ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 617ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

Jo

Joの感想・評価

5.0
とてもとても美しかった。 久々にまだ終わらないで、と思った作品。
毛玉

毛玉の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

観ていてつまらないが、凄い丁寧に感情表現がなされていると感じた。だが、全く感情移入出来なかったために、こいつらはベッドで寝る前に風呂に入らないのか?と何度も思った
観客に「こう感じろ」という押し付けもなく、行間がとても多く用意されていて、この上なく上品かつ切実な映画でした。

理解と共感が頭ん中でドライブしていく。

これと『ラ・ラ・ランド』でオスカーを競ったってのもすごいね。
もちお

もちおの感想・評価

4.1
静かで重く終始目が離せなくてあっという間に終わってしまった気がしました。
少年の成長過程の出来事が淡々と進んでいく中で考えさせられる事や胸に突き刺さるシーンが所々あって、ケヴィンに殴られても立ち続けるシーンには思わず涙してしまいました。特に青年期シャロンの所が一番感情移入してしまい胸が苦しくなったし、ケヴィンと夜の浜辺のシーンは映像も演出も美しいと思いました。
今年一番良かったと思えました。また見たい映画です。
krh

krhの感想・評価

4.9
ずっとずっと胸が苦しかった。観た後は誰かを抱きしめたくなった。

3人のシャロンの一貫した演技が素晴らしい、成長しても体を鍛えても本質は変わらない、「ああ、シャロンだ」と一目でわかる孤独を湛えた佇まいと眼差し。それは3人で1人に見えるポスタービジュアルそのまま。ケヴィンも同様。
全体を通して繊細な演出が秀逸だった。説明はないけど自然に目が行き、想像させる。映像の美しさで、表情で、時に包みこみ時に刺してくる。

終盤の2人、核心を突かない会話のやり取りや、戸惑い、躊躇する距離感がもどかしくて苦しい。でももうこれでいいんじゃないのかとも思わせる。だから最後のシャロンの踏み込んだ一言と眼差しには涙が出た。彼らにはただ、関係性に、相手に、自分に、人生に納得して欲しい。

母親との関係の着地のさせ方も良かった。全てが今更でどうしようもないけど、区切りをつけることはできた。現実では難しいかもしれないけど。

音楽良かった。そこでかかっている曲をそこで聞こえるようにしている聞かせ方も良かった。うるせえ!って思うカーステレオの音量も、それが普通になってしまったシャロンのそれまでを想像させられた。しばらくはサントラを聞こう

黒人もLGBTも要素の一つでしかなかった。人間同士の愛の物語。もう思い返すだけで苦しくて泣きたい。今年ベスト級
kiyomi

kiyomiの感想・評価

2.5
凄く期待していったのに
途中何回かウトウト…

最後もイマイチ良くわらからんかった…

私好みではなかったのかも(・・;)
ノディ

ノディの感想・評価

3.0
一言で言うと、これで終わり!?という感想に尽きる。

LGBT・人種問題・いじめ・麻薬・虐待など、多くの要素で構成されていると思うけど、踏み込んだ描写はほとんどナシ。どれも日常生活のヒトコマとして描かれるから、場面に抑揚がない。

ラスト。外見と内面が描かれるわけだけど、目に見えた成功を収めているわけではないから、その対比がイマイチ鈍く映る。

ただ、退屈だったかと言うと全くそうではなくて、むしろあっという間。黒人の肉体美って、エヂカラあるな〜。
お豆腐

お豆腐の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

 家庭の事情やいじめ等々、主人公は何も悪くないのにこれでもかというくらい酷い目にあったのが凄く凄く可哀想で辛かった。
けれど親代わりの2人と、1人の友人がいたのが本当に救いだったと思う。
 幼い頃から"普通の"友人としてシャロンに接してたケヴィンが良かった。(彼がシャロンを殴ったのはそうしなければ彼もいじめの標的になるという恐れがあったかもしれないからそこはまあ仕方ないとする)
いろいろあったが大人になっても友人としていようとしてくれたのと、シャロンが打ち明けても拒絶をしなかったところは心が暖かくなった。
 そしてフアンとテレサ。2人がシャロンに居場所を作ってくれてたのが彼にとって大きかった。フアンに出会ってなかったらシャロンは本当にどこへも逃げられなかったのではないかと。フアンが亡くなってもテレサがシャロンを受け入れてくれてた事が成長した彼の救いではと。

映像に関しても、こんな重い話をただのドキュメンタリーのような映像ではなく、鮮やか過ぎず、けど色濃く、芸術作品として見せたのが良かった。
ララランドは色の洪水で見ていて楽しい作品だがこっちはオーロラのような穏やかさがあった。
ERIiiiooo

ERIiiioooの感想・評価

3.0
ムーンライト。

ドキュメンタリーかと思うような、1人の少年の成長していく過程を淡々と見せられている感じ。

ララランドの夢を追いながら生きていく華やかな世界とは真逆。
ムーンライトはもがき苦しみながら生きていくために必死で生活をしていくという印象。

ドキュメンタリーチックな作品が少し苦手なのもあって、個人的にはララランドの方が好きやなー。

日本でしか暮らしたことのないワタシにはこれが世界の片隅で日々起きている現実だと思うと、いたたまれない気持ちに…

『沈黙』同様に考えさせる映画でした。
どの場面でも共感するとこがあり、もし一人で観てたら感情移入し過ぎて苦しくなって泣いていたかも。どちらの気持ちもわかる。また数年後に観たいと思う。