『知事抹殺』の真実(2016年製作の映画)

上映日:2017年04月22日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:80分
    監督
    我孫子亘
    あらすじ
    2006年福島県知事、佐藤栄佐久に突然科せられた謎の収賄事件の真実を描いた作品。就任以来、5期18年一貫して原発に問題提起をし続け、突然の収賄容疑で逮捕され「抹殺」された。結果的に「3.11フクシマの悲劇」が起こり佐藤栄佐久の「予言」が的中してしまった。被災者は言う「あと1期でも続けてくれたら、このフクシマの悲劇は無かったかも知れない・・・」。 佐藤栄佐久は、なぜ逮捕されたのか。捜査方法、メディア報道の信ぴょう性、収賄額0円の異例判決。可能な限りの記録と様々な重要証言を元に構成。原発に近づくものは消えていく。この恐ろしい今の日本の現状を明らかにした作品。

    「『知事抹殺』の真実」に投稿された感想・レビュー

    eigajikou
    eigajikouの感想・レビュー
    3日
    -
    国策の原発推進に逆らえばベテラン知事も消されるというマスメディアで報道されなかった事件の裏側を描く。異論も出るだろうし、映画は佐藤栄佐久氏側の主張と捉えるが、お上に逆らうな同調空気が醸成されている日本の状態が不気味でならないから本作の存在は貴重。
    kyoko
    kyokoの感想・レビュー
    2017/04/22
    -
    当時かなり世間を賑わせていただろうこの事件について、恥ずかしながら私はほとんど記憶していない。そしてこれは知らなかった人が知るための映画だ。

    検察に呼ばれた日、佐藤氏は担々麺を食べていた。そのスープがとても美味しかったので奥さんに残しておくように言って出かけたが、そのまま逮捕され東京拘置所に収監されてしまった。いかに青天の霹靂だったのかがわかるエピソードだ。
    誰かが日本の司法制度は遅れていると言っていたが、まさかこんなことが本当にありえるのかと映画の内容は驚愕の連続だった。

    冤罪や原発問題についてのコメントはここでは控えるが、ドキュメンタリー作品としての感想(不満?)をいくつか。
    一人称で語られていたかと思えば、いつの間にか三人称になっていたりして、再現しているセリフとナレーションの声が同じなだけに混乱する。
    映画のヤマ場となる検察の取り調べや裁判シーンはほとんど動きのない画にセリフと字幕だけとかなので、ここはきちんと再現ドラマにしたほうが良かった。低予算で作られてるため、手づくり感が強いのは仕方ないか…
    丘
    の感想・レビュー
    2017/02/28
    -
    2017.2.28鑑賞。
    ねもろー
    ねもろーの感想・レビュー
    2017/02/22
    -
    NNNドキュメンタリーでおしどりという夫婦漫才をしてるコンビが福島第一原発について東電とバチバチにやりあって自分の全然知らない福島の真実を映し出していて、それをきっかけに福島の原発のドキュメンタリーをYouTubeで漁って見ていくと元福島県知事の佐藤栄佐久さんの事がかなりの確率で出てくる。佐藤栄佐久さんは福島の原発に問題が生じていることに気づいていて、脱原発を訴えてさらに実際に停止させたりもしていた。そんな知事をよく思わない国や東京電力が知事を社会的に抹殺しようとし、収賄額ゼロで有罪判決というあり得ない自体が起こる。その事件についてのドキュメンタリー映画である。

    この映画はこの事件について深く掘り下げていく映画なので予備知識がないと分かりづらかったりする内容であるけどこんなことが実際に日本であったなんて信じられないような内容である。

    佐藤栄佐久知事が後一期でもやっていたらこんな事故が起こらなかったかもしれない。そんな言葉がこの映画の全てかもしれない。
    TKM
    TKMの感想・レビュー
    2017/01/28
    4.0