永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

肩の力抜きまくって見てたんだけど最後の最後で泣いた
ジャンゴー!
☆☆☆

2017年12月6日 新宿武蔵野館3
Milkiti

Milkitiの感想・評価

2.9
ジプシーギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトとナチスによるジプシー迫害の話。
ストーケロ・ローゼンバーグによる演奏シーンはどれも良かった。むっちゃ格好いい。レダ・カテブも音はアテてるとは言えすんごい練習したんだろうな。様になってて格好良かった。
それ以外の内容に関してはあんまり入って来なかったな。
そんなに長くないのに眠くなっちゃった。
パイプオルガンのシーンと、そこからの繋がりであろうラストのレクイエムのシーンは結構びっくりした。
凄いなこの人。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.4
1943年、ドイツ占領下のフランスで、音楽界の頂点を極めるギタリストであるジャンゴ。ナチスのジプシーへの迫害が酷くなる中、ナチス官僚が集う晩餐会での演奏を命じられる。ナチスが支配する戦時下での1人のミュージシャンに焦点を当てたヒューマンドラマ。戦時中での音楽に生きる姿があり、演奏風景は見応えがあり力強い。彼の演奏で踊りだす鑑賞者たちは印象的。迫害されながらも、音楽活動を続ける様は勇ましい。同時に、迫害される姿が痛々しい。実在した人物を描いているからか、結末は重みがあるが、映画としては余韻がありながらもインパクトは弱い。ジャンゴが生きた時代を表す作品としてはわかりやすい。ジャンゴも印象的だが、ジャンゴの母親の存在が印象深く、終盤まで物語のキーマンとしている姿が良い。
いとJ

いとJの感想・評価

4.0
ジャズギタリストとしてのジャンゴといより、ジプシーのひとりとしてジャンゴの半生を描いた作品。もちろん、ジプシーと音楽とは切り離せないものでありますが。

ブルースやスイングを得意とする速弾きギタリストのジャンゴが、なぜ荘厳なレクイエムを作曲したか。それがこの映画をみるとわかります。
Tangerine

Tangerineの感想・評価

3.3
ジャンゴが全くロマっぽくない。
全体的にキレイすぎ。
音楽はかっこいい。
第二次大戦中のロマへの迫害の事実は今もなお認められていない。
けろえ

けろえの感想・評価

3.4
音楽は美しかったです。
ただ、物語のブツ切り感、特に後半はそれが顕著に感じられて、感情移入できず。
で、結局ジャンゴは何をした人なの?という感じでした…。
masumin

masuminの感想・評価

3.8
なんて良い映画なんだろう。意思を貫き通すジャンゴ。あの数人を救うために犠牲を払うジャンゴ。演奏の素晴らしさ。クシを折って、ピック代わりに使う所とかカッコよすぎ❣️
ジプシースウィングの王さま、ジャンゴ・ラインハルトの戦時中の知られざる葛藤を描く
ナチスによるパリ占領下でも人気を集めてコンサートを行っていたが
ベルリンでの演奏会を強要され、スイスへの脱出をはかる
その途中で知った対ユダヤに限らないナチスの弾圧、仲間のジプシーたちがひどい目に遭っていることを知り
レジスタンスへの協力に応じる
そしてスイス国境の雪山を命を懸けて越える(サウンドオブミュージックを想起)
ジャンゴがスウィング、ジャズ以外に作った「レクイエム」の演奏場面で終わる
skm818

skm818の感想・評価

4.0
ジャンゴ・ラインハルトってミュージシャンがいたということ、名前だけは知っていたけど、こういう人で、こういう時代に生きていた人だったのだなあ。ロマなのか…  というわけで、映画は占領下のフランスでのロマ迫害についても描かれる。
当時ジャンゴはすでに有名なミュージシャンだったが、ドイツ人のために演奏するのが嫌で収監も嫌でパリを逃げ出し、仲間たちと国境の村に隠れ住む。でもドイツ人がやってきて、馬や車は奪われ、移動禁止令が出され、不自由なところに追い込まれる。ドイツ人のパーティーで演奏することになるが、黒人音楽は禁止とかソロ禁止とか、なんかもうどうしろというのかというようなルールが。そんな中でも意地で自分の音楽をやろうとするんですが、演奏中にレジスタンスが列車を襲ったとかで、コミュニティは焼かれ、ジャンゴはスイスに向けて逃げる。
これどこまでが伝記的事実なのかは知らんけど、ロマに対してこういったことは実際にあったのだろう。好きなことやりたいこと出来ること能力のあることをやって生活費を稼ぎ家族や仲間とつましくも楽しく暮らしたいというだけなのに何故こんなにひどい目にあわなければならないのか?  パリで仲良くしてた(愛人なのかな?)ルイーズにしても、ドイツ兵に捕まって、なんかもう言いたくないようなことをされて、ドイツ人の情婦をせざるを得なくなっているんだよな。彼女は多分もう映画の最後のところでは生きてはいなかったのだと思う。また会えるって言っていたけど、いなかったから。
あとさ、印象的だったのは、脱出の手引きをする役のレジスタンスがほんまむちゃくちゃ胡散臭い感じに描かれていたこと。ジャンゴたちロマはずっと待たせて、英国の負傷兵を優先的に逃すとか、レジスタンスの人手になる男はともかく女子どもに関しては…とか、レジスタンスといったって、所詮は多数派白人で、ロマを差別してるってことなのだろう。こういう「少数派の味方ぶってヒーロー気取ってる連中の胡散臭さ」を描いたものってスカッとするわ。