南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

eiko

eikoの感想・評価

3.8
苦しくて、苦しくて、やっぱり苦しい。
臼田あさ美ちゃんが好きだからって観たけれど、まんまとツチダにもせいちゃんにも、登場人物たちみんなに感情移入してしまった。

もたれかかって、よりかかって、気づいたときには苦しくって。別れも苦しい。

なんでこうなっちゃったんだろう、って、まさにそう。こんなはずじゃなかったのに、が生きてるといっぱい転がってる。もっと器用に生きていけていけたらいいのにな、と思いつつ、それはやっぱりできない。
み

みの感想・評価

2.5
オダギリさんが、ずば抜けすぎて浮いちゃってるんですよ、そんなきがします
臼田さんはライフでコントやってる時がいちばんかわいいよ!ちょっとナレーションがスティック読みじゃないかい?
あと、歌唱シーンはあれだけならもう、ない方がよくないかい?
それと、だらしないバンドやってる男を支える献身的な女の話かと思いながら観たら、女の子もけっこうめちゃくちゃやってて、どうしようもね〜〜〜と思いました
きびしいこといってごめんね
しかしながら、居酒屋でめちゃくちゃキスしながら「ハギオ、どうっすか?」と笑うオダギリさんがとにかくセクシーでよかったです、巻き戻してもっかい観ちゃったもんね!
P

Pの感想・評価

4.2
‪タイトル×臼田あさ美×太賀‬
‪ってだけでそそられて観た♡

‪終始臼田あさ美が可愛すぎる、、あんなスタイルと顔に生まれたかった😢‬

‪これ見てたら苦しくもなるけど、2人の絶妙な関係と感情にぐって涙溢れた!‬

‪これはこれでいい恋愛やなって思う💫‬
‪好きな作品だ♡‬
臼田あさ美が演じる女にはなりたくないけど臼田あさ美になりたい

ライブハウス、リアルだなあ
atom

atomの感想・評価

3.0
臼田あさ美をたっぷり堪能できる
声が特に好きだ

バンドの人たちのキャラがふんわり個性的で楽しい
音楽無しのスタッフロールがびっくり
配役も太賀オダジョーみんなハマってて台詞回し自然だった
名作って感じじゃないけど90分でサクッと観られるザ邦画
和子

和子の感想・評価

3.0
過激で難解
オチもなく
よくわからん
違う世界すぎてなんも共感できん

オダギリジョーはすごくかっこよかった
なんでこうなっちゃったんだろうな。ってせいちゃんが言ってたけど、なんでこうなっちゃったのかな。はぁ〜。儚いなぁ〜。ニャア〜。
NaotoKudo

NaotoKudoの感想・評価

3.8
ツチダの感情がわからない辺りやはり僕は童貞なんだろう
川島小鳥の写真いいな!
S

Sの感想・評価

3.9
久しぶりにハギオに会ったときのツチダの話し方。表情。リアルーーーーーーーー。
まぁすきすき言うてるうちはダメだよなーなんて。
どこにでもありそうな平凡な日常、恋愛って感じやけどこーゆうのが1番くる。
記憶に染み付いた匂い。Tシャツ、タバコ、埃っぽいライブハウス。画面から匂ってくるそれらに揺り起こされるあれこれ。大切にされることを忘れていた。好きを押し付けてばかりいた。ダメを承知でダメなまま、ダメな人が好きでした。身に覚えがあればあるほど愛おしくなる映画だと思います。臼田あさ美がヒロインでよかった。笑顔も泣き顔も全然キレイじゃない。女の不甲斐なさを任せられる人。でもやっぱり大賀。結局大賀。いつもずっとそこにいたかのような顔でそこにいますよね。まさかの美声。たまらん。