ミス・シェパードをお手本にの作品情報・感想・評価

ミス・シェパードをお手本に2015年製作の映画)

The Lady in the Van

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:103分

3.4

あらすじ

北ロンドンのカムデン。通りにオンボロの黄色い車が停まっている。その中で生活しているのは誇り高きレディ“ミス・シェパード”。劇作家ベネットが引っ越してくる前から、彼女はこの通りで自由気ままに暮らしていた。近所の住人たちは親身に食事を差し入れたりするが、彼女はお礼を言うどころか悪態をつくばかり。そんなある日、路上駐車をとがめられている姿を見かけ、ベネットは親切心から自宅の駐車場にひとまず車を入れ…

北ロンドンのカムデン。通りにオンボロの黄色い車が停まっている。その中で生活しているのは誇り高きレディ“ミス・シェパード”。劇作家ベネットが引っ越してくる前から、彼女はこの通りで自由気ままに暮らしていた。近所の住人たちは親身に食事を差し入れたりするが、彼女はお礼を言うどころか悪態をつくばかり。そんなある日、路上駐車をとがめられている姿を見かけ、ベネットは親切心から自宅の駐車場にひとまず車を入れることを提案する・・・それから15年。一時避難のはずが、居座り続け奇妙な共同生活を今も送っている。彼女の高飛車な態度や突飛な行動に頭を抱えつつも、いつしか二人の間には不思議な友情が生まれていた。そしてベネットは、なぜかフランス語が堪能で音楽にも造詣が深いミステリアスな彼女に作家としても惹かれてゆく・・・。

「ミス・シェパードをお手本に」に投稿された感想・評価

まほに

まほにの感想・評価

3.3
最初はお礼ぐらい言ったら?と思ったけどミス・シェパードの過去や様々な表情を見てだんだん受け入れられた
英国特有の皮肉混じりの言い回しもユーモラスであった
これが実話だと思うとアランとご近所さんは人間が良く出来ていると思う
Canape

Canapeの感想・評価

3.0
実話。車上生活するミス・シェパードとその車を親切心から自分の敷地に止めさせたベネットの15年に及ぶ交流。舞台版でも16年主演を務めたマギー・スミスが熱演。彼女は確かに貧しいし、美しい身なりとは言えない。けれど、好きなように生活し祈りご褒美のようなパフェを口に含む彼女は、過去のトラウマに囚われながらも人生を楽しんでいるように見える。ずっと誰かに触れたかったことがうかがえるような、綺麗になった手を差し出す場面にはぐっと来た。どんな人生になっても自分らしさを失わず生活すること、「介護」「ケアする」という概念を捨て手を差し伸べることの難しさと素晴らしさが詰まっていた。
Hayato

Hayatoの感想・評価

-
マギースミスの気難しいのに時々お茶目な演技が素晴らしくて、それと同時に彼女本人ももう長くないんじゃないかなと思うと悲しい
きのこ

きのこの感想・評価

3.6
ノンフィクション、とっても楽しいお話だと思ったらそういう感じではなかったけど
とても良かった。

祈りの意味なんてないのかと思ってたらちゃんとあって、そういう事かぁってなった、苦しかっただろうな、ベネットさんいい人過ぎたし
マーガレットさんはなんだか魅力的な女性でもあった。
マギー・スミスさんはほんといい女優さんだなぁ。
マギー・スミス、偏屈なお婆さんを演じていても、なんだか可愛らしいですねえ。

邦題が内容にあまりマッチしていないような。
難しかった…!
邦題に惹かれて借りましたが、うーん原題の方がいいですね。なんでこんな邦題になったのか…(笑)
でもこれが実話(に近い?)というのが面白い。決してお礼を言わないというのに、周りの人たちが優しいのはお国柄なのかな〜!っと。最後の昇天のシーンはなんかかわいかった(笑)
honyarara

honyararaの感想・評価

4.0
イギリスは明らかに階級社会だけど、この映画ではホームレスに対する一種独特のリスペクトを感じる。自由とさすらうことへの憧れがある。
あの、「ハリーポッター」の、あの「ダウントンアビー」のマギー・スミスが、気高く孤独なホームレスの老女を演じた。
佳作。観てよかった。
osaya

osayaの感想・評価

-
劇作家アラン・ベネットの実体験を元にした舞台劇を映画化した作品。

頑固で人にお世話になってもお礼も言わない。孤高で自由で何にもとらわれない格好良さのある偏屈おばあちゃん。

マギースミスはこんな癖のあるキャラクターでもチャーミングで凛としてて素敵。

邦題だけは内容にミスマッチな感じがしてしまって残念。
ちゑ

ちゑの感想・評価

1.5
気高く、正直とっつきにくいホームレスの女性に対して、善意を持って接するイギリス人上流階級の気質が興味深かった。

道徳心を守り社会が真の意味で良心的であるのなら、信仰も悪くないと思える。
(でも、宗教間での争いが現代になっても絶えないなぁ…)

[世界のこんなところに日本人]という番組のように婦人がホームレスになるまで、ホームレスに成ってもどこか品位を保とうとするプライドの理由など、作家の葛藤を交えて独特の語り口調で語られ、飽きることなく見ることができた。

人の生き方に良いも悪いもない。
zawazawa

zawazawaの感想・評価

2.0
なにか足りない。。気がする。
だらりんと見て終わってしまった。
>|