ピータールー マンチェスターの悲劇/ピータールーの虐殺の作品情報・感想・評価・動画配信

「ピータールー マンチェスターの悲劇/ピータールーの虐殺」に投稿された感想・評価

odyss

odyssの感想・評価

3.0
【正攻法すぎる】

ウォータールー(ワーテルロー)の戦いで英国のウェリントン公爵がナポレオンを打ち負かした直後、英国の産業都市マンチェスターで実際に起こった事件を映画化しています。

公爵が多大な年金を受け取れるよう国会で決議がなされる一方、マンチェスターの工場労働者たちは安い賃金に加え、食品の値上げに苦しんでいました。

その直接的な原因となったのが、穀物法という悪法。これは映画では少し言及されているだけですが、穀物の輸入を制限する法律で、国内の穀物価格引き上げを狙った英国地主貴族階級の画策の結果とされています。外国から安い穀物が入って来なくなると困るのは庶民。

ちなみに現在も世界的に「正しい」とされている自由貿易主義は、こうした悪法への反省から生まれたとも言われています。

それはともかく、生活苦を何とかしてもらおうと、著名な演説家を呼んで広場に多数の民衆が集まる。暴動になれば官憲の介入を招くだけだからという理由で武器、或いは武器になりそうなものは携帯厳禁。ところが・・・

特に作品後半、広場に大群衆が集まるところ、そしてその後の惨劇のシーンがこの映画の最大の見どころです。また、庶民の生活を、光の当て方を工夫して描いた前半も絵画的で、それなりの出来。

しかし、この映画の欠点は、善玉悪玉がはっきりしすぎているところ。支配階級でも広場に集まった大群衆への対処の仕方については意見が多少分かれていますが、工場主までが支配階級と意見を同じくして・・・というのは、ちょっとどうかと。

というのは、工場主はたしかに演説会のせいで労働者たちがサボタージュすることに立腹してはいるのですが、仮に労働者の多数が働けなくなれば困るのは工場主。また、歴史的に見ると工場主は穀物法の導入には反対したという事実がある。食品が安価になればそれを口実に賃金を下げることができるからです。つまり、穀物の価格を上げたい地主階級と、賃金=工場運営コストを下げたい産業ブルジョワジー階級とでは利害が対立していたわけです。

ところが、この映画ではどちらも労働者階級を抑圧しており、互いに協力関係にあるものとしてしか描かれていない。

史実としてそれなりの重みをもつ作品ですが、歴史や社会の複雑さをもう少し描くことができないと、大人の鑑賞に堪える映画にはならないのでは、と思いました。
honmosuki

honmosukiの感想・評価

4.0
歴史ドラマ。1800年代に発生したピータールーの虐殺を描く。失業や飢餓にあえぐ民衆が参加する大規模集会に軍が投入され大惨事となる。事件に至るまでの過程をじっくりと描いており、やや長い映画だが、史実でもあり、当時の人々や風景を興味深く見れた。事件については唖然とする。
マンチェスターのある一家、特にナポレオン戦争帰りの息子(wikiによると彼は実際のこの事件での被害者ジョン・リーズがモデルと思われる)を中心に、多くの人間の思惑や動きを絡めながら、公平な選挙と悪法である穀物法の廃止を求めて行動を起こした労働者たちの姿とその悲劇を、美しく重厚な映像で描く。

19世紀初頭のイギリスの庶民の暮らしのリアリティが素晴らしく、また北部イングランドの自然もとても美しい。抗議してもどうせ何も変わらないと懐疑的だった人々が、なけなしの一張羅を着て帽子に月桂樹の枝を刺し、集会に集まってくる。特に女性は皆白いドレスに身を包み、晴れがましい表情で…その描写がより後の悲劇を際立たせる。

一方、王族や議員、官僚、資本家の描写は俗っぽくカリカチュアされていて、そこがちょっと物足りなかった。だが生まれた時から当たり前のように選挙権がある私達がこの映画を観る意味は決して小さくはない。劇中の「権利は与えられるものではない。生まれた時から持っているものなのだ」というセリフが胸に響いた。
 「自由か死か」

 いや言葉が出ない。何という時代だろうか。
 政府の腐敗。私腹を肥やし、貧困層を見下し、抗議者は反乱分子として、権力の乱用によって潰しにかかる。まさにやりたい放題。国王も首相も司法も立法も行政も狂ってる。

 この史実、対岸の火事とは思えない恐怖を覚える。


 本作には特定の主人公がいるわけでもなく、ストーリー性も皆無。映画としての面白さは期待できない。歴史を学ぶための教材映像という感じ。
のすけ

のすけの感想・評価

2.5
セットや衣装は本当に当時のようであり素晴らしいが、演説中心でダルめ。
155分の中で無駄なカットが多く飽きてしまう。

しかしこういった史実があったことは興味深い。集団心理。日本の戦艦大和と同じような、空気感の支配。
イギリス駐在時代にちらっと耳にしたことのある話だったので鑑賞。

時代背景などを少し知ってるからおもしろかったけど、これ全く知らない人は??となるかな。最後の集会のシーンはリアリティがあってさすがだった。
デニロ

デニロの感想・評価

3.5
200年前のイギリスの権力による市民虐殺の物語。マイク・リー作品ということでのこのこと出掛ける。
2004年の『ヴェラ・ドレイク』以来のマイク・リー。

ナポレオン戦争。これ以降フランスは戦争に勝ったことがあるんだろうか、等と余計なことしかかんがえられなかったが、戦争の経費により庶民の生活が窮迫するという、今日に通じる話。でも、ナポレオン戦争のことよく知りません。

放埓な摂政ジョージ4世、それを操る首相そして反対勢力。宮中の政治ドラマに民衆の民主化運動が絡む。民主化運動に絡んで演説のうまいヘンリー・ハントという急進的活動家を登場させる。彼はプロの活動家であるが故に、民衆の民主化運動の杜撰かつ楽天的なあり方に辟易している。彼には革命的警戒心があるのだ。

そんなこんな登場人物がいるのだが、あまりそそられなくとも現代に通じる話としていろいろ感じ入ることもある。香港ではどんな人物が蠢動しているのだろうか。
1819年イギリスのマンチェスターで実際に発生した「ピータールーの虐殺」の全貌を描いた歴史ドラマ。

ナポレオンとの戦争が終わった後で、重税などによる貧困の悪化に伴い失業者が多く発生した当時のイギリス。貧富の差も歴然で貴族中心の政治に打開策を見出せない労働者たちは、不満を募らせて抗議活動へと身を投じていく。それがやがて6万人に及ぶマンチェスターでの集会へと発展する。

大枠のストーリーはこんな感じですが、これを伝えるのに2時間半は流石に長過ぎた。話自体がまだ分かりやすいのは幸いですが、物語を牽引する主役と言える登場人物はいない。

キャストも有名な人はほぼ使っていなくて、強いて言うならメインの活動家であるヘンリー・ハントを演じたロリー・キニア。「007」シリーズでもタナーを演じた彼くらい。

主題のピータールーの虐殺の場面は徐々に混沌が進行していき、やがて会場全体がパニックに陥る様子はリアルでした。一方的に民衆に剣を向ける義勇軍。成す術なく逃げ惑う一般人たち。結果数百人の死傷者を出すイギリス史上でも最悪レベルの虐殺になってしまう一連の描写は圧巻。

ただここに行き着くまでは映画始まってから2時間15分ほど。それまでの労働者側と貴族側のそれぞれの描写は重みがあって悪くありませんが、娯楽らしさは全く無いのでちょっとしんどかったですね。
十一

十一の感想・評価

3.4
言葉は風の如し。語るほどに、言葉を積み重ねるほどに、実態と言葉が致命的なまでに乖離して悲劇に至る様子を克明に描く。歴史のスコープで俯瞰すると、悲劇に至る狂騒も滑稽みを帯びる。この時期に作られた理由として、おそらくは、ブレグジットへのマイク・リー監督なりの見解ではないか。自分自身のことですら、皮肉を交えた語り口になるのは、いかにも英国人らしい。
h1sash1kjm

h1sash1kjmの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

1819年マンチェスター事件を描いた作品。労働者階級を中心に選挙権を求めるデモを行うが、体制側は非武装の市民を虐殺する。時代背景等の予備知識が無いと何をやっているのだかサッパリ分からない。主役が誰なのかもフォーカスが弱いので最後までよく分からなかった。
>|

あなたにおすすめの記事