散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

まさに愛って『なんだこれ すげえ』ものであり、人間の概念を持った生命体は人間ではないのか、ひとつでも何かが欠けていると人間とは言えないのか、それは宇宙人なのか、考えさせられます。
あと高杉真宙が好きです。
kerol

kerolの感想・評価

2.5
舞台の散歩する侵略者が好きで映画化されたので鑑賞。
映画らしくスケールが大きかった。良くも悪くも。スケールが大きくなった分、ストーリーも言葉の概念が奪われるとはどういうことなのか?概念が抜け落ちていく恐怖に加えて、未知の侵略者への恐怖からパニックに陥っていく部分もしっかり描かれている。宇宙ものとしては斬新だったと思う。
Akari

Akariの感想・評価

-
言葉じゃなくて、イメージで概念を理解するって、めっちゃ楽だけど、喋る必要なくなっちゃうのてつまらないなぁ。ことばが面白いと思うから。集中してみちゃいました。

それにしても松田龍平既視感しか湧かん…
のどか

のどかの感想・評価

3.4
スリラーなのか、ラブなのか、コメディなのか、ジャンル分けできない魅力、良い意味での掴み所のなさ。

長澤さんと松田さんの服の色味が暖色と寒色で交互に変わり、同じ色味を着ないのが面白かった。
WAON

WAONの感想・評価

3.8
面白かった。監督の演出が持つ雰囲気が作品自体に合っていた感じ。
6

6の感想・評価

2.5
黒沢版宇宙戦争。
胸がギュギュとなる感じはないが、これはこれであり。
概念を侵略するなんてさすがの想像力。
でも最後は強引。
星新一的なブラックユーモアのSFで、途中これ映画にする必要あったのかなぁとなりつつも長澤まさみが良かったので最後まで持ちこたえました。
松田龍平のシャツの感じも良かったです。
えり

えりの感想・評価

3.5
初めての黒沢清監督作品でした。
冒頭が怖くてこれが続いたら帰るって思うくらいでした。

侵略をやめる理由はそれでええのか?!と思わないこともないのですが、ところどころ印象深いシーンがいくつかあったのでそれなりに楽しめました。

東出くんが非常によかったです。ああいった妙な人を演じるととてもいいのでどんどん演じてほしいなぁと思います。
まり

まりの感想・評価

2.9
なんか所々ガバガバであまり好きじゃなかった。長澤まさみの可愛さにだけ目がいく。
長澤まさみ、かわいい。
私たちは、それぞれ様々な概念を作り上げ、それぞれに縛られているのかもなあ、と面白かった。侵略者が概念を集める理由がなんだかぼんやりしていたけど、落しどころは納得できた。太陽でも思ったが、後日譚はやや蛇足な気がする。