永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

Rena

Renaの感想・評価

3.5
聴衆を魅了する演奏スタイルとそのテクニック。ジャンゴ・ラインハルトが天性のギタリストだということは、映画を観るだけで充分に伝わってきます。ジャンゴが何げなく発し言ってのける“語録”のような一言がとてもカッコよく、その言葉に痺れました。
そして、 一つ一つのシーン。何をやっても様になる レダ・カテブ がいいですね。

どこ吹く風
常に強気で流されない生き方を貫いてきたジャンゴ。しかし、徐々に "戦争・迫害・身の危険" を感じはじめ、意に反することに対して、ある決心をします。

規則や敵対しているなんて関係ない。理性や箍をはずすほど、聴衆を熱中させる力のある“音楽”
音楽家にとって、自由に演奏できず個性を存分に発揮できないという現実。また演奏する意義を問い、こんなに窮屈でこれほどの屈辱はないだろう。

荘厳なパイプオルガン
レクイエム 仲間を想う心
そして、捨て身でギターを...
雪山でのあのシーンは、直視できないほど辛かった

ジャンゴの奏でる音楽は、彼の経験した人生すべてがつまっている。 そう強く感じました。
SCORE

SCOREの感想・評価

4.5
ココロが痛みました
背景は描かれないにもかかわらず、ナチスの非道が見えてくるので、悲しみがこみ上げて来ました
ギター奏者の演奏をはじめ、音楽が素晴らしいのが、よけいに悲しさを深めました
ラストのレクイエムを聴きながら、戦争は絶対悪と肝に銘じました
素晴らしい映画でした。

正直すごい切なくて苦しい映画です。
アーティストとして生きるのがこれほど辛い人生とは
今とは違い、アーティストが生きづらい時代の話です。

演奏のシーンが救いでした。
素晴らしい音楽と映像美。
景色一つとっても綺麗に映されていました。

とても考えさせられる映画です。

少し気になった点が2つ

・字幕がちょっと改変されすぎでは?分かりやすくするために説明的なセリフになりすぎていると感じました。

・カットされたシーンが多いのかわかりませんが、ちょっと急な展開が多い気がしました。
完全版とかだともう少し丁寧なストーリー展開になっているのかな?
ブルーレイとか出たらチェックしたい。。
自分らしく生きようとした姿、かっこよかった。それが難しい時代だったんだなぁ。
逆境みたいなものが、更に彼を彼らしくしたのかな。
そんな激しい逆境がない世の中で自分らしく生きるのも、また難しいことだなと思いました。
ぷに

ぷにの感想・評価

3.8
時代に翻弄されたこんなミュージシャンがいたなんて。。。
何も知らずに観てごめんなさいm(_ _)m

ナチスはユダヤ人だけでなくジプシーも迫害していたんですね。

前半の演奏シーンが圧巻かと思いきや
晩餐会で魅せる演奏もこれまたしかり。。。

音楽を武器にナチスと戦ったミュージシャン。
その人物を知れただけでも良い映画でした。



2018.1.28
MOVIX三郷

20:50の上映回
まさかの1人でしたw

2018年13本目
Chikara

Chikaraの感想・評価

3.6
正直、人物もよく知らず彼の音楽作品も知らず、ただ親父に誘われて一緒に観てきたんだけど、結構良かった!

やっぱり「ナチス支配下」という舞台背景があるだけに、映画全体に緊張感と暗さがあるけど、その中でジャンゴの音楽は人々を明るくし、元気付ける物として重要なものであるなと感じた。

武器を持たず、音楽で彼ら(ナチス)に反抗しているようですごくカッコ良かった‼︎
ぺふ

ぺふの感想・評価

3.4
音楽が素敵。
もちろん主人公がギター弾きだからなんだけど。
ロマの出身だけど、あの時代でもその腕で結構いい生活していたんだなあ、と感心。

当然どんどん状況は悪くなっていくけど、何とか切り抜けていく。その何とかが本当に何とかで、見るのが辛いのなんのって。キャンプ焼き討ち、雪のアルプス越えで、命の次に大事なギターを叩き壊す、胸が痛い。

やむなくドイツ軍のパーティで演奏することになり、その裏でパルチザンがアルプス越えをするから、盛り上げて監視の目を欺いてくれ、と言われて自分はいつなのか、むくれるジャンゴ。でも実際に演奏始めるとドイツ軍の指示も無視して陶酔させる音楽を奏でる。
このドイツ人達がうっとりしていく様子、軍のお偉いさんがその危険性に気づいて演奏やめさせる様子、なかなかぞっとさせられる場面でした。
猫

猫の感想・評価

3.5
音楽が凄く良かったです。
洋楽に(も)疎い私は、彼の事をなにも知らなかったけれど
ずっと聞き続けていたいな、と思いました。
ヒトラーがユダヤ人だけでなく
ジプシーたちをも迫害したことを初めて知りました。
自伝的な映画なので、少し寝落ちしたのが残念、苦笑。

しかし
『サーミの血』の中でもあったけれど
お医者さんて
何でも医学的(自分の知っている)見地で
勝手に判断するんだなぁ、と
面白かったです(皮肉)

 2018.01.20 伏見ミリオン座にて鑑賞
ごとー

ごとーの感想・評価

3.5
2017/12/14
字幕翻訳 星加久実
ジャンゴラインハルトの映画でありながら、ナチスの映画でもあった。
ジャンゴ結構好きで曲は聴いたことあったけどロマでナチス占領下のフランスにいたとかの時代背景は知らなかった。
ロマの家が燃やされるのを見るジャンゴの、命からがら逃げきってレクイエムを奏でるジャンゴの顔が悲しくとても印象的だった。
バヤシ

バヤシの感想・評価

3.0
シネマジャック&べティで観るからこそ、意味ある映画

http://blog.goo.ne.jp/hostama2016/e/36757475d87aadd2fe71aa7d9a493564