ブルーム・オブ・イエスタディの作品情報・感想・評価

ブルーム・オブ・イエスタディ2016年製作の映画)

The Bloom of Yesterday/Die Blumen von Gestern

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げる研究者のトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、やはりホロコーストの研究に青春を捧げるインターンのザジ。スタート地点は真逆だが、同じ目標のためにアウシュビッツ会議を企画することになった二人。人付き合いが苦手なトトは、フランスからやってきたザジに最初は激しく反発…

時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げる研究者のトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、やはりホロコーストの研究に青春を捧げるインターンのザジ。スタート地点は真逆だが、同じ目標のためにアウシュビッツ会議を企画することになった二人。人付き合いが苦手なトトは、フランスからやってきたザジに最初は激しく反発するが、彼女の型破りなユーモアにいつの間にか生きる力をもらう。やがて二人は、自分にない何かを求め合うように強く惹かれていく。だが、実は二人の出会いは、偶然ではなかった。ドイツ、ウィーン、ラトビアへと過去を追いかける旅路の途中で、ザジが隠していた驚くべき“事実”が明かされるのだが。

「ブルーム・オブ・イエスタディ」に投稿された感想・評価

予告編を見て面白そうだったから映画館に足を運んだんだけど、主人公2人の気持ちに私も振り回されて、ただ疲れました。
最初の方は申し訳ないけど、うたた寝してしまった。

相反する思想の持ち主同士、極端に言うと右翼と左翼みたいな。。ぶつかり合いそして惹きつけられて愛が生まれる。

背景にある歴史的風習に馴染みがないので、共感するまでは行かなかったけど、
でも最後の別れとそして再会した時の彼女の思いが、ちょっとだけ切なかった。
yuko

yukoの感想・評価

2.3
2017.12.7 桜坂劇場 Aホール

レイトショー。
広いホールに、客は私と地元のおばちゃんらしき2人きり。

“ナチス戦犯の祖父と、ナチスの犠牲となった祖母を持つ二人をユーモアを交えて描いた”云々というのを読んで、それは斬新かも!と観に行ったのだけど...

主役の2人とも情緒不安定で衝動的で暴力的。そして笑えない皮肉の応酬。
お互いうまくいってない恋愛事情もあり、次第に惹かれ合う2人。
しかし彼にはイ○ポという深刻な悩みが...!
(↑もはやホロコースト問題が二の次に!)

終盤、急にロードムービーっぽくなったと思ったら、ボカシの入ったエロエロシーンもあり、サスペンス要素も入ってくる。
盛りだくさん。でも面白くはない。
ラストもなんだかなあ。

ガンジー(犬)だけが、エンドロールまで楽しませてくれた。

ヘンな映画〜
逃れられない血縁。
会ったこともない、親切をされた訳でもないのに愛すると決まってる先祖の存在って、不思議
今の自分がここに在る起源がそこにあるからなのかな。
歴史は変えられないからそれを無視せず、胸に抱いたままどう生きるか。

主人公がとにかく嫌いだったな
mariko

marikoの感想・評価

3.0
宣伝文句で想像したのとは違った映画だった。主人公に共感するのが難しい。
climax

climaxの感想・評価

4.0
ポスター好き過ぎて観てしまう。
確かに好き嫌いが分かれるんだろうし、途中何度か睡魔にも襲われたんだけと...
それを打ち消すくらいに大好きなシーンがいくつかあって、それだけであたしの中では特別な作品。
前半のコメディと後半のシリアスが対照的過ぎて萎えるか萌えるかで分かれるんだろうな...
ラブコメと見せかけてのかなり深い題材。
4日前に観た 婚約者の友人 より全然好きかな。
そのまま帰るのもったいなくてシアターのカフェで昼下がりからワインを飲んで余韻に浸ってます‼︎
そこはドイツビールにするべきだった⁇
ホロコーストだのアウシュヴィッツだのを自らのルーツとしてそれに雁字搦めになっている男と女の出会いを描いている訳ですけれども。

言葉を選ばず言ってしまえばそのギミックを、我が事のように呑み込めなければ、単にエキセントリックな男女の極端な恋愛模様が展開されるという事になりまして。

その極端さが、場面単位でぱっと咲く瞬間はとても面白く感じるものの、物語の展開を左右する要因となる件では感情移入が難しくって。

結果、こいつら面倒くせえなぁ、という感想が精々、と。
FRAN

FRANの感想・評価

3.5
重いテーマを割と感じさせない程度に笑いあり、ドタバタありの作品。
悩ましい日々でも、笑い飛ばしちゃうことか大切かもと思う。
うたお

うたおの感想・評価

3.3
ナチスの戦犯を祖父に持ちホロコーストの研究に勤しむトト。ホロコーストの犠牲となったユダヤ人の祖母を持つザジ。ザジは、研修生として、トトのいる研究所へやってくる。お互いに、いろいろなモノを抱える2人。ぶつかり合いながらも、少しずつ惹かれあっていくのだが……

新しいナチス映画。2人の心に複雑に絡みつくナチスという諸悪の根源は、時代を越えてもなお、消えることは無い。苦しみながらも本音でぶつかり合う姿は羨ましくも感じた。

パグのガンジー。とにかく可愛かったよ。犬は大切に扱ってほしいけどね。可愛かったよ。ガンジー。名演だったよガンジー。
去年の東京国際映画祭でグランプリに選ばれたこの作品。
映画館でこのフライヤーを見かけるたびに震える。
なぜなら、自分にとってこの作品はTIFFで観た10作品の中で唯一の大ハズレだったから。
ぶっちぎりのワースト。
この女を見ただけで「キチガイメンヘラ女…」って震えてくる。。
トリッキーすぎてお化けよりこわい。




#ネタバレ
#ネタバレ
#ネタバレ
#ネタバレ
#ネタバレ





ホロコーストの部分は個人的に楽しめた。
でも、この二人が大嫌いすぎて(特に女)イライラしすぎて鑑賞タイムは拷問だった。
だってこの女、走行中の車からいきなり犬を投げ捨てるんだもん。
そして、アホ主人公は自分の可愛い愛犬を窓から捨てたこのトリッキー女に惚れるとか意味わからん。
このシーンが本当に本当にキツかった。
他にもとにかく色々とウザすぎて嫌いな作品。
見た記憶を消したい。
この作品がグランプリに輝いた時、「これからは〇〇受賞という肩書きに左右されるのはやめよう」って強く思った。
>|