ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 617ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちか ら標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だ った。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初 めてお互いの心に触れることに・・・

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

An intimate narrative that encapsulates an urgent social issue while serving as a perfect representation of visual storytelling at its finest. From its ingenious cinematography to its soul stirring performances, this empathetic coming-of-age story about self-discovery is masked with abundance of subtleties; Reminding us why cinema is such a remarkable work of art. Moonlight is simply a masterwork and a joy to experience!
むぅ

むぅの感想・評価

-
ヒリヒリするような感覚が伝わる良い映画でした
けど、抽象的な描写は少なくオスカー作品では珍しくわかりやすい作品
Yuta

Yutaの感想・評価

4.3
それぞれの年代の主人公の演技に心うたれた。今後の主人公の幸せを祈りたい。
あや

あやの感想・評価

3.6
アメリカ社会の抱える闇に生きる一人の孤独な少年の姿。月明かり=ムーンライトによって照らされる彼らは幻想的に映し出されると同時に、心を閉ざすシャロンの繊細な心情も丁寧に描写されています。
ただ、ストーリーがあまりにも共感出来ないので好みが分かれそうです。
Rily

Rilyの感想・評価

4.0
この目まぐるしく変動する価値観に乗らなければガラクタのように取り残されてしまうなと。これはまさしく時代。今まで救われずに生きてきた者が救われるための物語、もしくはその道標になる映画なんだと思うと咀嚼するには時間を要するが、観るべき映画だったのは確か。特命係長みたいな煙草の吸い方の兄貴がいい人だったなぁ。
モリヤ

モリヤの感想・評価

4.3

超社会派映画
苦手な人はとことん苦手かもしれない
アカデミー賞のフィルター無しに見るべき彼女と見ることはオススメしない

スラム、ドラッグ、LGBT、死を凝縮して凝縮して凝縮した映画
月明かりで反射した海の青さと波音が耳に残る

10年ずつくらいの区切りで主人公を演じる役者が変わるが、人は環境と立場が変わるだけでこれだけ変わるというメッセージを感じる
そんな演出の中で感じたことは、人の本質は変わらないということ
深すぎる

真面目なことを書いたけど、結局この映画が何を表しているのかというと、
ちんこに尽きる
みればわかる
真面目な下ネタににやけが止まらない

あと個人的に、マハーシャラ・アリが全然序盤だけで残念
テレサかわいい
記録
ブラックムービーだった。背景に白人はちょっと映っていたものの登場人物たちのその殆どが全員黒人。人種差別はあるのかと思いきやそれはなく、3部構成で主人公シャロンの少年期〜青年期までを描いている。主な描き方としてはいじめと家族と同性愛、貧困、薬などが対象となっている。

親の点に関してはヤク中で育児放棄をする母親N・ハリスに対し、その親代わりとなるヤクの売人M・アリに対する存在が主人公シャロンを揺れ動かし、この売人が父親像となる。『ラ・ラ・ランド』とは全く違い、もの静かで色彩表現が卓越した作品だった。

今年のアカデミー賞で作品賞を受賞しただけの評価はある。N・ハリスなんか此間『素晴らしきかな、人生』を観たばかりなのにこんな打って変わって汚れ役を演じていて、ヤクの売人を演じたM・アリが助演男優賞を受賞するのも分かる様な気がする。

この映画でシャロンが鏡のアップが3回ほど映るのだが、その瞳に彼自身の何かを訴えるかける様な眼差しにも見えてしまった。現在のアメリカ社会を物語ってる様な作品でもあり、性行為があるとしてもギャングの抗争などドンパチが全く描かれてないので静かに鑑賞出来る作品だと思います。それとこの映画は劇中に流れる歌も重要な部分になっていた。その一つが「Every N**** Is a Star」はこの映画そのものだと思います。是非ご覧下さい!
ナカコ

ナカコの感想・評価

4.2
黒人版「同級生」に近いのかな、と見る前はなんとなく思っていた。テーマが全く違うわけでは無かったけれど、主人公を取り巻く環境はより過酷だ。
それでも、なんらかの形で愛情をくれる人の存在が彼を生かし、慰め、淡い恋心の対象となる様が、一般に黒人文化でイメージされる風からは想定外なほど静かに描かれていき、終わり方もちょうど良い。

俳優さんがとても良くて、シャロンを演じた3人は容貌があまり似ている訳ではないのに、ふとした仕草で、確かに彼だ。と思わせる。主人公が10代の時の母親(ナオミ・ハリス)にはぞっとしたし、フアンは自分の子供時代を重ね合わせて見ている様なシャロンへの視線が優しい。
要所とエンディングで流れる曲が物憂げで美しく、アカデミー賞受賞、というのは本当に不思議(作品のカラーがあまりに違うので)な感じがするけれど、確かに印象に残る作品だった。
難しいなあ。

フアンは結局どうしたのだろ。
そればかり気になった。

簡単に言うと、チビ、ガリ、マッチョ。
ブラックカルチャーを扱った映画でここまで内向的で繊細な映画はあまりないのではないだろうか。1人の黒人の青年に焦点を当てて貧困、いじめ、薬物、同性愛などを背景に黒人男性が少年から大人になるまでの半生を丁寧に描いている。テーマは重いが見応えがあり惹きつけれた。