もしも建物が話せたらの作品情報・感想・評価

「もしも建物が話せたら」に投稿された感想・評価

きき

ききの感想・評価

-
建築は人々の営みと共にあって完成する。
人の手によるのに、ながい時間を知る別の生き物みたい。
Mmmmmmmm

Mmmmmmmmの感想・評価

4.0
建物と同じくらいに人々にも焦点が当たっている。
いくらでも観れる
maho

mahoの感想・評価

5.0
先週はオスロのオペラハウスを見て今週はベルリンのフィルハーモニーを再見する
kumi

kumiの感想・評価

3.4
静かに佇んでいるようにみえる建物の本音。
建築好きな方には垂涎ものの作品。
い

いの感想・評価

4.0
キャッチコピーの「無口なものこそ雄弁だ」がなかなか好き ポンピドゥ・センターが1番グッときた🇫🇷
どうしても観たくてDVDを購入。6人の監督が手がける建物のドキュメンタリー。ヴェンダースのベルリンフィルのやつと、レッドフォードのサンディエゴ・ソーク研究所のやつ、あとオスロのオペラハウスのやつも好き。特別面白い訳ではないのに、この手の作品を観ると落ち着くのは何故だろう。
らな

らなの感想・評価

3.5
監督によって設定もおもしろさもばらばらやった。ゆったりとした映画。
oqmr

oqmrの感想・評価

-
 建物には設計者がいて、建設された目的があり、その目的を維持する人間と目的を享受する人間がいる。建物よりも人間たちがせっせと働く姿のほうがよっぽど雄弁で、そこから建物の目的が垣間見える。光を取り入れる為にガラスをふんだんに取り入れた建築には窓を清掃する人間が必要で、複雑な設計はゴミがたまりやすいのでそれを掃除する人間が必要だ。働く人間と建物の一体感がなんとも美しい。
 
lii

liiの感想・評価

3.2
ロシアの図書館がお気に入り。途中で眠ってしまいましたが、また見たいです。
Ayc

Aycの感想・評価

3.5
設定も面白いし、建物の空気感がわかる楽しい作品。観たら行きたくなる。
>|