クナシリの作品情報・感想・評価

クナシリ2019年製作の映画)

KOUNACHIR

上映日:2021年12月04日

製作国:

上映時間:74分

あらすじ

「クナシリ」に投稿された感想・評価

mako

makoの感想・評価

4.0
《北方領土・国後島。そこはまるで、取り残された島だった。》
80点

旧ソ連生まれフランス在住の監督が描く、知られざる国後島の真実。
ドキュメンタリーです。
この日は本作の後に、もう一本ドキュメンタリー映画を観ました。

戦前には四島全体で約17,000人いた日本人も、終戦後の1947年から48年にかけて強制退去が行われ現在は、日本人はいないし、立ち入ることもできない。
北海道からわずか16キロの近くて遠い島。

教科書でしか習ったことがなかったから、国後島が今どうなっているのか、知りたくて鑑賞しました。

まず驚いたのは、荒野が広がっていたこと。かつて日本人の住居があった場所は荒地になってて、見る影もない。
占拠されたから整地され、快適というか普通に暮らしているのかと思ったらそうでないことに驚いた。

土を掘ると欠けた茶碗が出てきたり、荒地に寺の石垣があったり、荒れ果てた墓地には土に埋もれた墓石などがあり、日本人が暮らした跡が残されていて、確かにここに日本人が住んでいたことが伺えた。

ロシア人住民の生活は苦しそうで、住民のインタビューは不満を口にする人が多かった(と言っても、住民のインタビューは数人だったけど)。
それどころか、日本人と共存すべきだ、日本人は器用で漁業は高水準だったという人もいて驚きました。

どこの国もそうだけど、国の偉い人達と一般市民の考えは乖離してるなと思いました。
島の住民の暮らしを観ていると棄民されているようにも感じました。

国後島の現状を知ることができ、観てよかったです。

旧ソ連(現ベラルーシ)出身で現在はフランスを拠点とするウラジーミル・コズロフ監督が、ロシア連邦保安庁の特別許可と国境警察の通行許可を得て撮影にこぎつけた。


観客 1階席 1人+?、2階席 3人
日本語字幕: 松永昌子
劇場鑑賞 #6
2022 #8
watsipec

watsipecの感想・評価

4.0
Ellos también son inmigrantes… y me impresiona la educación militar-patriótica
荒廃。荒涼。荒れ果てた世界。
何度もその思いがこみ上げてきた作品。

とにかく寒々しい。
それは風景だけでなく、
映画に取り上げた人々の心も。
でも他の人も言っているように、
出演者には偏りがある気がする。
年寄りばかりなのだ。
だから、本当にこれが国後の大部分なのか?
とずっと疑問を抱き続けながら見ることになった。

それと夏しか映していないのも残念。
冬の世界も見てみたかった。

個人的に考えさせられた言葉は
「ここにアイヌが住んでいたころ、
 200、300年前・・・」だ。
日本人とロシア人がここは自分たちのものだと
主張している。
どちらもそれなりに正しいとは言えると思うが、
実は本当にもともと住んでいたのは
アイヌの人々だったのではないか。
それを追い出したのは日本人で、
その日本人がロシアに追い出されただけなのでは。

もはや時計の針を過去に戻せない以上、
飯の足しにもならない正義の主張より
それぞれの願いがどんなもので、
それをかなえていくために
お互いがどう折り合いをつけていくかを
考えることの方が大事なのではと思った。
阮

阮の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

気になった言葉たち (うろ覚え)
↓↓↓↓↓↓
「どんな人があっても破壊は野蛮人がすること」
「文明が移りゆく中でそれまでの過程は破壊される」
「コルホーズも日本人が作ったものを流用した」
NagiCheri

NagiCheriの感想・評価

4.0
日本人が入域を厳しく制限されている国後島の現在を映したドキュメンタリー。

北方領土について、概念や経緯の知識はあってもイメージや情動が湧きづらかったのは、日本人が北方領土に暮らしていた頃の情報や資料へのアクセスが閉ざされ、依拠するところが人々の記憶の中だけに封印されたからだとわかりました。

強制退去させられた日本人は徹底した持ち物検査・身体検査をされ、写真も持ち出すことが許されなかったためだとわかりました。

島内に管理されていると思われる写真で、五里霧中だった国後島での日本人の活気や活力そして華やぎのある暮らしぶりを、初めて見ることができたのが、大きな収穫でした。

写真達から見る日本人の暮らしや町に辺境感はなく、人々は日本の文化や伝統を継承し、愛着を持って十二分に住みこなしていたと、存分に見て取れました。

一方現在、住人の笑顔は戦勝記念パレードで見られましたが、それ以外は人々のセリフが全編通じてどことなく投げやりで軽く捨て鉢気味な印象がありました。

人々はベラルーシやクラスノヤルスク等はるばる遠くから入植したようでしたが、島でうまく住みこなすことができず、中央からもほったらかしで将来が描けない、日本人がいれば産業を育て、雇用も生まれ、生活が向上しそう、と共存したい気持がにじみ出ているように感じました。

荒廃した風景、掘れば日本人の遺物がゴロゴロ出土する陸地、ゴミ拾いはなされない海辺。。

海をはさんで対岸に見える北海道の冠雪した山々が対比的に美しくまた麗しく見えました。

ですがどのような光景であっても、北方領土の映像を見れたこと、これは私の認識の大きな大きなアップデートとなりました。

そして領土問題について、安全保障について、地政学について、考えを深める絶好の機会となりました。
監督さんは、アレキサンダー・コズレフ名でも活躍したウクライナのプロレスラー。ではなくて(笑)、ベラルーシ生まれの方らしい。

国後島の日常を、住民目線で伝えてくれた貴重なドキュメンタリーかと。

最周縁地域住民として放置され、貧困に蹂躙される人たちへのインタビューは普段目にすることの少ない情報で、ありがたかった

主に夏場の撮影が多く厳しい寒さについての描写が無かったのは残念。

後、あまりに淡々とした映像の連続で74分の尺ながら、何度も寝落ちしてしまったことも告白しておきます。
妙に疲れたので、その後見るつもりだったドライヤーの『ゲアトルーズ』と『奇跡』は日を改めることにしました。
eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.0
現在のクナシリ事情には驚くことがたくさんあった。
ライフラインの整備も遅れロシアからも打ち捨てられた印象…「日本人は島を返せと言うけど漁業権が欲しいだけで移り住む気はないのよ」年配女性の言葉が刺さる。
KOUSAKA

KOUSAKAの感想・評価

3.5
個人的に北方領土には強い関心があるため、是非とも見たいと思っていた作品でしたし、まず国後島のリアルな実状を映像で見ることが出来たのは、何より貴重な体験でした。

ただ、インタビュー相手の名前や属性(職業など)が明示されないので「この人はいったい何者?」っていうクエスチョンマークが頭の中に湧き上がってしまうのが少し勿体ない気がしました😵

しかも何か「変わり者」や「偏屈モノ」ばかりにインタビューしている気がするので、あの軍主催の式典に来ていたような普通っぽい家族連れの人たちにもいろいろ話を聞いて欲しかったな~という不満は若干残りました。

とはいえ、登場人物たちの貴重な証言の数々は大変興味深かったです🤔

本作を見た正直な感想としては、非常に残念ではありますが、現時点でロシアが島を日本に返還するというのはかなりハードルが高いように感じました。

ただ、現在の窮状を日本人に立て直して欲しいという島民の思いが一定の割合で存在しているのもまた事実のようですので、島の返還を強く求める前に、まずは日本人とロシア人が共同で生活できるような環境を地道に作り上げていくところから始めていくのが大事なのではないかと感じました。

次作では、根室で撮影を行って日本側の視点で同じテーマを捉えたものにしたいというウラジミール・コズロフ監督の意向もあるようですので、楽しみに待ちたいと思います。
YK583

YK583の感想・評価

3.5
今年初映画。映画としては退屈でした。
勿論国後島に行ったことありませんが、思っ以上に殺風景な印象をうけた。ラストシーンは、日本人にこんな島要らないと思わせるためなのか、それともロシアの為政者にこの島なんとかしてくれというメッセージなのか、その他のメッセージなのかと思った。
観客は、私より人生の先輩がほとんどでした。
ysm

ysmの感想・評価

-
まず国後に街があることすら知らなかった。風車、道路、港、戦車、愛国教育と退軍の祭り。ロシア正教の墓地。
自転車2台を並列させて犬橇(?)引いてた男に何か感じた。
>|

あなたにおすすめの記事