閉鎖病棟ーそれぞれの朝ーの作品情報・感想・評価・動画配信

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー2019年製作の映画)

上映日:2019年11月01日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

「閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー」に投稿された感想・評価

社会で生きていくことが難しくなった人たちが、閉鎖病棟に。それぞれが悩み苦しみを持ち集まるが、その中で殺人事件が起きてします。涙なしでは見られない。
それぞれが世の中に屈しながらも、居場所を探して、ゆっくり頑張っていって欲しい。
now

nowの感想・評価

4.0
久しぶりに重ための映画を見たくて鑑賞
鶴瓶様の演技が素晴らしい
小松菜奈様の絶望が画面越しにとても伝わってくる

皆様の言う通りたしかにセキュリティは甘々……(笑)
ayame

ayameの感想・評価

2.9
演技派の人たちばっかだったなー
気分は悪くなるけど見てよかった
ナツミ

ナツミの感想・評価

3.9
2021.6.10 #53

観ようと思ってた作品。
誰だって慣れてた環境から離れるのは怖いことだし、それでも人間、生まれた時も死ぬ時もひとりなんだからそんなことを怖がってはいけないよなと思った。
だからこそ周りにいるひとに日々助けられて、励まされる。生きてたら心ない声をかけられたり、打ちのめされるほど傷つけられるときもあるけど、いろんなやり方で逃げたり、乗り越えたりしてきた人はやっぱり強いと思うのです。
そういう場面をたくさん経験できた人はどんな人よりも強い。

そしてなにより、この作品に出てきているキャラクターを演じる演者のみなさんの力がすごかった。こういうのを演技が上手いっていうんだろうなぁ。
ハルカ

ハルカの感想・評価

3.5
重くて辛くて泣けたけど希望があった
立ち上がる強さをもらった
一昨年の「楽園」「影裏」と並ぶ”よわよわ綾野剛3部作”ですね。日本治安わる…
雪音

雪音の感想・評価

3.7
ほんとに重いストーリー。
フィクションだけど、現実に障害者施設での性的虐待もあるので映画だと割り切れない部分もあったかなぁ。

しかし渋川さんは毎回役があんなんばかりで損してるよなあ。
ポカリ

ポカリの感想・評価

3.8
あらすじ一切読まずに気になる作品に体当たりする常習犯なので、鶴瓶さんの役どころが「死刑執行でミスされて死ねないまま精神病院で余生を過ごす死刑囚」って開始5分で明かされたあたりからこれは当たり作品じゃねえか!と世間から一足遅れて興奮&映画館で観ればよかったわ、と後悔。

劇中で発生した事態をどの立場で受け止めて、それを正義と取るのか悪と取るのか判断できないもどかしさは、同じく鶴瓶さん出演作の『ディア・ドクター』観た時と似たところがあった。終わり方も絶妙だし、鶴瓶さんやっぱいい演者さんだなあと再認識。

このレビューはネタバレを含みます

由紀が見たあの朝焼けが忘れられない
甘ったれてんじゃねえ!みたいにおばさんに怒られたあとの。
絶望も希望も全部つまった朝焼けに見えた
m

mの感想・評価

-

重たくてしんどかったけど、
すごく考えさせられる



.事情を抱えてない人間なんていないからね.
>|