散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

ビー玉みたいな目の松田龍平、愛という概念が解らなくても愛そうとする情念は先天的に備わっている
普通に面白かった。
好き嫌い別れるかなあ。
「回路」って映画めちゃめちゃ憂鬱だったが、これはもっともっとマイルドで明るくした感じ。
宇宙人が概念を奪うんだけど、奪った後が面白い。
家族という概念、所有という概念、敵という概念等々。
すごいアイデアだよなぁ。

女子高生がえらい強い。
最近起きた事件を彷彿とさせる場面があったので地上波はしばらく無理そう。

あと長澤まさみの取引先の会社、「予告犯」で生田斗真が苛められてた会社だと思うけど違うかな。
よりも

よりもの感想・評価

3.3
ストーリーは面白いけど、映画としては?長澤まさみ出演だから、なんとか見れたかな。
02ys14

02ys14の感想・評価

3.5
侵略物で捉えるなら地味ですが
ドラマとしてなら良作だね(^_^)
VEL04

VEL04の感想・評価

2.0
俺にはなんかダメでした。
誰にも感情移入できなかったな。もともと現実感の無いストーリーではあるが、それでもある程度のリアリティは絶対必要だ。
宇宙から来た侵略者に対して愛がどうとかこうとか‥
長澤まさみの最後のシーンも意味が分からなかった。残念。
黒沢作品には点が甘いなあ。
中々楽しく観賞しました。地味だけど面白いSFって言うので、「ブルークリスマス」とか思い出しちゃいました。
概念のお話は非常に面白かった。
アクション担当が女子高生とか、小泉今日子のお医者さんにグッと来たりしました。
sobayu

sobayuの感想・評価

3.5
面白かった。長谷川博己っていい役者なんだなあ。この映画の中でリアリティを担う側に居るようで、実は一番アクロバティックな役柄ですよね。アクションシーンの体技を指してるわけじゃなく(あれも香港映画みたいで素晴らしかった)、映画のぶっとんだ設定と観客を取り持つ役割。

松田龍平も相変わらずぴったりの役。何も考えてなさそうに見えるのがいい。例えば瑛太とか妻夫木君が演じてもキュートにやるだろうけどなんか裏がありそうになる気がする。

ベストシーンは長谷川博己が足を引きずっているところ。最高。
pannacotta

pannacottaの感想・評価

3.3

期待値が高すぎたのかもしれない

なんかもうちょっとリアルっぽく作って欲しかったおばあちゃん引き込まれる映像とか所々萎えた…まぁ設定からしてそんなリアルじゃないからまぁ、うん…でもなぁ…

でもなんか新しくて邦画じゃあんまりない感じがしたような気がしたような気がした自分の中では新しかったです好きです
2018 6.28 鑑賞
黒沢清好きだけど、これはダメ、
笑って笑って笑って笑って
コメディとしてならOK!
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

4.0
アングルや人物の歩かせ方はやっぱり黒沢清の良さが出る

概念を奪うといってもその概念にも個性があることによって宇宙人の人格も形成されていく、純粋に面白い今までにないSF

松田龍平は完璧ですね....

スピンオフの予兆も早く見よう