人生はシネマティック!の作品情報・感想・評価

人生はシネマティック!2016年製作の映画)

Their Finest

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍…

第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。その新作映画とはダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した双子の姉妹の物語。戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、この感動秘話の映画化が決まった。しかし製作が始まるとベテラン俳優のわがまま、政府&軍部の検閲や横やりなどトラブル続出。そのたびにカトリンたちの脚本は二転三転するはめに。それでも困難を乗り越え、ついに撮影は大詰めを迎えるが、ここで最大級のトラブルがカトリンたちを待ち受けていた…。

「人生はシネマティック!」に投稿された感想・評価

STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

3.6
映画館で映画を作る映画を見ていて、
戦争中で空襲の中でも戦争映画(ダンケルク)の内容を入れてくるとはこれは面白い!思ったが自分は仕事あがりで少し眠くて退屈したんだけども、いきなり爆撃とかくるのでびっくりしました!(^^;

でもカトリンには衝撃的な事がまさかね!
(>_<)自分にはこれハッピーで見れません。。。

人々のために自分のためにも作った作品で映画の台詞はとても良かった。


場面としては映画を作った仲間でお酒とピアノの演奏歌声の所好きでしたねー
いの

いのの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます



劇中でイギリス映画とアメリカ映画との違いを語る場面があったが、その台詞が象徴するように、イギリス映画らしい奥ゆかしい上品な映画だった。奥ゆかしく控えめだからこそ、内に秘めた想いを発露するその瞬間が、より一層美しく感じる。

あのイケメン脚本家が、生と死について、映画の持つ意味について、語る場面。もっとちゃんと私の心に刻み込みたかった。スターウォーズ疲れもあり、うっかりしていて、しっかりとお持ち帰りをすることができなくって残念。あの台詞は覚えて帰りたかったな。

国策映画、プロパガンダ映画の製作。それは戦時中には必要なわけで、それに抵抗していては映画を作ることも上映することもできないわけで、でも、プロパガンダ映画ゆうても国威発揚を促すためだけでなくて、戦争に堪え忍ぶ人々に寄り添うような、肉親を失って絶望の底にいる人でもかすかな希望を抱いて生きていけるような。人が生き抜くためには、堪え忍んでいる人が生き抜くためには、希望が必要で、だからこそそういう映画が必要でもあるわけで。

映画はチームで作るものなんだという当たり前のことをしみじみと思う。チームでギリギリまでベストを尽くす。だから私は映画が好きなんだなって思う。


でも、せっかくのようやくのいいところであれはない!
あんなのひどすぎる-!
あんなん泣くわ!
泣くに決まっとる!

ああ、ビル・ナイが私の家にも来てくれないかな-。
そしたら私も頑張れるのにな-。


カトリンの唇が可愛くて、何度もじっと見つめてしまいました。

やっぱり女の人を小さく描くような男はダメです。
切れ味の良さをわかってくれる人と、カトリンがまた出会えますように。
tzremk

tzremkの感想・評価

3.8
『映画』がもっと愛おしくなる映画。辛い時代の話しだからこそ、よりこの映画のメッセージが刺さる。
konomo

konomoの感想・評価

3.4
映画撮影の現場の話かな?アメリカの夜みたいな?ビル・ナイが出てるし観てみよう、というノリで出かけたら、二次大戦中の英国でダンケルクの撤退を題材にしたプロパガンダ映画を作る話だった。へー、こうやって企画されて、そういう横槍が入るのか!そういう手法があるのか!などと色々興味深かった。

主人公は脚本家で、チームで1本の脚本を仕上げるのだが、ボードに話の始まりと結末をメモに書いて貼り、間をエピソードのメモで埋めていく。
…そんなメモの1つだったとしか思えない、唐突なエピソードがあって、あーあの映画館シーンを入れるためにこうしたんだね?というシナリオの都合が見えて、そこは興ざめ。

まぁでも「で、あのエージェントの犬はどうなったの?」をちゃんと見せてくれる細やかさは好きでした。
れい

れいの感想・評価

4.0
戦時中に「ダンケルク」を題材にした映画を作る女性脚本家の話なので、映画好きとしてはたまらない設定。しかし苛酷な描写に戦争の現実を突き付けられた!女性向きの作品の感じもするけど、自分は好き!この邦題はセンスあるね。
omo

omoの感想・評価

3.5
ロンドンが舞台だっていう軽い気持ちで見始めたけれど、たまたまそのあと見ようと思ってた『ダンケルク』を製作する過程の話だった。途中急展開すぎてちょっと雑だけど、たしかに人生どこで何が起きるか誰にもわからないし、最後のメッセージに感動してボロ泣き。サム・クラフリンって『世界一キライなあなたに』のイケメンだったのね。ブリティッシュイケメン最高。
さち

さちの感想・評価

3.9
戦争の背景がまざまざと描かれる中、後半の展開が唐突すぎて(心の準備が出来ず)ショックがデカい。(サム・クラフリン👓いいねぇ💕なんて思ってたら奈落の底に落とされます😂)こんなことあるのかよ、良くも悪くもまさにシネマティック。

ビル・ナイおじちゃんに助演男優賞🏆

彼の美声はおかわりしたいです😌💕
2017ヒューマントラストシネマ有楽町
戦時下の映画製作か、働く女性か、ラブストーリーかどれかに絞って!

このレビューはネタバレを含みます

もっと大きく報われると思ったら戦争はそこまで優しくないという現実がありズシンときた
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.5
内容全然知らなくて、周囲の評判がいいとゆー理由だけで観てきたけど、ありがとう私の友達たちよ…みんな愛している…めちゃめちゃ良かったよー。目が溶けるほど泣いた。主人公の悲しみに、強さに、そして時代に負けず映画を作る人たちの映画への愛に。
ビル・ナイ様が可愛すぎやしませんか。36歳じゃなくて63歳だけど、ビル・ナイなら63歳のヒーローだって演じられるよ。ジェマちゃんは慎しみ深い服装をしていても隠しきれない巨乳が露わになることがあり、事務所の家具の配置は最初のままで良かったのにと思う次第。
もう出てくる人みんな好き…バックリーの不器用さも愛しいし、赤毛のスパイも抱きしめられたい…サム・クラフリンって全然認知してなかったんだけど、めっちゃ好みのメガネでやばかった。
>|