとして生きることで、それらを跳ね返し、命を削るような演奏で自分を表現し続けている。
今までのYOSHIKIは正直わからないけど、今のYOSHIKIは好きだな。

まぁでも、そんな波乱万丈なふたりの周りで、落ち着いて俯瞰して見守るPATAさんや途中から参加したSUGIZOがふたりを見捨てずにいることもきっといまのX JAPANに不可欠なことだったんだろうと思う。
Maple

Mapleの感想・評価

4.5
オープニングで鳥肌がたった…もっと曲を聴いていたかったな。入場特典がまさかのマスクでした!(どう使おう笑)