南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

291

291の感想・評価

3.0
大賀さんって素敵な役者さんだなっと思った。話はダメな恋愛。女の子の揺れる思いや、流されるままに進む感じが、なんとなく、分かる分かるって思えて、監督の方がすごいなって思った。
ひ

ひの感想・評価

4.1
救われることはないんだけどいつかみんながみんな救われるといいなって思う。
太賀がギター1本で歌うシーン、声も姿もじんわり柔らかくてすごくよかった。

このレビューはネタバレを含みます

2018.3/23

「今」から抜け出したくて何かを生み出したいけど、不透明な、何か濁りがある状態じゃそれが出来ないこと。

なのに、自分の目から見える外の人たちの事に関しては、何でも言えてしまうこと。でも自分が他者から評価されることは、怖い。

せいちゃんは、そんなモヤモヤから目を逸らしたくて、棚を作る。(ツチダによって破壊される。笑)

せいちゃんも、ツチダも、「何を?」と漠然と感じる生活の中で、何かの「終わり」を心の何処かで感じていたんだと思う。二人で居たけど、一緒に居たけど、他人同士だったことをふとした瞬間に気付かされる。

人は鏡。他者を知って自己を知る。
外側の世界を見ないから、自分がわからなくなっていた。

二人でいる時間は楽しくて心地よくて、暖かかった。二人から見えるものを共有して大切にしていた。二人で歩いていた。
だけど、大切なものも全部は持っていけない。二人だから、うまく進めなくなっていた。

他者からの評価をされて、少しずつ何かが見えてきて、進んでいたせいちゃんがシャワーを浴びながら「出て行くよ」って切り出す別れのシーン。
バスルームの、すりガラスの向こう側。そこにいるけど、姿はもうはっきりと見えなくなっている。切ない。

どうしようもなく大好きなハギオには「お前には無理だよ。」って最後まで見透かされていた。
それでも、その後にハギオって呼んだ時、置いて行ったバイクが業者に運ばれていった時、ちゃんと「もう会わない」って決めて追いかけなかったツチダを、私は抱き締めたい。ツチダの、小さいけれど大きな確かな一歩。頑張った。

迷子だったせいちゃんと、ツチダ。
ダメダメでも、どうにか変えたくて変わりたくて、少しずつだけど、進んで行った。

「お前のために作ったんじゃないよ。ラフな感じで聴いてよ。」って言ったけど、せいちゃんは、ツチダの前で歌った。
せいちゃんの笑顔と歌声。ツチダの涙と拍手。確かに二人でいたこと。二人だから生まれたあの空気感。

痛くて愛おしくて温かくてたまらない1本。
は

はの感想・評価

3.0

ツチダのせいちゃんに対する
愛情の形は分からなくもない。
依存しあう恋愛は閉塞感しか
産まず、結局は行き詰まるね。
日本映画らしい、静かで暖かく、寂しいラブストーリー。
ずっと続くわけではないと分かっているけど大切な生活、それが終わる時の寂しさ、人生ってそれの積み重ねなんだろうなと思う。
勇気はいるけど、終わらせないと得られないものもあるんだなと。

ストーリーはよくよく考えると感情の動きが突然すぎたり、うやむやになっている部分はある。
それでも太賀の歌うシーンはジーンとくる。
Miwa

Miwaの感想・評価

3.7
自身の道標がはっきりしている人なんて多分にそんないなくって、ぐちゃぐちゃした色んな感情やプライドとの折り合いをつけながら人は生きていくのだろうと。
ツチダにとってはせいちゃんが自分で作った歌を唄うことだけは確かに見届けたいことだった。最後泣いた。
犬

犬の感想・評価

-
役者陣に関しては言わずもがな、二十代の脆く漠然とした未来への不安定さは痛いほど伝わってくる。間違いなく好きなタイプの作品なのに、何かが足りない気がしてならない。ただその足りないところがまた良かったりもする。この作品に関しては抽象的な感覚でも良いんだろうけど、本質的な良さを感じ取れずに終わってしまったようで心残り。

太賀と鉢合わせだ時のオダギリジョーの「いいすか?」だか「そうすか?」の流れすごく良かったなあ。

そして、これまたキモオヤジ役として出演している光石研が素晴らしいことこの上なし。本当に、彼にダメオヤジ、キモオヤジ、クソオヤジを演らせたら右に出るオヤジはいないんじゃないかと。たまにはカッコイイオヤジ役の光石研も見てみたい。流石のバイプレイヤー。
TEN

TENの感想・評価

3.6
最近、リアルに近いそういう意味で生活感のある生々しい感じの邦画を観るように、観れるようになった。ツチダが思う好きの方向性に一生懸命な感じ、多分恋という衝動はそういうものなのかなとも思った。
てつ

てつの感想・評価

3.7
主人公せいいちの前半のダメ男ぶりが特に際立っていて、それからの立ち直りにはカタルシスを感じた。お互い近くにいるうちは見えなかったものが見えるようになり、最後とびきりの笑顔で締めてくれたのは🙆‍♂️
タイトルがなぜ「南瓜」と「マヨネーズ」だったのかについて、見る限り象徴的なシーンが描かれなかったのが惜しい。
ツチダはダメダメなのにずーっとかわいくて素敵!クセになる内容。あっという間に感じた〜