南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

おばけ

おばけの感想・評価

3.0
歌いおわったあとの、笑ってのぞきこむようなせいちゃんの仕草、まいった!
○出会いから同棲までの回想場面の大胆な省略(私的最良シーン)!
○元カレと現カレが遭遇する場面からの別れ話シーンや新曲を聞かせるシーン。無音シーンも印象的でした。
○ドア越し、ドア越し、金網越しの対話から新しい展開がはじまる。
○赤いタオル、赤い唇💋。ヒロインは脱がなくてもエロかった。でもスクール水着はあそこで着替えて欲しかった。
ibu

ibuの感想・評価

3.7
ずっと見たかったやつ。赤いレンタカーでドライブしてる時に流してる曲がモテキっぽかた。やっぱ太賀の演技好みです。

このレビューはネタバレを含みます

臼田あさ美のあの泣き方すっごい。
どうしたらあんな泣き方が出来るんだろう。
あのシーンで一気にあったかくなった。
ぽわっと。

あなたを好きでいることで私が在る んだよなぁ。
凄かった。
登場人物全員嫌い。だけど全員好き。
倒れるペットボトル、がたついた冷蔵庫、洗剤ついたまま触る手、全部が刺さり過ぎて苦しかった。この映画のこと好きなのか嫌いなのかわからない。
かい

かいの感想・評価

3.0
太賀、歌も上手いって最高かよ

臼田あさみ....だらしないけどかわいいかったなあ
化粧っ気なくても色っぽかった
友達のカナコもよかった

内容はさほど
ただ日常感がよかった
tomo

tomoの感想・評価

3.0
みんなクズだけど、オダジョーがクズすぎてしんどい。太賀がすごくよかった!ストーリーは全く共感とかできないけど、雰囲気、キャスティングが好き。
kaoru

kaoruの感想・評価

3.6
終始鬱屈とした描写が多いけど淡々と日常を描いていたのでサクッと観れた印象。

押し付けがましい恋愛感情や、人の脆さ、温かさが丁寧に描写されているように感じた。せいいちの無垢な笑顔が好き。

川島小鳥さんの優しいスチール写真も素敵でした。
最後のせいちゃんの歌にはグッときました。映画館で観れて良かった。

映像化したことで、魚喃キリコさん原作の繊細な心理描写にじめっとした生々しさが加わり、
物語のどうしようもなさが際立ってしまっていた。(個人的には良い意味で)
終始胸の奥がヒリヒリと痛くなる映画。

ストーリーは淡々と進んで行くけど、
カメラワークや音響など、監督の技巧的な撮り方が見ていて飽きさせない要素かと。


人間関係って、理性ではコントロールできないこともある。
とくにそれが恋愛だとなおさら。
しんどいことも多いけど、だからこそ何にも代えられない愛しさが生まれるんだと思った。