南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

ぽ

ぽの感想・評価

-
「私は私が何をしたいのか分からない」
分からんけど分かるってなった。

せいちゃんの歌うヒゲちゃんもう一回聴きたい。
さぁや

さぁやの感想・評価

3.5
2018.02.07
目黒シネマ2本立ての1本。
ツチダのせいちゃんといるときのダメっぷりと
ハギオといるときのダメっぷりが
どっちもうまく表現されてたと思う。
最後不覚にも一緒に泣いてしまって
終わり方がすごくよかった、
というか、余韻の残し方がよかった。
エンドロールに曲が流れない
っていうところが素晴らしい。
幸せな時間ってどうして崩れてしまうのか。
み

みの感想・評価

4.0
生きてる人間ってこんくらい臭いよね〜って再認識 出てくる人間はたぶんどっかに生きてるし自分の中にも生きてる 好きな人の好きなところはずっと好き
好きな人も好きだった人も一緒でも一緒じゃなくても幸せになってほしいと思います
TakuMori

TakuMoriの感想・評価

4.6
音楽の道を志すもヒモ状態の彼氏・せいいち(太賀)と忘れられない過去の男・ハギオ(オダギリジョー)の間で揺れるツチダ(臼田あさ美)の物語。
依存したり尽くしすぎたり自分に甘かったり。
実際にはさすがになかなかないだろうなと思いつつも、こういう不器用な女性もいそうだよね。

メインの3人の関係がリアルで芝居や言動もすごく自然だったし、作品内での設定・人物紹介も最小限だったのが良かった。
映画は冒頭の時点ですでに恋人・同棲状態で始まるし、元カレが登場してもいつのどんな恋愛だったかも全く説明されず、せいいちとの出会うきっかけも終盤で少し見られるだけ(でもその回想がめっちゃいい…)。

そんな作品通してのリアルさが現実世界の恋愛を想起させ、映画の中の話なのに終わった後もその恋愛や男女の感覚の違いとかをなんだかずっと考えてしまって。

そしてこの映画の感想と恋愛についての考察が頭の中でぐるぐる何周も回った挙句、この映画はとても素晴らしいんじゃないかと思ったわけです。
伝えたいことはこうで、このストーリーの面白いところはここで、なんて分かりやすい面白さに満たされたエンターテイメントを好んで見がちだったかもしれない。
創作物でもクオリティの高いリアルを観た時、そこで自分の現実生活をも結びつけて考えさせられてしまうんだよなあ…

加えて臼田あさ美のあの言いようのないエロさ。魅力。なんなんだろう。
太賀も良かった。オダギリジョーはもうオダギリジョーとして出てきたのかってくらいハマってた。


ツチダの恋の結末に正解なんてなく、自然といきついたあの終わり方が3人のベストの回答なんだろう。

どこまでいっても南瓜とマヨネーズな2人は、一緒になることは出来ないんだろうな。
自分がマヨネーズならブロッコリーな相手を探さないとなんかな。
最後のせいいちの歌がとても良かったので、この映画はいい映画でした。
元カレが忘れられないみたいなキャッチコピーあんま好きじゃなかったけど映画見てめっちゃ好きになった
これ、プロレスラーのお友達の方もおすすめしていて、すごくよかったよ〜っておっしゃっていて、その人が言うなら間違い無いだろうと思って見たけど、出てる人がみんなかっこよかった
mayo

mayoの感想・評価

4.0
ストーリー的に大きな盛り上がりはないけれど
恋愛観があまりにもリアルで
さすが魚喃キリコさんだなって思いましたし
映像が素敵でした引き込まれる、、、

太賀くんのヒモ感も自然で
あーこんな人いるよなって
もしどれだけ大好きな人がいても
オダギリジョーみたいな
めっちゃクズが現れたら惚れそうだな
って思ったり
なにより臼田あさ美ちゃんがめちゃくちゃかわいい
顔は大人っぽいしスタイルも綺麗なのに
声も話し方も少し幼いのがもう
たまらなく可愛くて愛しくて

一番泣けたのは
せいちゃんの歌
愛しいという言葉が痛いくらい分かる
一発撮りならではの緊張感
もう一度見たいなあ
蝉丸

蝉丸の感想・評価

3.8
富永監督の作品初めて観たと思ったけど、実は「乱暴と待機」を既に観ていた。やくしまるえつこの起用に納得。


ヒモと聞くと生ぬるい生活を送っているように感じるけど、ヒモはヒモで、いやヒモだからこそ結構しがらみに囚われたりするのか、と。なんかだらしなさ、それもダサい方のだらしなさを伴って生きているのになぜかそれが成り立っちゃう人も世の中にはいるんだろうねと思った。
臼田あさ美を見てて気づいたけど、女性の肌、特に脛は光を反射するんですね。その光に包まれたまま逝去しちゃおうかな

あとタイトルの意味は原作を読んだ人もあまり分かっていないようなので個人の解釈に任されている。
Honami

Honamiの感想・評価

4.0
せいちゃんとツチダ、リアルでとても胸が痛くなった…。

太賀に惚れ直した作品!
htmg

htmgの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

うまくいかなくてそれでも生活は続く…系の話といったらそれまでだけれど、登場人物、こんな人いるな〜とか撮り方や俳優の演技がすこぶるよくて、リアルさに嫌味がなくてそれぞれの心情が痛いほど理解できる、、

たまたま観ていた劇場に監督が遊びに来ていて「最後の歌はすべての登場人物にとっての救いのうた」と仰っていたことがすごく納得だった(臼田あさみさんも本番で初めてあの歌を聴いて、素の演技だったらしい!)やくしまるえつこさんがつくったうた、せいいちが歌ったうた、ほんとうに温かくてかわいくて尊かった。

じゃあね、の一言でもう二度と会えなくなってしまう繋がりなんてそれが大切な人でさえ人生にはふつうにあって、その一瞬を、その尊い瞬間をきちんと意識していながらもさわやかな切り取り方をされていたのが良かった。