オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

neco

necoの感想・評価

3.5
コナンで同じようなのやってた気が〜!

お昼寝しながら見たけん、
よくわからんかった( ˆ๐ˆ )(笑)
なつき

なつきの感想・評価

4.0
豪華列車

悲しすぎる…こんなのってないよぉ(泣


美しい背景で走るオリエント急行列車を舞台にドラマチックで良質のサスペンスが繰り広げられる。俳優の名演が光って飽きずに楽しめたけど…つらたん
Poniha

Ponihaの感想・評価

4.0
原作ははるか昔に読んでいて結末は分かっていましたが、本作も楽しめた。
正義とは、善とは何かを考えさせられる。例え犯人を殺しても、デェイジーは返ってこない。それでも犯さなければならない殺人がある。。
列車が再び動き出した時の虚脱感の中にある微かな希望のような雰囲気がとても好きだ。
しま

しまの感想・評価

-
素晴らしかった
アガサ・クリスティが大好きなので、原作はもちろん古いアルバート・フィニー版もドラマのデビッド・スーシェ版も観てて犯人はもちろん話の筋も知ってる状態
ポワロはデビッド・スーシェが素晴らしい名探偵ポワロを演じていて、中でもオリエント急行殺人事件は出色の出来なので、ちょっとイケオジなケネス・ブラナーは嫌だなって思ってたんだけど
さすが映画。画面の豪華さよ(車幅広すぎないか?って思ったんだけどどうなんだろう)
贅を尽くしたオリエント急行の内装も乗客も、ゆっくりと舐めるように映される様は子供の頃からのオリエント急行への憧れを思い出させてくれた

じわじわ明かされていく乗客の過去も、ポワロがどこまで見抜いているのか疑心暗鬼な状態も
話がわかっていても引き込まれる。
取ってつけたようなアクションシーンはいらんかったかなと思うけど、映画らしいエンターテインメントを入れたかったんだなあと思っておくわ

信心深く、探偵として正義というものを貫いてきたポワロの推理と決断にぐっとくる。
ポワロの心情を表してるスーシェ版が一番好きだけど、これはまた本当にいい映画だった。ポワロの時代に入り込んだようだった
あいり

あいりの感想・評価

3.7
なるほど〜!!!って感じでなかなか面白かった!推理ものはあまり観たことなかったけどスッキリするから結構好きかも
Marika

Marikaの感想・評価

3.5
ジョニーデップ目当てで鑑賞。
と思ったらそこまで出てない。内容全く知らなかったので最後まで楽しめました。
ogi

ogiの感想・評価

3.5
直前まで犯人がわからなかった…
推理ものはあまり観たことなかったけど、思ったよりよかったです。
アガサクリスティーの小説を買っては2.3ページだけ読んで飽きて売ってた中学生の頃を思い出した。
BAC

BACの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・ケネス・ブラナー、ほぼオンステージ状態。
演じてる時は、さぞいい気分だったろうな。

・私的復讐と法という視点で、デヴィッド・スーシェのテレビ版ポワロを念頭に置いたアダプテーションで、ポワロのアイデンティティに、犯人も自分たちがしでかしたことに心を揺るがさざるを得なかったテレビ版の苦さに、撮影・編集に加え、謎の解明編が見事だった74年版と比較すると、娯楽作として随分おとなしくまとめてしまったなあ と思う。
sarasate

sarasateの感想・評価

3.8
ジョニーデップに気づかなかった(笑)
途中難しかったが、なるほどと納得。
原作も読んでみようと思う。