南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

リアルな感じ。オダギリジョー、はまり役(笑)同棲って楽しいだけじゃないんだよねー、忘れていた記憶が蘇るー!!!!いなくなったら、穴あくんだよー、でもそこで成長したり…?

太賀最高、歌やばみ、キスしたい←(笑)
megumi

megumiの感想・評価

3.6
登場人物にだれも共感できないけど、どこか分かる気がしてしまう。
誰かの生活を覗き見したって感じ。
見た後に何も残らないのは、そこに自分がいなかったからなのかも。
それがこの映画のいいところ。
人生はそんなドラマチックじゃないってね!
もう会う事のない「ばいばい」は少しだけグサッときたけどね
amu

amuの感想・評価

4.0
太賀すごくいい。
表情も、笑顔も、声も。

ふと、山田孝之が以前、彼の歌声をプレステCMのメイキング映像のトーク場面で褒めていたことを思い出した。聴けたことにありがたみ。臼田あさ美に感情移入し過ぎたら辛いなと本能的に思って、入り込み過ぎないように観ていたのでこの程度で済んだけど、がっつりいっちゃってたら、彼女と同じだけ涙が溢れたと思う。なんて可愛くて、愛おしくて。このまま時が止まって欲しくなるような時間だった。

「オーバーフェンス」や、ドラマ「重版出来!」で、大人なオダジョーにある種の癒しを見出していた昨今、この野郎感半端ない。ごく自然に日常に突如落とし穴みたいに現れるクズ元カレのこのあるあるで溢れた感じ。くー。

ちょっと逸れますが、川島小鳥さんの撮ったビジュアル写真の数々も非常に魅力的で、リアリティは「ピースオブケイク」以上で、痛くて、愛おしくて、自分が何しているのかわからなくなる感じに共感しかなかった。心が満たされている時に観るか、またはその逆の時に観ると、女性は特に響く作品だと思う。(水や愛のセカイに足を踏み入れたことは無いけれど。笑)
主演の二人の演技が生々しい。
太賀のせいちゃんは原作よりも情けなくて理想と現実の間でもがく27歳のヒリヒリした焦燥感を感じさせる。
大切な人との何げない日常がいかに尊いのかを気づかせられる作品。
かなえ

かなえの感想・評価

4.5
好きな雰囲気の映画。

終始胸の奥がキュッとなった。
依存し過ぎるのもよくないけど、人間は独りじゃ生きられないし、さっぱりし過ぎているのもなんか寂しい。
だから、臼田あさみちゃんの気持ちわかるーーー。

俳優が全員すごい。
太賀の雰囲気は変わらず大好き。
YokoGoto

YokoGotoの感想・評価

3.0
ー信じて始めた恋なのに、最初は二人で始めた恋なのにー

『ローリング』の冨永昌敬監督が、臼田あさ美さんを主役に描いた、不器用に生きる恋人たちの物語。
監督の過去作である『ローリング』もしかり、本作もしかり。
不格好でいびつな恋人たちの日常を、この監督の独特な語り口で描いた作品である。

特に大きな出来事もなく、ただ淡々と恋人たちの「今」を描いており、20代の迷える恋愛を生々しさは、多少の胸の痛みを伴う作品。

『全然、駄目だよね』
『全然、理想の恋愛じゃないよね』

一言で言えばそんな所だろうが、実際の恋愛なんていうものは、大なり小なり「こんなもの」だ。
正しい恋愛とか、かっこいい恋愛とか、理想の恋愛などとは虚像であり、誰もがその渦の中で、『今が正しい』と信じ込みながら、恐る恐る前に進むものだ。

信じて始めた恋なのに、
最初は2人で始めた恋なのに、
いつの間にか、恋人たちは交差し1本になろうとする。

どんなに愛しあっていても、どんなに恋焦がれていても、決して交差しないのが男女の恋愛。最初から最後まで、きちんとそれぞれの脚で立ち、自分の脚で歩き、交わらなくとも、程よい距離で並行に道を歩んでゆくのが程よさであることは、ある程度、年数が経たないと分からないものであると、本作は語りかける。

様々な恋愛で、失敗や傷つきながら経験値を高め、その程よさを見つけていく事こそ、恋人たちの永遠の課題・命題なのであろう。

古今東西、今も昔も、このあたりは大差ない。

本作に出てくる主人公たちは、お世辞にも恋人たちの理想とは言えない。
むしろ、こんな恋愛しちゃ駄目だよね、というお手本のようだ。

そもそも、好きだとか愛しているとかの感情が置き去りにされていて、ただただ、共依存の相手で慰めるがごとく。どんなことをすれば相手が傷つくか、信頼関係が壊れるかという理性的な判断も置き去りにされている。

全く感情が無い訳ではないのだろうが、やはり相手を慮る(おもんばかる)気持ちが欠けている。全く共感もできないし、不快感しか感じないのではあるが、どこか彼らの未完成さに、ほんのり愛おしさも感じてしまったりする。

厭らしい計算高さがなく、ただただ弱いだけなのだと考えると、一方的な不快感が感じられないのかもしれない。

シナリオ全体は、若干の退屈さを感じる事はあるけれど、生々しい恋人たちの弱さをかみしめるには、ちょうど良いのかもしれないと思ったりした。(邦画独特の地味さはあるけれど)

ただ1つ、どうしても気になり、書いておきたいシーンがある。

劇中、主人公が元カレのオダギリジョーに偶然会い、主人公が追いかけていくシーンがある。

夜な夜な、

『これから飲みにいく?』という元カレに、主人公が『うん』と答えた後で、元彼が『俺、金ないけど』というシーンがあるが、このセリフの後に元彼と飲みにいっちゃ駄目でしょと、心の底から突っ込んだ。(笑)

『俺、金ないけど』っていうセリフは、そう言ってもこの女は付いてくるという気持ちが含まれている。だから、絶対ついていっちゃ駄目。最初から、パワーバランス崩れてるから。(笑)
miiis

miiisの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

だれかに依存しないと生きていけないよなあ
終わってしまったらなんともなかったのにね
ssa

ssaの感想・評価

3.5
みんな適役
オダギリジョーのずるい男感たまらん
全体的にちょっと眠くなる
terter

terterの感想・評価

3.5
なんだか久しぶりに邦画を観た気がする

出てくるやつ全員屑なのね
どうしようもないけどそれぞれ少しずつ前に進もうとする感じ好きです

相変わらずオダギリジョーはずるいなー
愛理

愛理の感想・評価

4.0
言葉として感想が着地できませんが、
最後の歌を聴きながら泣いてたので
ぐっとくるものがあったのでしょう。

側から見たら理解しずらいことも
2人だけにしか分からん関係がある
素晴らしいじゃないですか。

スコア4です