不都合な真実2:放置された地球の作品情報・感想・評価

不都合な真実2:放置された地球2017年製作の映画)

An Inconvenient Sequel: Truth to Power

上映日:2017年11月17日

製作国:

上映時間:100分

あらすじ

『不都合な真実』(06)により、大衆文化に気候変動のテーマが持ち込まれてから10 年。人々の注意を引き、奮起させるような続編が登場する。エネルギー革命を身近に感じさせる作品だ。アル・ゴア元副大統領 は世界中を飛び回って大勢の気候チャンピオン(※注)を養成したり、国際的な環境政策に影響を及ぼしたりと、引き続き終わりの見えない戦いに挑んでいる。これまでになく高いリスクを伴いながらも、彼は「人間の知恵…

『不都合な真実』(06)により、大衆文化に気候変動のテーマが持ち込まれてから10 年。人々の注意を引き、奮起させるような続編が登場する。エネルギー革命を身近に感じさせる作品だ。アル・ゴア元副大統領 は世界中を飛び回って大勢の気候チャンピオン(※注)を養成したり、国際的な環境政策に影響を及ぼしたりと、引き続き終わりの見えない戦いに挑んでいる。これまでになく高いリスクを伴いながらも、彼は「人間の知恵と情熱により、気候変動による危険は乗り越えられる」という信念を追求している。そんな彼の舞台裏の姿を、公私や苦楽を問わず、カメラは捉えた。

「不都合な真実2:放置された地球」に投稿された感想・評価

アルゴアさんの意思とプレゼン力に感銘
授業とかで流す価値あり
faster

fasterの感想・評価

-
昔考えてた100%広告映画と同じ構造の映画を作ってて先を越された感あった。テレビじゃダメなのだ。映画ということに意味があることに最後まで全部観ると思い知らされる。けどこれをみんなに観てもらうのが難しい
nero

neroの感想・評価

3.5
前作から10年、アル・ゴア氏のブレなさにまず感銘。
彼の理想は世界政府が成立するまでは実現されることはないかもしれない。それでも今できることを、と、一歩でも前へ進もうとするその姿勢には共感する。
環境問題について、考えさせられる映画。

冒頭のグリーンランドの映像は目を見張るものがあるし、次々と取り上げられる環境災害は決して他人事ではないと思わされる説得力がある。

また、主演のアル・ゴアの主張は一貫していて、話し方・スピーチも非常に上手いし、カッコ良いので、感化されるし、印象に残ることも多い。(英語が綺麗で、とてもわかりやすい)

環境問題を訴えるのに、大きなパワーを持った映画だと思うし、観れるのであれば、多くの人が観るべき映画だと思う。

一方で、ドキュメンタリーという形を取っているが、完全な事実を撮ったものでなく、アル・ゴアが伝えたい事を上手く撮り過ぎている映画だと思う。環境問題を解決すべき問題なのは理解しているが、逆に環境問題を疎かにする側(もっと別の優先順位を持っている人々)、反対側の意見がしっかりとフェアに描写されてはいない。そういった描き方で少し疑いを持ってしまいこの映画自体に諸手を挙げて賛成出来ない。(例えばパリ協定のインドの意見替えは本当にアル・ゴアの行動の結果なのか、アル・ゴアが批判する環境問題を後回しにするトランプは大統領として本当にダメなのか等)

いずれせよ、こういった"考えたい、考えなければならない""行動しなくては"と思わせる、問題提起をしてくれる映画としては、本当に良作だと思う。
ぷに

ぷにの感想・評価

4.0
不都合な真実から10年
元アメリカ副大統領のアル・ゴアによる第二弾

明確なビジョンを持って環境問題に取り組んでる。
ほんとこういう人に大統領をやってほしかった。。。


2017.11.26
TOHOシネマズ川崎

2017年191本目
ハヅキ

ハヅキの感想・評価

4.0
★★★★
話題の前作から10年。アルゴア元副大統領が訴える環境問題が、ただ人間が地球汚染してるよって話じゃなくて、貧困・メディアの偏り・政治経済的な問題を帯びていることに気づける内容だった。アルゴアさん英語綺麗で聴き取りやすいから英語の勉強にもなった〜〜もっと世界中の沢山の人に見てほしい作品でした。
#truthtopower #1日は映画の日なんだって
Hi

Hiの感想・評価

-
前作を見た時にも思いましたが、こういう作品は 公民館等で上映会をすれば良いのでは?と思ってしまう。
興味深い内容で、勉強になりました。
アメブロを更新しました。 『「不都合な真実2 放置された地球」地球が病気になっているなら、治療をしてあげなくちゃ。』 https://twitter.com/yukigame/status/936053140352200705
Tomoki

Tomokiの感想・評価

3.8
温暖化問題についての言及はしないとして…

アルゴアの仕事に対する姿勢を直に見れたのはよかった。明確なビジョンを持って、問題解決に猛進する推進力はすごい。

結にトランプが使われてるのは、まあなんかいろんな意味で残念。
アメリカ現大統領トランプによるパリ協定からの離脱表明( ノД`)
そんなこともあって、あれからどう変わっているのか?
気になって観賞してきました。

驚きばかりで、こんな地球に未来はあるのか?と不安しかありません。
マイアミがあんなになってるなんて初めて知りましたが。
そんな問題が身近にあるのに、地球の温暖化なんて無いなんて(ФωФ)
よく言えちゃうもんです。