52Hzのラヴソングの作品情報・感想・評価

52Hzのラヴソング2017年製作の映画)

52Hz, I LOVE YOU

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:109分

3.5

あらすじ

今日はバレンタインデー。花店のシャオシンの商売はかき入れ時だが、一緒に過ごす彼氏がいない。パン屋の孤独な職人シャオアンは注文品に紛れ込ませて、片想いのレイレイにプレゼントする特別なチョコレートを作る。この2人がそれぞれ車とバイクで配達中に接触事故を起こし、仕方なくバイクで一緒に両方の配達をする事になった。一方、10 年間同棲しているレイレイとダーハーは、別れとプロポーズという全く違う思惑でバレン…

今日はバレンタインデー。花店のシャオシンの商売はかき入れ時だが、一緒に過ごす彼氏がいない。パン屋の孤独な職人シャオアンは注文品に紛れ込ませて、片想いのレイレイにプレゼントする特別なチョコレートを作る。この2人がそれぞれ車とバイクで配達中に接触事故を起こし、仕方なくバイクで一緒に両方の配達をする事になった。一方、10 年間同棲しているレイレイとダーハーは、別れとプロポーズという全く違う思惑でバレンタインデーの朝を迎えていた。

「52Hzのラヴソング」に投稿された感想・評価

バレンタインが舞台のミュージカル大甘と思わせて、公式の場で祝福されたい同性愛者や恋やお互いの愛情だけで恋愛できるかだとか少し苦みをさりげなく入れてる構成が好き。あと公開前に聞いてダサいと思っていた「大世界小世界」が映画で聞くととてもとても素晴らしい曲に聞こえて感動した
月

月の感想・評価

5.0
このくらい、ずっと歌っとるのが、好き。楽しい映画やった。何故か、ミュージカルシーンで泣きそうになる。
Hagiwara

Hagiwaraの感想・評価

3.8
およそ今までの台湾映画らしくない映画ですw
ミュージカルとは聞いていましたが、ほんとにほとんど歌っているじゃないですか‼

ミュージカルを見慣れていない私は、映画冒頭から歌いだすので、映像のテンションについていけず、字幕もよう頭に入らなかったとです・・・
しばらくしてようやく脳が慣れてくると、やっとストーリーに集中できました。

イベントでキャストの生歌は聴いていたので、みんなミュージシャンだし上手いのはわかっていましたが、出てくる人みんな上手いじゃないですか。「セデック・バレ」のモーナ・ルダオ役の渋いおじさんも出ていて、「まさか、あんたも歌うのか?」と思っていたら、やはり歌います!
歌わせたウェイ・ダーションさすが。(セデック・バレでも歌ってたらしい)

楽しく、明るく、ハッピーにさせる映画でした。

張榕容がイケメンな感じで出ていてびっくり。頼雅妍と一緒にそっち系の役柄もいけそうな感じです。
序盤★3 中盤★3 終盤★3

昨年再見含む300本映画を観て、
初見作品で唯一★5の満点にしたのが、
同じ台湾映画の『星空』でした。
そんな『星空』経由で知ったのが本作。

クジラ類は15〜25Hzの周波数の歌(声)で仲間と交流し、
ところが『52Hzで歌うクジラ』が世界に1頭だけいて、
しかしその姿は確認されておらず、
音の検出だけでそういう個体がいるだろうと海洋学者らは推測しているらしい。

映画のタイトルにはそういう意味があり、
『自分の好きなヒトには恋の歌が聴こえない』という切なさ、
けどもしかすると『そんな孤独な恋の歌が聴こえる、届くヒトがひとりでもいたら…』
っというロマンちっくな意味合いもある。

最初はポップな色合いの画面と曲調で楽しくキュートで、
もちろん切なさもあり、
お国柄なのか?「おいおい!!それで済むの?」
っという点も多いけど(笑)、
優しさに包まれるような本作、
モノづくりとして台湾映画を評価します。

香港映画には『陰と陽』、
韓国映画には『縁、運命』をテーマにしたものが多いけど、
台湾映画はこのふたつを上手く取り入れていて、
その点も好みでした。

ここには記載されていませんが、
台湾で活躍されている田中千絵さんという方も出演されております。

あなたの恋の周波数、
誰かに届いてますか?(笑
えっオレの?
怪電波なんで。。。😅

2018年28本目
ゆー

ゆーの感想・評価

3.8
台湾映画の明るさが全面に出たミュージカル映画♪観ててほのぼのした気分になる♪色彩が鮮やかだし、いつも思うのだけど台湾映画日本でたくさん公開して欲しい♡と華流の私は思うのでした…
Tom

Tomの感想・評価

-
2018/2/18
音楽に乗せて、台北の街とそこで繰り広げられる人々の出会いに感動。
emily

emilyの感想・評価

3.3


バレンタインに繰り広げられる様々な恋愛模様を全17曲のラブソングに乗せて綴る。花屋の女性33歳は恋人がいない。パン屋の職人は想いを寄せる女性がいるが、彼女には10年付き合うと彼氏がおり。。そんな二人が事故により出会う。

ミュージカル調で幕開けし、ポップでカラフルな色彩、日々を抜群の音楽とともに陽気に綴る。楽曲それぞれシンプルなメッセージにキャーチなメロディラインが耳障りよく、それぞれの心情にぴったりと寄り添う。抜群のハーモニーと色彩で見せるそれぞれの愛の形。街はバレンタイン一色、女同士も、借金かかえる彼氏とその彼女も、全員がハッピーにラストを迎える。

エンドロールもキュートで単純に笑顔に、そしてハッピーになれる作品だ。何も考えず音楽に体を任せそれリズムにのり、気がついたら曲のメッセージに心打たれる。バレンタインにぴったりなハッピー全開の作品。たまには底抜けに明るいこんな作品もいい
たくみ

たくみの感想・評価

2.5
重厚な超大作「セデック・バレ」のウェイ・ダーションがラブコメ・ミュージカルを作ったと聞いて、いったいどんな仕上がりなんだろう?と興味が沸きましたw

複数組のカップル(同性カップルもあり)が登場する群像劇ミュージカルで、想像してたよりかなり軽いノリでしたが、テンポは悪くなかったですね。ただ、出て来る女性がちょっとワガママだったり、ダメな男に振り回されすぎてちょっとイライラさせられたり。。。演出もちょっと音楽トゥーマッチな気もして、なんだか往年の角川春樹氏が監督した作品みたいな過剰演出がやや鼻につきました。

タイトルになっている「52Hz」も、もうちょっとわかり易く取り上げて欲しかったな。
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

2.5
音楽ってのは力がありますから、どんな映画でもいい音楽さえあれば結構持ちます。

って、褒め言葉とも思えない言い回しですが、まあやむを得ないでしょう。だって、物語がないんですから(笑)。

歌番組を見ているような感じですかね。特にストーリーと言ったものはなく(ちょっとある)、いろいろな男女が出てきて、バレンタインデーの日、あれやこれや愛の歌を歌うという映画です。

http://www.movieimpressions.com/entry/2018/02/06/225328
初っ端からミュージカル調だったので、苦手な私はうわぁ。。どうしようと思いましたが、話が進むにつれ、登場人物たちの唄(心の中)が自分の心に染みてきました。

心が温かくなる映画。
劇中のクジラの唄がよかったなあ。

恋愛映画なんだけど、人を好きになれるのは幸せなコトなんだなぁと人生観まで伝わる映画でした。

高得点なのは、苦手なミュージカル調だったのに、感動したので。
>|