人生はシネマティック!の作品情報・感想・評価

人生はシネマティック!2016年製作の映画)

Their Finest

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍…

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍部の検閲や横やりなどトラブル続出。そのたびにカトリンたちの脚本は二転三転するはめに。それでも困難を乗り越え、ついに撮影は大詰めを迎えるが、ここで最大級のトラブルがカトリンたちを待ち受けていた…。

「人生はシネマティック!」に投稿された感想・評価

カツマ

カツマの感想・評価

3.8
良く言えば王道、意地悪に言えば古臭い。でもそれは意図的にこの映画を『昔の映画っぽくする』ことによって、映画作りに励む人たちの情熱と苦労と喜びを表現しようという、作り手側の熱い想いが伝わってくる!
脚本サイドからのアプローチを軸にして、ダンケルク救出作戦を題材にしたプロパガンダ映画が完成するまでを、群像劇風にドタバタとした早急なテンポでお送りする、映画への愛に溢れた作品だ。
配役陣の中では名優ビル・ナイが圧倒的な存在感!現在の彼の立ち位置とも微妙にリンクしているような、自虐的な演じ方が妙にコミカルで面白い(笑)

ときは第二次世界大戦時、ナチスドイツとの血みどろの激戦はついにはイギリス本土への空襲という形となり、激しさを増していた。
ロンドンではダンケルク救出作戦を題材にしたプロパガンダ映画の製作が開始され、そこにはもちろん戦争への士気を高めるための意図があった。この一大プロジェクトの脚本家に選ばれたカトリンは女性視点を期待されての抜擢で、脚本家チームのリーダーバックリーからも早々にその才能を認められることになる。
だが、映画の製作は序盤から難産となっていた。ベテラン俳優のヒリアードは出演を渋り、製作サイドからはアメリカ人を起用せよとの無茶ぶりまで降ってくる始末で・・。

この映画は徹底して王道の作りになっていて、物語はメロドラマ風のロマンチックなテイスト。ピュアでいじらしく、少しばかり古臭いところも、大袈裟なくらいに真っ直ぐ投げ込んでくるので逆に気持ちよくなってくる。劇中のセリフがそれこそ修正前の生の脚本のようにたどたどしくて、そんな作為的に用いられる未熟さや未完成さが何とも愛らしい作品でした。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.2
見たかったものシリーズ

監督とサム・クラフリンに惹かれて、ずっと見たかったもの。

映画愛が凄い!

人生の1時間半を捧げたくなる映画を作りたいって言葉が印象的だった。

サム・クラフリンはカメレオン俳優!
n

nの感想・評価

4.3
『チャンスに背を向けるのは ‘‘死’’に‘‘生’’を支配させてるのと同じだ 大きな喪失感にとらわれていようと』

映画には人の心を動かす力があると改めて。ビル・ナイの貫禄ある演技が良い。
Masa

Masaの感想・評価

3.4
原題: Their Finest
直訳: 彼らの最良の…

ー みんなで作る「最高の結末」
kaz

kazの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦中が舞台。
明るさはないが、じんわりと沁みるような作品。要所要所の台詞が良い。

脇を固めるビル・ナイも良い。

終盤、想像外の展開に驚くも、ラストは綺麗に着地したという印象。

映画好きなら観て損はない。

星は3.9か。4つでもいいかな。


あと、ジェマ・アータートンが美しく、どことなくエロい。いや、エロいというか色気がある。


なぜ人は映画が好きか?
構成されてるからさ
ストーリーには形 目的 意味がある
不幸な展開も作為的で
意味がある
人生とは違う


たまには価値のある映画を作りたい
人生の1時間半を捧げたくなる映画を


チャンスに背を向けるのは
“死“に“生“を支配させてるのと同じだ
大きな喪失感にとらわれていようと
戦時下、国民の士気を高めるためのプロパガンダ映画をつくる脚本家の恋の話。演者役が歌うシーンがよい。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.5
.
2018🎬10
人生はシネマティック
.
これが映画だ
現実から退屈な部分を切り取る
.
.
1940年、ロンドン。空襲の最中、コピーライターをしていたカトリンはバックリーの目に留まり、情報省映画局に入るところから話は始まる。
何よりカトリンとバックリーが魅力的。映画は、始まりの脚本、そして監督キャストスタッフ全ての人たちが一体となってつくられているんだと改めて感じた。バックリーが、
"人生の1時間半を捧げたくなるような映画をつくりたい"
って言ってたところはジーンときた。時間を捧げてよかったと思われるなんて本望だよね。そして、私はいろんな映画をみて、自分の時間、人生を豊かにしたいと改めて思った。
この映画にはいろいろ心に残る言葉があって。さっきのもそうだし、
"映画は構成がすべて。不幸も作為的。人生とは違う。"
"明日をも知れぬ命よ、時間を無駄にしないで"
とか。第二次世界大戦が周りの大切な人たちがどんどんいなくなっていくなかで、どう人生と向き合っていたのだろうか。昔に比べたら、今はとてつもなく平和な世界なんだと思うし、これからも優しさに溢れる世界であってほしいと、そう思います。
yu

yuの感想・評価

4.5
英国プロパガンダ映画製作に携わることになった一人の女性を描く。またダンケルクじゃん!と食い付いて観たらもう掛かったね。映画的罠に。
「人はなぜ映画が好きか」
確かにシネマティックが止まらなかった。
ノーラン監督のダンケルクと同じ時代(というかもろにダンケルク戦の裏側)を描くが個人的にはこちらに軍配。

ヒロインのジェマ・アータートンが清々しくも芯の通った脚本家役を好演。
そして何と言ってもやはりビル・ナイ。
脇役ながらも一人ズバ抜けた存在感で全てをかっさらっていく。

娯楽の少なかった当時、映画がどれ程価値のある、そして夢があったものだったのか。
辛辣な状況を描きながらも女性監督らしく暖かなユーモアに溢れた優しい物語。

そして日本人なら恐らく三谷幸喜の「笑の大学」を思い浮かべるはず。
観終わってみるとこちらも中々によい邦題だ。
去年製作されたダンケルク三作(ダンケルク、人生はシネマティック、ウィストンチャーチル)のうち一番話題にならなかったものだけど一番好きでした。いやチャーチル観てないけど……。
恋愛要素はロマンチックでときめくし、映画製作現場は興味深くて面白いし、キャラクターも立っていて可愛い。あと犬が出てくる。
戦時中人手不足による女性の雇用促進というと工場などのイメージが強かったけど、ライティング業などもそうだったんだな……という気づきがあった。
>|