ブルーム・オブ・イエスタディの作品情報・感想・評価

ブルーム・オブ・イエスタディ2016年製作の映画)

The Bloom of Yesterday/Die Blumen von Gestern

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げる研究者のトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、やはりホロコーストの研究に青春を捧げるインターンのザジ。スタート地点は真逆だが、同じ目標のためにアウシュビッツ会議を企画することになった二人。人付き合いが苦手なトトは、フランスからやってきたザジに最初は激しく反発…

時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げる研究者のトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、やはりホロコーストの研究に青春を捧げるインターンのザジ。スタート地点は真逆だが、同じ目標のためにアウシュビッツ会議を企画することになった二人。人付き合いが苦手なトトは、フランスからやってきたザジに最初は激しく反発するが、彼女の型破りなユーモアにいつの間にか生きる力をもらう。やがて二人は、自分にない何かを求め合うように強く惹かれていく。だが、実は二人の出会いは、偶然ではなかった。ドイツ、ウィーン、ラトビアへと過去を追いかける旅路の途中で、ザジが隠していた驚くべき“事実”が明かされるのだが。

「ブルーム・オブ・イエスタディ」に投稿された感想・評価

いよ

いよの感想・評価

3.5
ヒロインは完全に頭おかしいヒス女だし
主人公も倫理観とか色々問題あるのに
なぜか展開が気になってしまう映画だった
犬をいじめるのはだめ
acco

accoの感想・評価

3.8
前半は物語の方向性が見えず、ちょっと退屈。

トトはザジと繋がることで、赦しを得たかもしれない。でもザジには救いはあったのか?加害者の子孫との子どもを産んだことで、加害者を赦し受け入れる、という結論に至ったのか…?な?
TuneIshi

TuneIshiの感想・評価

3.3
ナチの末裔のホロコースト研究者が
被害者の子孫の可愛子ちゃんに
グイグイ来られて、生き方や史観に
変化が起きて前向きに生きるように
なっていく……。

予告編で想定したのは上記のような
お話でしたが、違ったよ(汗)

2人が題材となる歴史云々以前に
身体的、精神的、家庭内でヘヴィ
な問題を沢山抱えていて、その
疵を持つ者同士が惹かれあい、
結ばれていく寸前で2人の間に
歴史と過去が横たわってきて
それを阻む、みたいなお話。

とにかくヒロインが病みすぎて
衝動的過ぎるので彼女を好きに
なったり共感するのがむつかしい。
シリアスな話題で洒落にならない
ボケ入れてくるし。

それで笑えるほど題材に精通も
していないので戸惑ってしまう。

ヒロインのアデル エネルの
脱ぎっぷりとボディが素晴らしい
ので、点数は このくらいでw

このレビューはネタバレを含みます

※記憶保持が主目的の為ネタバレ全く自重していませんので、今後観る予定のある方は読まないことをお薦めします。
**********
【ブルーム・オブ・イエスタディ】 (Theatre)
2017年
総合評価 3.0 → ☆3.1

「シナリオ」 (1.0) … 2 → 2
「演出全般」 (1.2) … 3 → 3.6
「心理効果」 (1.5) … 4 → 6
「視覚効果」 (1.1) … 3 → 3.3
「音響効果」 (0.9) … 3 → 2.7
「教養/啓発」 (0.8) … 3 → 2.4
「俳優/声優」 (0.7) … 3 → 2.1
「独創性」 (0.8) … 3 → 2.4
**********
【ストーリー】
先祖がナチス案件の被害者だったり加害者だったりしたことで人生と精神がちょっと壊れた学者カップルの話。
**********
≪キーワード≫
ドイツ ナチス

【魅力】
・精神疾患者同士の会話

【不満】
・性的描写の濃度が高い

【印象に残ったシーン・台詞】
中華料理屋
**********
【少し突っ込んだ感想】
登場人物の殆どがどこかしら病んでいる。主人公も序盤から飛ばしているが、更に上を行くヒロインが登場することで相対的にマトモに見えてくるのが興味深い。会話もどこに地雷が落ちているのか解らず、まるで「ヒトラーの落し物」を観ている気分だった。いや、その作品は観たことないんだけど。

正直、そういった理由から感情移入の面ではかなり難易度が高く、どちらかと言うと「シンプル・シモン」や「世界に一つのプレイブック」のように変わった人達を観察する方向性の面白さが魅力だと思う。シナリオに関しては、「ある視点賞」的な魅力はあるが、取り立てて面白さは感じなかった。
**********
さち

さちの感想・評価

3.9
エキセントリックな男女の不謹慎でシリアスなホロコーストラブコメディ。

彼は病んでるし、とにかく彼女は急に思いもよらぬ行動に出るから、その度に頭上をおにぎりが通過して行ったぐらいの二度見感😅

ポスターとも予告とも構えていたものとは違った。斬新なまでに新しい切り口のホロコースト・ナチス映画。監督の周りにこーゆー人達が実際にいたというのだから素晴らしいし敬いたい。
J

Jの感想・評価

3.0
ユーモアというかなんというか、という感じだった。
いの

いのの感想・評価

4.2


非常にセンシティブで、デリケートでナーバスな話を(って、もうこれ以上カタカナが思い浮かびません!)、不謹慎でいびつな様相で挑むという、勇気ある映画。こういうケンカの売り方って、好きだな。


ナチスによる犠牲者の孫と、加害者の孫。
ものすごくデリケートな話なのに、情緒不安定で不器用で生きがたく痛々しい2人が、更なる不安定さに向かって加速していくのだけれど、その加速度に比例するかのように、観ている私もこの痛々しい2人に親近感を抱くようにもなり、こんなことまで(例:メルセデス・ベンツがナチスに加担したこと等)映画で語っちゃっていいのか、日本における商業映画ではあり得ないよなと感嘆しながら、どんどんこの映画とこの2人が好きになっていってしまうという、不思議な映画である。まったくもってして、勇気ある映画だ。よくある語り口では語らない、潔い勇気がステキ!


ホロコーストを語りながらセックスの話をしたっていいじゃないか!
臆せず語ろう。紋切り型の見方じゃなく、紋切り型の語り口じゃなく。
それこそが、過去と現在との対話である。その先に未来がある。


日本でだったら、こんな映画は絶対に作られない。加害の歴史をこんな風に語る映画なんて、作ることは無理だと思う。心底ドイツが羨ましくなった。


『午後八時の訪問者』でアデル・エネルに惹かれまくって、今作を鑑賞。
あの時はお医者さんにしか見えなかったアデルが、今回は情緒不安定な痛い女にしか見えない。もう大好き!
watsipec

watsipecの感想・評価

4.0
Qué extravagantes son...!!
一応コメディという括りのようですが、アハハと笑うような作品ではありませんでした。ブラックというか不謹慎というか...。
ユダヤ人大虐殺の加害者側の孫と、被害者側の孫のラブストーリー(?)なのですが、かなり斜め上でした。主役二人はメンヘラで暴走しまくるし、不倫なんか当たり前って感じだし。

ただ、複雑なルーツを持ち、自分自身が押しつぶされそうになっている主人公たちが、もがき、苦しみ、のた打ちまわりながら、それでも何とか生きていく姿には不思議と引き込まれるものが。かなりエキセントリックで万人受けはしないと思いますが、個人的には結構好きでした。タイトルの意味がラストにつながるとこも良い。
Yasumin

Yasuminの感想・評価

-
ナチをラブロマンスからの視点で見た新切り口。
帰ってきたヒトラー以降ピックアップ作。
犬の名前がガンジーとかちょいちょい挟んでくる笑いが好き。
>|