永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

ナチスによる民族浄化に抗う天才ギタリストの物語であると同時に、愛する男とその才能を、体を張って守った女の物語でもありました。ロマ音楽に興味のある人は観るべきです。ジャンゴの演奏シーンもカッコよくて痺れました!
sally

sallyの感想・評価

3.6
「ヒトラーの忘れもの」をはじめ、今年に入り「ヒトラーへの285枚の葉書」 「ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦」なども大変に良かったので、ここ最近上映される第二次世界大戦のドイツモノは、知らない事での発見などがある為に、本作も大変に楽しみにしていました。


また、本作品の主人公になるジャンゴ・ラインハルトも名前ぐらいしか知らなかったので、音楽好きとしても内容に大変に興味がありました。

本作品、演奏シーンは大変に素晴らしく、思わずこちらものってしまう程良く出来ていました。

強いて言うのなら、演奏シーンももっとあればもっと楽しめたのですが、映画のテンポがいまひとつ私には合わず、流れがあまりにも遅いかな・・・しかし、当時のヨーロッパの戦争事情も本当に愚かですね・・・

見ていて何とも虚しさにかられました・・・・

主演を演じたレダ・カテブは役者魂全快で素晴らしかったな・・・
主演のレダ・カテブがウォーレン・オーツとフレデリック・フォレストを足したような面構えで良かった。

フランスのジプシーってことで、アラン・ドロンの「ル・ジタン」を思い出して見ていました。
悲しげなギターの旋律とコーラスは今でも耳に残ってます。

今回は第二次大戦中のドイツ占領下のフランスでの実話。
セリフにも出てきますが、ドイツ兵よりもフランスの民兵のほうが酷いと。
人間って強いほうになびいちゃう狡い生き物ですね。

そんな中でもジャンゴは音楽で抵抗し続ける、そんな姿がかっこ良かったです。
肝っ玉かあさんも強い‼️
記録。
卓越したギターテクや最後のレクイエム等音楽映画としても、ナチスの容赦無いジプシー狩り等戦争映画としても圧巻だった。
ジャンゴの男の生き様の格好良さも素晴らしい。
p

pの感想・評価

3.5
迫害を受けたジプシーの人たちに送るレクイエムに震えた
演奏が見事でした
ストーリーに中途半端な感じはあったけど
とにかくナチスが憎いです。
mmmm

mmmmの感想・評価

3.5
ジプシーの話というより、ジャンゴという天才的なギタリストがジプシーだったので、こんな時代だからこんな目にあいました的なストーリーだった
ジプシー目線としてもジャンゴの話としても中途半端?
ギターを弾くシーンは、相当練習したんだろうと思わされるほど指の動きもしっかりしてた。
ジプシーのジャズギタリスト=ジャンゴ。時代はナチス占領下のフランス。

と言えば、何となく想像できますね〜。映画はそれを裏切りません。そこが物足りないところでもあります。

ジャンゴ、、と言ったらマカロニウエスタンを思い出す程度で、この方が伝説のジャズギタリストだったことすら知らないで観てしまいました^^;

ナチスがフランスを占領し、ジプシーを迫害し始めたことを聞いても、彼は最初、結構無頓着に見えた。彼にとっては、第二次世界大戦も「よそ者の戦争」だから。
それでも、パリを追われ、スイス国境の村へ逃げても追いかけてくるナチスの影。迫害されるジプシー達。さすがに彼も追い詰められる、、。

そんな暗い時代でも、一瞬の光を放つギターの音色が素晴らしい。彼の指は二本、火傷で動かないため、二本の指だけで、超速演奏をしている。凄い!

そして教会のパイプオルガンで奏でられる「レクイエム」が心を打つ名曲です。この曲は一部しか楽譜が残っていないのを他の方が再現したらしい?ですが、ジプシーの悲劇を目の当たりにしたジャンゴの、静かな魂の叫びのようです。
小林

小林の感想・評価

3.3
2017/11/29 91本目 有楽町ヒューマントラスト

思ったよりも静かな映画。恐らく史実に結構忠実なんだろう、ジャンゴがそこまでありえないような無双をしない。だから派手さとか、痛快さはない。ただただ悲しくなる。
いわを

いわをの感想・評価

2.8
ジプシーに対するナチの差別がこれはほどとははじめてしりまさた
暗い内容ではあるが、映画中の音楽が兎に角かっこいい!

やっぱりジャンゴとつくものはかっこいい映画なのかな?
テアトル梅田にて鑑賞。

【あらすじ】
1943年、パリ。ジプシー出身のジャズ・ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトはナチスに演奏の腕を見込まれドイツ公演を依頼される。しかし一方でナチスのジプシー弾圧は激しさを増しはじめ…。

ジャズ対ナチス
この映画はナチスの宣戦布告で幕が上がる。ジプシー達が何者かに襲撃されるという緊張感溢れるシーンで物語が始まることにより、ジプシーの危機的状況が一目で伝わる。対するジャンゴは呑気なもので、演奏会そっちのけでナマズ釣り。呼び戻されても遅刻したことを詫びること無くダラダラと準備をする…。中盤まではこのような間延びした演出が多く見られ、ジャンゴの緊張感の無さが色濃く描かれている。
しかし一転して、後半の演出は面白い。特に別荘での演奏会のシーンは、この映画で一番のカメラワークを見せる。ブルースは非アーリア人的で野蛮だと語るナチスがジャンゴの演奏で狂わされる様がよくわかる素晴らしいシーンだった。
ジャズも好きだし、ナチスが登場する映画をよく観るので、という理由だけで鑑賞したが予想以上に面白い作品だった。もう少し歴史的背景について学んでから見直そうと思う。