南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

konomi

konomiの感想・評価

4.5
「ちゃんとしなくていいから、一緒にいたかった」なぜだか、いつかの恋を思い出すような切なさ
maria

mariaの感想・評価

3.0
たぶん一生ヒモ育てちゃう女と同じ気持ちにはなれない!最後の歌のやくしまるえつこよかった
原作既読。とにかくキャスティング最高ですね。打算と放蕩さを臼田あさ美が、現実と自分に向き合えずにグダグダしてる太賀、妖しさ称える魅力を醸し出すオダジョー…サイコーじゃないですか!
結局ツチダが願う理想のせいいちに最後はなってますけど、彼女自身は依存してるだけでその理想へ尽くす自分に酔ってるだけっていう。結果を叶えることへの努力と過程を維持する努力の違いは難しいですけど、そこに他人に依存するのは個人的にはイヤですし、そこに依存してしまう人間や依存させる人間がいることもまた事実で…。甘美な過去の恋愛に溺れるのもまた同じ。誰かのためにお金を稼ぐ愛人契約ではなく、ただ自分の過去の思い出に酔いしれるだけですし。人は簡単に自分を律する事が出来ないっていう。難しいですねホント。同じ人間同士なのに南瓜とマヨネーズになってしまうという。
でも離れて分かることがあるっていうのもホントで。アレンジしたラストも良いですし、その後の2人がどーなるかわかりませんけど少なくともせいいちはそれで変われたわけですから。
上記をふまえて、そんなキャラクタを演じきってる3人は流石の一言。
誰も溺れたくて溺れているわけじゃないし、簡単なありきたりなことほどかけがえのない難しい事柄なんですよね。
小石川

小石川の感想・評価

3.8
好きって気持ちは、「どうしようもなさ」と「呪い」なんだろうな。それでもって、歌はいろいろなものをきれいに吸い込んでくれる「祈り」みたいなもので。ささやかだけれど二人に根を下ろしてたものが鮮やかで、でも正直で、それに救われる、自分の気持ちに整理がつく作品だった。
まあただ好きな人のために生きてるだけなのに幸せにはなれないのってなんでだよ?
ゆ

ゆの感想・評価

3.8
2回目、約一年ぶりに見返した

初めて観た時の自分と、2回目を観た時の自分も、私の隣にいる人も変わってしまった 悪い意味じゃなく 良い意味で変われたとおもってるから全然いいんだけど!

最初に観た時は、当時の恋人と自分を、映画の中のツチダとせいちゃんに重ね合わせて 変に感情移入してエンディングでわんわん泣いちゃったけど、今回は特にそんなことなく、平常心で観てたなあ すごく冷静だった

自分が変われば、感情を揺さぶられるものも変わっていくわけで、それでいいんだけど、昔の自分がなにに感銘を受けていたのかは忘却したくないな

映画の内容とはあんま関係ないレビュー
ぽし

ぽしの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

エンドロールの生活音とうっすら聴こえてくるギターの音。きっとツチダはそういうものを愛してたのかな
南瓜とマヨネーズくらいの距離感。
kaoruyajim

kaoruyajimの感想・評価

4.0
懐かしい。
バギオはオダギリジョーではない気がする。もう少しダラしなくて不健康そうでミュージシャンぽい雰囲気の。誰だ。8年前くらいのオダギリジョーならちょうど良かったかな。
pii

piiの感想・評価

3.5
最後感動して泣きました、
自分の思いばかり押し付けてもダメだし、人と人、それぞれで難しいなと思いました、でも想いは伝わると思います、
オダギリジョーのクソ男具合がそそられました、笑笑
こば

こばの感想・評価

3.5
よかった。すき、この雰囲気。
みんなハマり役。太賀かわいい。オダギリジョーの役とかマジでクソだな。
何が起こるって訳でもないし、全然いい話でもないんだけど、沁みる。
ダメな男だとわかってても惹かれてしまう感じとか、「なにやってんだ」って突然我にかえる感じとかわかるなー。
みんな変わってく姿に寂しさみたいのも勝手に感じてみたり。なんか他人事と思えず落ち込むわ。
最後には臼田あさ美の演じてる役の女の子が強くなってて清々しいかった。