南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

めえ

めえの感想・評価

3.9
なんなんでしょうねー。ほんとハギオみたいなやついるの

せいちゃんの歌に泣けてしまってびっくり

原作持ってますが途中から忘れるくらい映画は映画で独立していて良かった
微妙に変えたりされていてもそんなに気にならなくて
珍しい。
kaede

kaedeの感想・評価

4.5
自分でも意外なことに夢を追いながらフラフラしてる男を養いたい欲は微塵も感じたことがないので主人公への共感まったくできないな〜と思いながら進んでいく画面をただただ見つめていたところにオダジョーの台頭ですべてを奪われた。オダジョーの出てくるシーンすべてになぜか身に覚えがあって苦しかった、そんなに傷をえぐらないで!!という感じ。
dxcoby

dxcobyの感想・評価

3.3
やりたい事、やるべき事が明確でまっすぐに進める人なんてごくわずかで、大抵は踠いて踠いて、だけどうまくいかなくて自分は何やってるんだろって思う時だってある。

そんな人間のどうしようもない部分が生々しく描かれていた。

登場人物もみんなどうしようもない。だけど人間くささがあって嫌いになれないし、共感まではいかないけど気持ちがわかってしまう部分がある。

そして、どうして人はそっちに行ったらダメなのになーって頭ではわかってるのに引っ張られてしまうんだろうか。
山場が微妙やったけど、こーゆー恋愛もあるねんなーってまぁよかったかも。後から振り替えってじんわりくる系
Chii

Chiiの感想・評価

4.1
臼田あさ美、かわいいいいスタイル良すぎ。体操着から伸びる足が素晴らしい…痩せよう…笑
せいちゃんの良さがまるでわからなくて、ツチダの心理も全然わからなくて、感情移入はできない。
のだけど、なんかすごい身に覚えがある気もするし、
好きばっかり押し付けてお前といても全然楽しくなかった、っていうのとか。笑
ていうか、オダギリジョーなら遊ばれたいむしろ遊んでください。笑
ズルい男ってみんな同じようなこと言うんだね。
漫画原作の作品ってだいたい失敗だけど、ソラニンとこれは良いな好きだな。
邦画あまり観ないけど、冒頭の入りから良かった。臼田あさみはまってたな
ツチダのどの感情にも身に覚えがあるような気がした。特にハギオを好きなツチダは、まるで自分を見ているようだった……オダジョーのハギオが最強だった。ぜったい好きになる。
Bella

Bellaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

土田は何がしたいのだ??
終始いらいらさせられた挙句、別れは訪れる。タラレバ女子ってやつなのか..。
JunyaUeda

JunyaUedaの感想・評価

3.9
人間臭く、なんとも言えない感情が湧いてくる。無音のシーン、最後の歌のシーン。よかった。
さく

さくの感想・評価

4.0
良かったー 太賀くんの歌声とっても良い、もっと歌って欲しい。
オダギリジョーはなんであんなにクズ男が似合うのだろうか、でも憎めないのが悔しい。
「お前、俺のこと好きだったよなあ。俺はあんまり好きじゃなかったけど(笑)」←殺意