オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

うに

うにの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

アルバートフィニーのほうをよく知っているのですが(デヴィッドスーシェのも観たと思うので混ざっているかもしれない)この映画の醍醐味ともいえる印象的な殺人の光景はあちらのほうが丁寧に描かれていた気がします
刺し傷の数がなぜ12だったのか? とか、そういう話があったかと思う

こちらの映画は乗客たちの過去よりも几帳面で0か1かしか認めないポアロの性格がとくに描写されていて、今回の事件によるポアロの苦悩というか、別の可能性を発見する場面を掘り下げている話なのかな
そんなのあったっけ? となるポアロのロマンスもあり、彼自身も今回は別の方向に深みを持っています
(ポアロの想い人はドラマ版でも思い出話として出てきていたような気がしますが、カトリーヌというのは『青列車の秘密』のキャサリンのことなのかな 原作にあまり詳しくないので、想い人という感覚が忠実なのかもよくわからないのですが)

この作品に触れたことがない人はキャラクターを覚えられるのか? というくらいの猛スピードで観客がなにも結びつけられないまま謎解きが進んでいく映画にはなっています
しかもめちゃくちゃ列車から降りています
ポアロのステッキがとても有能

この作品は女性の登場人物がとにかく魅力的で好きなので、今回のキャストも良かっただけにもっと掘り下げて欲しかったなあ〜〜というのはあります

ちなみにおもしろいのは「KIMONO」とどんな登場人物よりも目立つゴディバ

ドラマ版もアルバートフィニーのほうもだいぶ忘れてしまってたので、もう一度観てあらためて比べてみようかなと思います
くみ

くみの感想・評価

4.8
キャストが豪華で、やはりポアロがとても良かった。それぞれがそれぞれに悲しみを秘めているのがよくわかる。続編に期待したい。
元犬

元犬の感想・評価

3.3
結末をうっすら知っていたけど、それでも面白い。超豪華なキャスト。シングストリートのルーシーボイントンまで出ているという私得。セルゲイ・ポルーニンまでいた。スゲェ。
正直思ってたより盛り上がりに欠けてたんですがラスト20分ぐらいからの巻き返し。良い!良いよ!(´;ω;`)
好きなポイントはあるけど、うーんスコアは伸び悩む感じ。時間伸ばして登場人物もっと掘り下げてくれたら尚良かったかなー
kurage

kurageの感想・評価

2.8
映像もキャストも素晴らしかった。
ミステリーだというのに、全くドキドキハラハラしないのが残念でした。
Seven

Sevenの感想・評価

-
豪華キャスト以外褒めるところが見つからない…ごめんなさい全然面白くなかった。
ミステリって探偵と一緒に、だれが犯人かを探りながら見るのが醍醐味だと思うんだけど、この映画はそれを完全に放棄してるとしか思えない。観客の知らない情報のほとんど容疑者ではなくポアロから聞かされるから、全編駆け足で情報だけ見せられて、最後はこの人が犯人です!終わり!て感じ。
カメラがやたらと動くから途中で大丈夫気持ち悪くなってしまった…
ポアロのキャラはやたらと立ってたけど、一部キャラは完全に説明不足だし、こんなにずさんな扱いなら人数減らした方が良かったんじゃないかな。
しんどかった…
ひっさびさの映画鑑賞
なんだかノリ切れない感じ


予告編やポスター、そしてなによりケネス・ブラナーの出で立ちのカッコよさから、かなり期待値高めでした。

正直僕は普段からあまり鑑賞前の映画に期待値を上げたりすることはなく、本作は稀な存在。

しかし、なんだか随分とアッサリしてて、期待を上回ることはありませんでした。

前の映画「オリエント急行殺人事件」は未見で、行きつけの接骨院の先生にオチを言われた経験しかありません。

まぁ推理モノは、犯人が誰かよりも、そこに至る推理の過程が楽しければいいと思っている身ですから、全然良いんですけど。

本作はその推理描写がそんなにたくさんあるわけじゃないのかなって。
なんだか肩透かしを食らった気分でした。

映画開始からオリエント急行に乗り、事件が起きるまでをコミカルかつスピーディに見せるテンポの良さは、最高でした。

ただ情報量がとても多いので気を抜いていると追いつけなくなりますね。

これだけ若手、大御所 共に名優ばかりを並べたキャスティングは、やはり圧巻で、彼らが同じ空間にいることを示すため、何度となく長回しワンカットや、同一画角に収めたりといった手法が用いられていて、
「すごいことするなぁ……」と感動よりも気が遠くなりました。

あと犯行現場のモノクロ映像は、形容し難い怖さがありました。

ただ全体的にVFXやCGがちょっと鼻に付きました。
予算全部キャストにもってかれたのか……ってくらい。

あとアクション撮るの下手くそすぎます。
アガサクリスティ原作。密室殺人物の代表格。
兎に角、ケネス・ブラナー演じるポアロの魅力。これに尽きる。卵への拘りが終盤になりアクセントになっているが、ネクタイが曲がっているのが許せないのは、自称世界一の名探偵ポアロの骨頂。CG感でまくりの風景描写がチト気にはなったが、リメイク版としては高い評価に値する作品。

このレビューはネタバレを含みます

普通、って感じ。可もなく不可もなく。クリスティの作品は「そして誰もいなくなった」だけ読んだのだが、どうも御都合主義的な何かを感じて肌に合わなかった。本作もまあそんな感じ。「その結末じゃない可能性もあるよね?」「そのヒントだけじゃ、絶対観客はその結末を推理できないよね?」というツッコミがどうしても浮かんで来たので…
Mahoo

Mahooの感想・評価

3.8
原作を読んでおらず、前知識がまったくない状態で観たのですが、とてもよかったです。犯人の正体や結末にはシンプルに驚きました。

雪山で止まった旅客列車の中での殺人事件。列車の中も緊張感で背筋がヒヤリとする感覚がありました。

正直説明不足で超特急で話が進むところはあるのですが、それでも良いのではと思えるクオリティに仕上がっています。よかったです。映画館の音響で観るのをオススメします。
歌代

歌代の感想・評価

3.4
作品としては知らなかったから楽しめたけどこれを今やる理由は見つからなかった。
俳優陣も映像も見せ方も。