ブルーム・オブ・イエスタディの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブルーム・オブ・イエスタディ」に投稿された感想・評価

MaTo

MaToの感想・評価

3.0
ホロコーストを背景としながら、問題を抱えた人生が語られる変わった切り口
ホロコーストチラつかせとけば見ると思ったんだろ!
そら見るよ!観たよ!
つまんねぇわ!!!笑
Niylah

Niylahの感想・評価

3.0
ナチス戦犯の祖父を持つホロコースト研究者トト。ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持つザジ(アデル・エネル)。そんな二人の風変わりな恋愛模様を描いた風変わりな映画。ホロコーストうんぬんの設定必要だったのかな?

アデル・エネル目当てで観賞。
アデル・エネルがドイツ語喋ってる。
こんなド派手な黄色のジャケットが似合う人なかなかいない。なんかよくわからなかったけどこういう気性の激しい女性を好きになったら大変だなって。
レストランで絡んできて、「お酒を飲んで酔って私と寝るのが怖いんでしょ。水でも寝るときは寝るわ。ビールにしましょう」って誘っておいて結局水飲むのー?あげくに泣き出すのやめてー。まだシラフでしょ。私なら置いて帰る。

ずーっとスッピンだったのに、終盤で赤いリップつけてメイクして登場したアデル・エネル最高に可愛かった。そしてやっぱり彼女はクィア要素とは切っても切れないのね。つい最近、政治的な理由で映画界引退を発表したみたいだけど、もう彼女の新作映画は観ることができないのかなぁ。映画賞の授賞式でロマン・ポランスキー(ロリコン強姦野郎)に対して「ペドフェリア万歳!」って抗議し退場するようなエキセントリックな女性。おそらく日本人受けはあまりしないんだろうなぁ。同調圧力に負けず自分の信念を貫く人(男性でも女性でも)ってなかなか周囲に理解されなかったりする。ことなかれ主義の人にとっては、ただめんどくさいだけだもんね。でも私はそういう癖の強い人が好き。こんな女性好きになったら絶対苦労するなー。
まなか

まなかの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

過去録。

アデルエネル、映画界から引退するらしいね‥‥‥。家父長制が変わらないし人種差別、女性差別が酷く、その一員でいたくない、とのこと。間違ってたらすみません。
アデルの演技はもう見れないのかな‥‥。
jumo

jumoの感想・評価

3.0
身内の過去の罪をちゃんと受け止めて贖罪するのってめちゃくちゃ勇気がいることだと思うんだけど、いまいち他者からの評価低いのなんで?トトかっこよくないか?
じゃ

じゃの感想・評価

1.6

このレビューはネタバレを含みます

うーん…理解し難い人間関係だ。
ホロコースト設定であった意味は?めちゃくちゃ作りが甘い気がする〜そんな重い設定にするならちゃんと扱えばいい。
まー、冒頭30分で もー女にイライラしちゃって。犬を窓から投げ捨てた時点でちゃんと見てられんくなった。
なんでどの国の男もメンヘラ好きなん??笑
Ask

Askの感想・評価

3.0
新しいホロコースト映画。
自殺しても死ななかったのは、まだ、その時ではないらしいよ?
そうなのかな?

このレビューはネタバレを含みます

ホロコースト国際デーによせて
🎬ブルーム•オブ•イエスタデイ
(Amazon100円レンタル)
観ました。

祖父の罪と向き合い過ぎる男と祖母の悲劇に囚われる女の出逢いをコミカルに描いています。

私達の世代にまで影響を及ぼしているのだと切なくなりました。
明るい音楽、そしてパグちゃんがムードメーカーとなっていて風化させてはならない事が重くなり過ぎずに語られている。

燃ゆる女の肖像
ノッキン•オン•ヘブンズ•ドア
お好きな方には眼福俳優!
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

1.5
過去と現在と未来は繋がっているのか、或いは在るのは現在だけで過去と未来は存在しないのか…。

ふとした時に自分はこんな疑念を生じることがある。

大人になってから知り合った友人と数ヶ月前の出来事の話はしても、互いに知らない子供時代や学生時代の話は不思議としない。

各年代ごとに経験した若い頃の破茶滅茶なエピソードや出来事は、今より断然面白く遡るほどネタは尽きないはずのに。

隠している訳でも話したくない訳でもないが、わざわざ聞きたくも知りたくもないと言う…。

過去の話をするのは今を生きる自分達には無意味だと言わんばかりに、今の話で花を咲かせ無意識に過去と現在を切り離している。



この映画の主人公が過去のナチス・ホロコーストの研究に執着し探究するのは一体何のためか誰のためか、後ろ向きに歩きながら過去に生きる男。

現代人が過去の歴史を探究することは後ろを向いて歩いているようなものだが、決して後ろ向きな気持ちで探るのではなく未来へ繋がる光を見つけなければ無意味と言えよう。

現実はそうはなっておらず現代の価値観や世論観で過去を戒めるばかりで、真実を見失い主観による思想で空白を空想で埋めてしまう歴史観ばかり。

事実だけを探究しても真実は見つからず、被害者と加害者の溝が埋まることは決してない。

生きるだけが人生ではないが365日24時間深まる溝にハマっている訳にはいかず、人間として生きる選択をしたならば日常生活の中で恋もすればセックスもする。

被害者が加害者と成り加害者が被害者と成る現実世界に生きる子供たちに、大人たちは一体何ができると言うのだろう。



ナチス・ホロコーストと言うシリアスなテーマを扱いながらラブコメテイストで描くのは悪くはないが、焦点がボケてしまい中途半端に思え残念ながら自分は全く入り込めなかった。

〝アデル・エネル〟と犬の〝ガンジー〟に各0.75点を..★,
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.2
アデル・エネル出演なので観賞。
恋愛映画として観るも良し、史実を踏まえ数奇な運命を持つ2人のシリアス系ヒューマンドラマとして観るも良しな作品
最後のシーンはとても良かった
>|

あなたにおすすめの記事