南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

原作未読。

ヒモでいることの難しさを教えてくれた。ヒモになりたいと思っていたけど少し考え直すことにした。

ツチダって結局自分のためにお金を稼いでいたんだよなあと。それを安原の見当違いなセリフで観客に気が付かせるという見せ方が上手い。というか、演出が静かながらめちゃくちゃ上手かった。心って映像に出来るんだ。

映像が良かった。DEMOが流れ出した時の道路のシーンが好き。

臼田あさ美の演技が最高。オダギリジョーはエロいし、太賀のヒモ感も良い。
まるえつ音楽監修は少し詐欺。嘘はついてないんだけどね。

あとコンガが欲しくなった。
慈

慈の感想・評価

3.8
とりあえず、大賀くんの歌声に拍手
あのシーン1発撮りらしい(監督の舞台挨拶にて)
あの緊張感が出るわけだ ...
ogi

ogiの感想・評価

3.4
みんな悩んでて、
ぐぬう ってなる。

映画館にいる人たちは
どんな感じで見てるのか気になった。
pira

piraの感想・評価

4.0
太賀じゃないと成立してないだろうなぁ

臼田あさ美がバンドマンと付き合ってるのもリアル過ぎてよかった
かわいい

全体的にいいね、と思った
meco

mecoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

魚喃キリコの原作から感じる、とてつもない切なさは感じられなかったが、SNSの繋がりとは違う相手を想う気持ちの繋がりがどんなに儚く切ないものかを、いまの子に感じることができる映画だった。最後、後腐れの無い終わり方が逆に心に響きました。
清潔感あふれるアングラの話

あらすじ見た瞬間から意味不明だと思ったけど、漫画原作モノを映画の2時間にまとめると、時間軸が違うからリアリティがなくなるのね
2度ある大きな盛り上がりも関連性がなく、ぶつっとした印象になるし、何より最後の歌を「尊い」と評価する語彙力のなさはよろしくないと思う。
分かりたいようで分かりたくない、
どうしようもない「好き」という感情。
時にさらさらで愛おしく、
時にぐちゃぐちゃで忘れたい気持ちを、
しっかり共感させてもらいました。


最後には巡り巡って「好きでいて良かった」と思えればそれでいいな、
思う映画でした。
男性にはどう見えるのか気になる作品。


原作は読んでいませんが、
朗読部分は不要かな?と思いました。
でも太賀さんの声や臼田さんの女性らしさがとても愛しい映画でした!
Snowkuouks

Snowkuouksの感想・評価

3.5
ツチダをめぐる天使と悪魔に、これからも何度か躓くのだろうか。
映像が好きだった、ストーリーはずっと盛り上がりを探してしまって物足りなさはあった。

ツチダとせいいちの出会いだとか付き合いたて同棲したてのシーン、一瞬だったけどすごく素敵だと思った、何気ないことがすべて愛おしく思えるんだろうし楽しいんだろうなあって、それを別れるときとか辛い時とか思い出してまた辛くなるのはみんな同じなのかな。

二人とも不器用ではっきりしなくて、かわいかった。二人の間に言葉はなくても、中身の薄い会話しかしてなくても、二人の気持ちがなかなか読めなかったりして、惹きつけられた。

昔からほんとに好きでたまらない人がいてもその人が振り向いてくれないとかいなくなるのが分かってるから他のもっと落ち着ける人を好きになって結局落ち着くってのは分かるし、それで本当の好きみたいなのを見つけられたのはよかったのではないかな。薄っぺらいな私のコメント
アヤノ

アヤノの感想・評価

3.5
登場人物みんなすごく人間味がありました。

太賀の真っ直ぐな目がとてもよかったなあ。
オダギリジョーは言うまでもなく、クズで危うくてほっとけない男が最高に合ってました。