南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

tomi

tomiの感想・評価

4.0
好きな気持ちや彼のためにと想う気持ちと、マンネリや不安感とのズレというか空気が共感できた
すっきりしたようなしないような、すごく切ない
南瓜とマヨネーズ
素朴なようで少し贅沢。
当たり前の日常こそ容易く壊れてしまう。

ツチダは優しくて安心するせいちゃんと奔放で楽しいバギオに揺れる。
だけど、バギオと会ってもキスしても、せいちゃんが音楽で活躍する夢を応援する気持ちはずっと変わらないんですね。せいちゃんの音楽が好きだし、頑張ってたの知っていたからだし、憧れてたからだと思う。せいちゃんが久々に作った曲を1番はじめに聞かせてツチダが涙を流すシーンにほっこり温かい気持ちになった。せいちゃんの歌があまりに優しかったから。

映像が方が独特でかわいいけれど、どこか寂しくて好きだった。

臼田あさ美さんと太賀くんが可愛くて愛しいふたりだった。どこか遠くの街のアパートで暮らしてるんじゃないかな。って思いました。

オダギリジョーはずるいね。好きになっちゃうわ。あんなちゃらんぽらんなのに笑
古池

古池の感想・評価

4.0
こんな経験は、びた一文したことないけど(からこそ?)この奇妙な清々しさが愛おしい。
泣いては、いない。泣いてすっきりできなかった分の余韻が続く気がする。
メル

メルの感想・評価

-
わかるそうだよねその気持ちを知っている人はわかるよねそこで泣くよね何気ないけどそこだよねそうだよねわかるよ
やっぱり音楽は凄いし優しいけどズルい。

原作が好きすぎて逆によく分からなくなった…。ただ、その原作と出逢ったのが20年近く前だったことに驚愕してから、徐々に物語に陶酔していった。贅沢な時間だった。にゃあ。
恋の終わりはいつだったか。なかなか思い出せなくても、その始まりは、よく覚えている。
暖かな煌めきと閃光のような眩しさ。

あったかい柚子茶みたいな終わりとその先の始まり。
迷子だったらきっと、泣いちゃってたと思う。

エンドロールでは、自分たちの唄が、ひっそりと流れてた。
古いアパートに畳の匂い。お風呂場から聴こえるギター。溜まった缶ビールの空き缶。服についたタバコの匂い。一緒に歩いた道を横切るネコ。
何気ない生活すべてが、2人で過ごしたかけがえのない証だ。

もともと高校生のころに魚喃キリコの原作を読んで大ファンなんだけど、10年たってこんな素敵な映画になってるなんて贅沢。

臼田あさ美の涙に、せいちゃんの曲聴けてよかったね。って胸が熱くなった。
kohei

koheiの感想・評価

3.7
太賀がかわいい。臼田あさ美もかわいい。オダギリジョーもかわいい。おまけに『桐島…』ぶりに見た清水くるみも最高だった(もちろんかわいい)。

このかわいいは「愛らしい」とも変換可能。物語に関しては、おそらく2割くらいしか咀嚼しきれていないと思うので機微に触れることはできないのだけど、それでも彼らの愛らしさとかわいさに心が満たされた。

バスタオルで涙を拭く彼女
歌声で余韻を掬い上げる彼
今を楽しむあいつも

みんな愛らしかった。
737373

737373の感想・評価

3.8
邦画独特のきれいでさみしくて切ない映画。わかる、わかるよ〜〜って頷きたくなるシーン多し。とにかく臼田あさ美さんが可愛い。そして太賀さんの歌で泣きじゃくりました。
大賀がヒゲちゃんを歌った瞬間につーっと泣いてた、オダギリジョーがくそ男なのにくそえろくて最高
新宿武蔵野館、めちゃフォトジェで可愛くて愛のある館だったのでまた絶対にいく