南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 188ページ目

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

かず

かずの感想・評価

3.6
共感できるところあったり、うわぁって思ったり、ジーンと来たり…

せいちゃんの声好きだなぁ〜笑
Soto

Sotoの感想・評価

3.7
女の子が少しだけわかる映画。

オダギリジョー見てたら、まあこう行動するんだろうなあって節々で思う
佑実

佑実の感想・評価

3.0
南瓜とマヨネーズじゃなくて胡瓜とケチャップでもいいのに、南瓜とマヨネーズってゆう何だかしっくりくるコンビを見つけた魚喃キリコは天才だと思った。
なつみ

なつみの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

恋愛の終わりを描いた作品。
どうしてこんなことしてるんだろうという気持ちと、どうにもならないけど繋いで守りたいと思う気持ちは大人なら一度くらい味わったことあるんではないでしょうか。

やくしまるえつこのヒゲちゃんを歌うせいちゃんの声がとっても優しくて可愛くて、
ツチダの気持ちになって、わたしも泣いた。
りなん

りなんの感想・評価

4.2
ツチダみたいな女の子、あの二人みたいなカップルってよくいると思う。
それだけにすごく胸が痛かった。
結局人は自分から動かなきゃ始められないのに、恋はそういうこともわからなくてしまうのかな…
まずは目に見えるものにきちんと目を向けたいと思えました。
好きな映画でした。
Yoshimune

Yoshimuneの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

あああ別の人が好きなわけじゃなくて、同時に2人好きになってしまうことってあるよねええええ

口だけ達者でうだつの上がらねえセイイチに感情移入していたから、ツッチーがバギオに見せる笑顔を覗いてしまって胸が苦しかった。

憎しみ。

分裂に悩むツッチーと理想と現実に悩むセイちゃんは共依存から抜けて自立することでしゃんと生きられるようになりました。
ぴ

ぴの感想・評価

4.2
深くて苦しかった
全部の役のいろんな感情があって、観てて共感できる想いもあった。
感情って難しいけど素敵だと思った。
Damian

Damianの感想・評価

4.1
どうしようもない人たちの、やるせない日常を生活感たっぷりに切り取った一本。
決してテンポの良い映画では無いんだけど、その間から二人の暮らす生活の臭いが滲み出てくる。
邦画の魅力ってこういうところにあるんじゃないのかな。

終盤までは歌の才能をイマイチ感じない大賀ですが、そうかそういうことか。
彼なりに出した答えと、それを見つめるツチダの眼差し。
二人だけの余白が胸に染み渡る。
Hinafuku

Hinafukuの感想・評価

3.7
みんな子供なんだか、大人なんだか。等身大で本能に従ってるんだか、冷静で理性的なんだか。

微妙なバランスで生きている人たちが、恋したり恋したり恋してた。汚くて、人間臭い感じが好きだなぁ。
恋愛ってしない方が幸せなのかなぁと思ってしまう場面もあったけど、でもそれだと人生味気ないのかなと結局思った。

タイトルの意味を色々と考えてみたけれど、色々解釈できるなぁ。
個人的には、かぼちゃ=せいちゃん、マヨネーズ=ハギオで、タイトルが結末を暗示してるのかな〜と思ったり?
作者の人に聞いてみたい。
ヒモにいい歌なんて作れっこないんだろうな〜
男目線で観てしまうとそれなりなつらみがある